光コンセントがあれば光回線の工事費が格安かも!?言われるがまま工事するのはNG!

アプキャリ

光コンセントがあれば高額な工事費が格安に!?

光回線を自宅に導入しようと思うと、初期費用として工事費がかかるのは常識。20,000円以上することもザラなので、痛い出費ですよね。

しかし、すでに光コンセントが設置されていれば無派遣工事(局内工事)ができる場合があり、工事費がなんと2,000円で済む可能性があるのです。工事と言うと、「専門スタッフが自宅にやってきて、壁に穴を開けたりして……」と思う人もいるかもしれませんが、無派遣工事はその名の通り、人が来ることなく完結する工事のことです。

今回は、無派遣工事で高額な費用をかけずに光回線を導入する方法について解説します。

光コンセントがあるかチェック!

まずは、光回線工事を格安で行うために必要なことについて解説していきます。

無派遣工事ができる条件は?

無派遣工事ができる条件は、すでに回線引き込み工事が完了していて、部屋に光コンセントが設置してあること。

光コンセントは上の写真のようなものです。コンセントの先は四角く、下から上に向かって差し込むタイプが多いです。また、コンセントやモジュラージャック(電話線の差込口)の横に設置してあることが多いのも特徴です。

そして、部屋に光コンセントがあれば、大家さんに回線引き込み工事ができているか聞いてみましょう。

できていれば、格安で光回線工事ができるチャンス!必死で「工事費無料キャンペーン」を探す必要はありません。

今から物件を探すなら光コンセントもチェック

最近では最初から光コンセントが設置してある賃貸が多くあります。「引っ越しの機会に光回線に乗り換えよう」と考えている人は、物件探しの段階から光コンセントがあるかチェックしておくのがおすすめです。

また、賃貸の募集要項に「光回線導入済み」と書かれている場合もありますが、物件や不動産によっては光回線について特に説明がないこともしばしば。その場合は、こちらから光回線について聞いてみましょう。

ちなみに僕の場合は……

以前、僕が住んでいた賃貸には光回線がすでに導入されていました。しかし、その頃は、光回線についてほとんど知識がなく……

工事費28,000円-キャンペーン適用14,000円=14,000円を取られてしまいました。

しかも、後から知ったことなのですが、すでに導入されている光回線を利用すれば、契約金800円+自分での設置費用2,000円=2,800円で済んだのです!

こんな悔しい思いをしなくて済むように、皆さんはしっかりと光コンセントについて確認してから、光回線を契約するようにしてくださいね!

工事ありきで話すスタッフに要注意!

次は、先ほどの僕の失敗談の続きについて少しお話します。

契約時に無派遣工事について説明はない

「大損をした!」と気が付いた僕は、すぐにNTT東日本に確認の電話をしました。しかし、いまいちパっとしない返答……。

それもそのはず、実際に工事スタッフが家に来て工事は済んでしまっています。「お金を返して」なんて言おうものなら、ただのクレーマーですよね。

また、実際に契約をすすめたのは代理店です。しかし、代理店からは「光コンセントがあれば、無派遣工事で済みますよ」なんて説明はありませんでした。

その頃、僕も無派遣工事についてなんの知識もなかったため、契約スタッフが当然のように工事について話し始めても疑問に思いませんでした。その結果、言われるがままに工事の日程をその場で決め、不要な工事をしてしまったのです。

しかし、契約スタッフが無派遣工事について説明しないのは当然と言えば当然。説明義務がないのであれば、「工事費2,000円で済みますよ!」なんて自分に不利益な説明はしませんよね。

光回線を契約するなら、しっかりと知識を付けて「うちは回線の引き込みも光コンセントの設置も済んでいます。だから、高額な工事は必要ありません」と契約スタッフに説明できるようになることが大切です。

派遣工事をするとネットが使えない期間が発生することも

工事スタッフに来てもらって工事をする派遣工事の場合、当然ですが工事の日程を決めなければいけません。契約時に日程を決めることができればいいですが、代理店によっては後日電話で、というパターンもあります。そして、その電話がなかなかかかってこない、なかなか繋がらないということがあります。

また、繁忙期の場合、混んでいて工事の日程が3ヶ月先になってしまったというケースも。そうすると、ネットが使えない期間が発生する可能性があります。

そういう意味でも、無派遣工事ができるのであれば、無派遣工事をするのがおすすめなのです。

光コンセントは、前に住んでいた人が回線を撤去していない場合や大家さんの善意で設置している場合などがあります。派遣工事の契約をする前に、自分の家が本当に回線が引き込まれていないか、光コンセントが設置されていないかについてチェックしてください。

光コラボの工事費はいくら?

