CodeCampで最強エンジニアを目指す!コードキャンプの内容を徹底調査

CodeCampの特徴と受講する最大のメリット CodeCampでは、

  • Java・iPhone・Androidのアプリケーションの作成
  • Webサイトの制作
  • など5つの充実したコースが用意されています。 それらのコースは完全にマンツーマンで行われ、365日休むことなく、朝7時から夜中の24時まで受講が可能。 これなら帰宅が少々遅くなっても勉強が可能ですし、出勤前にもできますので学習スケジュールが立てやすく滞ることがありません。 まさにライフスタイルに合わせた学習が出来るのです。 プログラミングの学習は、一般的に習得具合に差が出やすいものです。個々によって理解度は違いますし、疑問に感じる点も違うのが普通です。 ですのでグループ学習よりは、マンツーマン指導の方が適しています。また分からないことがあれば、その場で直ぐに解決できるというのは、忙しい社会人にはとても効率的です。 そして何と言ってもCodeCampは東証一部上場のITコンサルタント会社フューチャーアーキテクト株式会社の傘下にあるということ。 その信用度から、CodeCampは大手企業のプログラミング研修にも積極的に取り入れられています。 これまでの利用者は約1.8万人。この利用実績を分析し、多くの受講者が苦手とする点や躓きやすいポイントを見極めて、より良い学習が出来るように努められています。 講師陣は有名企業出身の現役エンジニアです。 現役エンジニアは今まさに現場で活躍していますので、オンタイムの技術と経験を享受することが出来るという強みがあります。 有名企業ではエンジニアに対して、大規模なシステムを支える技術を求めます。その環境下にいるエンジニアの個人スキルは自ずと向上し、専門的な知識も蓄積されていきます。チームプロジェクトを進めるためのノウハウにも長けるようになります。 このような現場で働く講師の経験や技術力は、受講生に大きな影響を与えますし、最新の現場で使える知識が吸収できるのです。 そしてその講師陣の中からあなたにピッタリの講師が選べるのです。講師との相性はとても大切です。気が合わない中の学習は日に日に苦痛になるだけで身につきませんし、進捗度にも影響してきます。 色々なタイプの講師を受講してみて、自身に合った講師を見つけたら、その講師の空いている時間にレッスンの予約をしましょう。講師の方でも生徒のレッスンの様子や理解度の情報を共有していますので、講師を変えたとしても生徒には負担がないようにしているのです。 このようなシステムはCodeCampならではのメリットと言えるのではないでしょうか。

    CodeCampで学べる5つのコース

    CodeCampには業界で最も需要のあるJavaをはじめ、iPhoneやAndroidのアプリケーションの作成、Webサイトの制作など、5つのコースが学べるようになっています。 ここではそのコースをご紹介していきます。

    CodeCampのコース①Javaマスター

    プログラミング言語であるJavaは現在最も多く業界で使われています。 Javaエンジニアとして就職や転職し、活躍を目指している方はこちらのコースを強くお勧めします。 ここではJavaの基本的な文法、考え方、ネットワーク通信方法、ファイル操作、データベースアクセスといったスキルが学べ、社員情報管理や顧客情報管理などの企業運用に密接に関わるアプリケーションの開発方法を学び習得します。 最終的にはJavaを利用したWebサービスの開発が行えるようにし、システム開発の現場で用いることができ、即戦力となるデータベース連携などの技術の習得を目指します。 Javaは特に現場で重宝されている技術です。このような時代に沿った技術が学べるのもCodeCampの魅力のい一つです。

