アプキャリについて

フリーランスにプラス(+)の情報をおつたえします!
アプキャリは、フリーランスの方や転職を希望の方にWeb転職やIT転職、さらに就職や転職活動のありとあらゆる情報をあなたのために発信するサイトです。

アプキャリでは、管理人が経験してきた転職ノウハウを惜しみなくご提供していきます。現役のエンジニアやキャリアアドバイザーなどプロの執筆者が、あなたのためのキャリアプランをご提案!

さらに、アプキャリにご来訪いただいたあなたのためだけに、本当は教えたくないような「ここだけ」の業界裏話や裏技的なノウハウも展開します。

管理人は未経験でIT業界に転職して早15年。今では大手サイトのプロジェクトマネージャーをするまでに成長できました。

今までの経験のすべてをまとめて公開していますので、ぜひできるだけ多くの記事に目を通し、あなたの今後の人生をよりよいものにしてほしいと願っています。

⇒おすすめ転職エージェントをすぐ見る

職業別の転職

SE・プログラマー転職

WEBデザイナー転職

フリーランス転職

タイプ別のおすすめ転職記事

転職が未経験の方

フリーランスの方

仕事で悩んでるの方

プログラミングスクール選びで悩んでる方

転職エージェントの選び方と重視する項目

有名な転職エージェントを選べば心配ないと思っている方は要注意。

特にIT・Web系の転職サイトやエージェント選びにはコツがコツが必要なのです。

転職エージェントを選ぶ決めては以下の4つとなります。

転職エージェント選びのポイント
  1. 求人量
  2. 提案力
  3. サポート力
  4. 専門性

です。

まずはじめに求人量。

転職先が見つからなければ始まりませんので、できるだけ案件が豊富なサービスを選ぶのは必須です。

次に提案力。

いっけん求人量に目が行きがちですが、転職では提案力とサポート力が非常に重要。

あなたのスキルを最大限に引き出す提案ができるアドバイザーが担当になるかどうかで転職が成功するか失敗するかが決まります。

そしてサポート力。

もしあなたが転職やフリーランス化を検討している場合、現職を続けながら自分の力で再就職先を見つけることは時間的にも精神的にも厳しいはず。

その際一人で調べたりエントリーすることなく、アドバイザーにお任せするだけで、業側にあなたの特性を最大限に引き出した提案してくれるかがよりよい転職へのポイントとなるのです。

ここでサポート力の高い転職エージェントは、在職中でもきめ細やかな配慮や対応を欠かすことなく、親身にあなたの味方になってくれます。

最後に専門性。

IT・Web業界は専門的な知識がないと、自分にマッチした求人を見つけることが難しいといわれます。

SEといっても、多くの専門領域があり、単純にSEだから、なんでもできるわけではありません。専門性を持ち合わせたアドバイザーが在籍するエージェントを選ぶことで、提案のミスマッチも防げます。また、今のスキルをさらに高める現場を見つけてくれるでしょう。

おすすめ転職エージェント比較表

サイト名 レバテック マイナビ TechClips
特徴 企業別対策で内定率が高い 大手ならではの求人数 高年収と高待遇に特化
求人 4,000件以上 8,000件以上 非公開
地域 首都圏、関西、九州 全国 首都圏
運営 レバテック株式会社 株式会社 マイナビ notari株式会社

IT転職初心者でも安心!おすすめエージェントランキング

マイナビクリエーター

マイナビクリエーター評価
最大のポイント!
大手転職エージェント・総合型で大量の求人を取り扱いながらも、IT業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍している

・IT転職者のほとんどが使っている!
・案件数が業界No.1
・大手中小問わず数多くの企業あり!

総合おすすめ度:76pt/100
全体的なバランスに富んだ王道系エージェント。求人数がダントツであり、多くの案件に出会える

マイナビ詳細
無料会員登録

レバテックキャリア

最大のポイント!

大手に引けを取らない求人数を取り扱うレバテックキャリア。企業別対策がポイントで、内定率は非常に高い実績

・大手IT系への転職に強い!
・専門スキルが高いアドバイザー多数
・自分にあった案件をとことん支援

総合おすすめ度:74pt/100

IT系でもっとも人気のある転職エージェントの一つ。多くの転職成功者を出している業界屈指の最強IT系エージェント

レバテック詳細
無料会員登録

テッククリップス

テッククリップス
テッククリップス総合評価
最大のポイント!
求人件数は非公開ということもあり、大手の転職エージェントよりは少なめと予想。ただし年収500万円以上の求人が8割以上という点、エンジニアのことを考えた良質な求人の多い

・キャリアアップに最適
・技術力に自信があるならベスト
・年収300万アップも!