もし、派遣工事をした場合、いくらかかるのかについて見ていきましょう。

大手3社の工事費を比較

光コラボ 登録料(契約事務手数料) 工事費 合計
ドコモ光 3000円 18,000円 21,000円
auひかり 3000円 37,500円 40,500円
ソフトバンク光 3000円 24,000円 27,000円

大手3社を見てみましたが、最低でも20,000~40,000円はかかります。しかし、これが無派遣工事であれば、2,000円で済むのです。

auひかりは工事費が発生する

auひかりのカスタマーセンターに電話で工事費について問い合わせてみました。

auひかりの場合、すでに光回線の引き込みが完了していて、光コンセントが設置されていたとしても、スタッフが派遣されてきて工事費が発生するそうです。詳しい理由などについては分かりませんが、これは決まっていることのようです。

そのため、auひかりをお得に利用したいと考えている人は、光コンセントの有無に関わらず工事費無料キャンペーンを利用するのがおすすめです。

【他の光コラボの工事費について知りたい人はこちらもチェック】

申込み窓口の選び方

光回線というと基本料金が安かったり、高額キャッシュバックがあったりとお得なイメージがあるかもしれません。しかし、工事費と同様に事前に知っておかなければ損をすることも……。次は、お得な申込み窓口の選び方について解説します。

避けたい窓口の特徴

最近では、光回線の申込み窓口はたくさんあります。しかし、残念ながら中にはいい加減な窓口も存在します。そのような窓口を選んでしまわないように、なるべく避けたい窓口の特徴を見ておきましょう。

・キャッシュバックの受け取り条件&受け取り手続きが簡単

・工事についてしっかり対応してくれる

・質問には真摯に答えてくれる

高額なキャッシュバックが受け取れると謳っていても、実は受け取りには複雑な条件が設けられていることがあります。よくある条件だと、「友達○人に紹介する」「2回線以上契約する」などですね。

また、すでに触れていますが、いい加減な窓口だと「工事の日程がなかなか決まらない」「工事がなかなか行われずネットが使えない」というケースも。

そして、光回線の知識がほとんどない契約スタッフが対応している窓口もあります。その場合、質問しても曖昧な答えや間違った答えが返ってくることも。契約後にトラブルに繋がる可能性もあるので、そのような窓口はなるべく避けたいですね。

管理人おすすめの窓口はココ!

過去にいくつかの窓口を利用してきた僕ですが、その中でも「信頼できる!」と感じた窓口はココ。その後、何度も利用していますし、友人にも紹介していますが、みんなトラブルなく利用できているようです。

また、期間限定ですが、ソフトバンク光の場合、キャッシュバックを最大54,000円も受け取ることができます。キャッシュバックの受け取りに複雑な条件もないため、ソフトバンク光を検討している人には、特におすすめの窓口ですよ!

光回線の工事を格安でできる方法を探そう

光回線の工事費は一般的に20,000円以上。しかし、無派遣工事であれば、2,000円で済む可能性があります。今住んでいる家が光回線の引き込みが済んでいるか、光コンセントがあるかについて確認しておきましょう。

また、光回線の引き込みと光コンセントの設置が済んでいても、光コラボによっては必ず派遣工事になる場合もあります。契約時にスタッフにしっかり確認することも大切です。

また、工事費がかかる場合は、キャッシュバックや工事費無料キャンペーンを利用する方法もあります。お得に光回線を使える方法を探してみてくださいね!

【補足情報】

光コンセントがすでに設置されている場合でも、工事スタッフが来て機器の設置を行うと工事費が発生することもあります。また、スタッフがネットに繋がったかの確認をしに家に来ただけで費用がかかることも。契約時に、「初期費用がこれだけかかる」という見積もりを出してもらうことも大切です。