一ヶ月で退職する問題点は?すぐに仕事を辞める場合の問題と対策方法まとめ

一ヶ月で退職する問題点は?すぐに仕事を辞める場合の問題と対策方法まとめ

「残業手当の出ないブラック企業だった」

「面接時と違って、入社後の会社側が取る対応があまりにもひどい」

「セクハラ・パワハラを受けるようになった」

このように、入社したものの、辛いと感じる仕事内容や人間関係などで早々に悩んでしまうこともあるでしょう。

しかし、一ヶ月で退職する時の問題点や影響について、あらかじめ考えておくことは非常に重要です。

本記事では、問題点や影響を中心に取り上げ、防止法や対策までご紹介します。

一ヶ月で退職した場合の具体的な問題点とは?

一ヶ月で退職した場合、どのような問題点が挙げられるのでしょうか。

「あいつ根性ねえな」
「マジクソ人間だな」
「どうせ他でもすぐやめるだろ」

そのように思われがちな一ヶ月退職。しかし…合わないものは会いません。あなたが根性なしではなく、職場に問題があるのなら、そんなゴミ会社からは一刻も早く立ち去るべきです。

しかし、やめるにしても次の就職のためには、段取りと冷静さは必要不可欠。

具体的な問題点をピックアップしてみましたので、確認していきましょう。

一ヶ月退職の問題点①本質を見極められない

入社後三ヶ月間は、試用期間として設けている会社がほとんどです。

そんな中、一ヶ月で退職する場合、本来の業務に携わらずに会社を去ることとなります。

セクハラ・パワハラなどの人間関係が原因で退職する場合はさほど問題になりませんが、本来の業務に携わらないまま退職となると、会社側に問題があるのか、自分でも解決すべき問題点があったのか、分からなくなってしまいます。

「本当に自分がやりたい仕事ではなかったのか」と言う点まで、突きつめて考えることが難しくなるでしょう。

次の再就職へ向けて、自分の課題が見つけにくいことが問題です。

一ヶ月退職の問題点②社会人マナーがないと思われる

一ヶ月で退職してしまうことは、どんな理由であっても第一印象は悪いものになってしまいます。

「親が倒れて地元へ帰らなくてはならなくなった」などの同情の余地がある理由は二の次で納得されますが、ほとんどの場合は「社会人としてのマナーがない」と捉えられるでしょう。

そもそも、入社一ヶ月で退職してしまっては、社会人経験も一ヶ月と言うことになり、身につく暇もなく退職となった、と思う人もいるかもしれません。

しかし、社会人として自覚しておくべきマナーは、「常識」として社会人になる前から心掛けておかなければならない部分です。

せめて社会人として、一ヶ月で退職した理由は明確に説明できるようにしておきましょう。

一ヶ月退職の問題点③やる気や性格を問われる可能性

入社後すぐ、一ヶ月程度で退職してしまうと、自分のやる気や性格を問われる可能性があります。

退職する会社側のことは気にしないでしょうが、転職活動を行なう際に、どこの会社でも聞かれてしまうでしょう。

そして「また同じように一ヶ月で退職してしまうのではないか」「ストレスに弱い人間なのではないか」と思われてしまいます。

つまり、レッテルを貼られたような状態になってしまうのです。

一度貼られたレッテルは、払拭することがなかなか難しいでしょう。

理由によっては「社会をなめているのか」とさえ思われてしまう可能性も。

一ヶ月退職の問題点④無職期間ができる

一ヶ月で退職してしまうと、次の再就職先が見つかるまでは無職期間ができてしまいますよね。

これは転職活動を行なう際に、「空白期間」として職務経歴書で不利になってしまう問題点です。

また、無職期間ができることにより、経済的にも不安な日々が続くでしょう。

一ヶ月で退職したいと考えている人は、その「無職期間」についても考えておく必要があります。

ただし、完全に無職であれば時間に融通がきくため、転職活動をスムーズに行ないやすいというメリットもあります。

一ヶ月で退職した場合の影響は?

一ヶ月で退職した場合、その影響はどのような場面で響いてくるのでしょうか。

こちらもピックアップしてみましたので、確認していきましょう。

一ヶ月退職の影響①「新卒」という強みがない

転職活動を行なう際、新卒の就職活動とは違って強みがひとつ減ってしまいます。

新卒採用はこれから育てていく人材を採用しますが、中途採用の場合は即戦力を求める求人が多くあります。

「新卒」という強みがなくなってしまったからには、「中途採用だけどこれから育つ人材」として仕事を探さなければなりません

また、4月に入社して一ヶ月で退職してしまった場合は、5~6月という企業側の採用活動が少なくなっている時期でもあります。

自分の条件に合う求人が見つかる確率も下がり、ますます転職活動が難しくなってしまうことでしょう。

一ヶ月退職の影響②転職市場で敬遠される

「一ヶ月で退職した」と言う事実は、「何か特別な理由があった」と見なされ、特別視されてしまう場合が多くあります。

目に付きやすく、好印象を持ってはもらえないこの事実は、転職市場で敬遠されることがあるでしょう。

面接では何とでも言い訳を述べることは可能ですが、その前の書類審査を通過しない場合が多く考えられます

「一ヶ月で退職するからには何か事情があったのだろう」と思う人事担当は多いと思いますが、書類を見ただけで理由まで見ることはできず、大抵は悪印象を抱くものですので、わざわざ面接で理由を聞いてみよう、とはならないのです。

