アプキャリについて

フリーランスにプラス(+)の情報をおつたえします!
アプキャリは、フリーランスの方や転職を希望の方にWeb転職やIT転職、さらに就職や転職活動のありとあらゆる情報をあなたのために発信するサイトです。

アプキャリでは、管理人が経験してきた転職ノウハウを惜しみなくご提供していきます。現役のエンジニアやキャリアアドバイザーなどプロの執筆者が、あなたのためのキャリアプランをご提案!

さらに、アプキャリにご来訪いただいたあなたのためだけに、本当は教えたくないような「ここだけ」の業界裏話や裏技的なノウハウも展開します。

管理人は未経験でIT業界に転職して早15年。今では大手サイトのプロジェクトマネージャーをするまでに成長できました。

今までの経験のすべてをまとめて公開していますので、ぜひできるだけ多くの記事に目を通し、あなたの今後の人生をよりよいものにしてほしいと願っています。

⇒おすすめ転職エージェントをすぐ見る

職業別の転職

SE・プログラマー転職

WEBデザイナー転職

フリーランス転職

タイプ別のおすすめ転職記事

転職が未経験の方

フリーランスの方

仕事で悩んでるの方

プログラミングスクール選びで悩んでる方

転職エージェントの選び方と重視する項目

有名な転職エージェントを選べば心配ないと思っている方は要注意。

特にIT・Web系の転職サイトやエージェント選びにはコツがコツが必要なのです。

転職エージェントを選ぶ決めては以下の4つとなります。

転職エージェント選びのポイント
  1. 求人量
  2. 提案力
  3. サポート力
  4. 専門性

です。

まずはじめに求人量。

転職先が見つからなければ始まりませんので、できるだけ案件が豊富なサービスを選ぶのは必須です。

次に提案力。

いっけん求人量に目が行きがちですが、転職では提案力とサポート力が非常に重要。

あなたのスキルを最大限に引き出す提案ができるアドバイザーが担当になるかどうかで転職が成功するか失敗するかが決まります。

そしてサポート力。

もしあなたが転職やフリーランス化を検討している場合、現職を続けながら自分の力で再就職先を見つけることは時間的にも精神的にも厳しいはず。

その際一人で調べたりエントリーすることなく、アドバイザーにお任せするだけで、業側にあなたの特性を最大限に引き出した提案してくれるかがよりよい転職へのポイントとなるのです。

ここでサポート力の高い転職エージェントは、在職中でもきめ細やかな配慮や対応を欠かすことなく、親身にあなたの味方になってくれます。

最後に専門性。

IT・Web業界は専門的な知識がないと、自分にマッチした求人を見つけることが難しいといわれます。

SEといっても、多くの専門領域があり、単純にSEだから、なんでもできるわけではありません。専門性を持ち合わせたアドバイザーが在籍するエージェントを選ぶことで、提案のミスマッチも防げます。また、今のスキルをさらに高める現場を見つけてくれるでしょう。

おすすめ転職エージェント比較表

サイト名 レバテック マイナビ TechClips
特徴 企業別対策で内定率が高い 大手ならではの求人数 高年収と高待遇に特化
求人 4,000件以上 8,000件以上 非公開
地域 首都圏、関西、九州 全国 首都圏
運営 レバテック株式会社 株式会社 マイナビ notari株式会社

IT転職初心者でも安心!おすすめエージェントランキング

マイナビクリエーター

マイナビクリエーター評価
最大のポイント!
大手転職エージェント・総合型で大量の求人を取り扱いながらも、IT業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍している

・IT転職者のほとんどが使っている!
・案件数が業界No.1
・大手中小問わず数多くの企業あり!

総合おすすめ度:76pt/100
全体的なバランスに富んだ王道系エージェント。求人数がダントツであり、多くの案件に出会える

マイナビ詳細
無料会員登録

レバテックキャリア

最大のポイント!

