揚げ足取りをする人の心理とは!?会社の上司を黙らせるための6つの対処法

いちいちむかつく!会社で揚げ足取りをする人を黙らせるテクニック6選

「自分のことは棚に上げて人の揚げ足ばかり取る人」よくいますよね。

人の発言や行動の小さい部分を攻撃する人は職場でも存在します。

「小さいことをいちいちいちいち、むかつくんだけど!」

って怒りたい気持ちもわかりますが、そこは一旦怒りを抑えてスルーすべきか、言い返すべきなのか考えてみましょう。

そこでここでは、揚げ足を取る人の心理と、揚げ足取りに対する対処法をご紹介します。

揚げ足取りとは!?揚げ足取りの意味と特徴

揚げ足取りをする人の心理とは!?会社の上司を黙らせるための6つの対処法

揚げ足を取るとは、言葉尻やちょっとした言い間違いを、あたかも大失敗したかのように取り上げて相手をバカにしたり責めることをいいます。

元々は相撲や柔道で技を掛けようと揚げた足を意味していました。

相手の挙げた足を取って倒すことから、言い間違いや言葉尻をとらえて皮肉を言ったり、やりこめるといった意味になったそうです。

似たような意味には「重箱の隅をつつく」「言いがかりをつける」などがありますが、

重箱の隅をつつくような嫌味的な行為や、職場で揚げ足を取ってくる人は誰からも敬遠されがちですよね。

それも当然で、人のあら探しをする行為は誰がされても気持ちの良いものではないからです。

職場で揚げ足取りをする人はどんな人に多い?

揚げ足取りをする人の心理とは!?会社の上司を黙らせるための6つの対処法

この揚げ足取りをする人はどんな人に多いのでしょうか?

そもそも、揚げ足を取ることは誰も得をしないです。

揚げ足を取っている人の評価は周りからも落ちるし、言われている人もイヤな気持ちにしかなりません。

揚げ足取りによって仕事が円滑に進むのかと聞かれれば、間違いなく仕事上でも厄介な存在であることには間違いありません

にもかかわらず、揚げ足を取ることをやめない人はどんな人に多いのでしょうか。

①劣等感を持っている人

あなたに対して、揚げ足をいちいち取ってくる人は、あなたに対して劣等感を感じている人が多い傾向があります。

どうしてあなたに対して劣等感を感じているのか?と考えた時に、相手とあなたの立場の違いから考えてみましょう。

  • 相手はあなたよりも年上であるにも関わらず給与はさほど変わらない
  • 相手はあなたよりも古株なのに地位が同じである
  • 周囲が見た時に、あなたより相手の容姿が劣る
  • 相手があなたを見た時、充実しているように見える