総合おすすめ度:68pt/100

IT・web系で自分の力を持て余していると感じているなら是非利用したいエージェント。高額案件多数でスキルにあった条件が見つかる

アプキャリ
この3つのエージェントITに登録せずしてIT転職はきびしいと言えるほど確実に登録しておきたい王道の転職エージェント。あなた自身もまずはIT系専門エージェントから転職の基礎情報を学ぶことは必須です。

アプキャリ管理人について

経歴

  • 2001年:メーカー系SI会社に転職、官公庁系システムのSIに従事
  • 2007年:後期高齢者医療制度改正対応のシステム開発に従事
  • 2013年:運用委託業務の管理者として客先常駐およびWeb系開発サポート
  • 2015年:客先常駐解消

以降、フリーランスエンジニアとしてマイナンバー制度対応のプロジェクトマネジメント(PM)に従事
自治体向け基幹システムSIのPM・地方自治体向け基幹システムSIを行いながらAIなどの先端技術の提案

その後、大手Web系企業PMとして、BtoCサービスシステム開発と平行してアプキャリ運営開始!

現在はエンジニアやクリエーターの育成に力を入れ、次世代の人材育成に注力中です。

スキル(経験年数):

  • システムインテグレーション:14年
  • プロジェクトマネジメント:10年
  • 運用委託業務管理:4年
  • COBOL:2年
  • Java:7年
  • PHP:4年

レガシーシステムからウェブ系システムまでの一連を経験しています。また、プロパーとして勤めた後にフリーランスエンジニアとして現在も現場感を忘れずに仕事に取り組んでいます。

アプキャリを通じて未経験・経験者問わず、転職に成功していただけるような中身の濃い情報をお伝えしていきます!

転職エージェントはメリットだらけ!その理由

「転職したいけど何からどうしたらいいかわからない」
「仕事をしながらだと転職活動が全然進まない」
「エントリーはするものの転職先が決まらなくて焦る」

このような悩みを持った転職の最強の味方が「転職エージェント」です。

一言で言えば、いい人材を探している企業と、できるだけ自分の力を評価する会社を探している求職者をつなげる役目をしてくれるサービスです。

ここではそのメリットについてをわかりやすく解説します。

転職希望者にとっての最大のメリット

なんといっても、専門のアドバイザーが「無料」で適切な就職先を紹介してくれて、さらにエントリーまでもサポートしてくれることが最大のメリットでしょう。

就業しながら一人で転職活動を行うのは至難の業です。1人転職活動は時間がない中で焦って転職を急いでしまい、現職よりも悪い環境に再就職してしまう最悪のケースもあとを絶ちません。

転職エージェントを利用すれば、人生をよりよくする転職の機会を最大限に活かすことができるといっても過言ではありません。

多くの転職者を企業に送り届けたプロのアドバイザーが常にあなたの味方になってくれるのです。

しかもタダで。

これは利用しない手はないわけです!

採用側にもメリットがたくさんある!

転職エージェントから紹介された人材は、採用側にも大きなメリットをもたらします。

まずは、無駄な採用コストがかからないという点。

企業もできるだけいい人材をとりたいわけです。そのうえで、転職エージェント側がスキルにマッチングした人材のみをピックアップして紹介してくれるため、ペーパーテストや面談の回数をへらすことができて、採用コストを大幅に減らすことができるんです。

転職エージェントの仕組みとは?なぜ無料?

エージェント側は、優秀な人材を企業に紹介することで紹介料を謝礼として受け取ります。

そのおかげで求職者も無料で多くのサービスを利用できるわけです。

転職エージェントと転職サイトの違いを徹底比較!

特化型エージェントと総合型エージェントはどちらがいい?

転職エージェント詳しい比較表

転職エージェントのメリットとデメリット

転職エージェントが向いてる人・向いてない人

転職エージェントを利用した場合の流れ

転職エージェントQ&A

今の職場に疑問を持ったらすぐ転職のための行動しよう!

会社に会社をやめたいと相談した際に「あなたレベルでは次の転職先見つからない」といわれ、転職するか迷っているという話をよく聞きます。

冷静に考えてみてください。会社側としては、転職先が見つからないような能力のない人間が会社をやめてくれるなら大喜びですよね。

つまり会社側からの言葉は信じてはいけないのです。自分自身が転職を決意したら、迷わず次の就職先を見つけるために走り出しましょう!

Javaのフリーランスプログラマーとして生きていく上で知っておくべきこと

Javaのフリーランスプログラマーとして生きていく上で知っておくべきこと

IT業界でも、今ではすっかり当たり前となってきたフリーランスで働くプログラマーという存在、あなたもあこがれた事があるのでは?