大手に引けを取らない求人数を取り扱うレバテックキャリア。企業別対策がポイントで、内定率は非常に高い実績

・大手IT系への転職に強い!
・専門スキルが高いアドバイザー多数
・自分にあった案件をとことん支援

総合おすすめ度:74pt/100

IT系でもっとも人気のある転職エージェントの一つ。多くの転職成功者を出している業界屈指の最強IT系エージェント

レバテック詳細
無料会員登録

テッククリップス

テッククリップス
テッククリップス総合評価
最大のポイント!
求人件数は非公開ということもあり、大手の転職エージェントよりは少なめと予想。ただし年収500万円以上の求人が8割以上という点、エンジニアのことを考えた良質な求人の多い

・キャリアアップに最適
・技術力に自信があるならベスト
・年収300万アップも!

総合おすすめ度:68pt/100

IT・web系で自分の力を持て余していると感じているなら是非利用したいエージェント。高額案件多数でスキルにあった条件が見つかる

アプキャリ
この3つのエージェントITに登録せずしてIT転職はきびしいと言えるほど確実に登録しておきたい王道の転職エージェント。あなた自身もまずはIT系専門エージェントから転職の基礎情報を学ぶことは必須です。

アプキャリ管理人について

経歴

  • 2001年:メーカー系SI会社に転職、官公庁系システムのSIに従事
  • 2007年:後期高齢者医療制度改正対応のシステム開発に従事
  • 2013年:運用委託業務の管理者として客先常駐およびWeb系開発サポート
  • 2015年:客先常駐解消

以降、フリーランスエンジニアとしてマイナンバー制度対応のプロジェクトマネジメント(PM)に従事
自治体向け基幹システムSIのPM・地方自治体向け基幹システムSIを行いながらAIなどの先端技術の提案

その後、大手Web系企業PMとして、BtoCサービスシステム開発と平行してアプキャリ運営開始!

現在はエンジニアやクリエーターの育成に力を入れ、次世代の人材育成に注力中です。

スキル(経験年数):

  • システムインテグレーション:14年
  • プロジェクトマネジメント:10年
  • 運用委託業務管理:4年
  • COBOL:2年
  • Java:7年
  • PHP:4年

レガシーシステムからウェブ系システムまでの一連を経験しています。また、プロパーとして勤めた後にフリーランスエンジニアとして現在も現場感を忘れずに仕事に取り組んでいます。

アプキャリを通じて未経験・経験者問わず、転職に成功していただけるような中身の濃い情報をお伝えしていきます!

転職エージェントはメリットだらけ!その理由

「転職したいけど何からどうしたらいいかわからない」
「仕事をしながらだと転職活動が全然進まない」
「エントリーはするものの転職先が決まらなくて焦る」

このような悩みを持った転職の最強の味方が「転職エージェント」です。

一言で言えば、いい人材を探している企業と、できるだけ自分の力を評価する会社を探している求職者をつなげる役目をしてくれるサービスです。

ここではそのメリットについてをわかりやすく解説します。

転職希望者にとっての最大のメリット

なんといっても、専門のアドバイザーが「無料」で適切な就職先を紹介してくれて、さらにエントリーまでもサポートしてくれることが最大のメリットでしょう。

就業しながら一人で転職活動を行うのは至難の業です。1人転職活動は時間がない中で焦って転職を急いでしまい、現職よりも悪い環境に再就職してしまう最悪のケースもあとを絶ちません。

転職エージェントを利用すれば、人生をよりよくする転職の機会を最大限に活かすことができるといっても過言ではありません。

多くの転職者を企業に送り届けたプロのアドバイザーが常にあなたの味方になってくれるのです。

しかもタダで。

これは利用しない手はないわけです!

採用側にもメリットがたくさんある!

転職エージェントから紹介された人材は、採用側にも大きなメリットをもたらします。

まずは、無駄な採用コストがかからないという点。

企業もできるだけいい人材をとりたいわけです。そのうえで、転職エージェント側がスキルにマッチングした人材のみをピックアップして紹介してくれるため、ペーパーテストや面談の回数をへらすことができて、採用コストを大幅に減らすことができるんです。

転職エージェントの仕組みとは?なぜ無料?

エージェント側は、優秀な人材を企業に紹介することで紹介料を謝礼として受け取ります。

そのおかげで求職者も無料で多くのサービスを利用できるわけです。

転職エージェントと転職サイトの違いを徹底比較!

特化型エージェントと総合型エージェントはどちらがいい?

転職エージェント詳しい比較表

転職エージェントのメリットとデメリット

転職エージェントが向いてる人・向いてない人

転職エージェントを利用した場合の流れ

転職エージェントQ&A

今の職場に疑問を持ったらすぐ転職のための行動しよう!

