フリーランスから正社員

アプキャリ

フリーランスから正社員に!履歴書の書き方って?

安定した給料を得るためやもっと大きな仕事をするためなど、理由は様々ですがフリーランスから正社員になりたいという人は多くいます。
そこで、まず必要なのが履歴書。しかし、「フリーランスだった」という職歴はどう書けばよいのでしょうか?また、フリーランスとして働いていた経験が転職に不利になることはないのでしょうか?
今回は、フリーランスのための履歴書の書き方やフリーランスだったことを武器にするためのポイントなどについて解説します。

フリーランスのための履歴書・職歴の書き方

履歴書の氏名欄や学歴欄は、会社員であってもフリーランスであっても書き方は同じです。しかし、迷うのは職歴欄。会社ではないため、「○○会社 入社」「一身上の都合により退社」などの表現は使えませんよね。
まずは、「フリーランスになった」「フリーランスを辞めた」ということを正式な言葉でどう表現すればよいのかについて解説します。

フリーランスになったとき(設立時)

フリーランスは正式には「個人事業主」と書きます。そのため、職歴には以下のように記載します。
・開業届を出している場合:個人事業主として開業
・開業届を出していない場合:個人事業主として活動開始
しかし、これだけではどのような仕事をしていたのか分かりませんよね。そこで、次は会社員でいう「○○課 配属」にあたる部分を記載します。
・ライターの場合:ライターの仕事に従事
より具体的に「○○会社の案件を請け負う」などと付け加えれば、信頼度は上がります。
また、クラウドソーシングで仕事をしていた経験も立派な職歴です。登録サイト名と職種を以下のように記載します。
・クラウドソーシングサイト○○にライターとして登録
しかし、これだけではただ登録しただけなのか、実際に仕事をしていたのか分からないため、仕事内容や案件数も簡単に記載しておくのがおすすめです。

フリーランスを辞めたとき(廃業時)

会社員の履歴書と同様に、廃業した詳しい理由を記載する必要はありません。理由は、以下のように「一身上の都合により」とすればOKです。
・開業届を出している場合:一身上の都合により廃業
・開業届を出していない場合:一身上の都合により活動停止
また、クラウドソーシングサイトが閉鎖した場合は以下のように記載します。
・クラウドソーシングサイトの閉鎖により登録解除

フリーランスのための職務履歴書の書き方

職務履歴書は、過去に経験した業務内容や持っているスキルを記載するものです。履歴書の職歴欄よりも詳しい内容を記載できるため、自分の経験やスキルをアピールすることができます。
次は、フリーランスが職務履歴書を記載する際のポイントについて解説します。

職務履歴書は具体的に書く

職務履歴書は履歴書と異なり、フォーマットが自由であるため過去の経験を詳しく書くことができます。
以下のようなことを書くと具体的でよいでしょう。
・クライアント名
・仕事内容
・目標の達成率
・PV数
・売上
・携わったサイトや記事のURL(ライターやデザイナー、サイト作成の場合)
また、職務履歴書は自由なフォーマットで書くことができますが、ダラダラと書くのはNG。「〇〇株式会社Webコンテンツ記事 〇件作成」というように、どのような仕事をして、どのような成果を上げたのかが一目で分かるように書きましょう。見出しを使って書くのもよいですね。

秘密保持契約を結んでいる場合は注意

フリーランスで仕事をしていると、クライアントと秘密保持契約を結ぶことも多いでしょう。その場合、履歴書や職務履歴書に企業名や案件内容を記載することはできません。
しかし、秘密保持契約を結んだ仕事ばかりだと履歴書に何も書けないなんてことに……。間違いなく実績の一つであるのに、アピールできないのはもったいないですよね。
そのため、「A社で美容に関するWebコンテンツ記事の執筆」などクライアント名や仕事内容をぼかして書くとよいでしょう。不安な場合は、どの程度の内容なら履歴書に記載してよいか、クライアントに確認してから書くようにしましょう。

フリーランスから正社員になる時に覚えておきたいポイント

フリーランスから正社員に転職する時は不安がいっぱい。次は、それらの不安を解消するために、履歴書を書くときや面接の際に覚えておきたいポイントについて解説します。

フリーランス経験は転職に不利にならない

一度会社を辞めてフリーランスになった、ずっとフリーランスで働いている、そのような経験が転職に不利にならないか気になりますよね。
しかし、フリーランスは仕事そのものはもちろん、営業から案件の管理などを全て自分で行わなければいけません。そのような経験はむしろ強みになります。
しっかりと実績をアピールし、どのように会社に貢献できるかを伝えられれば即戦力として期待されます。怖がらずに今までの経験をアピールしてみてください。

志望動機はポジティブに

「フリーランスでは安定して案件を獲得できなかった」「生計を立てられなかった」という理由でフリーランスから正社員を目指す人も少なくありません。しかし、そのようなネガティブな理由は面接官にいい印象を与えません。そのため、フリーランスでうまくいかなかったということを正直に伝える必要はありません。
フリーランスから正社員になったときに得られるメリットに注目して、ポジティブな志望動機を考えましょう。例えば、「個人ではできない大きな仕事をしたい」「プロジェクト型の案件にチームで挑戦してみたい」などという理由なら前向きな姿勢をアピールできますよね。
また、企業に関してしっかりとリサーチし、「その企業でしかできないことがある」「その企業なら自分の経験をこのように活かせる」という点についてもアピールできるとさらによいでしょう。

フリーランスの仕事も続ける場合は事前に確認をする

会社員として働きながら、副業としてフリーランスの仕事を続けたいと考えている場合は、あらかじめ会社に相談しておきましょう。
最近では、働き方改革で副業を解禁している会社も増えていますが、副業禁止の会社もまだまだ多くあります。「正社員になって収入が減った分は、副業で補おう」と考えていたのに、入社してみると副業禁止だったとなっては困りますよね。そのため、面接の段階で「フリーランスの活動を続けたいが可能か」ということを確認しておきましょう。
また、就業規則では副業禁止でも、面接時に相談すれば許可が下りる場合もあります。会社としては「副業をして本業に支障をきたさないか」という不安を抱えているため、どのように両立させるかということをしっかり説明しましょう。フリーランスの活動を続けることにより人脈を広げられるなど、本業にもメリットがあるのならアピールするとよりよいでしょう。

フリーランスから正社員になるには履歴書が重要!

履歴書や職務履歴書は転職するのための第一歩。フリーランスでどのような実績を積んだのか、具体的かつ簡潔に記載して企業にアピールしましょう。
また、フリーランスの経験が転職に不利にならないかと心配している人も多いでしょう。しかし、フリーランスは即戦力になり得るため、履歴書の書き方によっては、むしろ有利になります。フリーランスの経験をどう仕事に活かせるかということを具体的に説明して、夢の採用を掴みとってください。