さて、そんなフリーランスプログラマーという立場の人にとって、Javaのスキルというのは、年々必要性が増してきています。

javaはインフラにもweb系にも業務系にも、ありとあらゆるITシステムに組み込まれています。

最近のトレンドではアンドロイドのアプリ開発にも使われています。

特にweb系では、ブラウザやOSを問わず起動するため、開発が一本化できる点も高い評価を得ているのです。

ここではプログラマならJava使いであるべき理由を詳しく解説していきます。

フリーランスプログラマならJavaを学ぼう

プログラマーとして就職してみた者の、

  • 給与面
  • 待遇面
  • スキルやキャリアについての不満

といったさまざまな不満や問題があり、フリーランスを志したい、と思う人も多いはずです。

そんなフリーランス志望の人たちに、Javaはおすすめの言語と言っていいでしょう。

「なぜ、Javaなのか?」そう疑問に思った方、説明していきましょう。

フリーランスがJavaの仕事を穫ってくる方法

自分が独立して、フリーランスになった姿を想像してみましょう。

そう考えてみて、フリーランスになった際に起きそうな一番の不安は、「仕事の穫り方が分からない」という事では?

それもそのはず、多くのプログラマーは営業経験など皆無でしょうから、今までまったくやった事の無い未知の事に、足を突っ込んでいかねばならない事になります。

「コネも無いし、下手したら仕事が何ヶ月も無いなんて事になったら、不安で死にそうだ…。」と想像するかもしれませんね。しかし、安心してください。仕事なら、今はいくらでもネット上に案件が転がっているのです。

フリーランスのプログラマーにとって代表的な仕事紹介サイトは、

「レバテックフリーランス」

「プロシート」

「エボレストフリーランス」

あたりでしょうか。

「レバテックフリーランス」でいえば、2016年度のプログラマーのための仕事の案件数は全部で年間3、943件。

これだけあれば自分のスキルに見合った仕事がかならず見つかるはずでしょう。

だから、もしあなたが現在、会社の仕事や人間関係でとてもストレスを感じていて、メンタルをやられて疲弊していたりするのなら、ぜひとも一度これらのサイトを除いてみて、自分にあった仕事が無いか、探してみる事をおすすめします。

フリーランスでJavaの案件は多い

数あるフリーランスプログラマーのために用意されている仕事の中でも、Javaをあつかった案件は、他のプログラムの仕事に比べ群を抜いています。

2016年度におこなわれた調査では、すべてのプログラミング案件の中でJavaのスキルが必要とされるものは、全体のおよそ28%でダントツの一位となっています。ちなみに二位はPHPであり、こちらはおよそ全体の18%、三位はJava scriptでおよそ7%なので、世の企業がいかにJavaを使える人を欲しているのかがよく分かる調査となっています。

なぜ案件にJavaの仕事が多いのか

Javaは汎用性が高く、どんなシステムにも対応できるので、今ではさまざまな企業が使用しています。Javaがプログラムの主流である時代は当分の間続くと見られていて、今後数年間、仕事の案件が途切れるという事はまず無いと考えてよいでしょう。

Javaはそれまで標準とされてきた言語であるC、C++の流れから、その良い部分を受け継ぎ、C++のプログラマーも比較的すみやかにJavaに移行できるくらい似た部分を持ちつつ、他の言語と違い、プラットフォームに依存されないプログラムを組む事ができます。

つまりC++であれば、デバイスに合わせてプログラムを書き直す必要が出てきます。

しかしJavaの場合、ひとつプログラムを書いてしまえば、条件が揃えばWindowsにMacOS、androidにiOSとあらゆるデバイスでそのプログラムを走らせる事ができます。

この辺がJavaがプログラムの標準言語として大きく普及した理由です。

またオブジェクト指向としてもC++に比べて進化していて、大勢の人が関わる大規模なプログラムにおいても、他の言語よりも統一性が保ちやすいです。

なので、プロジェクトに外部の人間として関わる事になるフリーランスとしても、他の言語に比べて意思疎通が取りやすく、信頼性のあるプログラムが書ける、という事になります。

それにC++の発展系なので、今までJavaに触れた事の無い、他の言語を扱ってきたプログラマーでも、今まで使ってきた言語の応用としてJavaは飲み込みやすい、というのも大きな魅力でしょう。

しかしこういう風に書くとメリットだらけのように見えますが、やはり高度なプログラムである分、1から習得するにはそれなりの時間がかかってしまう、なんていう面も持ち合わせているので、まだプログラミング知識をまったく持ち合わせていない方は、その事を頭の片隅に置いて学んでいくといいでしょう。

Javaはandroidの仕事が多い

スマートフォンの爆発的な普及が、Javaをさらに絶大な地位に押し上げたのもあります。androidアプリの開発言語は、Javaであるからです。androidの旺盛が続く限りは、Javaの仕事はなかなか無くなったりはしないと考えていいでしょう。