会社に会社をやめたいと相談した際に「あなたレベルでは次の転職先見つからない」といわれ、転職するか迷っているという話をよく聞きます。

冷静に考えてみてください。会社側としては、転職先が見つからないような能力のない人間が会社をやめてくれるなら大喜びですよね。

つまり会社側からの言葉は信じてはいけないのです。自分自身が転職を決意したら、迷わず次の就職先を見つけるために走り出しましょう!

ブラック企業に転職しないための方法!危険な応募リストをチェック

ブラック企業に転職しないための方法!危険な応募リストをチェック

今では転職や再就職を考えた時にまずネットで求人を検索すること人が大半でしょう。

確かにネットでの検索は、手軽に情報にアクセスできるというメリットがある反面、ブラック企業の耳障りのよい求人広告に騙されてしまう可能性があります。

転職サイトは人材を斡旋するだけで企業に紹介料が入る仕組みです。

悪徳業者は斡旋料欲しさに、転職者の気持ちなど一切考えず、適当に決まりやすい職場を紹介してくることもよくあります!

また悪徳求人サイトは、ブラック会社と癒着している場合だってあるのです。

この記事では、ブラック企業にひっかからないために覚えておきたいチェックルールをご紹介します。

ブラック企業の魔の手に引っかからないために自衛手段をしっかりと見に付けましょう。

ブラック企業を見極めるために知っておくべきこと

キャリアにブランクがあったり、まだキャリアが若かったりする場合、経験不問求人が気になると思います。

具体的にアピールできるスキルを問われると心もとない場合には、経験不問求人は魅力的にうつりますよね。

しかし、そこにはブラック企業からの甘い罠が潜んでいる場合が多いのです。

その具体例を見ていきましょう。

経験不問求人に飛びつかないこと!

経験不問求人はなぜ募集されるのでしょうか?

企業は基本的には中途採用には即戦力性を求めます。企業としては、ポテンシャル採用であれば、新卒をとったほう中途採用をするよりもメリットがあるのが一般的です。

理由は以下の3つです。

  • 新卒採用の給料は中途採用の給料よりもやすい
  • 大学院卒でも20代ですし、若いので採用後自社で活躍してくれる期待可能性期間が長い
  • 初めての社会人経験となるので、真っ白な状態から自社のカラーにそった教育を施すことが可能

このような企業側の事情を考えるとしたがって、中途採用で経験不問求人を募集している場合は、何かしら裏や事情があるという前提でいたほうが良いでしょう。

この記事で述べるように、経験不問求人に応募することにより、新たなキャリアの扉を開くこともできるので、やみくもに恐れる必要はありません。

ここでお伝えしたいのは、求人に飛びつく前に一度本当にその求人が自分にフィットしているのか検討してみていただきたいということです。

このプロセスをへることなく、求人にとびついてしまい、そのまま採用されてしまうと、簡単に後戻りができなくなります。

雇用契約を結び就業すると、その人の職務経歴書上には確実にその会社に勤めた履歴が残るから、辞めるにも出口作戦が必要になってきてしまうからです。

そうなると労力がもったいないほか、職務経歴書にも傷ができてしまう可能性があります。

転職回数が多い応募者を敬遠する企業は、まだまだたくさんありますので、安易に求人にとびつかず、この記事も参考にじっくり検討してみてください。

経験不問の裏を解説

まず、意識していただきたい前提知識として、信頼できる転職エージェント、人材紹介会社経由で出されている募集要項と、企業が直接出している募集要項では、法律による制限が異なるということです。

職業安定法という法律があり、転職エージェントや人材紹介会社など行政庁に登録を行っている事業者が出す募集要項は、この法律の制限のもと、応募者にわかりやすく正確な情報を伝えるように作成されているはずです。

具体的に言えば、就労条件について必ず明示しなければならない項目があります。職業は国民の生活の収入基盤ですから、国としてこのような規制を設けて労働者の就労の安全を担保しているわけです。

登録時業者としては、違法行為を行って登録を取り消されてしまっては廃業になってしまいますので、きちんとこの法律にのっとったフォーマットを企業に記入してもらうようにし、審査をして、問題がないことを確認してから出しています。

