ハローワークは役に立たない?ハローワークの実態を徹底調査し転職エージェントと比較

ハローワークは役に立たない?ハローワークの実態を徹底調査し転職エージェントと比較

皆さんは就職活動や転職活動を行なう上で、ハローワークは利用していますか?

どこの地域でも身近に存在し、気軽に利用はできますが、実は役に立たないとの意見が多いんです。

ハローワーク利用経験者の人は、同じように役に立たないと感じたことはありませんか?

ただでも混んでてイラつくのに、さらにクソみたいな塩対応の相談員にあたったことがある方も多いことでしょう。

そんなハローワークの実態を徹底調査しました。

ちなみに、ハローワーク以外にも無料で気軽に利用できるサービスがあることはご存知ですか?

ハローワークよりも圧倒的に就職・転職しやすい、民間の企業が存在します。

こちらも追ってご紹介していきます。

そもそもハローワークとは?

厚生労働省のホームページにもあるように、ハローワークは正式には公共職業安定所と呼ばれ、職業紹介を主に行なう、国が設置する公的機関です。

ハローワークへ相談に行くと、カウンセラーが対応してくれ、そこで求人紹介を受けます。

ハローワークとは

民間の職業紹介事業等では就職へ結びつけることが難しい就職困難者を中心に支援する最後のセーフティネットとしての役割を担っています。

また、地域の総合的雇用サービス機関として、職業紹介、雇用保険、雇用対策などの業務を一体的に実施しています。

引用元URL:厚生労働省ホームページ

そして、応募したい求人を見つけたらハローワークを通して応募を行ない、面接などの日取りは自力で行なうことが多くなっています。

ハローワークが扱う求人は、その地域に根付いた地元の企業が多いと言う特徴があります。

その他にも、失業保険を受け取ったり、職業訓練を受けたりする場合に利用することがあるでしょう。

ハローワークが役に立たない理由と問題点

国が設置する公的機関である、ハローワーク。

実は役に立たないと言われることが多くあります。

それは一体何故なのか?問題点はどこにあるのか?

ハローワークのデメリットとも呼べる部分を見ていきましょう。

問題点①ブラック企業が多い

ブラックとまでは言わなくとも、求人サイトに登録する金銭のない、弱小企業が多いことが理由のひとつです。

求人票とはまったく違い、入社してみると過酷な労働条件をしいられることや、給与面で大きな差異が出ていることもあるそうです。

求人票だけでは雰囲気が良さそうな企業でも、ハローワーク“のみ”に登録している企業には難あり、と言えそうですね。

地域の無料求人雑誌なども、少なからず「広告・掲載料」を取って掲載されるシステムです。

ハローワークは求人を掲載すること自体が無料なことで、企業側にとってメリットが大きいだけであり、求職者にとって役に立たないと感じることが多いのでしょう。

ハローワークで紹介を受けた企業は、一度自分でしっかりと調べ上げる必要がありそうです。

問題点②内定率が悪い

ハローワークは全国各地に必ず設置されているため、身近で気軽なことに間違いはないでしょう。

しかし、気軽に相談できるハローワークでも、公共職業安定所と呼ばれる割には、なかなか就職できずに安定しないようです。

平成28年度の一般職業紹介において、求職者数は518.9万人、求人件数は973.4万件、就職数は162.7万人と、厚生労働省がハローワークの実績と発表しており、1年間で就職に成功した人数はなんと31.3%しかいなかったと言うことになります。

求人件数は973.4万件もあるのに、何故就職できないのか?

その裏には秘密が隠されていたようです。

問題点③“カラ求人”が多い

体験談や経験談などを聞いていると、どうやらハローワークには“カラ求人”と呼ばれる、中身の伴っていない求人が多く存在しているようです。

“カラ求人”とは、ハローワークに載せることによって自社を宣伝しようと試みたり、国から出る助成金が目当てだったり、掲載が無料であることを逆手に取って悪用しているだけで、実際には募集していない求人のことです。

これが本当だとすると、求人件数の割に内定率が悪いのも、うなずけてしまいますね。

実際に募集していない“カラ”求人を見分けることは困難です。

ハローワークのカウンセラーに聞いたところで教えてくれる内容ではないですし、カウンセラー自身も求人が“カラ”求人であるかどうかまでは知らないことが多いでしょう。

応募しようとしているホームページを探したり、口コミを聞いてみたりするなど、企業について調べることが必要です。

問題点④カウンセラーがひどい

カウンセラーの質に関して、誰しも一度は風の噂として聞いたことがあるのではないでしょうか。

「親身」とは言いがたい、事務的なカウンセラーが多いようです。

仮にも国が設置する公的機関であるため、「就職させよう」とはしてくれます。

求人紹介は納得がいくまで行なってくれ、自分の希望に合う求人を探してくれるでしょう。

しかし、ハローワークにはたくさんの求職者が集まります。

1人でたくさんの人数を相手しないといけないため、自然と事務的になってしまうのでしょうか。

ハローワークと転職エージェントを比較すると…

同じようにカウンセラーがついて無料で利用できる求人紹介所として比較してみました。

その差は歴然。

転職エージェントとは、ハローワークと同じように、カウンセラーがつき、1対1でキャリアカウンセリングから求人紹介、応募までの選考対策を行なってくれる、民間の企業です。