このような様々な理由から、あなたに対して劣等感を感じ、あなたがちょっとした言い間違いをした時に、その劣等感から揚げ足取りが発動するのです。

つまり「あなたのことがちょっと気に食わないけど、勝てる部分がない」と相手が自覚しているために、あなたの揚げ足を取ることで、

自分の抱えているモヤモヤや劣等感が晴れる、いわば憂さ晴らしなんです。

あなたに対する劣等感を自覚しているにも関わらず、それを認めるのはプライドが許しません

そのため揚げ足取りをして、自分だけが満足できる方法でプライドを満たしているのです。

②さみしさや孤独を抱えている人

人は誰しもさみしさや孤独を少なからず抱えているものです。

ところが、揚げ足取りをする人は、さみしさや孤独感がこじれて「かまってほしい」にいつの間にか発展していることが多いんですね。

会話をしている時に「仕事の話ばっかりだな・・・自分のこともちょっと気にかけてほしいな・・・」

そんな気持ちからついつい揚げ足を取ってしまうんですよね。

つまり天邪鬼です。子供が親に構ってほしい時にいたずらをするのと同じ心理です。

「仕事は仕事」と大人ならば割り切れるでしょうが、このタイプの人は、家庭や友人関係で埋められないさみしさや孤独感を職場に持ち込んでしまっている、と考えられます。

また、このタイプは一人の人をターゲットにして揚げ足を取るのではなく、適当な人を捕まえて会話しては揚げ足を取るタイプです。

さみしさや孤独感から揚げ足を取る人はコミュニケーションを望んで揚げ足を取っているので、相手に嫌がられても反応があることを喜ぶタイプです。

③人を見下す人

揚げ足取りをする人の心理とは!?会社の上司を黙らせるための6つの対処法

意識せずに常に人を見下している人は職場に1人や2人いますよね。このタイプは見下している意識はありません。

見下すという行為は、仕事の出来具合も同じくらいなのに、それに気が付かないで「自分は上である」と思い込んでいるゆえに起こる行為です。

「私よりも仕事ができない」と決めつけていることが多いので、仕事もできなきゃ会話もちゃんとできない、と普通に思っています。

だからこそ、人の揚げ足を平気で取るわけです。

誤解されがちですが、常に人を見下している人は自分を優位に立たせたいわけではありません。

自分はすでに優位にいる(と本人は思っている)ため、人を常に見下しているのです。

だから、ちょっとした言い間違いに対しても「また、そんなことばっかり言ってるから仕事ができないんだよ。取引先にもそんなこと言ってるんじゃないの?」

などと嫌味ったらしく言ってきます。

ですが、この人にとってはそれが普通のことなんですね。それが常に人を見下している人の特徴でもあります。

④マウンティングしたい人

マウンティングは女性にとっても多い行為ですね。

動物のマウンティングから使われるようになった言葉ですが、動物は、自分が優位であることを示すためにマウンティングを行います。

これはとっても女性的なんですよね。

社会の中において、男性は常に上を目指します。

平社員からリーダーに、リーダーから係長に、そしていずれは・・・というように、地位的向上を望むのが男性です。

ところが、女性の場合には、「その場をいかに優位に過ごすか」といったことのほうが重要な傾向があります。

つまり、小さな派閥の中で、グループの中で自分の優位性を示すためにマウンティングを行うのです。

自分に優位なグループは自分が過ごしやすいですしね。

自分のグループに所属する人に対しては「私に逆らうと、このタイプはグループにはいられないわよ」という空気を醸し出すので、

気に入らない人をターゲットにしては、マウンティング行為の1つとして揚げ足取りを行います。

「いやだぁ。あなた私の部署にいるのに、そんな恥ずかしいこと言わないでよ」みたいなこと、ありませんか?

自分の居場所を荒らされるようなことに対するアンテナだけはピーン!といつも張り巡らせているので、荒らされる!と感じればすぐにマウンティング行為を始めます

⑤性格が粘着質でしつこい人

揚げ足取りを意識的にしているのではなく、性格的にしつこく粘着質な人は一度間違えた言い回しをすると、いつまでもネチネチと始まります。

上にあげた揚げ足を取る人のタイプは往々にして、性格的にしつこい人が多いです。

大体、人の言葉の揚げ足を取る時点で粘着質なんですよね。

確かに職場内で言い間違いをした時に気ごころの知れた同僚同士ならば、笑いながら指摘することもあるでしょうし、「◎◎だって!(笑)」ということもあるでしょう。

しかし、人の揚げ足を何度も取る、「またか・・・」と思うほど揚げ足を取ってくる人は性格的にしつこくて粘着質なのです。

揚げ足を取るタイプの人を見ればわかるように、一見して面倒なタイプばかりです。

面倒な上に粘着質でしつこいため、対処方法は慎重を期す必要があります。

職場で揚げ足を取る人への6つの対処法

揚げ足取りをする人の心理とは!?会社の上司を黙らせるための6つの対処法

慎重を期すべき揚げ足を取る人への対処法をご紹介します。

基本的にスル―能力や鈍感力を鍛えることになりますが、これらは鍛えておくと、

揚げ足取りだけではなく、上司からのイヤミ、先輩からのマウンティングなどあらゆる場面で役立ちますよ!

