フリーランスとは

アプキャリ

ITフリーランスってどんな仕事?

最近、「ITフリーランス」という言葉をよく聞きますが、一体どのような仕事なのでしょうか?「IT系の仕事をフリーランスで行っている人」だということはなんとなく想像がつきますが、具体的にはいまいちピンときませんよね。
今回は、ITフリーランスがどのような仕事をしていて、どのように仕事を獲得しているのか、そしてどうすればITフリーランスになれるのかということについて解説していきます。ITフリーランスに興味がある人は是非一読してみてくださいね。

ITフリーランスの基本情報

まずは、ITフリーランスがどのようなものなのかについてじっくり見ていきましょう。

ITフリーランスの定義はない

実は、ITフリーランスに明確な定義はありません。そこで、ここでは「ITに関する仕事を会社に属さず個人でしている人」とします。
ITに関する仕事には、WEBライターやWEBデザイナー、エンジニアなどがあります。インターネットが普及したことによって、このようなITやインターネットに関する仕事が増えたのです。
また、インターネット上でビジネスを行う企業も増えました。しかし、企業内にITの専門家がいるとは限りません。
そこで、ITフリーランスという外部の人に仕事を委託する企業が多いのです。

ITフリーランスの働き方は自由

ITフリーランスは、あくまでもフリーランスの一種であるため、会社に属することはありません。そのため、働く場所は自分で決めることができます。自宅やコワーキングスペース、カフェなど自分が仕事をしやすいと感じる場所で仕事ができるのです。
また、働く時間も自由です。休日も自分で決められるのは、大きなメリットだと言えるでしょう。
しかし、フリーランスは個人であるため、営業やクライアントへのヒアリング、納品、アフターフォローなどを全て自分で行わなければなりません。税務管理などの事務作業も自分で行います。
また、会社と違って福利厚生がないため、病気などで働けなくなると収入はゼロ。ITフリーランスは自己管理が非常に重要だと言えます。

パソコンとネットがあればITフリーランスになれる

ITフリーランスの仕事はネット上で完結します。また、技術や知識されあれば、基本的に資格も必要ありません。そのため、極端に言えば、パソコンとネット環境さえあれば誰だってITフリーランスになれるのです。
実際に、学生や主婦でもITフリーランスとして活躍している人は多くいます。また、最近では、サラリーマンとして会社で働きながら、副業でITフリーランスの仕事をしている人もいるようです。

ITフリーランスってどんな仕事?

ITフリーランスは、ITに関する仕事だと分かりましたが、まだいまいちピンとこないという人も多いでしょう。次は、ITフリーランスの具体的な職種について解説します。
ITフリーランスには多くの職種がありますが、ここでは代表的な以下の4つに絞って紹介します。
・ライター
・エンジニア
・デザイナー
・マーケッター

ライター

WEBライターとも呼ばれます。新聞や雑誌のライターと異なり、紙媒体ではなくネット上の記事の執筆を行います。
報酬は多くの場合、1文字○円という文字単価制か1本○円という記事単価制で契約します。初心者であれば1文字1円以下であることがほとんどですが、実績があったり、名前が売れていたりすると1文字3~5円、1本数万円という高単価で契約できることもあります。
年収は300万~500万円ほどです。

エンジニア

エンジニアと言っても様々な種類がありますが、多くの場合、プログラミング言語を用いてシステムの開発や改善を行います。現在、フリーのエンジニアの需要は高まっていますが、今後IT業界はまだまだ拡大するため、より需要が高まると考えられます。スキルの習得は大変ですが、将来性のある職種です。
また、エンジニアの場合、会社に属するよりもフリーランスの方が稼げると言われており、年収は400~800万円ほどです。

