アプキャリについて

フリーランスにプラス(+)の情報をおつたえします!
アプキャリは、フリーランスの方や転職を希望の方にWeb転職やIT転職、さらに就職や転職活動のありとあらゆる情報をあなたのために発信するサイトです。

アプキャリでは、管理人が経験してきた転職ノウハウを惜しみなくご提供していきます。現役のエンジニアやキャリアアドバイザーなどプロの執筆者が、あなたのためのキャリアプランをご提案!

さらに、アプキャリにご来訪いただいたあなたのためだけに、本当は教えたくないような「ここだけ」の業界裏話や裏技的なノウハウも展開します。

管理人は未経験でIT業界に転職して早15年。今では大手サイトのプロジェクトマネージャーをするまでに成長できました。

今までの経験のすべてをまとめて公開していますので、ぜひできるだけ多くの記事に目を通し、あなたの今後の人生をよりよいものにしてほしいと願っています。

⇒おすすめ転職エージェントをすぐ見る

職業別の転職

SE・プログラマー転職

WEBデザイナー転職

フリーランス転職

タイプ別のおすすめ転職記事

転職が未経験の方

フリーランスの方

仕事で悩んでるの方

プログラミングスクール選びで悩んでる方

転職エージェントの選び方と重視する項目

有名な転職エージェントを選べば心配ないと思っている方は要注意。

特にIT・Web系の転職サイトやエージェント選びにはコツがコツが必要なのです。

転職エージェントを選ぶ決めては以下の4つとなります。

転職エージェント選びのポイント
  1. 求人量
  2. 提案力
  3. サポート力
  4. 専門性

です。

まずはじめに求人量。

転職先が見つからなければ始まりませんので、できるだけ案件が豊富なサービスを選ぶのは必須です。

次に提案力。

いっけん求人量に目が行きがちですが、転職では提案力とサポート力が非常に重要。

あなたのスキルを最大限に引き出す提案ができるアドバイザーが担当になるかどうかで転職が成功するか失敗するかが決まります。

そしてサポート力。

もしあなたが転職やフリーランス化を検討している場合、現職を続けながら自分の力で再就職先を見つけることは時間的にも精神的にも厳しいはず。

その際一人で調べたりエントリーすることなく、アドバイザーにお任せするだけで、業側にあなたの特性を最大限に引き出した提案してくれるかがよりよい転職へのポイントとなるのです。

ここでサポート力の高い転職エージェントは、在職中でもきめ細やかな配慮や対応を欠かすことなく、親身にあなたの味方になってくれます。

最後に専門性。

IT・Web業界は専門的な知識がないと、自分にマッチした求人を見つけることが難しいといわれます。

SEといっても、多くの専門領域があり、単純にSEだから、なんでもできるわけではありません。専門性を持ち合わせたアドバイザーが在籍するエージェントを選ぶことで、提案のミスマッチも防げます。また、今のスキルをさらに高める現場を見つけてくれるでしょう。

おすすめ転職エージェント比較表

サイト名 レバテック マイナビ TechClips
特徴 企業別対策で内定率が高い 大手ならではの求人数 高年収と高待遇に特化
求人 4,000件以上 8,000件以上 非公開
地域 首都圏、関西、九州 全国 首都圏
運営 レバテック株式会社 株式会社 マイナビ notari株式会社

IT転職初心者でも安心!おすすめエージェントランキング

マイナビクリエーター

マイナビクリエーター評価
最大のポイント!
大手転職エージェント・総合型で大量の求人を取り扱いながらも、IT業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍している

・IT転職者のほとんどが使っている!
・案件数が業界No.1
・大手中小問わず数多くの企業あり!

総合おすすめ度:76pt/100
全体的なバランスに富んだ王道系エージェント。求人数がダントツであり、多くの案件に出会える

マイナビ詳細
無料会員登録

レバテックキャリア

最大のポイント!

大手に引けを取らない求人数を取り扱うレバテックキャリア。企業別対策がポイントで、内定率は非常に高い実績

・大手IT系への転職に強い!
・専門スキルが高いアドバイザー多数
・自分にあった案件をとことん支援

総合おすすめ度:74pt/100

IT系でもっとも人気のある転職エージェントの一つ。多くの転職成功者を出している業界屈指の最強IT系エージェント

レバテック詳細
無料会員登録

テッククリップス

テッククリップス
テッククリップス総合評価
最大のポイント!
求人件数は非公開ということもあり、大手の転職エージェントよりは少なめと予想。ただし年収500万円以上の求人が8割以上という点、エンジニアのことを考えた良質な求人の多い

・キャリアアップに最適
・技術力に自信があるならベスト
・年収300万アップも!