揚げ足を取る人への対処法①言われたことは事実だけを受け止める

揚げ足を取る人は、ミスを訂正して「あげた」と思っています。

また、あなたが恥を感じる顔を見たい、という心理も働いています。

そこを上手にスル―すると相手はやりがいがなくなるので、揚げ足取りの回数も徐々に減ってくるでしょう。

言われたことの事実だけを認めればよいのです。

「◎◎ってなんだよ、××だろ?だからお前は・・・云々」始まったら

「そうですね、言い間違えました。ありがとうございます」それだけで良いのです。

ネチネチと始まっても、あとはスルーしておくだけ

指摘されたことだけを受け止めておけば相手もつまらなくなるでしょう。

揚げ足を取る人への対処法②相手を下手に刺激しない

揚げ足を取る人は基本的に粘着質でしつこいタイプが多い上にプライドも高い人が多いです。

そのため下手にプライドを傷つけるようなことをして下手に刺激してしまうと、攻撃的な意識がそこに加わり今まで以上に揚げ足を取ってくるようになるでしょう。

さらに面倒なことになるのは容易に想像できますよね。

確かに揚げ足取りを何度も何度もされると「カッチーン!」となり、

同じようにその人が言い回しを間違えた時などに揚げ足を取りたくなるのは人間なので当然のことです。

しかし、そこはグッと我慢をしてやり過ごすのが大人のやり方です。

あくまでも職場は職場であり、友人関係でも家族でもありません。仕事をする場所でありケンカをする場所ではありませんよね。

やり返すことで、「自分も同じレベルになってしまう」と自分に言い聞かせ、やり過ごすようにしましょう。

揚げ足を取る人への対処法③自分とは違う他人であることを認識する

揚げ足取りをする人の心理とは!?会社の上司を黙らせるための6つの対処法

揚げ足を取られた時「私ならあんな言い方しないのに」「なんであんな言い方しかできないんだろう」そう思うこともあるでしょう。

でも、自分とは違う他人なのです。自分がそう思うのならば、自分は誰かに同じようなことをしなければいいだけなんです。

私ならあんな言い方はしない、なんであんな言い方しかできないんだろう。そう考えれば考えるほど、腹が立ってきます。

自分ならこうなのに、ということを無意識に相手に求めても、相手は自分とは違う他人です。

そもそも感じ方が違うから揚げ足を取るようなことをするのです。

そんな人と自分を同等に考えてしまうと、自分がつらくなるだけです。

揚げ足を取る人が「自分だったらそんな間違いはしない」という考えの元に人の揚げ足を取っている、と考えてみるとどうでしょう。

「私だったらそんな言い方はしない」と考えるのと同じですよね。

自分と他人の考えを混同してしまうと、同じような人間になってしまいます。

揚げ足を取る人への対処法④適度な距離感を保つ

揚げ足取りをするしないに限らず、職場ではある程度の距離感は必要なものです。

社会人になれば、だんだんと「人間関係の距離感」は感じるようになるものですが、

揚げ足を取る人は、逆に人間関係の適度な距離感をわかっていない人も多いです。

揚げ足を無下にスルーすれば「無視された」と刺激してしまう懸念もあります。

揚げ足を取る人は劣等感や孤独感、さみしさ、マウンティングなど様々なタイプがいますが、基本的には相手の反応を楽しみにしています。

それは相手が嫌がろうということも関係なく、です。

無視してしまうと、劣等感や孤独感に拍車をかけ、マウンティング行為の1つであれば、さらに揚げ足取りの行為を助長させてしまう危険性もあります。

揚げ足を取られたら、「そうですね」「そうだったね~」とやり過ごし、「ありがとう」と感謝の言葉を伝える程度の適度な距離感を保つようにしましょう。

揚げ足を取る人への対処法⑤上級者向け!相手の信頼を勝ち取る

