フリーランスの営業!IT系以外のフリーランス営業の種類

アプキャリ

フリーランスの営業ってどんな仕事?

「営業」は、自社の物やサービスを売る仕事。企業に属し、スーツを着て、外回りをする……そのようなイメージかもしれません。しかし、フリーランスの営業マンも存在します。
技術色の強い企業や設立されたばかりの企業などだと、営業マンがいない場合があります。営業マンがおらず、営業ができなければ物は売れませんよね。そのため、フリーランスの営業マンが必要とされているのです。
この記事では、フリーランス営業マンの種類や案件の獲得方法、フリーランスであるメリットなどについて解説します。企業に縛られず、フリーランスで営業をしてみたいという人は是非参考にしてみてください。

フリーランスの営業にはどんな種類があるの?

フリーランスの営業マンは、企業に所属せずに物を売ります。では、商材にはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、代表的なものをいくつか挙げていきます。

WEBサイト会社の営業

設立されてからまだ時間が経っていないWEBサイト制作会社だと、営業があまり得意でない場合があります。また、小さな会社だと専属の営業マンを雇う余裕がない場合も。そのため、フリーランスの営業マンが必要とされることが多いのです。
しかし、WEB製作の営業をするには、WEBに関する知識が必要です。せっかく契約が成立しても、知識がなければ製作担当者への引き継ぎをスムーズに行うことができません。そのため、WEB製作の流れを把握している人やWEB関連の仕事に携わった経験がある人におすすめの営業です。

保険会社の営業

保険は売るのが難しく、離職率が高いという特徴があります。特に、生命保険は難しいと言われています。そのため、企業でも売りにくい商材をフリーランスで扱えば、一般の会社員よりも優遇される可能性があるのです。
また、フリーランスは成果報酬型であることが多く、しっかりと成果を上げれば、かなりの報酬を獲得することができます。

インターネット回線会社の営業

インターネット回線も保険と同様に売りにくいとされれいる商材です。そのため、営業の報酬は高く設定されている傾向にあります。
しかし、インターネット回線は、プランやオプションが複雑に設定されていることが多く、理解するまでが大変。通信速度などの基本的な知識も必要です。

また、最近では多くの企業がインターネット回線事業に参入しています。そのため、自分に合いそうな企業を探すことも大切です。

人材派遣会社の営業

人材派遣の営業は、激務で離職率が高い業界です。平日の昼間に働いている人に対して営業や面談をする場合、平日の夜や休日が潰れることもしばしば。また、契約した派遣社員のアフターフォローも業務のうちです。

一方で、人材派遣の営業には、クライアントと良好な関係を築くことができれば、仕事の幅が広がりやすいというメリットもあります。場合によっては、採用支援や転職支援などに関する仕事がもらえることがありますよ。

フリーランス営業の案件獲得方法

通常の営業マンになる場合、企業に就職し、営業部に所属します。しかし、フリーランスの営業マンになる方法は全く異なります。
ここでは、クライアントを直接契約を結ぶ方法と営業職のクラウドソーシングサイトを利用する方法について解説します。

クライアントを直接契約を結ぶ

商材を扱っているクライアンと直接、代理店契約を結びます。

多くの場合、利益の何%を報酬として支払われるという契約になります。他にも、会社員のような固定給の場合や固定給+歩合という場合もあります。ご自身の希望に合う条件を提示しているクライアントを探してみたり、クライアントに条件交渉したりしてみてください。
また、代理店契約を探す場合、気になる企業に直接営業をかける方法もありますが、アントレnetのようなサイトを利用する方法もあります。

営業職のクラウドソーシングサイトを利用する

クラウドソーシングとは、企業がネット上で不特定多数の人に仕事を発注すること。つまり、営業マンを探している企業はクラウドソーシングサイトを利用して、営業マンを募集し、営業マンになりたい人は応募して契約を結びます。
クラウドソーシングサイトに掲載されている商材の種類は様々ですし、単発の仕事もあれば長期の仕事もあります。自分のスタイルに合った仕事を探すことができますよ。
クラウドソーシングサイトは多く存在しますが、営業職を効率的に探すのであれば営業専門サイト・kakutokuがおすすめ。また、クラウドソーシングの場合、仲介手数料がかかることが多くあります。しかし、kakutokuの場合、営業職として利用するのであればサイトの利用料は不要です。

フリーランスで営業をする4つのメリット

企業に所属しても営業の仕事はすることができます。しかし、フリーランスで営業を行うことには、いくつかのメリットがあります。順番に見ていきましょう。

自分の好きな商材を売れる

企業の営業部に所属した場合、その企業の商品を売らなければいけません。そのため、「売れなさそう……」「デメリットが多い商品だよなぁ」と感じていても、その商品を売るしかありません。そうなれば、営業に対するモチベーションも下がってしまうでしょう。
しかし、フリーランスの営業の場合、自分の好きな商材を選ぶことができます。商品に自信を持って営業できれば、成果もあげることができそうですよね。

働く時間をコントロールできる

企業に所属して働く場合、基本的平日の昼間は出勤します。しかし、顧客が平日の昼間に働いている場合、相手の都合に合わせて土日や平日の夜にも営業活動を行わなければいけないこともあります。そのため、休みなく働いているという営業職の人は少なくありません。
しかし、フリーランスの場合、自分で働く時間をコントロールすることができます。そのため、「今週は日曜日も働いたから平日1日休み」「昨日は夜遅くまで働いたから今日は午前中休み」というように働くこともできるのです。

自分の営業スタイルでOK

会社には、様々な規則があります。営業もその規則の範囲内で行わなければいけません。
しかし、フリーランスであれば、自分のスタイルやセミナーで習ったスタイルで営業することができます。そのため、フリーランスの営業は、細かい規則に縛られず、顧客と売れることを第一に考えて営業したいという人に向いていると言えるでしょう。

成果報酬制であれば報酬に上限なし

会社員は基本的に固定給です。営業成績が良くても、大幅に給料が上がったり、すぐに昇進することはあまりありません。
一方、フリーランスの営業マンの多くは成果報酬制。契約を取れば取るほど報酬は無限にアップします。
しかし、契約が取れなければ報酬が下がるというリスクもあります。「会社での営業成績がいいのにも関わらず、満足できる給料がもらえていない」「自分の実力を試してみたい」という人は、フリーランスの営業に挑戦してみてもいいかもしれませんね。

フリーランス営業には魅力がいっぱい

フリーランスの営業は、自分で決めた時間、営業スタイルで働くことができます。また、契約を取ることができれば、その働きに見合った報酬をもらうことができます。特に、売るのが難しいと言われている商材は高報酬です。
そして、自分で商材を選ぶことができるのも魅力的。好きな商材ならモチベーションもアップしますね。
営業スキルに自信はあるけど、会社での待遇に不満があるという人は、独立してフリーランスでの営業に挑戦してみてもよいかもしれません。フリーランスの営業職を探す時は、アントレnetやkakutokuなどのサイトを活用してみてください。