デザイナーの仕事を極める!様々なデザイナーの職務内容とは?

デザイナーという職業が人気を高めています。

しかし、デザイナーと言っても、様々な職務内容があり、その幅も広くなっています。

デザイナーとは本来、クリエイティブな業種であることから、様々な分野、業界に存在する職業と言えるでしょう。

かつてであれば、ファッションデザイナーやインテリアデザイナーが主流でしたが、最近の傾向としては、IT業界のデザイナーが人気を高め、増えていると聞きます。

ここでは、デザイナーと呼ばれる人々の仕事を紹介していきます。

デザイナーは9種類

一般にデザイナーと呼ばれても、その種類は多岐に渡ります。

様々な業界、領域で手腕を発揮している人が多く存在し、活躍する場所によって知識も専門技術、才能も異なってきます。

では、デザイナーと呼ばれる人たちは、実際にどんな職務をしているのでしょうか?

デザイナーは9種類

  • ファッションデザイナー
  • テキスタイルデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • DTPデザイナー
  • Webデザイナー
  • CGデザイナー
  • ゲームデザイナー
  • インテリアデザイナー
  • ジュエリーデザイナー

①ファッションデザイナー

一番先に思い浮かぶのがファッションデザイナーと呼ばれる人々でしょう。

ファッションデザイナーとは、洋服や靴、バッグなどをデザインする人々のことです。

各企業内で販売する様々な洋服などを独自のクリエイティブな発想から立案し、具体的な構図を描いて、企業内で提案します。

また、個人的な顧客の要望に応えて、オーダーメイドと呼ばれるデザインを起こすオートクチュールデザイナーとして活躍する人々もいます。

②テキスタイルデザイナー

テキスタイルデザイナーとは、服飾やインテリアなどのテキスタイル(生地)をデザインする仕事です。

そのため、生地の素材や糸、染色、加工方法などの幅広い知識が必要となります。

アパレルメーカーやデザイン事務所などに人気の高い職務で、大学の工芸学科やデザイン学科などで専門的な技術を学んだ人々が引っ張りだことなっています。

③グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、印刷物のデザインをする仕事で、雑誌の広告やポスター、商品パッケージなどを手掛けます。

企画内容、企業が打ち出すコンセプトやターゲットに合わせてデザインを立案、検討します。

広告代理店や広告制作会社で多く活躍する人々です。

④DTPデザイナー

DTPデザイナーとはデザインから印刷用の入稿データの制作をパソコンで行う仕事です。

雑誌や書籍、ポスターなどの印刷物のレイアウトを組み立て、印刷に必要なデータを作成します。

専門学校でデザインの勉強をする人が多く、経験を積みながら独立を目指す人も多いとされています。

⑤Webデザイナー

今、最も注目を集めているのがWebデザイナーと言えるかもしれません。

時代の流れと共に、様々なWebサイトが立ち上がっており、その中でいかに多くの人々の関心を集め、集客できるかが大きなポイントとなります。

Webサイト作成には、ディレクターなどほかのスタッフと密に提携を取り、ユーザーがより使いやすいサイトをデザインする必要があります。

⑥CGデザイナー

コンピューターを使用して、2次元や3次元のグラフィックスを作成する人々がCGデザイナーです。

デッサン画をもとに、様々な動きや効果を演出していきます。

映画、ゲーム、アニメーションなどの映像作品だけでなく、建築や車、機械の設計まで手掛ける幅広いデザイナーとも言えます。

⑦ゲームデザイナー

昨今、若い人々の間で話題となっているのがゲームデザイナーでしょう。

ゲームキャラクター、アイテム、ストーリーなど全般的にゲームを作成するデザイナーです。

専門学校や美術系大学でプログラミングスキルなどを勉強する人が多いですね。

いきなりフリーで働くのは難しいとされていて、まずはゲームソフト制作会社などに就職する人がほとんどでしょう。

⑧インテリアデザイナー

家具やカーテンなどの内装全般を企画、設計するのがインテリアデザイナーです。

個人宅はもちろん、オフィス、ホテル、学校などのインテリアを引き受け、全体の造作、トーン、音、湿度などを総合的に見極め、室内を演出します。

美的感覚が特に問われる仕事と言えるでしょう。

⑨ジュエリーデザイナー

ジュエリーデザイナーは、ジュエリー制作のデザイン画を作成する人々です。

クライアントや顧客の要望に沿って、手書きあるいはパソコンでデザインを企画し、スケッチを描き、作り上げていきます。

感性や専門技術を大いに駆使できる仕事です。

デザイナーになるためには

様々なデザイナーの仕事があり、その職務内容によって、専門的な知識や技術が必要となります。

そのため、どの分野のデザイナーを目指すかによっても、その選択肢は変わってきます。

大学のデザイン科

洋服やテキスタイルなどを専門とするデザイナーを目指したいのであれば、服飾科のある大学などがお勧めです。

ファッション造形学科などの名称で呼ばれている学科もあります。

いずれにしても、大学生活の中で、ファッション関連のデザイン知識や縫製技術などを専門的にしっかりと身につけることができます。

その経験や実力を活かして、大手アパレルメーカーなどへの就職も可能となるでしょう。

また、グラフィックデザイナーやCGデザイナーなどを目指している人々には、映像専門のデザイン科があり、そちらで専門知識を学ぶことになります。

こちらも最近では大変人気が高い学科となっています。

デザインの専門学校

大学でのデザイン科のほかに、最近ではデザインの専門学校が多く存在するようになりました。

専門学校でのデザイン科は、多くの分野を扱うところが多く、その分野は細かく分かれています。

ファッション系デザイナーを目指す人からゲームデザイナーなど、扱っている講座は多岐に渡り、その内容は様々ですが、夜間講座なども多く設置しているので、仕事をしている人が多く通っているという現状もあります。