一方、企業がネットなどで直接募集をしている場合の募集要項にはこういった法律の制限はかかりません。

もちろん明らかな虚偽情報を含んだ募集要項であれば詐欺になる可能性はあります(例:本当は月収20万円のところを、40万円と記載いて募集する)が、こういった極端な例であれば、雇用契約の解除や詐欺取り消しができます。

問題は虚偽情報ではないけれど、ものはいいよう、という観点から、そのポジションの真実が映し出されていない募集要項についてです。

企業としては当然、ポジションを魅力的にみせて、よい応募者を早く確保したいので、募集要項の記載にも工夫をこらします。

応募者としては、募集要項が限られた情報であることを理解して、隠された意図をある程度推察し読み解くスキルを身につける必要があるのです。

以下、具体的にみていきましょう。

離職率が高い

経験不問のポジションは、離職率が高いポジションである可能性があります。

そのポジションの職務内容に問題があって、担当者が続かない場合、そのポジションの業務に穴をあけられない企業にとっては、ある意味なりふり構わず募集要件をさげてでも、次がほしいという事情が考えられます。

それ故に経験不問でも来てくれる人を、ということで経験不問求人を出している可能性があります。

前述のように、中途採用であるからには、企業としては、本当は即戦力がほしいはずですので、企業にとっては妥協した募集要項である可能性が高いのです。

離職率が高い、ほかの労働者にとって魅力がないポジションは、自分にとっても魅力的ではないという可能性は高いです。

募集要項を読んでそうかもしれないな、と思ったら、面接をとおして前任者の離職理由やターンオーバーレートなどを、面接の際などに企業側にしっかり確認しましょう。

これらの質問は、キャリア転職で必ず行うことをすすめています。

仮にこれらの質問にきちんと答えられない企業があるとしたら、誠意が疑われるので、危険信号です。

経験が不要の根性系

飛び込み営業やテレアポなど、業務の性質として、スキルよりも頭数が大切になる職種もあります。

体育会系、根性系で、とにかく精神論で耐えろ、耐えることに意味があるのだ、という雰囲気のある職場になりがちです。

こういったポジションは、顧客に怒鳴られても何度も断られてもへこたれない根性があり、その中で粘って結果を出すことができる、ストレスをうまく発散できるという気質がある応募者にとっては、自分のストレングスを発揮できるチャンスになるかもしれません。

そうではない一般的な応募者にとっては、根性というふわっとしたものを長く発揮することを求められると、メンタルがやられてしまうことがあります。

努力の方向性が定性定量的ではないので、長期にただ頑張れ、といわれるのはつらいもの。

応募しようとしているポジションがこういった根性系の職種に該当しそうな場合は、自分がどういう気質をもっているのか見つめなおして検討してみましょう。

ブラック求人あるあるワード

前に少し触れたように、企業側の募集要項は嘘にならない範囲で、お化粧が施されているものです。

募集要項を読むときには、ブラック求人にひっかからないように注意する必要があります。

ブラック求人の定義は、ここでは、労働者の労力を使い捨てにしてしまう可能性がある求人とします。

ブラック求人にありがちな、あるあるワードの一例をご紹介します。

これらのワードがあったからといってすべてがブラックなわけではもちろんありませんが、あやしいにおいをかぎわけるアンテナの一助にしてください。

「アットホームな会社です。」

アットホーム=家族経営でワンマン経営であることの言い換えである可能性があります。

ワンマン企業は、社長と相性があっているうちは最高の環境にもなりますが、社長もあくまで一人の人間、間違ってしまうこともあるでしょう。

そんなとき、従業員の進言をフラットに検討できるタイプの社長であればよいのですが、ワンマン経営の場合、頑固に自分の意見に固執するタイプの社長もいます。

ひとたび意見の対立があり仲が悪くなった場合、修羅場となる可能性があります。社長のほうがパワーバランスに勝るので、意見の対立があっても口に出せずストレスがたまってしまうこともあります。

