エンジニアの採用は難しい?SE募集のポイントまとめ

エンジニアの採用は難しい?SE募集のポイントまとめ

一般的にエンジニアの採用は、採用する側(企業)もされる側(求職者)も難しいとされています。

それぞれ以下の悩みを抱えています。

企業側・希望のエンジニアが求人に応募してくれない
・採用したが現場が欲しているスキルにマッチしていない

エンジニア側
・自分の希望する求人と巡り会えない
・就職したが自分のスキルがうまく発揮できない

エンジニアの採用は、一般職の採用といくつかの点で異なります。

それら違いを考慮せず、一般職と同じように考えると上記のような悩みに陥ってしまいます。

それら特性の違いについて知り、きちんとおさえながら求職活動を行うことが重要となってくるのです。

今回はそんなエンジニアの採用について、一般職の採用との違いから、採用したくなるエンジニア像まで紹介していきます!

エンジニアの採用のための基礎知識

まずはエンジニアの採用について、一般的な基礎知識を紹介いたします。

エンジニア採用の基本①なぜエンジニアの採用を行うのか

エンジニアの採用は、自社の人材補強のためが大きな理由です。その企業の状況によって様々なケースが存在しますが、以下のような場合に採用が行われます。

エンジニアを採用する主な理由

  • 新規事業を行いたいが、必要なスキルを有したエンジニアが自社にいない
  • 重要プロジェクトの要員が急遽離脱してしまい、必要なエンジニアが不足している
  • 慢性的な要員の高負荷を軽減させるために、エンジニアを増員したい

状況としては様々ありますが、共通していることは「現場で特定のスキルを有したエンジニアが必要となっている」という事です。

一般職の場合はある程度今後の需要などを予測して採用が行われますが、エンジニアの場合、現場でスキルが不足しており逼迫した状態で行われることがほとんどです。

エンジニア採用の基本②外注の活用との違い

エンジニアの世界では、アウトソーシングの活用も積極的に行われています。

近年はアウトソーシングも充実しており、案件ごとに不足しているスキルを外注するケースも少なくありません。

アウトソーシングは、スキルマッチがなされていないと判断した場合にアウトソース先を変えるなど、様々な利点があります。

しかしそれでも企業はリスクを許容しながら優秀なエンジニアを自社に求めます。その理由はどこにあるのでしょうか。
一般的に企業がエンジニアを求めるには以下の理由があります。

エンジニア採用の基本③スキルの流出を防ぐ

アウトソーシングで同じ人員を長く活用していると、次第にその人でなければ保守ができないという現象が発生してしまいます。

いわゆる「属人化」という現象で、エンジニアの業界では長らく課題として考えられている現象です。

もしアウトソーシングのエンジニアに任せきりになっていると、その人材が先方の会社都合で配置換えなどになった場合にプロジェクトを存続できなくなってしまいます。

重要な業務のエンジニアを自社社員で囲みこむことは、安定的に事業を進めるためには必要不可欠となります。

そのため、新規事業などの場合には必要な人員の採用を行います。

もちろん自社の社員であっても退職などの流出リスクはありますが、アウトソーシングに頼っている状態よりはリスクは少なく済みます。

エンジニア採用の基本③自社で責任をもって遂行する

契約の形態にもよりますが、一般的に作業をアウトソーシングを活用した場合でも、最終的な成果物の責任は自社で請け負う必要があります。

もちろん一定の品質は担保されますが、基本的に人材は外注先の会社次第となってしまうため、稀にスキルが足りていない要員が来てしまう場合があります。

会社にとって失敗が許されないプロジェクトの場合、信頼の置ける自社の人員を配置した方が最終的なリスクは少なくなります。

そのような場合のためにあらかじめエンジニアを採用しておく場合があります。

エンジニア採用の際は般職の採用との違いを理解する

それではエンジニアと一般職の採用にはどのような違いがあるのでしょうか。

そのポイントは「現場の逼迫度」の違いがあります。上述の通りエンジニアの採用は、現場で必要なスキルが足りていない場合に行われます。

そのため、エンジニアの採用が行われるときは「今この瞬間も困っている現場がある」というなかで行われます。

そのため、以下のような違いがあります。

エンジニア採用で重視する点①求められるスキル

一般職の場合、ある程度は就職後に業務を覚えてもらう、スキルを習得してもらえば良いと考えます。そのため個人のスキルよりもポテンシャルなどを重視して人材を見極めます。また、深い知識を有している人材よりも、幅広い知識を有した人材が求められます。
しかしエンジニアの場合既に不足しているスキルが明確となっているため、そのスキルを有していることが採用の最低条件となります。
即現場に投入しても問題なく業務が遂行できる。引き継ぎ無しでも第一線でプロジェクトの遂行を行うことができる。そのような人材を求める傾向にあります。
そのため求める人材も、一般職よりも具体的となります。

