アプキャリについて

フリーランスにプラス(+)の情報をおつたえします!
アプキャリは、フリーランスの方や転職を希望の方にWeb転職やIT転職、さらに就職や転職活動のありとあらゆる情報をあなたのために発信するサイトです。

アプキャリでは、管理人が経験してきた転職ノウハウを惜しみなくご提供していきます。現役のエンジニアやキャリアアドバイザーなどプロの執筆者が、あなたのためのキャリアプランをご提案!

さらに、アプキャリにご来訪いただいたあなたのためだけに、本当は教えたくないような「ここだけ」の業界裏話や裏技的なノウハウも展開します。

管理人は未経験でIT業界に転職して早15年。今では大手サイトのプロジェクトマネージャーをするまでに成長できました。

今までの経験のすべてをまとめて公開していますので、ぜひできるだけ多くの記事に目を通し、あなたの今後の人生をよりよいものにしてほしいと願っています。

⇒おすすめ転職エージェントをすぐ見る

職業別の転職

SE・プログラマー転職

WEBデザイナー転職

フリーランス転職

タイプ別のおすすめ転職記事

転職が未経験の方

フリーランスの方

仕事で悩んでるの方

プログラミングスクール選びで悩んでる方

転職エージェントの選び方と重視する項目

有名な転職エージェントを選べば心配ないと思っている方は要注意。

特にIT・Web系の転職サイトやエージェント選びにはコツがコツが必要なのです。

転職エージェントを選ぶ決めては以下の4つとなります。

転職エージェント選びのポイント
  1. 求人量
  2. 提案力
  3. サポート力
  4. 専門性

です。

まずはじめに求人量。

転職先が見つからなければ始まりませんので、できるだけ案件が豊富なサービスを選ぶのは必須です。

次に提案力。

いっけん求人量に目が行きがちですが、転職では提案力とサポート力が非常に重要。

あなたのスキルを最大限に引き出す提案ができるアドバイザーが担当になるかどうかで転職が成功するか失敗するかが決まります。

そしてサポート力。

もしあなたが転職やフリーランス化を検討している場合、現職を続けながら自分の力で再就職先を見つけることは時間的にも精神的にも厳しいはず。

その際一人で調べたりエントリーすることなく、アドバイザーにお任せするだけで、業側にあなたの特性を最大限に引き出した提案してくれるかがよりよい転職へのポイントとなるのです。

ここでサポート力の高い転職エージェントは、在職中でもきめ細やかな配慮や対応を欠かすことなく、親身にあなたの味方になってくれます。

最後に専門性。

IT・Web業界は専門的な知識がないと、自分にマッチした求人を見つけることが難しいといわれます。

SEといっても、多くの専門領域があり、単純にSEだから、なんでもできるわけではありません。専門性を持ち合わせたアドバイザーが在籍するエージェントを選ぶことで、提案のミスマッチも防げます。また、今のスキルをさらに高める現場を見つけてくれるでしょう。

おすすめ転職エージェント比較表

サイト名 レバテック マイナビ TechClips
特徴 企業別対策で内定率が高い 大手ならではの求人数 高年収と高待遇に特化
求人 4,000件以上 8,000件以上 非公開
地域 首都圏、関西、九州 全国 首都圏
運営 レバテック株式会社 株式会社 マイナビ notari株式会社

IT転職初心者でも安心!おすすめエージェントランキング

マイナビクリエーター

マイナビクリエーター評価
最大のポイント!
大手転職エージェント・総合型で大量の求人を取り扱いながらも、IT業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍している

・IT転職者のほとんどが使っている!
・案件数が業界No.1
・大手中小問わず数多くの企業あり!

総合おすすめ度:76pt/100
全体的なバランスに富んだ王道系エージェント。求人数がダントツであり、多くの案件に出会える

マイナビ詳細
無料会員登録

レバテックキャリア

最大のポイント!