総合おすすめ度:68pt/100

IT・web系で自分の力を持て余していると感じているなら是非利用したいエージェント。高額案件多数でスキルにあった条件が見つかる

アプキャリ
この3つのエージェントITに登録せずしてIT転職はきびしいと言えるほど確実に登録しておきたい王道の転職エージェント。あなた自身もまずはIT系専門エージェントから転職の基礎情報を学ぶことは必須です。

アプキャリ管理人について

経歴

  • 2001年:メーカー系SI会社に転職、官公庁系システムのSIに従事
  • 2007年:後期高齢者医療制度改正対応のシステム開発に従事
  • 2013年:運用委託業務の管理者として客先常駐およびWeb系開発サポート
  • 2015年:客先常駐解消

以降、フリーランスエンジニアとしてマイナンバー制度対応のプロジェクトマネジメント(PM)に従事
自治体向け基幹システムSIのPM・地方自治体向け基幹システムSIを行いながらAIなどの先端技術の提案

その後、大手Web系企業PMとして、BtoCサービスシステム開発と平行してアプキャリ運営開始!

現在はエンジニアやクリエーターの育成に力を入れ、次世代の人材育成に注力中です。

スキル(経験年数):

  • システムインテグレーション:14年
  • プロジェクトマネジメント:10年
  • 運用委託業務管理:4年
  • COBOL:2年
  • Java:7年
  • PHP:4年

レガシーシステムからウェブ系システムまでの一連を経験しています。また、プロパーとして勤めた後にフリーランスエンジニアとして現在も現場感を忘れずに仕事に取り組んでいます。

アプキャリを通じて未経験・経験者問わず、転職に成功していただけるような中身の濃い情報をお伝えしていきます!

転職エージェントはメリットだらけ!その理由

「転職したいけど何からどうしたらいいかわからない」
「仕事をしながらだと転職活動が全然進まない」
「エントリーはするものの転職先が決まらなくて焦る」

このような悩みを持った転職の最強の味方が「転職エージェント」です。

一言で言えば、いい人材を探している企業と、できるだけ自分の力を評価する会社を探している求職者をつなげる役目をしてくれるサービスです。

ここではそのメリットについてをわかりやすく解説します。

転職希望者にとっての最大のメリット

なんといっても、専門のアドバイザーが「無料」で適切な就職先を紹介してくれて、さらにエントリーまでもサポートしてくれることが最大のメリットでしょう。

就業しながら一人で転職活動を行うのは至難の業です。1人転職活動は時間がない中で焦って転職を急いでしまい、現職よりも悪い環境に再就職してしまう最悪のケースもあとを絶ちません。

転職エージェントを利用すれば、人生をよりよくする転職の機会を最大限に活かすことができるといっても過言ではありません。

多くの転職者を企業に送り届けたプロのアドバイザーが常にあなたの味方になってくれるのです。

しかもタダで。

これは利用しない手はないわけです!

採用側にもメリットがたくさんある!

転職エージェントから紹介された人材は、採用側にも大きなメリットをもたらします。

まずは、無駄な採用コストがかからないという点。

企業もできるだけいい人材をとりたいわけです。そのうえで、転職エージェント側がスキルにマッチングした人材のみをピックアップして紹介してくれるため、ペーパーテストや面談の回数をへらすことができて、採用コストを大幅に減らすことができるんです。

転職エージェントの仕組みとは?なぜ無料?

エージェント側は、優秀な人材を企業に紹介することで紹介料を謝礼として受け取ります。

そのおかげで求職者も無料で多くのサービスを利用できるわけです。

転職エージェントと転職サイトの違いを徹底比較!

特化型エージェントと総合型エージェントはどちらがいい?

転職エージェント詳しい比較表

転職エージェントのメリットとデメリット

転職エージェントが向いてる人・向いてない人

転職エージェントを利用した場合の流れ

転職エージェントQ&A

今の職場に疑問を持ったらすぐ転職のための行動しよう!

会社に会社をやめたいと相談した際に「あなたレベルでは次の転職先見つからない」といわれ、転職するか迷っているという話をよく聞きます。

冷静に考えてみてください。会社側としては、転職先が見つからないような能力のない人間が会社をやめてくれるなら大喜びですよね。

つまり会社側からの言葉は信じてはいけないのです。自分自身が転職を決意したら、迷わず次の就職先を見つけるために走り出しましょう!

初心者がIT業界へ就職するために必要な勉強方法と覚えておきたいプログラミング言語

初心者がit業界へ就職するために必要な勉強方法とは?覚えておくべき基礎情報

IT業界未経験の方にとってはIT転職の敷居はかなり高いのでは?