エンジニア採用で重視する点②募集から採用までの期間

上述の通り、エンジニアの募集を行っているときは、今そのスキルが足りない状態の現場が存在します。

現場では一刻も早くエンジニアが必要であり、じっくりと人材を吟味している余裕がありません。

そのため、一般職の採用よりもスピーディに行われます。

ある程度募集を行い、希望するエンジニアが集まらない場合、早々に打ち切りアウトソーシングの活用などを検討する場合もあります。

エンジニア採用で重視する点③判断基準

応募者の選定を行う際の判断基準も異なってきます。

一般職の場合、定性的な実績が評価の対象となります。

例えば、以下のような数値では測れない実績を重視する傾向にあります。

・学生の頃生徒会長を行っていたため、統率力に優れている
・接客業のアルバイトをしていたので人付き合いが得意

エンジニアでは、とにかく今足りていないスキル水準に達しているのかを測りたいので、定量的な実績を重視します。

・Rubyを使ったECサイトの開発を5年行っていた
・人口60万人都市の市町村ネットワークの設計、構築に携わった

上記のような、数値で表せる実績が評価対象となります。

エンジニアの採用はなぜ難しいのか?

上述の通りエンジニアの採用は一般的に難しいとされています。企業側も従業員側もスキルのマッチがうまくなされず、苦労をしています。

それではなぜエンジニアの採用は難しいのでしょうか。その理由について見ていきましょう。

エンジニアの採用が難しい理由①採用者側の事情

採用者側としては、応募者が自社の欲している水準に達しているのかを判断するのが非常に難しいとされています。

もちろん机上のテストや面接などで、ある程度の知識やスキルがあるのかを判断することはできます。しかしエンジニアとして実戦で使える人材かどうかを判断する指標については存在しません。

結局基本的には採用担当の経験や勘、履歴書に書かれている経歴書などに頼るしか方法はありません。

また、面接を行う採用者のスキルにも課題があります。

多くの場合、人事担当は現場のエンジニア経験がありません。そのため現場の内容を完全に把握していない場合、現場で欲しているスキルと採用担当の判断にズレが発生する可能性があります。

その場合、現場に投入されてから必要なスキルにマッチできていないことがあります。

エンジニアの採用が難しい理由②求職者側の事情

エンジニアは、自己のスキルをアピールするのが非常に難しいとされています。企業側が応募者のスキルを測れないのと同じように、エンジニア側も自己のスキルのアピールする指標がありません。

また、多くのエンジニアはアピール力が不足しているといえます。エンジニアはスキルを重視される世界のため、それまで自身のスキル向上しか考えていなかった人がほとんどです。

