会社を辞めたい!円満退社できる退職理由と引き止められた時の対処法は?

会社を辞めたい!円満退社できる退職理由と引き止められた時の対処法は?

会社を辞めるなら退職後もいい関係が築けるように、会社側と自分側が納得して円満退社したいですよね!

円満退社をしないとその後の就職活動に影響したり、新しい職場で前の職場からの悪い噂が入ったりするなど今後の働き方に影響が出る場合があります。

できるだけ会社に迷惑をかけずに円満退社するためにも、納得できる退職理由を示して会社を円満退社しましょう。

今回は、会社を円満退社できる退職理由と、引き止められた時の対処法についてご紹介します!

なぜ会社を円満退社しないといけないの?

会社を円満退社しない場合、同じ業界で転職しようとしても次の職場に影響することがあります。

例えば次の人に引継ぎをせずに急に退職したり、上司と揉めて退職したりすると社内では「無責任な人」「わがままな人」などの噂が流れます。

前職をもめて辞めたといううわさが広がると、職場に居づらくなりますよね。

退職後でも前の職場の人とどこでつながるか分からないので、笑顔で送り出してもらえるためにも、会社を辞めるときは円満退社しましょう!

いつ、どのように退職を切り出すの?

会社を円満退社するには、退職を切り出す時期も大切です。

退職を切り出す時期と、どのように切り出すのかについてご紹介します!

最低でも1カ月前に伝える

法律では2週間前に退職の意思を伝えれば退職できますが、2週間前だと引継ぎの時間がなくて会社に迷惑をかけるため、円満退社するためには1カ月以上前から退職の意思を伝えましょう。

会社によっては就業規則が定められているので、そちらも確認してください。

また、有休消化をしたいならさらに余裕をもって伝えるようにしましょう!

伝えるタイミングをはかる

会社を円満退社するには、繁忙期を避けた比較的忙しくない時期に伝えるのがベスト。

忙しくない時期に退職の話を切り出し、ゆっくりと話を聞いてもらえる環境を作りましょう。

上司に「大切な話があります」と一言断ってから、時間を作ってもらいます。

仕事中に退職したいことを伝えると、忙しくてまともに話を聞いてもらえないので注意しましょう。

雑談の途中や食事中に退職を切り出すと上司は戸惑ってしまうので注意が必要です。

なかなか上司を会う機会がない場合は、電話で話をしたいことを伝えて後日ゆっくりと話を聞いてもらえる状況を作ってください。

退職の話は上司以外にしない

退職の意思をはじめに話すのは上司でないといけません。

会社の同僚や先輩に先に退職の話を出して、それが上司の耳に入ってしまうと会社を円満退社するのが難しくなります。

円満退社するためにも、退職の話は必ず始めに上司にするようにしましょう!

円満退社するための退職理由やポイントは?

退職をする話をうまく切り出せても、退職理由が上司の納得いくものでないと受理されない場合があります。

次の転職活動中でも必ず前職を辞めた理由を聞かれるので、しっかりとした退職理由を考えましょう。

会社で円満退社するための退職理由とポイントについてご紹介します!

個人的な理由にする

会社で円満退社するなら、個人的な理由にするのがおすすめ。

例えば親の介護や看病、引っ越し、結婚するためなど個人的な理由であれば上司から追及をされにくいです。

退職理由が本当であれば正直に現状を伝え、嘘であれば相手にあまり追及されないように気を付けましょう。

自宅と会社が近い場合は、SNSなどで現状を知られないように注意することが大切です。

特に引っ越しで退職すると伝えるときは、退職後に鉢合わせする可能性もあるので嘘をつかない方がいいです。

また、嘘で引っ越しを理由に退職する場合は職場の人間関係を断つことが必要となります。

ポイントとして、退職理由は個人的でどうにもいかない理由にして会社に残ることは難しいことを示しましょう!

会社に残りたいけどやむを得ないことを話すと、上司から良い印象を持たれて円満退社ができます。

向上心のある退職理由にする

「キャリアアップしたい」「専門性の分野で働きたい」「他の仕事をしたい」といった向上心のある退職理由は円満退社できる理由の一つです。

自分が向上できる理由を退職理由にすると、上司も背中を押してくれるでしょう。

もしも短期間で辞める場合であっても、今の環境よりも上を目指したいといった向上心のある理由にすれば円満退社しやすくなります。

「キャリアアップしたい」という理由にするときは、会社に残る相手が不快に思わないためにも、言い方に気を付けましょう。

また、「他の仕事をしたい」と話すと、どんな仕事をしたいのか聞かれるので、具体的にしたい仕事を具体的に考えておく必要があります。

「今の仕事が自分に合っていないから」という退職理由は避けましょう。

これを退職理由に使うと、他で働いてもあまり変わらないと言われてしまうことがあります。

ネガティブなことは話さない

「職場の人間関係が嫌」「労働時間が長い」「給料が安い」などネガティブな退職理由は円満退社したいなら避けましょう。

会社の不満を口にすると、上司は退職を止めるために「待遇を良くする」「賃金を上げる」などと改善策を言って説得されます。

この改善策は無理やり引き止めるための嘘である可能性もあるので要注意です!