揚げ足を取ってくる人に「ムカツク!」と思っていても、相手は自分が変わらなければと思わない限り変わりません

うまく対処するだけではなく、揚げ足さえも取られないようにするためにはこちらが変わること。

上級者向けの方法ではありますが「信頼を勝ち取る」方法がおすすめです。

揚げ足を取る人は、何らかの心理によって他者から自分を認めてもらいたいという意識が強い場合が多いです。

反撃や無視は他者からの攻撃と認識するため、攻撃意識が強くなります。

太陽と風という昔話ではありませんが、反撃をするのではなく、言い方は悪いですが、取りこんでしまえば揚げ足を取るようなことは減ってくるでしょう。

揚げ足を取られる時だけではなく、普段からコミュニケーションを意識して取っておくことで、その人からのあなたに対する意識も変わってくるはずです。

人間は不思議なもので、よほど厄介な性格な人を除き、信頼されればされるほどその人のことを責めたり、意地悪をしたりということはできなくなるものです。

また自分を信頼してくれるという気持ちは、相手をやりこめてやろうというささくれ立った心理をいやす力もあります。

揚げ足を取る人が揚げ足を取りたくなるような心理状態を作らせないようにすれば、揚げ足を取ることもなくなるでしょう。

上手に信頼を勝ち取ることができれば、揚げ足を取られた時にも「そんなこと言わないでくださいよ・・・傷つきました」と伝えることもできるようになるでしょう。

相手も「こういうことをすると人は傷つく」ということがわかれば、次第に揚げ足を取るようなことはなくなります。

揚げ足を取る人への対処法⑥反撃は最終手段

職場の難しいところは、友人同士と違って「毎日顔を合わせ、仕事をする場所である」という部分です。

反撃をするのはいつでもできますが、下手に反撃をすると周囲の人まで巻き込んでしまいかねません。

下手をすると、周囲の人から「余計なことをしてくれた」とあなたが冷たい目で見られないとも限りません。

どうしても目に余り、我慢に我慢を重ねてきたけれど、もう無理!という場合まで反撃するのはおすすめできません。

適度な距離感を保っても、大人の対応でやり過ごしても、執拗に揚げ足を取り続けるならば、

周囲の人や上司に相談し、どれほどに苦痛なのか、迷惑をこうむっているのかを突き付ける方法も最後の手段として取っておきましょう。

ただし、上司に相談したり周囲に相談することで、相手の怒りを買い、さらには職場いじめにまで発展することもあるかもしれません。

反撃をするなら徹底的に行うべきですが、反撃をする、ということは相手を傷つける行為であることを忘れてはいけません。

相手がどんな人であろうと、傷つける行為であるということは自分も傷つく覚悟が必要になります。

そうなる前にやはり、大人の鈍感力とスルー力は身に着けておきたいですね。

死ぬほどむかつく!職場で揚げ足取りをする人の心理と上司を黙らせる6つの対処法まとめ

揚げ足取りをする人の心理とは!?会社の上司を黙らせるための6つの対処法

揚げ足を取る人は、「どんな会社でも1人や2人いるもの」と割り切って接することも大切ではないでしょうか。

確かに、揚げ足を取られることでイヤな気持ちにもムカツク!こともあるでしょう。

だからといって、反撃、攻撃をすれば「目には目を、歯には歯を」になってしまいます。

許しがたいような内容であれば、反撃は徹底的に・・・と考えることもよいですが、基本的に揚げ足を取るような人は、人としての器もあまり大きくありません

小さな器な人に振り回されるのも損ですよね。時間ももったいないです。

揚げ足を取る人に対しては、スルー力・鈍感力を持ってやり過ごすことをおすすめします。

関連記事:要注意!女の職場によくいる嫌な女の特徴と上手く付き合う方法とは?

会社で人のせいにする人の性格や特徴と5つの上手な付き合い方