フリーランス向けCOBOL案件の相場・単価を特徴を徹底解説!

COBOL【コボル】は、金融系の基幹システムなどに多く利用される有名な言語の1つ。

なんと1959年から現在まで使われているほど歴史の長い言語です。

レガシーシステムではありますが、金融系といえばCOBOLと言われるほど未だに需要が高いのです。

言語としては複雑で習得に時間を要しますが、大規模案件が多く業務が長く安定しやすいのも特徴で、フリーランスエンジニア向きの言語といえます。

COBOLエンジニアとしてフリーランスへの転向を考えている方は

  • COBOL案件を多く取り扱うサイトを知りたい
  • 年齢や住んでいる地域にとらわれずに案件を見つけたい
  • 年齢制限や単価の相場が知りたい

という点が気になることでしょう。

ずばり言えばCOBOL案件を獲得するには案件紹介サイトを利用するのがおすすめ。

ですが、ひとくちに案件紹介サイトといってもさまざまで、取り扱う案件数やアフターサポートの充実度には開きがあります。

後で後悔しないように、はじめに自分に合ったよりよいサイトを選びましょう。

なお、今すぐフリーランスにならない方も将来フリーランスを検討しているなら、サイトに早めに登録するのがおすすめ。

案件紹介サイトに登録すると、専任のコンサルタントがアドバイスしてくれますし、フリーランスに関する情報収集も可能です。

COBOL案件の単価相場は月収40~60万円

プログラマ 40~60万
システムエンジニア 60~80万

COBOL案件は

月収40~60万円(年収にすると480~720万円)のものが全体の90%以上

を占めています。

COBOL言語を扱う会社員の年収平均が450万円ですので、COBOL言語を扱うエンジニアはフリーランスになった方が、収入がアップするという結果となります。

ただし、フリーランスになった場合、福利厚生が少ないため月収40万クラスのフリーランスの場合、会社員と比較するとあまり好条件とはいえません。

PHPやRUBYなどの言語よりは相場は下がりますが、中堅Sierに勤める30代エンジニアの年収平均500~560万円と同等の数字です。

年齢制限がなく年齢不問案件が多い

COBOLは古い言語であり、新規の開発にはほとんど使われません。そのため、COBOL案件は、過去のシステムの拡張やリプレースといった内容がほとんどです。

よって、COBOL言語を扱うエンジニアの年齢は高い傾向にあり、年齢不問もしくは未指定にしている募集案件が多いようです。

20代のCOBOLエンジニアを見つける方が難しいようです。

ちなみに、年齢不問案件は全体の20%と5件に1件の割合と、比較的多いといえます。

ただ、さすがに50代が限界といえるでしょう。

COBOL案件の特徴

金融系システムや顧客管理などのシステムにいまだに採用されるCOBOLは事務処理に向いた言語です。

大手銀行や証券会社の汎用機(メインフレーム)環境に未だに多く採用されており、仕様変更も難しいため、長期案件になることが多いのがポイントです。

さらに、官庁や大企業の基幹系業務の場合、労働基準が厳しいことから稼働も少なめ。ホワイトな現場が多いのもメリットです。

2002年にはオブジェクト指向にも対応し、拡張性や汎用性が増しました。

汎用機を使ったレガシーな環境が多い

次に、COBOL案件の実際の開発環境についてご紹介いたします。COBOL案件の実に75%は汎用機での開発となります。

汎用機とは企業の基幹業務を担う大型コンピューターのことで、夜間にデータ処理や集計処理をすることが多く、ホストコンピューター、メインフレームと呼ばれることもあります。

汎用機の次にくるのはWEBシステム開発などをおこなうサーバーサイドエンジニアですが、その数字は14%と汎用機に比べてがくんと落ちます。

保険・銀行といった金融業界が多い

COBOL案件を発注する業界を案件の多い順に並べると、生命保険・損害保険・その他金融系・銀行・証券となり、金融業界からの発注が多いことが分かります。

ささいなバグもあってはならない業界であり、システムの品質が重要で長期の開発になることが多いです。

また外部に大切なデータを持ち出すことができないため、在宅案件はほぼ存在しません。

COBOL案件の探し方・案件紹介サイトとは?

COBOL案件を獲得するためには、案件紹介サイトの利用が一番です。

ただし、COBOL言語を用いた案件は金融業からの発注が多くやや特殊なため、案件紹介サイトによって案件数にかなりの開きがあります。

案件数の多いサイトと少ないサイトでは、20倍以上も差がありますので気をつけましょう。

COBOL案件紹介サイトの選び方・3つのポイント

将来フリーランスへの転向を考えている方はぜひ案件紹介サイトに登録しておきましょう。

サイトに登録すると、専任のコンサルタントがアドバイスをしてくれますし、フリーランスに役立つ情報を得ることができます。

COBOL案件の紹介サイトの選び方のポイントは全部で3つ。案件数の豊富さ・コンサルタントの提案力・アフターサポートの充実度です。

数ある案件紹介サイトを調べたところ、これらの条件を満たすサイトはたったひとつでした。

COBOL案件紹介サイトは「フリエン」で決まり

フリエンは全国展開している案件紹介サイトです。

主要フリーランス園児に向け求人サービスにてCOBOL案件を扱う案件取扱数を比較してみると、

  • フリエン 1320件
  • エンジニアルーム 540件

と、フリエンがダントツトップの数字を誇ります。

フリエンはSkypeでの相談もできるので地方に暮らすエンジニアにもおすすめのサイトです。

エンジニアルームも、フリエンに次ぐCOBOL案件の多さです。

他の主要フリーランス向け求人サイトは10件程度とかなり案件が少ないため、COBOLなら上記2サイトをメインにするのがよいでしょう。

フリエン公式サイトでCOBOL案件を探す

エンジニアルーム公式サイトでCOBOL案件を探す

なお、レバテックフリーランスなどは、非公開案件も多数存在するため、検索ではHITしないCOBOL案件がある可能性も。

気になる方はレバテックに登録し、専任アドバイザーに質問してみるのも一手です。

COBOLエンジニアは、Javaエンジニアへの転向もおすすめ

COBOLエンジニアのもうひとつの道は、Javaエンジニアにキャリアチェンジすることです。

Java案件の相場は、月収60~80万円とCOBOL案件の月収平均50万円より高い傾向にあり、3倍の案件数があるからです。

COBOL技術者に特化したJava習得スクール「IT-CAREUS」というものもありますので、選択肢のひとつとして考えてみるとよいでしょう。

フリーランスのCOBOLエンジニアになるために

ここまで、フリーランスのCOBOLエンジニアや、これからフリーランスを目指すCOBOLエンジニアに向けて、COBOL案件の特徴や案件獲得方法について解説してきました。

まとめてみますと、COBOL案件の単価相場は、月収40〜60万円(年収:480〜720万円)で、年齢不問案件が全体の21%と比較的多いことが分かりました。

COBOL案件は、汎用機でのレガシーな開発環境でおこなうことが多く、ほとんどが銀行・保険など金融業界からの発注となります。

なお、COBOL案件の獲得には、案件紹介サイト「フリエン」が案件数豊富でおすすめです。

さらに、COBOL技術者はJavaエンジニアへの転向を視野に入れるのもひとつです。

COBOL技術者に特化したJava習得スクールがあり最短1カ月でJavaの習得が可能ですので、一度検討してみましょう。