本当に退職したい人が退職理由を本音で話すと辞めづらくなってしまいます。

また、退職を考えていることを上司に相談することは避けましょう。

説得の余地があると思われ、あらゆる方法で辞めさせないように説得されます。

嘘をつくときは注意が必要

会社を円満退職するためにも、建前と本音を分けて上手な嘘をつくことも必要。

しかし、嘘をついていることがバレてしまうと円満退社することが難しくなります。

中途半端な嘘をつくとバレやすくなってしまうため、退職理由は良く考えてから話すようにしましょう。

特に同じ業界で働くときは前の職場の人と関わる可能性があるため、嘘をつかずに前向きな退職理由にするべきです。

信頼できる人には本当の退職理由を話す

退職後も付き合いをしたい方や、信頼できる人には本当の退職理由を話しましょう。

理由は、退職後は同僚ではなく友人となるため相手に嘘をつくと付き合いが悪くなるからです。

退職や転職時にはストレスが溜まりやすくなるので、悩んでいることを話すとストレス発散にもなります。

退職を引き止められる時のよくあるセリフや行動

退職理由を話してもなんとかして退職を思いとどまるように、引き止められることもあります。

どうしても退職したい人は、引き止められると断りづらくて困りますよね。

退職を引き止める上司に上手く対処して、円満退社できるように努めましょう!

上司から退職を引き止められた時の対処法をご紹介します!

「評価している」

会社に必要な人材でよく仕事ができるからなど、評価していることをアピールして退職を思いとどまるように言われる場合があります。

評価していることを言われると気持ちが揺らいでしまいますね。

このようなときは感情に流されず、一度冷静になって自分がなぜ退職したいのかを考えることが大切です。

そして改めて円満退社できるように退職理由をはっきりと伝えましょう!

「待遇を改善する」

会社の待遇をよくするから辞めないで欲しいといわれることがあります。

人間関係が理由であれば他部署への異動、待遇に不満があれば賃金のアップなど待遇を良くするから退職を思いとどまるよう提案されます。

このような条件は引き止めるだけの口約束の場合があるので注意。

特に賃金アップは一時的なものである場合があるため、その場で考えずに落ち着いて考えましょう。

引き止めて改善策を考えてくれたことに対して感謝の気持ちを伝え、退職の意思は変わらないことを伝えれば会社を円満退社することができます。

説得される

「今の職場でもう少し頑張らないか」「転職は簡単にはいかない」など説得して退職を回避させる場合があります。

人によっては説教じみたことを言ったりしますが、退職を決意しているのであれば何を言われても気にしないようにしましょう。

このときに上司から嫌なことを言われて腹が立っても言い返したりせず、落ち着いて聞くことが円満退社に繋がります。

「後任が決まるまで待って欲しい」

会社の事情で後任が決まるまで待って欲しいとお願いされる場合があります。

退職日をずるずると先延ばしにされて転職先が決まっている場合は入社日に入社できなかったり、内定を取り消されたりします。

退職日を先延ばしにされないためにも、上司に何度も掛け合ってみてそれでも進展が見られないならさらに上の上司に掛け合いましょう。

また、転職先の入社日が決まっているならそれを伝えてそれに合わせて退職できるように話をすすめるのもおすすめです。

脅される

退職すると会社や顧客に迷惑がかかる、退職することで発生する損失に対して賠償責任を取ってもらうなどと言って脅してくる場合があります。

会社を退職することは法律によって守られているため、このようなことは法的には無効です。

「退職届」さえ会社に提出すれば問題なく退職することが可能です。

このような脅しに合った場合は真に受けず、円満退社するためにも役職が上の上司や人事部に相談して見ましょう。

脅しがあまりにもしつこいときは労働基準監督署へ相談するのもおすすめです。

会社を辞めたい!円満退社できる退職理由と引き止められた時の対処法は?のまとめ

会社を円満退社する理由や退職の切り出し方、円満退職する退職理由と引き止められた時の対処法についてご紹介しました!

円満退社するには退職の意思を切り出すタイミングが大切です。

最低でも退職日の1カ月以上前には上司に相談するようにしましょう。

会社を円満退社するには個人的な理由にすると引き止められにくいのでおすすめです。

嘘をついて辞めるときは、どんな質問をされても答えれるようにあらかじめ退職する理由をしっかりと考えることが大切。

退職理由を話したときに脅されたら、冷静になってさらに上の上司や人事部に相談しましょう。

「立つ鳥跡を濁さず」というように、転職した先でも困らないためにも会社を円満退社されることをおすすめします!