そもそも未経験なんて相手にされるのだろうか?と悩むのも当然です。

しかし、どの業界でも未経験からの就職はあるわけですし、IT系も同様ですので気負いする必要はありません。

情報を集めずしてひとり悩んでいても、考えはぐるぐる回るだけで物事は進展しませんよ。

本記事ではIT業界への就職を考えている人のために、必要となる情報を提示していきます。

四見終われば、就職にあたって何が必要なのかが分かるはずです。

漠然と悩んでいる方は方向性が決まるはずなのでぜひ読み進めてください。

IT初心者はどんな風に勉強すれば良いのか

学生の人でも、すでに社会人として働いている人でも、IT業界に興味をもって勉強して就職してみたい、という人は近年増えているようです。

たしかに仕事先として、IT業界を選ぶ理由はたくさんあります。

その中でも、特に

  • これから先も長く成長していく業界である事が見込める
  • 人手不足で、売り手市場である。業界未経験でも採用する会社も多い

あたりがIT業界を選ぶ理由として大きいのではないかと思われます。

しかしある日「プログラミングについて勉強してみよう!」と思い立っても、いったい何から勉強をはじめていけばいいのか、正直よく分からないという方が大半でしょう。

次に学習の方法と手順についてを詳しく解説していきます。

まずは学びたいプログラミング言語を決めよう

人が話す言語には日本語の他にも

プログラムと言語の考え方は同じ!英語に中国語

ロシア語にイタリア語

などなど各国言語があるように、プログラミング言語にもいくつかの種類の言語があります。

それぞれの言語にはそれぞれの特性があるので、どの言語を選択すればいいのかは、したいことによって当然最適な言語が変化します。

「よく分かんないから、適当で良いや」なんて風に言語を選んでしまうと、「中国人と話をしたいのに、ロシア語を勉強してしまった」なんて事と同じ事態になってしまい、努力が無駄になりかねません。

それでは「自分はプログラムを使ってどういう事をしたいのか」を念頭に置きながら、次の話を見ていきましょう。

プログラミング言語別の特徴を知る

ITといえばプログラム。漠然と理解はしているものの、プログラムにも数多くの種類や特徴があるのはご存知でしょうか。

ここでは、言語の中でも現在人気のある物を集め、それぞれの特徴を紹介していきます。

java

全言語の中で、現在もっとも標準的に使われている言語であり、企業からの仕事案件は全体の約半数がjavaを使ったものになっている。

ひとつのコードを書いてしまえばAndroid、iOS、Windowsすべての環境で動き、中でもスマホアプリで使われるAndroidはjavaで動かすのが普通。

プログラミング言語の中でももっとも使われているのも納得です。

IT業界への就職を考えている人にとっては、非常に有効な武器となるでしょう。

オブジェクト指向など他の言語の長所をまとめたような作りになっているので、javaを習得する事で応用が効き、他の言語を習得する際にはるかに理解が早まるのも特徴です。

ただし、普及しているだけあってネットでの情報集めやプログラミングスクールで勉強するなど、学習をできる場所は多いです。

しかし、javaは総合的なプログラミング言語である分習得するには少々時間がかかり、まったくの素人が軽い気持ちでひとりで勉強すると、かなりの困難が伴います。

またjavaを学んでいる人は当然多いため、良くも悪くも仕事をする際にライバルが多いという事になります。

PHP

WEBサイト、WEBアプリ開発で使われている言語であり、google chromeやsafariなどブラウザ上で動くサービスで使われます。

SNSやショッピングサイトといったサービスに向いていて、初心者でも習得が容易なのが特徴です。

ブログテンプレートとして有名なwordpressなどもphpで作られています。

phpはWEB上で使用するアプリなので、PHPを使用する際にはHTMLやCSS、フレームワークなど他の事も合わせて学ばないと仕事には使えないと言えるでしょう。

WEB上の仕事が無くなる事はこれから先も無さそうなので、簡単なのも相まって人気はまだ続いていく事でしょう。

Ruby

楽しみながら学べるという事を念頭に作られたプログラミング言語であり、日本人であるまつもとゆきひろ氏が作っているのも特徴です。

オブジェクト指向を搭載していて、日本人が作成しているので日本語で書かれた資料が多く、勉強しやすいのも大きなメリットです。

Ruby専用のフレームワークである、Ruby on Railsとあわせて使用する事で開発が容易になり、他の言語に比べて短い期間で仕事に使えるようになります。

未経験者でも習得するのが容易なのが大きな人気のひとつですが、逆に言えば素人でもすぐに使えるという事で、そこまで企業から必要な人材として求められないとも言えます。

Python

非常に習得するのが簡単なので、近年もっとも学ぶ人が多く普及している言語です。シンプルで短いコードで動き、予約語(決まった役割でだけ使える言葉)も少なくて、初心者が覚えるのに適しています。

簡単に覚えられるにも関わらず、WEBアプリやビッグデータの分析、AIなど多様な目的で使用でき、海外での人気がとても高いのですが、日本ではまだ仕事が少ないのが現状です。