    CodeCampのコース②アプリマスター

    その名の通りスマホアプリの開発方法を学ぶコースです。アプリの躍進には目を見張るものがあり、優秀なアプリを作成することの出来るエンジニアが求められています。オリジナルアプリを作りたい人、アプリエンジニアとして成功したい方向けです。 ここではJavaというプログラミング言語の基本を学んだ後、簡単なアプリケーションを作成します。 こうして基礎を習得した後、スマホアプリの開発方法を学んでいきます。 まず最初はAndroidアプリに必要な環境構築から開発方法を学び、アプリ開発の基礎固めをします。 そして実際のAndroidアプリを制作していきます。目標はニュースアプリなどがを作れるようになることです。Androidを習得したその後に、iPhoneアプリの開発に進んでいきます。 ここではSwiftをについての勉強をし、開発方法を学んでいきます。こちらもニュースアプリを作れるようになることが最終目標です。

    CodeCampのコース③Webマスター

    このコースではWebサイト制作に必要な知識と経験を身につけることが出来ます。目指すは転職ができるレベルの技術習得です。 webサイトを構成するにはHTMLとCSSという基礎的な言語を知らなくてはいけません。この言語を学びWebサイトを制作できるようにします。 そしてwebサイトに多様な動きを付ける事ができる言語、JavaScriptとjQueryを学びます。 この二つはwebサイト作成においては必要不可欠な技術です。 こうしてWebサイトの基本が身に付いたら次のステップはWebサイト上で動くプログラミング言語PHPと、MySQLというデータベースの学習となります。 このように基礎から順番に学べるようにし、その基礎を用いて応用ができるようにと導くのもCodeCampの特色です。最終的には自力でECサイトが作成できる技術を身に付けるようにします。

    CodeCampのコース④Rubyマスター

    プログラミングにはどうしても時間が掛かってしまいます。その時間を圧倒的に短縮出来るのがRuby。なんに関してもスピード重視の現代に最も適した言語ではないでしょうか。スピード感に着目して学習するのがこのコースです。 まずは先程のWebマスターと基礎的部分は同様に学んでいきます。基本のスキルを学ぶところからスタートし、HTMLとCSSを習得。JevaScriptとjQueryの学習をします。 基礎を学んだ後は、よりスピーディにwebアプリケーションを開発する手法であるRubyというプログラミング言語とRuby on Railsというフレームワークを学びます。 この言語はフリマサイト、画像投稿サイト、SNS、などの開発に非常に便利な言語です。 最終的にはWebアプリケーションの技術と知識の習得。そしてプログラミングのマスターです。

    CodeCampのコース⑤デザインマスター

    webデザイナーとして活躍したい方には、是非こちらのコースがお勧めです。 webサイトに人を惹きつけるには、まず見やすい事。そして美しさが求められます。これだけネットが発達してくると、webサイトが普及し始めた頃の様な野暮ったいデザインはもはや受け入れられません。 デザインマスターでは美しく見やすいWebサイトのデザインを構築する技術を身につけるコースです。 webマスター同様、HTML、CSS、JavaScript、jQueryを学習してWebサイトの制作方法を習得します。その後、Photoshopとillustratorというデザイン用ツールを学び、美しいデザインが考えられる様にしていきます。 また昨今、スマホやタブレットの普及が著しい勢いを見せています。そのためスマホ、タブレット、両方のディバイスにおいて綺麗に表示されるデザインが必要になってきています。これをレスポンシブと言うのですが、ここではBootstrapというフレームークを用いて、そのレスポンシブなwebサイト制作の技術も学べるようになっています。

    コードキャンプの受講方法と料金について

    CodeCampのレッスンはユニークです。 Googleビデオ通話アプリの「ハングアウト」を利用して行います。インターネットに接続出来るの環境さえあれば、どこでも何時でも学習出来るのがCodeCampの良いところで、オンライン完結型のプログラミングスクールとして、時間を無駄にできない社会人にはぴったりな方法です。