もちろん、転職エージェントも無料。

比較の詳細を見ていきましょう。

登録している企業数

・ハローワーク:973.4万件(平成28年度)
・転職エージェント:4万~5万件(おおよそ平均)

こうしてみると、ハローワークがいかに求人数を多く抱えているかが分かります。

しかし、先ほどもご紹介したように、ハローワークは“カラ求人”が多く存在しているのが現状ですので、ハローワークはこの内のどれほどが実際に募集している企業なのかまで把握することができません。

一方、転職エージェントは“カラ求人”は扱っていません。

何故なら、転職エージェントに掲載依頼をする企業は仲介料を支払っているため、自社の宣伝や国の助成金目当てなどの悪用ができないからです。

そして、転職エージェントで扱う求人は、担当者が直接足を運んで話を聞きに行ったり、調査をしたりしています。

転職エージェントの担当者に求人の詳細を聞くと、企業の雰囲気や社風などまで教えてくれるでしょう。

カウンセラーの質

ハローワーク:事務的に作業をこなす程度

転職エージェント:選考対策含め親身

カウンセラーの質を文章で比較することは難しいですが、転職エージェントカウンセラーの魅力をお伝えします。

転職エージェントのカウンセラーは、親身に相談に乗ってくれるだけでなく、職務経歴書や履歴書などの書類添削、面接対策なども行なってくれる上に、自分がマイナスに感じている欠点や短所をプラスに捉えられるような言い方まで追求してくれます。

営利企業として営業している分、ハローワーク職員よりも就職・転職に関するプロと呼べるでしょう。

それがそのまま、内定率に繋がっていくわけです。

内定率

・ハローワーク:31.3%
・転職エージェント:80%超(平均)

パッと見て分かる、歴然とした差が出ている内定率です。

ハローワークでの内定率が31.3%しかないことは先にもご紹介しましたが、転職エージェントを利用した場合は80%を超える内定率を、実績として各社それぞれ掲げています。

この内定率の違いはどこから来るのでしょうか。

それは、“カラ求人”の有無やカウンセラーの質などを総合的に見て言える結果でしょう。

また、転職エージェントは営利企業のため、何が何でも求職者を就職へと導かないと利益が得られない、と言う点から、求人紹介のやり方や熱意も、ハローワークとは大きな差が出ていると推測できます。

求人の質も、ハローワークに比べて転職エージェントのほうが良質と言えます。
ブラック企業を徹底的に排除していることをうたっている転職エージェントもあれば、超大手企業との実績を持っていることを誇っている転職エージェントもあります。

転職エージェントのススメ

ハローワークを実際に利用してみて、役に立たないと感じた人は、是非転職エージェントを利用してみましょう。

ハローワークと転職エージェントを並行利用すると言うやり方もあります。

ハローワークは、失業保険などの雇用保険を扱う場でもあるため、失業保険を受け取るためにはハローワークで職を探していることを証明しなければなりません。

また、ハローワークは職業訓練と言う場も設けているため、何か新しい資格を取ることや、新しい業界へチャレンジしたい場合には、職業訓練を受けると良いでしょう。

しかし、職業訓練に近いことを転職エージェントでも開催しています。
SEを育てるためのスクールであったり、転職に関するセミナーを開いていたり、転職エージェントごとに違いはありますが、転職エージェントでもスクールやセミナー、講座などがあることも覚えておきましょう。

まとめ:ハローワークが役に立たなくても就職する道はある!

ハローワークは全国各地に点在する、身近な求人紹介の場。

しかし、その実態を見てみると、なかなか就職(内定)までこぎつけることができないと言う現状があります。

そのため、ハローワークが役に立たないと感じることも多くなってしまうでしょう。

そんな時には「転職エージェント」の存在を知り、内容を理解して活用してみましょう。

親身になってくれるカウンセラーのいる転職エージェントは、気軽に利用できるものです。

インターネット上から登録することができますので、その点から見ても気軽に登録ができます。

「転職エージェント」の名でご紹介してきましたが、もちろん「就職エージェント」も存在しますし、必ずしも「転職」である必要はありません。

ハローワークが役に立たないと感じた時は、是非転職エージェントを利用することも検討してみてください。