ですが将来日本でも案件が増える事は間違いないので、先を見据えて勉強しておいて損はないかもしれません。

ざっくりとそれぞれの言語の特性をまとめると

  • java もっともスタンダードなので仕事が多い。習得には時間がかかる
  • PHP WEB系の仕事に就きたい人向け
  • Ruby 日本人が作っているので資料が多く学びやすい
  • Python スキル習得が簡単であり、さまざまなアプリが作れる

といった所でしょうか。

なお言語によっては、部分的にいろいろな言語を組み合わせてやりとりする場合もありますので、あくまでも基本的なイメージとしてとらえましょう。

独学で勉強するか無料スクールで勉強するか

おそらく「ネットや本を駆使して、ひとりで勉強したい!」という人は、

・すでにプログラムを使ってやってみたい事がある
・皆で学ぶ事があまり好きじゃない、得意じゃない
・学習にお金をかけたくない

という状況下のどれかにいると思われます。

「まずは一人でやってみたい!」という気持ちはたしかにとても大事です。企業に就職しても、周りの誰かが教えてくれるのに期待するよりは、分からない事はどんどん自分で調べて行動できる人の方が評価されます。

その素地をひとりで作ってみるというのは、たしかに得難い才能です。

独学でネットで勉強する

しかし素人がプログラミング言語をひとりで習得する事は、正直想像しているよりもはるかに難しいと思われます。

初心者はPythonがもっとも習得するのに手軽でおすすめですが、これにしても0から勉強するのにはさまざまな困難が伴います。

書籍にしたって「こんなに分厚いの?」という本を買ってきて、その一冊を一通り頑張ってやってみても初歩の初歩しか学べなかった、といった事になり挫折しがちです。

それに

・自分が勉強したい事
・ネットや書籍が教えてくれる事

は、なかなか一致しないんですよね。

情報を探すのが上手な人はすぐに探し出せるのかもしれないけど、プログラミング初心者が探すのは本当に一苦労です。

ちょっとした軽い遊びのためにとか、フリーゲームを作ってみたいからプログラムを学びたい、という人にとってはひとりで学んでみるのも全然良いと思います。

しかし就職が目標、となると一部の才能がある人を除いて、ひとりだけだといつかは行き詰まる可能性が高いです。

無料プログラミングスクールでみんなと勉強する

ネットや参考書を片手に勉強していくと、だいたいの場合行き詰まってしまいます。

結局の所「習うより慣れろ」といいますか、ひとりで勉強するよりはさっさと「未経験オーケー」の会社に就職するなり、アルバイトで潜り込んでみて周りに揉まれた方がすぐに仕事を覚えられるといった面はあります。

しかし、「未経験オーケー」の社員やアルバイトだと簡単な仕事しか任されないため、ある程度までしかスキルがあがらないといったデメリットもあります。

それに未経験オーケーとはいえ社員として会社に入ってしまえば、そうそう簡単には辞められないという問題点もあるわけです。

そこで折衷案という事で、私は「プログラミングスクール」をお勧めしてみます。

プログラミングスクールは他の人と一緒に現役のシステムエンジニア、プログラマーから学ぶ事ができるので、バイトレベルより高いスキルを獲得できるチャンスが高いのです。

さらに企業に実績として提出できるような実践形式の授業もおこなわれ、習得も速いと大きなメリットがあります。

ですが中には「お金を稼ぎたいんだけど?学費なんてお金を払っている場合じゃないんだよ」

なんて人もいるでしょう。

実は、今のプログラミングスクールには、無料で受講できる物が沢山あるのです。

なぜプログラミングスクールは無料にできる?

プログラミングスクールには、企業などからの支援を受けて、受講者はお金を払わずに通える物があります。

「GEEK JOB」
「ProEngineer」
「CodeCamp」
「0円スクール」

などは、「スクールが紹介する会社に就職する事」などの条件を守る事によって、無料での受講が可能となっています。

正直一人で勉強してみると分かりますが、

・自分と同じくらいのレベルの仲間
・困った時に質問できる講師

のふたつの存在はとてつもなく大きいです。

それに就職先まで紹介してくれるので、下手にひとりで面接してブラック会社に入る心配も大幅に減りますし、本当に何のスキルが無い「未経験」よりも良い仕事を任され、給与面などの待遇も良くなりやすいです。

初心者がit業界へ就職するために必要な勉強方法まとめ

本記事では

・あなたが何をやりたくて、そのためにどのプログラミング言語が必要か
・プログラミング言語を学ぶために、必要な方法

のふたつについて書きました。

どちらも迷いやすく、その結果上手くいかなくて挫折しやすい事なので、しっかりと悩んでみておいた方が良いでしょう。

現在ではIT業界の人手不足もあって、プログラミングスクールをはじめ、業界へ入るためのサービスをお金を払わなくとも高いクオリティで提供されています。

それならば利用してみて損は無い、と筆者は考えます。