「実力次第で稼げます。」

実力しだいで稼げます、は言い換えれば実力がなければ稼げない、ということです。

完全歩合制の募集などで、応募者を安心させるために使われたりします。

経験不問求人に応募する応募者は、これからスキルを身につけキャリアを築きたい人たちであると思います。経験不問と実力次第という条件は、実は相性が悪いものです。

「若くて風通しの良い環境です」

組織が成熟していなくて、カオス状態という可能性があります。自分がこの会社のカルチャーをつくりあげるのだという気概がある方にはよくても、秩序のない環境が苦手な方は入社後に苦労されることも考えられます。

「管理職としてご活躍いただけます」

経験不問でいきなり管理職という募集も要注意です。管理職は、プレイヤーとしてのスキルに加えて、マネジメントスキルがあることが大前提です。

チームの誰よりもスキルに優れていることは必ずしも必要ありませんが、その分野で一定のスキルはなければ、部下がついてこないからです。経験不問で管理職、ということはそのスキルは審査しな
いということ。そうなると、管理職として採用する意味合いはどこにあるでしょう。

一般的には、管理職であるからという理由で残業代を支給しないエクスキューズに使われる可能性が高いです。

いかがでしたでしょうか。ネット上の求人でよく見かけるあるあるワードだったのではないでしょうか。

物事はコインの表と裏なので、募集要項の耳障りの良い言葉を、そのまま真に受けず、リサーチをして裏づけに納得がいった求人にのみ応募しましょう。

経験不問でも入りやすい転職とは

経験不問の募集がすべてブラックなわけではもちろんありません。

以下のような職種は、未経験でも役割をこなすことが合理的に期待できるので、検討に値するでしょう。

IT系テスター

携帯電話のテスターやコーディングのテスターなど、テスターやデバッガー系の業務は、指示された操作内容を行って、アプリケーションなどの挙動に問題がないかチェックする業務です。

想定された操作を行って想定された結果がでるかどうかを確認し、想定された結果であればミッション完了、そうでなければエンジニアにレポートしてひとまずは完了です。

指示どおりに作業をすればよいので、集中力をもって作業にとりくめば、未経験でも十分に役割を果たすことができます。

たとえば、テスターからスタートし、その分野の技術に自然に詳しくなったり、エンジニアとコミュニケーションする中で知識を蓄積していけばエンジニアルートへの道も開けるので、経験不問求人としてはおすすめといえます。

営業職

営業職に求められるスキルは、何をおいてもコミュニケーション力です。社内の達成目標を汲み取り、商品やサービスの魅力を顧客に上手にアピールするのがミッション。

また、顧客のニーズを汲み取らなければ、心に届く商品やサービスの提案ができないので、話し上手なだけではなく聞く力も必要です。

これらのスキルは日常生活やこれまでの人生で自然に培われてきているはずのものです。

営業職は、会社に利益をもたらす、いわば花形の職種。コミュニケーションが苦手ではないという人はチャレンジしてみてもよいでしょう。

事務職

会計、人事、法務、財務などの専門事務を除く事務職に求められるスキルは、何をおいてもワードエクセルなど基本のOSを使いこなし、正確かつ迅速に事務を処理することができる能力です。

これらのOSスキルは大学の授業の中に組み込まれていたりするので、とりあえずはなんとかなる、という人も多いはず。

こつこつと作業することが得意という人は、検討してみてもよいでしょう。

販売職

販売職に求められるスキルは、営業職と同様コミュニケーションスキルです。営業が中長期的視野で売り上げをたてることが目標であるのに対して、販売はもっと即効で売り上げを立てることが求められます。

気持ちよくお買い物をしてもらうことも大事ですので、人当たりのよさや、瞬時に相手の気持ちを察知する瞬発力も必要。

こういった直感的なコミュニケーションが得意な方は、検討してみてもよいでしょう。

ブラック企業に転職しないためのチェックルールまとめ

募集要項の見極め方、ブラック企業にひっかからないためのティップスをお伝えしてきました。

これらをまとめると、お伝えしたいことは、以下の3点に要約されます。

  • 募集要項の内容を鵜呑みにせず、募集背景を推察する、面接で推察の裏を取ること
  • ブラック求人あるあるワーディングを知り、該当する場合は慎重に事実をチェックすること
  • 未経験でも活躍できる可能性がある職種を知り、該当しない職種については冷静に活躍可能性を検討すること

転職エージェントなどを利用して選別された募集要項にのみ応募するという選択肢もよいでしょう。あなたの幸せな転職の一助になれば幸いです。