といっても、前述したようにJavaは高度なプログラムであるために、androidアプリを作るにしてもそれ相応の時間がかかります。

言わば小回りが利かないんですね。自然と関わる案件も数人で黙々と作る、というよりは、多くの人が関わる大きめのプロジェクトの一員として作業をおこなう事になります。

なので、Javaだけが万能であり、絶対的立場に立っているという訳ではなく、小回りの効くJavascriptやRubyなどの他の言語の需要も依然としてあります。

そして大人数のプロジェクトのため、自分一人の圧倒的な能力で、高単価を狙いたい、という人にはやや不向きかもしれません。

フリーランスになるメリット、デメリット

会社を辞めてフリーランスになる最大のメリットはやはり「融通が利く」事ではないでしょうか。

サラリーマンと違い、基本自分が受けたくない案件は断る事ができますし、あまり仕事を入れたくない時は、自分のペースに合わせて仕事量を調整する事も可能です。

そして、仕事にたいして意欲を感じている方は、会社員時代のように与えられた仕事をこなすだけでなく、もっと自分のスキルをレベルアップさせたり、高い給与のもらえる仕事をどんどん狙いにいく事も可能です。

特に会社では下流行程しか経験させてもらえなかった、なんて不満を持つ方は、フリーランスでも上流行程に関われるチャンスは沢山あるので、よりレベルアップできるというのは非常に魅力的かと思います。

しかし、その反面でもちろんデメリットも存在しています。たとえば仕事で分からない事があったりした場合、会社だと先輩に訊く事ができますが、個人で仕事をする場合、仕事先の相手も先輩ではないので分からない場合も多いです。

なので分からない事が出てきた場合、基本自分で解決する行動力が求められると思っておいた方がいいでしょう。

そして、もちろん正社員ではないので、仕事先はあなたを守ってくれるとは限りません。仕事ができなければ次から切られてしまいますし、仕事ができたとしても会社の都合次第でいつでも切られる可能性があると思った方がいいでしょう。そういう契約で仕事する関係なのですから、そこに文句を言ってもしょうがありません。

Javaプログラマーは在宅仕事ができる?

これはプロジェクトの規模の大きさに左右される、と考えてよいでしょう。比較的少人数のプロジェクトの場合なら、許可されるケースも結構あると思います。

しかし、プロジェクトに関わる人数が多くなればなるほど、それに比例するように在宅仕事ができる可能性は少なくなります。

あなたが仕事先からよほど信頼されているのなら話は別かもしれませんが、基本会社はよく知らない人相手に在宅仕事を許可するのは、セキュリティ面での心配や機密の漏洩といった観点からみて、あまりにもリスクが高すぎます。

なので、フリーランスといえども基本的には案件先の企業に常駐して仕事をするのが、まだまだ一般的だと言えるでしょう。

フリーランスのJavaプログラマーに求められる事

フリーランスのJavaプログラマーとして、使い物になるレベルになるには、実務経験が数年以上必要と言われています。

当然フリーランスに仕事を頼む企業は、会社員のようにゆっくりと育ててなんかしてくれたりはしません。一日でも速く頼んだ仕事をこなして、提出して欲しいと思っています。

と言っても、数年でJavaに関する幅広い知識、スキルを網羅している人はごくごく一部でしょう。大半の人は自分が業務で関わってきた、幅広いJavaの中の一部のスキルだけを習得しています。

なのでJavaならなんでもできる、みたいなエキスパートを目指す事無く、「この分野はまかしておけ」という自分の得意分野を作ると良いでしょう。

「では、どういう事を得意分野にしていけばいいの?」と思うかもしれませんね。自分の好みにあったものが一番だと思いますが、特にない場合は、案件の数が単純に多い、という事でandroidアプリに関する経験を積むのがやはり今後に繋いでいけると思います。

また現在ではフレームワークを使うのが前提なため、様々なフレームワークを使ったプロジェクトに慣れている人の方が、即座に仕事に対応できて重宝されるでしょう。

またjavaだけにとどまらず、OSやデータベース、ネットワーク関連の周辺知識についても習熟していると、非常に重宝されやすいでしょう。そしてスマートフォンのアプリに関わるのならば、ゲームプログラミング、つまりは2Dと3Dのモデリングやユーザーインターフェースについての経験があると、他のプログラマーよりも抜きん出たスキルとして扱われるかと思います。

まとめ

プログラムとしての標準言語として、絶対の地位についているjava。

今後も仕事が無くなる事は10年先を見ても無さそうなので、常に仕事を探すフリーランスにとっては、これ以上無い強力なスキルと言えるでしょう。

会社員であるよりもより良い暮らし、生活をしたい方、Javaを学んでみてはいかがでしょうか?