大手に引けを取らない求人数を取り扱うレバテックキャリア。企業別対策がポイントで、内定率は非常に高い実績

・大手IT系への転職に強い!
・専門スキルが高いアドバイザー多数
・自分にあった案件をとことん支援

総合おすすめ度:74pt/100

IT系でもっとも人気のある転職エージェントの一つ。多くの転職成功者を出している業界屈指の最強IT系エージェント

レバテック詳細
無料会員登録

テッククリップス

テッククリップス
テッククリップス総合評価
最大のポイント!
求人件数は非公開ということもあり、大手の転職エージェントよりは少なめと予想。ただし年収500万円以上の求人が8割以上という点、エンジニアのことを考えた良質な求人の多い

・キャリアアップに最適
・技術力に自信があるならベスト
・年収300万アップも!

総合おすすめ度:68pt/100

IT・web系で自分の力を持て余していると感じているなら是非利用したいエージェント。高額案件多数でスキルにあった条件が見つかる

アプキャリ
この3つのエージェントITに登録せずしてIT転職はきびしいと言えるほど確実に登録しておきたい王道の転職エージェント。あなた自身もまずはIT系専門エージェントから転職の基礎情報を学ぶことは必須です。

アプキャリ管理人について

経歴

  • 2001年:メーカー系SI会社に転職、官公庁系システムのSIに従事
  • 2007年:後期高齢者医療制度改正対応のシステム開発に従事
  • 2013年:運用委託業務の管理者として客先常駐およびWeb系開発サポート
  • 2015年:客先常駐解消

以降、フリーランスエンジニアとしてマイナンバー制度対応のプロジェクトマネジメント(PM)に従事
自治体向け基幹システムSIのPM・地方自治体向け基幹システムSIを行いながらAIなどの先端技術の提案

その後、大手Web系企業PMとして、BtoCサービスシステム開発と平行してアプキャリ運営開始!

現在はエンジニアやクリエーターの育成に力を入れ、次世代の人材育成に注力中です。

スキル(経験年数):

  • システムインテグレーション:14年
  • プロジェクトマネジメント:10年
  • 運用委託業務管理:4年
  • COBOL:2年
  • Java:7年
  • PHP:4年

レガシーシステムからウェブ系システムまでの一連を経験しています。また、プロパーとして勤めた後にフリーランスエンジニアとして現在も現場感を忘れずに仕事に取り組んでいます。

アプキャリを通じて未経験・経験者問わず、転職に成功していただけるような中身の濃い情報をお伝えしていきます!

転職エージェントはメリットだらけ!その理由

「転職したいけど何からどうしたらいいかわからない」
「仕事をしながらだと転職活動が全然進まない」
「エントリーはするものの転職先が決まらなくて焦る」

このような悩みを持った転職の最強の味方が「転職エージェント」です。

一言で言えば、いい人材を探している企業と、できるだけ自分の力を評価する会社を探している求職者をつなげる役目をしてくれるサービスです。

ここではそのメリットについてをわかりやすく解説します。

転職希望者にとっての最大のメリット

なんといっても、専門のアドバイザーが「無料」で適切な就職先を紹介してくれて、さらにエントリーまでもサポートしてくれることが最大のメリットでしょう。

就業しながら一人で転職活動を行うのは至難の業です。1人転職活動は時間がない中で焦って転職を急いでしまい、現職よりも悪い環境に再就職してしまう最悪のケースもあとを絶ちません。

転職エージェントを利用すれば、人生をよりよくする転職の機会を最大限に活かすことができるといっても過言ではありません。

多くの転職者を企業に送り届けたプロのアドバイザーが常にあなたの味方になってくれるのです。

しかもタダで。

これは利用しない手はないわけです!

採用側にもメリットがたくさんある!

転職エージェントから紹介された人材は、採用側にも大きなメリットをもたらします。

まずは、無駄な採用コストがかからないという点。

企業もできるだけいい人材をとりたいわけです。そのうえで、転職エージェント側がスキルにマッチングした人材のみをピックアップして紹介してくれるため、ペーパーテストや面談の回数をへらすことができて、採用コストを大幅に減らすことができるんです。

転職エージェントの仕組みとは?なぜ無料?

エージェント側は、優秀な人材を企業に紹介することで紹介料を謝礼として受け取ります。

そのおかげで求職者も無料で多くのサービスを利用できるわけです。

転職エージェントと転職サイトの違いを徹底比較!