いざ自分のスキルをアピールするとなっても、うまく表現出来ないケースが多々あります。

また、エンジニアはより良い職場を常に探している傾向にあります。スキルが高いエンジニアはそれだけ採用される確率も高いですが、他企業も欲している場合があります。

結果内定が決まっている段階で他の企業を選択し、内定を辞退する場合もあります。

採用されやすいエンジニアは?内定を勝ち取るSEの特徴

このように一般的に難しいとされているエンジニアの採用ですが、どのような人材が採用されやすいのでしょうか。
次に採用されやすいエンジニアについて紹介いたします。

はじめに、エンジニアとしての基本条件を学んでおきましょう。

採用されるエンジニアとして備えておくべき基本的な条件は、以下の通りです。

エンジニアとしての基礎①ITに関する幅広い知識がある

エンジニアはある分野に特化したスペシャリストですが、最低限のIT分野についての知識は備えておくべきでしょう。

一つのシステムを構築するためには、様々なエンジニアとコミュニケーションを取る必要があります。

自分の範囲外のエンジニアと会話を行う際、その分野の基本的な用語を知らないと会話が成立しません。

もちろんスペシャリストとしての知識は必要ありませんが、最低限の意思の疎通ができる程度の知識を持っておくべきです。

エンジニアとしての基礎②特定分野に特化したスキルがある

エンジニアには様々な業種が存在します。

システムエンジニア、プログラマ、ネットワークエンジニア、サーバエンジニアなど。それらエンジニアとしての特化したスキルを習得しておく必要があります。

例えばシステムエンジニアの場合、システム設計スキルのほか、システム化を行う業務の業務知識、顧客の要望をシステム化するための論理的思考などが必要となります。

エンジニアとしての基礎③業界動向にマッチした資格がある

IT業界では資格についてはそれほど重視されませんが、場合によっては重要となってきます。

例えば官公庁のシステムの場合、入札条件に「PMP有資格者必須」や「ネットワークスペシャリスト有資格者必須」などが明記されている場合があります。

それらの有資格者が企業にいない場合、入札すらできないのです。

その場合、その資格を持っていることが採用の第一条件となるため、目指すべきエンジニアのスキルマップにある資格は漏れなく取るべきでしょう。

採用されやすいエンジニアの条件とは?採用視点で説明

それではどのようなエンジニアが採用されやすいのでしょうか。次に採用されやすいエンジニア像について紹介いたします。

採用されやすいエンジニア①第2のスキルを持っている

もちろんエンジニアは、その業務に特化したスキルを習得しておく必要があります。

しかしその業務しかできないエンジニアは、よほど他者にはないほど磨かれたスキルがない限りは、企業としては使いづらいと考えてしまいます。

そのスキルにマッチしたプロジェクトがない場合に、エンジニアを遊ばせてしまうためです。

例えば以下のようなエンジニアは企業としては重宝します。

・システムエンジニアがプログラムのコーディングもでき、ある程度プログラマとしての支援が可能
・ネットワークスペシャリストがサーバ構築もできるため、インフラ全般を引き受けられる
・システムエンジニアがマネジメントもできるため、管理と設計の両方ができる

また、他の分野も知っていることで他の分野のエンジニアとの意思疎通もスムーズになるため、本業にも役立ちます。

採用されやすいエンジニア②経歴が整理されている

上述の通り、エンジニアのスキルは数値などで測れるものではありません。企業としても何か指標を元に応募者を判断したいのですが、決定的な基準が存在しないものです。

そこで有効となるのが過去の経歴です。

例えば「大手メガバンクの金融システムのサイバーセキュリティ部門のリーダーとして5年間従事した」という経歴が書かれていれば、どのレベルの業務がこなせるのかの想像ができます。

このように具体的に過去に従事していた内容を経歴書としてまとめることは非常に重要です。

ただし、具体的な顧客の企業名、団体名は企業秘密の可能性があるため、前職の企業などに確認の上公開できる範囲で記載しましょう。

採用されやすいエンジニア③独自のコネクションを持っている

採用を行う際、現場エンジニアの言葉は重く受け止められます。例えば現場に要員が足りない際、エンジニアからの「知り合いに良い人材がいる」という言葉があれば、求人を行わずそのエンジニアを採用するケースがあります。

企業としては見ず知らずの求職者よりも、エンジニアが認めている人材の方が信頼ができるためです。

普段仕事を行う際も、顧客や一緒に作業を行っているエンジニアなどのつながりを大切にしておくことが重要です。

もちろん現場から引き合いに出されるためには、他者が認めるスキルを有している必要があります。

エンジニアの採用は難しい?SE募集のポイントまとめ

エンジニアの採用は、企業側もエンジニア側も難しいとされています。

理由としては、エンジニアのスキルを可視化させるための指標が存在しないためです。

また現場のエンジニアと、実際に応募者を測る採用担当が異なる事から、スキルマッチがうまくいかず、採用後にうまくいかないケースもあります。

企業が採用したくなるエンジニアの条件としては、まずは基礎的な幅広いITの知識、特定のエンジニアとしての特化したスキル、業界が必須としている資格を持っていることなどがあります。

第2のスキルを持つエンジニア、経歴が明確になっているエンジニアなどは特に重宝され、採用がされやすいでしょう。

また、コネクションを有しているエンジニアも採用されやすい傾向にあります。

スキルを測れない職業であり現場の声が非常に重くなるため、普段から顧客や他のエンジニアなどとのつながりを大切にすることをおすすめします。

これらを参考に、エンジニアの採用を円滑に進めましょう。