ITエンジニアとして生き残る方法とは?ITエンジニアに必要なスキルを徹底解剖

ITエンジニアとして生き残る方法とは?ITエンジニアに必要なスキルを徹底解剖

近年ITエンジニアが注目され、就職希望者が増加しています。

IT技術が飛躍的に進化し、先進的な業界の第一線で働きたいと考える若者は少なくありません。

日本の国内だけに限定しても、非常に多くのITエンジニアが存在します。

近年は他業種からITエンジニアに業種転換する例もあり、競争力が高まりつつあるは周知の事実でしょう。

そんな中でITエンジニアとして生き残るためには、業界が必要とするスキルを磨くだけではなく、自分にしかない特色を出していく必要があります。

それではITエンジニアにはどのようなスキルが必要となるのでしょうか。

Web系・業務系など各ジャンルによって全く違う業務形態があるエンジニアですが、基本的な考え方は共通しています。

ここではITエンジニアの世界で活躍している人たちの特徴を元に、ITエンジニアとして必要なスキルや心得について紹介いたします。

ITエンジニアの基礎知識

ITエンジニアと言っても、様々な業種が存在します。そしてその業種ごとに必要なスキルは異なります。まずはITエンジニアの基礎知識について紹介いたします。

1.ITエンジニアとは?

ITエンジニアとは、情報技術に関するエンジニアの総称です。IT業界は大まかに表すと「コンピュータを導入することで仕事や生活が便利になる技術を提供する」ことが主な事業ですが、細かく分類すると非常に多くの専門家に分けられます。

一つのシステムを実際の顧客が動作するためには、システムの設計者、設計書からプログラムを組む技術者、サーバの設計、構築を行う技術者、ネットワークの設計者など、様々な専門家がチームとして動く必要があります。これら専門家の総称をITエンジニアと呼ぶわけです。

そのため「ITエンジニア」と言ってもIT業界では通じず、「何のエンジニア?」と返されてしまいます。

2.主な業務内容と必要なスキル

ではITエンジニアにはどのような業務があるのでしょうか。

ITエンジニアの業務には厳密な定義は存在しませんが、一般的に以下のような業務が存在します。

【1】ネットワークエンジニア
【2】システムエンジニア
【3】プログラマ
【4】プロジェクトマネージャ
【5】その他

1.ネットワークエンジニア

サーバと端末、ローカルネットとインターネットなど、物理的に分離されている機器をネットワークを利用して接続させる専門家です。

主な業務としてはネットワーク図の設計と、必要な機器の積算です。実際のLANケーブルの配線などは別の専門業者に依頼するケースが多いです。

近年はハッカーによる攻撃なども考慮しなければならず、高いセキュリティの知識と、各種ネットワーク機器の知識が必要になります。

2.システムエンジニア

顧客からの要求仕様書を元に、プログラマが構築するための設計書を作成します。

要求仕様書は顧客の業務目線で書かれている場合がほとんどです。

例えばあるデータの入力業務があった場合、要求仕様書には「バーコードから読み取ることで、それまで手で行っていた入力業務を効率化させる」としか書かれておりません。

システムエンジニアはその要求仕様書から、バーコードで読み取ったあとにどのようにデータベースに書き込むのか、エラーチェックはどうするのか、どのような画面にすれば直感的に理解しやすいのかなどを考え、実際の仕様書に書き起こしていきます。

そのためシステムの内部構造はもちろん、論理的思考能力や文章作成能力なども必要になってきます。

3.プログラマ

システムエンジニアが作成した設計書を元に、プログラムのコーディングを行います。

数多く存在するプログラミング言語に関する知識と、プログラムをどのように命令文を配置すれば効率が良く動作するのかといったデザイナーとしての技術も必要となります。

4.プロジェクトマネージャ

システム構築に関わる上記エンジニアをとりまとめ、顧客とスケジュールの調整や各種折衝を行います。

主に顧客のシステムの統括部門と調整を行っていきます。

進捗を管理
各工程に遅れがないのかなどの報告
プロジェクトを遂行する上で都度発生する課題の共有

などを行います。

また内部で発生した問題の解決のための働きかけなども実施していきます。

この業務には

多くの報告資料から全体を見通す分析能力
顧客との交渉力や問題解決能力

などが必要で、総合的な判断力が求められます。

5.その他

この他にもデータベースの設計、構築を行うデータベースエンジニアや、サーバの設計構築を行うサーバエンジニアなどが存在します。

これらは専任で行う場合と、1人のエンジニアが掛け持ちを行う場合があります。

例えば

サーバ
ネットワーク
データベース

の構築を「インフラ業務」としてこれらシステムの外側を一手に引き受ける専門家も存在します。

ITエンジニアとして生き残るためには

ITエンジニアは非常に競争力が高い世界です。そんな中で生き残り最前線で活躍するためには、どのようなことを心がける必要があるのでしょうか。

次にITエンジニアとして生き残るために必要な教訓について紹介いたします。

1.コミュニケーション能力は必須スキル

ITエンジニアは様々な専門職に細分化されますが、そのどの業務でも必要な能力が「コミュニケーションスキル」です。

一般的にプログラマなどは個室でひたすらコーディングを行っているイメージがありますが、実は違います。

多くのプログラマがチームで動いており、一つのシステムを細切れして一部を担うことがほとんどです。

そのシステムのつなぎ目の部分で不具合が起こりやすいため、つなぎ目の先を作っているプログラマと会話をしながら作り込む必要があります。

また、設計書の不明点や詳細化されていない部分などがある場合、システムエンジニアとコミュニケーションを取る必要があります。

その他の職種も例外ではありません。数多くの専門家が介在するため、横のつながり、縦のつながりで会話を行えないと、全く顧客の要求とはかけ離れたシステムができあがってしまいます。
そのため、いくら高い技術と知識を持っていても、コミュニケーションができない人には重要な仕事は巡ってこなくなります。