特化型エージェントと総合型エージェントはどちらがいい?

転職エージェント詳しい比較表

転職エージェントのメリットとデメリット

転職エージェントが向いてる人・向いてない人

転職エージェントを利用した場合の流れ

転職エージェントQ&A

今の職場に疑問を持ったらすぐ転職のための行動しよう!

会社に会社をやめたいと相談した際に「あなたレベルでは次の転職先見つからない」といわれ、転職するか迷っているという話をよく聞きます。

冷静に考えてみてください。会社側としては、転職先が見つからないような能力のない人間が会社をやめてくれるなら大喜びですよね。

つまり会社側からの言葉は信じてはいけないのです。自分自身が転職を決意したら、迷わず次の就職先を見つけるために走り出しましょう!

フリーランス向けCOBOL案件の相場・単価を特徴を徹底解説!

アプキャリ

COBOL【コボル】は、金融系の基幹システムなどに多く利用される有名な言語の1つ。

なんと1959年から現在まで使われているほど歴史の長い言語です。

レガシーシステムではありますが、金融系といえばCOBOLと言われるほど未だに需要が高いのです。

言語としては複雑で習得に時間を要しますが、大規模案件が多く業務が長く安定しやすいのも特徴で、フリーランスエンジニア向きの言語といえます。

COBOLエンジニアとしてフリーランスへの転向を考えている方は

  • COBOL案件を多く取り扱うサイトを知りたい
  • 年齢や住んでいる地域にとらわれずに案件を見つけたい
  • 年齢制限や単価の相場が知りたい

という点が気になることでしょう。

ずばり言えばCOBOL案件を獲得するには案件紹介サイトを利用するのがおすすめ。

ですが、ひとくちに案件紹介サイトといってもさまざまで、取り扱う案件数やアフターサポートの充実度には開きがあります。

後で後悔しないように、はじめに自分に合ったよりよいサイトを選びましょう。

なお、今すぐフリーランスにならない方も将来フリーランスを検討しているなら、サイトに早めに登録するのがおすすめ。

案件紹介サイトに登録すると、専任のコンサルタントがアドバイスしてくれますし、フリーランスに関する情報収集も可能です。

COBOL案件の単価相場は月収40~60万円

プログラマ 40~60万
システムエンジニア 60~80万

COBOL案件は

月収40~60万円(年収にすると480~720万円)のものが全体の90%以上

を占めています。

COBOL言語を扱う会社員の年収平均が450万円ですので、COBOL言語を扱うエンジニアはフリーランスになった方が、収入がアップするという結果となります。

ただし、フリーランスになった場合、福利厚生が少ないため月収40万クラスのフリーランスの場合、会社員と比較するとあまり好条件とはいえません。

PHPやRUBYなどの言語よりは相場は下がりますが、中堅Sierに勤める30代エンジニアの年収平均500~560万円と同等の数字です。

年齢制限がなく年齢不問案件が多い

COBOLは古い言語であり、新規の開発にはほとんど使われません。そのため、COBOL案件は、過去のシステムの拡張やリプレースといった内容がほとんどです。

よって、COBOL言語を扱うエンジニアの年齢は高い傾向にあり、年齢不問もしくは未指定にしている募集案件が多いようです。

20代のCOBOLエンジニアを見つける方が難しいようです。

ちなみに、年齢不問案件は全体の20%と5件に1件の割合と、比較的多いといえます。

ただ、さすがに50代が限界といえるでしょう。

COBOL案件の特徴

金融系システムや顧客管理などのシステムにいまだに採用されるCOBOLは事務処理に向いた言語です。

大手銀行や証券会社の汎用機(メインフレーム)環境に未だに多く採用されており、仕様変更も難しいため、長期案件になることが多いのがポイントです。

さらに、官庁や大企業の基幹系業務の場合、労働基準が厳しいことから稼働も少なめ。ホワイトな現場が多いのもメリットです。

2002年にはオブジェクト指向にも対応し、拡張性や汎用性が増しました。

汎用機を使ったレガシーな環境が多い

次に、COBOL案件の実際の開発環境についてご紹介いたします。COBOL案件の実に75%は汎用機での開発となります。

汎用機とは企業の基幹業務を担う大型コンピューターのことで、夜間にデータ処理や集計処理をすることが多く、ホストコンピューター、メインフレームと呼ばれることもあります。

