ドコモ光のプロバイダ選びならGMOとくとくBBがイチオシ!その理由とは?

アプキャリ

ドコモの携帯・スマホと一緒に使うと数々の割引が適用されるドコモ光。ドコモユーザーの方で利用を検討中という方もいるでしょう。ドコモ光は利用するプロバイダを25社の中から選ぶことができます。

 

一体どのプロバイダを選ぶといいのかな?

25社から選ぶって、面倒くさくてややこしくない?

 

と思う人もいるかもしれません。ドコモ光のプロバイダなら、一番おすすめはGMOとくとくBBです!GMOとくとくBBを選ぶメリットやサービスの魅力について解説します!

 

GMOとくとくBB×ドコモ光の基本料金は?

ドコモ光の戸建てタイプ・マンションタイプそれぞれの基本料金を確認しておきましょう。

 

プラン名 月額料 対応プロバイダ
タイプA 5,200円 ドコモnet、ぷらら、So-net、GMOとくとくBB、andline、exite、Tigers-net.com、U-Pa!、BIGLOBE、DTI、エディオンネット、シナプス、TIKITIKI、楽天、ネスク、01光コアラ、IC−net、hi-ho
タイプB 5,400円 TCOM、OCN、nifty、TNC、AsahiNet、WAKWAK
単独タイプ 5,000円 タイプA・B以外のプロバイダ
  • ドコモ光戸建てタイプ

 

プラン名 月額料 対応プロバイダ
タイプA 4,000円 ドコモnet、ぷらら、So-net、GMOとくとくBB、andline、exite、Tigers-net.com、U-Pa!、BIGLOBE、DTI、エディオンネット、シナプス、TIKITIKI、楽天、ネスク、01光コアラ、IC−net、hi-ho
タイプB 4,200円 TCOM、OCN、nifty、TNC、AsahiNet、WAKWAK
単独タイプ 3,800円 タイプA・B以外のプロバイダ
  • ドコモ光マンションタイプ

 

ドコモ光は選択するプロバイダによって月額料が変わります。GMOとくとくBBを選ぶと、戸建てタイプなら5,200円、マンションタイプなら4,200円ということになります。基本の月額料がこの値段ということで、ドコモの携帯・スマホとの併用で様々な割引が適用されるので実際に毎月支払う料金はこの表の通りにはならないと思います。一応、基本として確認しておきました。

 

GMOとくとくBBがイチオシの理由とは?

v6プラスに対応!ルーターレンタルが無料!

v6プラスというのは、接続すると回線の混雑を回避することができていつでも快適なネット環境を整えることができる高速ネット接続サービスです。v6プラスに接続するためには専用のルーターが必要になりますが、GMOとくとくBBは対応ルーターが無料でレンタルできるのです!同じドコモ光に契約しても、v6プラスに対応していないプロバイダもありますし、ルーターレンタルが有料の場合もあります。

 

GMOとくとくBBをプロバイダに選択すれば、無料で高速ネット接続サービスが利用できるのでこれは非常にお得なポイントです!たまにネットに繋がらなくなる・回線が遅くなるといったトラブルにイライラしたことがある人は多いと思いますが、そんなトラブルともおさらばです。

 

2種類のルーターを徹底比較!

GMOとくとくBBで無料レンタルできるルーターは2種類あります。どちらのルーターを選べば良いのでしょうか?2つのルーターを比較してみます。

 

ルーター名 WXR−1750DHP2 Aterm WG1900HP2
メーカー BUFFALO NEC
通常価格 14,300円(税抜き) オープン価格
回線速度 最大1,300Mbps 最大1,300Mbps
最大接続台数 18台 18台
戸建て 3階建 3階建
マンション 4LDK 4LDK

 

 

見て分かる通り、2つのルーターのスペックはほぼ同じです。回線速度の実測値はAterm WG1900HP2の方が若干速いという結果も出ているようですが、2つとも高速ネット接続サービスのv6プラスに対応しているのでどちらを使っても速度に問題は無いと思います。

 

結論は、どちらのルーターを選んでもOK!ということですね!

 

ルーターのレンタル方法は?