2.最新技術を追求する心構えが必要不可欠

IT業界は日進月歩です。先月できなかったことが今月には簡単にできるということも珍しくありません。

そんな世界では常に業界の最新技術を追求する必要があります。

もちろん最新技術を追い求めずとも仕事はできます。しかし顧客は常に今よりも早く、効率良く、正確に業務ができないかと考えています。そんななか使い古された技術では他社に簡単に追い越されてしまいます。

常に最新技術を追い求め、どの技術が顧客の役に立つのかを考える事は非常に重要です。

3.他人にはない希少な技術は生き残るために有効

2.とは正反対ですが、例え使い古された技術であっても、ライバルが存在しない技術はIT業界で生き残るためには重要となってきます。

例えば現代はRubyやC#などが業界の主流で、多くのエンジニアが習得しています。

今のシステムはそれら主流のプログラミング言語で開発されていますが、COBOLのような大昔の言語で作られたシステムもまた、世界には多く存在します。

それら枯れたシステムは、最近のエンジニアではシステム構造を理解することできず、お手上げとなってしまいます。

そんな時重宝されるのは、COBOLer(コボラー)と呼ばれるCOBOLのスペシャリストです。

彼らは高齢化しており減少傾向にあります。

システムも最新言語に入れ替わってきてはいますが、世界中にはまだまだCOBOLで構築されたシステムは生き残っています。

それらシステムが残っている限り、COBOLの技術者が淘汰されることはありません。

このように主流でなくとも他にない技術を持つエンジニアは、細々とですが確実に生き残っていきます。

もちろんどれだけ希少性が高くても、市場に需要が全くない場合は意味がありません。どのような技術に需要があるのかをあらかじめ調査することをおすすめします。

採用担当に聞く「採用したい人材」とは?

ここまでITエンジニアの必要なスキルについて紹介してきました。

それでは採用担当が思わず採用したくなる人材とはどういった人なのでしょうか。次にあるIT企業の採用担当の意見を紹介いたします。

1.採用したくなる新卒は?

新卒はなんといっても「素直な人材」を求めます。ITエンジニアとして必要なスキルや知識については入社後に身につけてもらえば良いです。

肝心なのはそれら知識やスキルを素直に吸収できるということです。

素直に吸収できる人材はその分上達が早く、一人前のITエンジニアとして独り立ちするのも早いものです。

在学中は様々なことを学んで欲しいです。もちろんシステム開発の基礎を習得することも非常に重要です。

しかしそれよりも文脈を読む、人の気持ちに立って考えるなどのスキルを磨いて欲しいです。

2.採用したくなる中途採用は?

中途採用に求めるものは、とにかく即戦力となり得るスキルです。

求人を行う際には企業として増強したいスキルをピンポイントに求めることが多いため、企業が何のスキルを求めているのかを見極めることが重要。

また、自立的に物事を行う人材を採用したいと考えます。ITエンジニアの世界は、プロジェクトによっては負荷が高く、既存のメンバーに余裕がない状態で投入される場合もあります。

そのような中ではメンバーからの指示を待つのではなく、自らの力で何をしなければならないのかを見極め、プロジェクトの中に入り込んでいく必要があります。

3.ITエンジニアに必要な人材は?

もちろんスペシャリストとしてのスキルやコミュニケーション能力などは必要ですが、重宝される人材として挙げられるのは、「半歩歩み寄れる人材」です。

ITエンジニアという職業は、何でもできるマルチプレイヤーよりも一つのスキルに特化したスペシャリストが求められます。

当然スペシャリストの集まりのため、それぞれの出来る領域が区切られてしまいます。ITエンジニアが自らの領域で線を引いてしまうと、必ずその線の隙間で問題や、抜け漏れが発生してしまいます。

そのため、ITスペシャリストの世界では、その線を飛び越えて半歩だけ他のITエンジニアの領域に踏み込める人材が重宝されます。もちろん自身が専門ではない領域について、不用意に首を突っ込むべきではありません。

しかし半歩だけ相手の領域を尊重し、時には自分の領域を超えている内容でも行えるような人材がいるプロジェクトはうまく進みます。

ITエンジニアとして生き残る方法まとめ

ITエンジニアは、情報技術に関するエンジニアの総称です。

必要なスキルは業務により細分化され、それぞれの分野に特化したスペシャリストが求められます。

もちろん業務に関する知識やスキルは必要ですが、それよりも大切なスキルは、コミュニケーション能力です。

一つのプロジェクトには非常に多くのスペシャリストが関わってきます。それらスペシャリストが単独で作業を行っていても、正しい結果は得られません。必ず抜けや漏れが出てしまいます。

エンジニア同士の間でコミュニケーションを取り、時には相手の領域に半歩入り込んで意思疎通を図るような存在が重宝されます。

これらのスキルを習得し、競争力の激しいIT業界で生き残りましょう