デザインの通信講座

通学することなくスキルを学べる通信講座も最近増えてきています。

特にグラフィック専門分野やIT関連の分野に多くなっています。

ただし、ファッションデザイナーなどのための通信講座もありますので、自分のスキルを磨きたい人や、専門知識を高めたい人にはお勧めでしょう。

プロダクトデザイナー

プロダクトデザイナーとは、食器などの生活用品や家電製品、家具、インテリア、自動車などの大型輸送機器に至るまで、あらゆる製品のデザインをする人々です。

設計、生産までの工程に関わることも多い特殊なデザイナーと言えるでしょう。

独学でデザイナーを目指す

全くの未経験からデザイナーを目指すことは、なかなか難しいと思われがちですが、全く不可能なことではありません。

たとえば、アパレルメーカーやデザイン事務所に就職し、その中で様々な知識を学び、自分のスキルとして確立していくことも可能です。

特にグラフィックデザイナーやWebデザイナーなどは独学で勉強することが比較的容易な分野と言えるでしょう。

その人の持つ感性や創造性、独自性が重要視される分野ですので、あまり型にはまった仕事として捉える必要がないからです。

デザイナーとして必要なこと

デザイナーとして活躍する上で必要なこととは何でしょうか?

様々な業界、職務のデザイナーがありますが、共通して言えることは、オリジナル性を持っていること、常にクリエイティブな発想ができることでしょう。

そしてまた、現状に満足することなく、常に別のデザインを考えることができることも大切です。

時代は絶えず新しいものを求めており、企業で活躍するためには、新商品の企画、立案、制作が必須となっています。

また、それと同時に時代を先読みできる先見力がなければなりません。

今の時代が何を求めているのか、5年後にはどんな商品が期待されているのかを常に考えながら、世の中を見極める必要があります。

これからお勧めのデザイナーは

様々なデザイナーの職務がある中、これからの時代で特に需要が高いのはどんなデザイナーなのでしょうか?

インターネットが普及し、今では一般家庭ではなくてはならなくなった時代において、IT企業は大きな需要を持っていると言って良いでしょう。

そしてまた、IT業界には様々なデザイナーの職務があります。

Webデザイナーやグラフィックデザイナー、CGデザイナー、ゲームデザイナーなど細かく分析すればかなりの数にのぼります。

また、そんなIT業界のデザイナーは、働きながら知識や技術を身につけることもでき、未経験からデザイナーになることも可能な場合も多いのです。

そんなことから、IT業界のデザイナーはこれからの時代にとって、とても需要が高く、活躍の場も多いとされています。

デザイナーとして成功するために

デザイナーとして活躍できるようになるためには、それなりの勉強や経験が必要となります。

しかし、やみくもに経験を積むことよりも、計画性を持って仕事に当たることも大切でしょう。

デザイナーとして、一番大切な時代のニーズをつかむ先見性や、クリエイティブな発想がなければ、どれだけ長い期間デザイナーをしていても成功とまではいかないのです。

デザイナーの成功条件として、ターゲットの絞り込みは必須です。

そして、そのターゲットがどんなニーズを求めているかを適格に判断できなければなりません。

デザイナーだからといって、自分だけの感性で商品を作成しても、それがターゲットのニーズと合致するとは限りません。

今の時代が求めているものを冷静に判断し、そこに自分のオリジナル性の高いデザインを埋め込むことで初めて認めてもらえるのでしょう。

そのため、デザイナーとして成功するには、常に時代を先読みし、世の中の流れに敏感でいることが求められると言えるでしょう。

デザイナーの仕事を極める!様々なデザイナーの職務内容とは?のまとめ

デザイナーの仕事には様々なものがあります。

けれど、共通して言えるのは、どのデザイナーの仕事でも時代と共に動きが活発になっているということです。

多くの人々がデザイナーになることに憧れている今、その方法は実に多くなりました。

以前であれば、大学の芸術学科などに通わなければ、なかなか難しかったとされていたデザイナーの仕事ですが、最近では働きながら、その知識を身につけ、見事にフリーランスで活躍している人もいるほどです。

それだけデザイナーの仕事内容も増えており、独自の感性や発想で成功する人が多くなっているのです。

自分がどんな分野のデザイナーを目指したいのかを明確にし。

人生の目標を立てることが一番の近道となるでしょう。

その上でデザイナーになるための専門的な知識や技術を身につけ、経験を積むことです。

年齢関係なく目指せるデザイナーの道を、あなたも考えてみませんか?