Wi-Fiルーターをレンタルするためには、申し込み手続きが必要です。流れを確認しておきましょう。

 

SMSで申し込み

ドコモ光に申し込みを済ませ工事日が決定すると、2〜3日後(土日祝日は除く)にスマートフォンにSMSが届きます。SMS内に記載されているリンクをタップします。

 

ログイン→「ルーターレンタルサービス手続き」のバナーをたっぷ→支払い方法の選択→支払い方法を登録→ルーター申し込み→内容確認→お届け先の住所を指定→メールアドレスを登録→「同意」のチェックボックスにチェックを入れる

 

SMSでの申し込み手順は以上です。

 

メールで申し込み

GMOとくとくBB公式サイトにアクセスし、「ドコモ光 Wi-Fiルーター専用メールフォーム」のページへ。

 

契約者の名前・生年月日・電話番号・メールアドレス・問い合わせの内容を入力→注意事項を読み「同意」のチェックボックスにチェックを入れる

 

メールでのルーター申し込み手順は以上です。

 

BBnaviで申し込み

手元に登録証を用意しましょう。登録証に記されている会員IDとパスワードを入力して、BBnaviにログインします。

 

メニュー→「支払い方法の確認 変更・登録」をクリック→支払い方法を選択(クレジットカード払いまたはNTT電話料金合算払い)→支払い方法を登録→ページ左上にある「とくとくBB」ロゴをクリック→メニュー→「現在ご利用中のサービス確認」のページを開く→「申し込み」ボタンをクリック→ルーター選択画面へ→お届け先住所を指定→メールアドレスを登録→「同意」のチェックボックスにチェックを入れる

 

以上でBBnaviからの申し込みは完了です。

 

GMOとくとくBB×ドコモ光はどこから申し込みができる?

ドコモ光の申し込み方法をご紹介します。

 

ドコモショップ・家電量販店から申し込み

ドコモのことならドコモショップへ!と思うかもしれませんが、実は全国にあるドコモショップはNTTドコモの直営店ではなく、代理店です。店舗により申し込み特典やキャッシュバックキャンペーンなどは異なるので、お得に申し込みができるドコモショップが近くにあれば、利用してみても良いと思います。

 

が、不要なオプションに加入させられたりすることもあるので、代理店選びは慎重に!家電量販店からの申し込みも同様です。

 

訪問営業・勧誘電話から申し込み

一番お勧めできない申し込み方法です。不利な条件で契約させられてしまったり、不要なオプションを付けられ高額な請求が来たなんていう悪質なものもあるので注意してください。ドコモ光の申し込みを検討中という方でも、訪問や勧誘電話から申し込みはしない方が賢明だと思います。

 

ドコモ光公式サイトから申し込み

ドコモ光の公式サイトを開いて、申し込みフォームに記入するだけで手続きが完了するので、一番シンプルで簡単な申し込み方法です。ただ、お得感に欠けてしまうのですよね。公式キャンペーンは利用できますが、キャッシュバックなどは受けることができません。

 

ネットの代理店から申し込み

他の光回線サービスだと、ネットの代理店経由で申し込みをすると高額キャッシュバックや豪華なプレゼントがもらえる場合がありますが、ドコモ光に限ってはキャッシュバックには力を入れていないので高額キャッシュバックはあまり期待できません。

 

また、GMOとくとくBB以外のプロバイダを選択した場合にキャッシュバックがもらえるキャンペーンなどもあり、GMOとくとくBBをプロバイダに選びたい人には向かない場合もあります。

 

GMOとくとくBB公式サイトから申し込み

申し込みはコチラから!→https://gmobb.jp/service/docomohikari/

 

ドコモ光に申し込んでプロバイダにGMOとくとくBBを選ぼう!と思っている方に是非オススメしたい申し込み方法です!

 

・新規工事費無料

・最大15,000円キャッシュバック

・最大10,000dポイントプレゼント

 

と、お得な特典がたくさん付いてきます!

 

※特典の適用条件についてはGMOとくとくBB公式サイトで確認してください。

 

GMOとくとくBBの公式サイトから申し込みをすれば、間違えて違うプロバイダと契約してしまった!なんていううっかりミスも防ぐことができますよね♪