汎用機の次にくるのはWEBシステム開発などをおこなうサーバーサイドエンジニアですが、その数字は14%と汎用機に比べてがくんと落ちます。

保険・銀行といった金融業界が多い

COBOL案件を発注する業界を案件の多い順に並べると、生命保険・損害保険・その他金融系・銀行・証券となり、金融業界からの発注が多いことが分かります。

ささいなバグもあってはならない業界であり、システムの品質が重要で長期の開発になることが多いです。

また外部に大切なデータを持ち出すことができないため、在宅案件はほぼ存在しません。

COBOL案件の探し方・案件紹介サイトとは?

COBOL案件を獲得するためには、案件紹介サイトの利用が一番です。

ただし、COBOL言語を用いた案件は金融業からの発注が多くやや特殊なため、案件紹介サイトによって案件数にかなりの開きがあります。

案件数の多いサイトと少ないサイトでは、20倍以上も差がありますので気をつけましょう。

COBOL案件紹介サイトの選び方・3つのポイント

将来フリーランスへの転向を考えている方はぜひ案件紹介サイトに登録しておきましょう。

サイトに登録すると、専任のコンサルタントがアドバイスをしてくれますし、フリーランスに役立つ情報を得ることができます。

COBOL案件の紹介サイトの選び方のポイントは全部で3つ。案件数の豊富さ・コンサルタントの提案力・アフターサポートの充実度です。

数ある案件紹介サイトを調べたところ、これらの条件を満たすサイトはたったひとつでした。

COBOL案件紹介サイトは「フリエン」で決まり

フリエンは全国展開している案件紹介サイトです。

主要フリーランス園児に向け求人サービスにてCOBOL案件を扱う案件取扱数を比較してみると、

  • フリエン 1320件
  • エンジニアルーム 540件

と、フリエンがダントツトップの数字を誇ります。

フリエンはSkypeでの相談もできるので地方に暮らすエンジニアにもおすすめのサイトです。

エンジニアルームも、フリエンに次ぐCOBOL案件の多さです。

他の主要フリーランス向け求人サイトは10件程度とかなり案件が少ないため、COBOLなら上記2サイトをメインにするのがよいでしょう。

フリエン公式サイトでCOBOL案件を探す

エンジニアルーム公式サイトでCOBOL案件を探す

なお、レバテックフリーランスなどは、非公開案件も多数存在するため、検索ではHITしないCOBOL案件がある可能性も。

気になる方はレバテックに登録し、専任アドバイザーに質問してみるのも一手です。

COBOLエンジニアは、Javaエンジニアへの転向もおすすめ

COBOLエンジニアのもうひとつの道は、Javaエンジニアにキャリアチェンジすることです。

Java案件の相場は、月収60~80万円とCOBOL案件の月収平均50万円より高い傾向にあり、3倍の案件数があるからです。

COBOL技術者に特化したJava習得スクール「IT-CAREUS」というものもありますので、選択肢のひとつとして考えてみるとよいでしょう。

フリーランスのCOBOLエンジニアになるために

ここまで、フリーランスのCOBOLエンジニアや、これからフリーランスを目指すCOBOLエンジニアに向けて、COBOL案件の特徴や案件獲得方法について解説してきました。

まとめてみますと、COBOL案件の単価相場は、月収40〜60万円(年収:480〜720万円)で、年齢不問案件が全体の21%と比較的多いことが分かりました。

COBOL案件は、汎用機でのレガシーな開発環境でおこなうことが多く、ほとんどが銀行・保険など金融業界からの発注となります。

なお、COBOL案件の獲得には、案件紹介サイト「フリエン」が案件数豊富でおすすめです。

さらに、COBOL技術者はJavaエンジニアへの転向を視野に入れるのもひとつです。

COBOL技術者に特化したJava習得スクールがあり最短1カ月でJavaの習得が可能ですので、一度検討してみましょう。