    CodeCampは受講料はPayPal支払いが可能

    CodeCampの受講料金は1コース60回のレッスンで298,000円です。もちろん教材費は含まれているのですが、受講環境を整えるのに必要なヘッドセットやwebカメラ、パソコンなどのディバイスは含まれていませんのでご注意を。 受講料の支払いは一般的な銀行振込み、PayPalでの支払いが選べます。 更に支払いの手助けとなるローンも用意されています。こちらはクレジットカード会社の審査に通った人が利k用できるもので、CodeCampローンと言います。 この3つの支払い方法より、自分の都合に合わせて選んでいただけます。

    CodeCampは安心の転職・就職サポート

    高い受講料を支払ってエンジニアのスキルを身に付けても、それが就職に繋がらなくては意味がありません。その点はCodeCampは熟知しており、専任のキャリアアドバイザーによってきちんとしたサポート体制を受講生のために用意しています。 受講生は無料で就職・転職のサポートに登録する事が出来ます。この登録により、履歴書作成の手伝い、自己分析、面接対策などの就職活動の成功に必要なノウハウが伝授され、また転職へのサポートが成されます。 CodeCampは有名企業のプログラミング研修に採用されている実績がありますので、これらを受講している生徒は既に信頼のおけるエンジニアとして認められやすい傾向にあるのです。この、他にはない実績を活用するとにより、エンジニア、ディレクター、マーケターなどの幅広い職種での転職実現が可能となるのです。

    CodeCampのスピードコース、CodeCampGateとは

    CodeCampを受講したいけど時間がない! 転職に切羽詰まっている。そんな方にはCodeCampGateがお勧めです。 CodeCampのカリキュラムは通常6ヶ月です。60回を6ヶ月に分けて受講していきます。しかしCodeCampGateの場合、その受講期間は2ヶ月と非常に短く設定されています。これにより短期間でプログラミングスキルを身につける事が可能となりますので、急いで転職したい人にはかなりオススメのコースです。 また短期で結果を出してもらうためには、個々の知識や能力に合わせた内容で授業がなされなくてはいけません。 よってこちらのCodeCampGateでは、完全個別トレーニングに加え、個別の状況に合わせたコースにしています。
    新卒コース ・新卒で経験のない方がエンジニアとして就職したい場合はこちらのコース 第二新卒コース ・エンジニアに転職をしたい方向けのコース 経験者コース ・既にエンジニアとしてのキャリアがあり、さらなるキャリアアップを目指したい方向けのコース
    CodeCampGateの受講料は20万円ですが、転職に成功するとなんと受講料がキャッシュバックされるシステムを取っています。 しかもキャリアサポートの利用も無制限です。 短期間でプログラミングスキルを身につけ転職したい人にはこれ以上ない最適なコースではないでしょうか。 短期的に集中型を目指すのか、仕事をしながらも長期的に技術を磨いていくのか、個人の状況や性格に合わせて、最も適したものを選ぶようにして下さい。

    CodeCampの別カリキュラムTech::Camp、TechAcademyとは?

    さて受講される方の中には、自分のペースで進まないと身につかないと言うタイプの方や、オンタイムで講師と共に学ぶよりも、自習の方が向いているという方もいらっしゃるでしょう。 そのような方のために、Tech::Camp、TechAcademyというカリキュラムの受講スタイルが違うものも用意されています。 CodeCampは通話アプリのハングアウトを利用したテレビ電話によってレッスンが行われるのですが、Tech::CampやTechAcademyは、自ら教材を読みながら自分で進めていきます。 分からない部分があればメンターによって助けて貰えます。まさに自習のスタイルですので、自分のペースで納得いくまでじっくりと取り組みたい方にはこちらの方が向いているでしょう。

    CodeCampに弱点はあるのか。CodeCampは万人向けではない?!