デザイナー

デザイナーはロゴやチラシ、名刺などのデザインをしたり、WEBサイトのデザインをしたりします。
ロゴなどはAdobe illustratorやPhotoshopなどの画像編集ソフトを使ってデザインするため、ソフトに関する知識が必要です。一方、WEBサイトのデザインは画像編集ソフトに関する知識に加えて、HTML/CSSを用いたコーディングスキルが必要です。
また、デザインをするためには、スキルや知識だけでなくセンスも必要であるため、人を選ぶ仕事だと言えます。
年収は300~400万円ほどです。

マーケッター

マーケッターは、WEBサイトに人を集客する仕事。SEOやSNS、リスティング広告など様々な方法を用います。
また、ライターやデザイナーとの人脈やディレクション能力など、WEBに関するスキルや知識以外の能力も必要な仕事です。そのため、WEBサイトのマーケッターは人材が不足しており、フリーランスのマーケッターの需要が高まっています。
年収は300~600万円ほどです。

ITフリーランスが仕事を獲得するには

ITフリーランスは、会社に属していないため自分で仕事を獲ってくる必要があります。次は、仕事の獲得方法について解説します。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と受注したい人をマッチングするWEBサービス。「Lancers」「CrowdWorks」などのサイトが代表的です。
初心者でも気軽に案件に応募でき、仕事を獲得しやすいというメリットがあります。しかし、報酬が比較的安い上に、システム利用料を引かれる点はデメリットだと言えるでしょう。
報酬は少なくてもいいから、実績を積みたいという人におすすめです。
クラウドソーシングについては、「クラウドソーシングは初心者でも稼げる?具体的な稼ぎ方を紹介」で詳しく解説しています。

SNSを利用する

SNSに実績を記載しておくと、仕事の依頼がくることがあります。直接契約できるため、システム利用料が引かれないというメリットがあります。
また、気軽に実績やスキルをアピールできるため、ITフリーランスならSNSで自分の情報を発信しておいて損はないでしょう。
SNSやブログを利用して、仕事を獲得する方法について詳しく知りたい人は、「フリーランスの発信の重要性と発信方法を具体的に解説」も併せてチェックしてみてください。

フリーランスエージェントに仲介してもらう

フリーランスエージェントは、フリーランスの代わりに営業を行なったり、条件を交渉してくれたりします。「営業が苦手」という人の強い味方になってくれるでしょう。
また、福利厚生の提供や案件継続の交渉などのサポートもしてくれます。「フリーランスが利用するエージェントとは|おすすめエージェントを紹介」では、フリーランスなら是非利用したエージョントをいくつか紹介しているので、自分に合いそうなエージョントを見つけてくださいね。

直接営業する

企業に対してメールや電話で直接営業をかける方法です。仲介手数料は不要ですし、条件交渉も行いやすいため高単価の仕事が獲得できる可能性があります。
しかし、個人が突然メールや電話で営業をかけて、信頼してもらうことは簡単ではありません。実績や営業力は不可欠です。

未経験でも挑戦できるITフリーランスは?

「経験も知識もないけれどITフリーランスに挑戦してみたい」という人におすすめなのが、WEBライター。特殊なスキルや資格は必要ないため、初心者でも始めやすい職種の一つです。
まずは、クラウドソーシングを利用して実績を積み、徐々に単価を上げていくのがおすすめです。「クラウドソーシングでライター初心者が稼ぐ方法はたったの2ステップ【方法公開】」も参考にしてみてくださいね。

ITフリーランスで自分らしい働き方をしよう

インターネットの普及に伴って需要が増えているITフリーランス。時間や場所を自分で決めて働けるのが魅力的です。
また、ライターなど一部の職種は特殊な技術やスキルは不要。パソコンとネット環境さえあれば始められます。
ITフリーランスは、自分で仕事を獲得する必要があるため、実績を積むまでは大変なこともあるかもしれません。しかし、企業で決められた規則や時間に縛られずに、自分らしく働きたいという人にはおすすめです。自分に向いていそうな職種を探して、挑戦してみてくださいね。