さらに事情を汲んでくれる会社を探すのも一苦労です。

一ヶ月で退職を考えている時の防止法と対策

これまでに、一ヶ月で退職した場合の問題点と影響について見てきましたが、それらを踏まえた上で、自分でできる防止法や対策をご紹介します。

一ヶ月で退職を考え始めた人は、まず以下のような防止法や対策を試してみましょう。

一ヶ月退職の防止法①あと数ヶ月粘ってみる

まずひとつ、大きな問題となっているのは、退職することではなく「一ヶ月で退職」することです。

試用期間中と言うこともありますし、もう少しだけ粘れる状況であれば、せめて試用期間の三ヶ月は努力してみましょう

そうすることで「試用期間中は努力をしたが退職となった」と、認めてもらうことができるようになります。

一ヶ月で退職するよりは、三ヶ月で退職したほうがマシ、と言う次元の話になりますが、格段に違いはあります。

どうしても耐え切れない理由がある場合の除き、なるべく試用期間は消化しましょう。

また、試用期間が終わると、本来携わるべき業務へ移行することもあるでしょう。

業務内容が変わると、耐えられないと思っていた職場環境や人間関係も、変わる可能性が出てきます。

数ヶ月粘って試用期間が終わっても、耐えられない事情を抱えている場合は、やむを得ないので退職する道を考えましょう。

一ヶ月退職の防止法②改善する努力

一ヶ月で退職をしたいと感じる時には、自分自身に問題があることも少なからずあります。

「何が原因で退職したいのか」を在籍中に見つめ直し、原因が自分にあると思えた時には改善をする努力をしてみましょう。

また、人間関係などの自力では改善できそうにない原因であっても、配置転換や異動願いなどを申し出ることによって、人間関係を改めることはできます。

一ヶ月で異動願いを出すことも異例と見られがちですが、一ヶ月で退職してしまうよりは良いでしょう。

「やりたい仕事ではなかった」のかどうかも、試用期間が終わって本来の業務に携われるようになるまでは、我慢して続けてみることが得策です。

まずは一ヶ月で退職したいと感じる原因を洗い出し、本当に改善の余地がないのかどうかも考えた上で、退職を決断するようにしましょう。

一ヶ月退職の対策③転職エージェントの利用

防止策を試したものの、改善できなかった場合には、一ヶ月で退職する時の対策として、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントとは、求人紹介をしてくれるだけでなく、履歴書や職務経歴書などの書類添削や、面接対策など、転職活動をサポートしてくれる担当者がついてきます。

もちろん利用は無料。転職エージェントに登録しておけば、万が一、一ヶ月で退職することになってしまっても、問題点や影響で挙げたような内容をすべてポジティブにカバーしてくれます。

職務経歴書の空白期間の対策や、身につかなかった社会人マナーなども教えてくれるでしょう。

他にもメリットとして、転職エージェントは自分が提示した条件にマッチングする求人を多く紹介してくれます

相手先へのアポイントメントから書類提出なども代行してくれるため、試用期間中をどうにか耐えようと努力している間にも転職活動を行なうことが可能です。

精神衛生上、続けることが好ましくないと思う場合を除いては、気分転換のつもりで転職エージェントを利用し、転職活動を行なってみるのも良いでしょう。

一ヶ月で退職してしまった場合は?

「既に一ヶ月で退職してしまった!」と言う人は、迷うことなく転職エージェントを利用しましょう。

自分ひとりでは考えきれない、退職理由や空白期間の問題も片付けてくれますし、何より転職をサポートしてくれると言う存在が、とても心強く感じられるはずです。

会社を一ヶ月で退職し、社会全体に幻滅してしまう前に、前向きな転職活動を行なっておくことで、ニートやフリーター生活から脱却することも可能になります。

そして転職エージェントの利用を迷っている人は、まず登録をするところから始めてみてください。

転職エージェントは、持っている求人の多くが非公開求人であり、登録した人しか見られない求人内容なのです。

自分に合った仕事があるかどうかは、登録してみないと分からない情報。

何より、転職エージェントに登録することによって、自分の転職活動へのモチベーションがアップすると言う効果も期待できます。

求人紹介時に、選べるほどの会社を紹介されたらどんな気分になりますか?

退職してしまった会社と大きく異なる好条件が提示されていたらどうですか?

こう言った面から見ても、転職エージェントの利用は非常に有効的だと言えるでしょう。

一ヶ月で退職する時は計画的に!一ヶ月で退職する場合の対策まとめ

これまでに、一ヶ月で退職する場合の考えておくべき問題点や影響を見てきました。

・本質を見極められない問題点
・転職市場で敬遠されてしまう影響
・努力で改善されなければ転職エージェントの利用

主にこれらをご紹介しましたが、念を押しておきたいことは「一ヶ月で退職する時は計画的に!」です。

退職前に転職エージェントに登録しておき、現在の会社のことも含めて相談すると良いでしょう。

無計画に退職してしまうと、無職期間だけがどんどん延びてしまい、社会からも離れがちになってしまいます。

そうなる前に、自分でできることから少しずつ始めていきましょう。