    高い実績と企業からの高評価、効果的な学習方法にふんだんなノウハウと、CodeCampの学習プログラムは非常に魅力的です。 しかしもし一点弱点を上げるとしたら、それは整えられた学習環境にあると言えそうです。 プログラマーは自分の持っているスキルと知識をフル活用して自分で解決法を見出していかなくてはいけません。現場ではそのような事態がしょっちゅう起こりますので、その力は必要不可欠なのです。 しかしCodeCampではテレビ電話でのマンツーマン指導。分からなければ、考えなくても目の前にいる講師に答えを聞く事が出来るのです。自分で考えるというプログラマーに必要なクセがつきにくいと言えます。これがCodeCampの弱点です。これではプログラマーとしての成功は望めません。 マンツーマンで高い学習効果は得る事が出来るのですから、CodeCampを受講する際はその点を頭に置き完全に頼りきってしまうのではなく、講師には解決へのプロセスをアシストしてもらう程度にとどめて、解決策は自分で考えて見つけるという姿勢で受講するようにしましょう。 このような弱点ももありますが、それらを踏まえた上でもCodeCampはエンジニアへの転職を目指す忙しい社会人には適したプログラムだと言えると思います。 捉え方によっては弱点になってしまうマンツーマンですが、プロの現役エンジニアから学ぶ事の大きさは何ごとにも代えがたいのではないでしょうか。60回もマンツーマンで指導してもらえるのです。そこには知識の勉強だけではなくなく、現場の人間だからこそ知りえる、貴重な知恵もあるはずです。 他のプログラミングスクールでは自習スタイルが多いので、このCodeCampのシステムは大変貴重であるとも言えます。 これらをを理解し、効率よく学びたい人にはCodeCampが合っていると言えます。 一方、CodeCampのプログラムが適さない人もいます。 それは既にプログラミングの知識を持っており、新しい分野に挑戦したい人や、もっと早いスピードの学習を求めている人です。 プログラミングの知識があるのですから、常にマンツーマン学習の必要性はないと思います。1回45分と短めの講義ではありますが、60回もそれを続けるのは得策ではないように思えます。より先のスキルを学べるスクールの方が良いのではないでしょうか。

    CodeCampの評価や評判・口コミ

    ここでは実際の世間の評価をご紹介していきます。良い面、悪い面の両方がもちろんありますので、自分に合うのかどうかも合わせて考えてみてください。 CodeCampの高評価の点はやはりプロのエンジニアによるマンツーマンレッスンが受けられるところです。 目の前に自分の疑問に答えてくれる講師がおり、受け身で聞くだけの授業ではないので、よく身に付きます。いつまでも疑問が解消しないという時間のロスが防げますね。いわゆる家庭教師が側にいるのと同じ状態です。 一方の悪い評価には、本当の力は身についていないと言う声がありました。 例えば、講義の中で課題が出されます。その課題についてはクリアできますが、出来るのはそのサンプルの課題であって、では実際に違う課題やそれを基礎にして違う課題がクリアできるのかと言うと、正直なところ分からないというものです。 これは弱点の章で述べた点ですね。CodeCampでは基礎が身につきますが、それを応用していくのは自分の力でしていかないといけないのです。受講中でも意識して考えるようにするべきですね。 そして知識を生きたものにするためにはやはり経験して、多くの課題をこなすしかないということなのです。 活躍するプログラマーは今持っている知識だけで満足してはいません。 自分で課題を探し、考え、実践し、応用力を身に付ける努力をしているのです。 「受動態ではいけない」その点をしっかり把握しておく必要がありそうですね。

    CodeCampの内容や特徴・評判まとめ

    CodeCampは家庭教師によって効率的かつ効果的にプログラミングが学べるシステムです。 時間に融通が利くあたりも、忙しい現代社会人には最適ではないでしょうか。キャリアアップをしたい方や新しい技術を身につけたい人にはもちろんのこと、未経験でこれからエンジニアの分野にチャレンジして成功したいと強い願望を抱いている人には特にお勧めです。 充実した転職サポート体制は、実績のある企業だからこそできるものです。 CodeCampのサイトでは一部が閲覧可能になっていますし、無料の体験レッスンもありますので、少しでも興味のある方は、まずはCodeCampを体験してはいかがでしょうか。]]>