情シスに転職するメリットとデメリットを徹底解説!情報システム部の仕事内容まとめ

情シスに転職するメリットとデメリットを徹底解説!情報システム部の仕事内容まとめ

IT業界で働きながらいまだ自分の仕事の状況、環境に強い不満を抱えている方、「情シス」という働き方について考えてみたことはあるでしょうか?

隣の芝生は青いというように、同じような仕事をしているはずなのに労働時間や待遇に大きな差があるIT業界。なんどか転職について考えてしまうのは、仕方の無いことだと言えるでしょう。

本記事では転職を考えたことのある人を対象にして、「情シスとはいったいどんな仕事内容と環境なのか?」というその特徴、そして情シスに転職する際に絶対に気をつけておきたい条件を紹介していきます。

少しでもあなたの転職の際のご参考になれば幸いです。

情シス(情報システム)との仕事内容

情シスとは、「情報システム部」という言葉を略したものになります。実は言うと、世のIT業界の人からは「情シスに転職してえーーー」という声が折に触れて聞こえてくるくらい、一部の人からうらやましがられるポジションでもあります。

そんな情シスについて、まずは「いったいどういう仕事なの?稼げるの?楽なの?」といった単純な疑問をはじめ、もう少し確信にせまった部分までも紹介していきます。

情シスの仕事

  • 生産と販売、在庫管理
  • 人事に会計、給与と勤務管理
  • システムの開発、構築、運用、保守
  • サーバーやネットワーク等通信機器のメンテナンス、
  • パソコンのOSやアプリの管理

などをおこなう部署のこと、またはその部署で働いている人達の事を指しています。「社内SE」という呼ばれ方もします。

社内システムが正常に動いていない状態ですと、当然会社で働いている人達は仕事にならなくなってしまいます。つまり情シスは社内全体に影響のある、とても重要な役割を担っている仕事だと言えるでしょう。

必要となるケースがでてくれば、社内のITに詳しくない人間に使い方をレクチャーをおこなったり、LANケーブルなど備品がいくつ必要なのかを調べ発注したりもする、まさに「なんでも屋」として働くこともあります。

なんでも屋として周りから扱われている事から察っするかもしれませんが、情シスは勤めている会社によって仕事内容が大きく変わる、非常にあいまいな職種でもあります。基本的に社内のIT関連において、社内の人が分からないという事があれば、とりあえずは情シスにどうにかして欲しいと頼まれることも多いです。

そして情シスだけを専門で仕事をしているという訳ではなく、総務部など他の部と兼任して仕事をやっている、といった人も多いくらいあいまいな仕事でもあります。会社によっては情シスがひとりしかいないケースも沢山ありますし、本当に会社それぞれによって情シスのポジション、仕事内容は千差万別に変わってくるのです。

情シス(情報システム)に転職するメリット

そんな情シスですが、SIerやネットワークエンジニアなど近しい仕事をおこなっているIT業種からは、「いつかは情シスとして働きたい」と、羨望の的となっていたりもしています。

それはいったいなぜなのか?いくつか例を挙げてみると、

・社内案件であるため急ぎの仕事が少なく、残業が少ない
・社員となる事で給与向上や福利厚生、待遇の向上も望める
・システムにたずさわる事で企画の立案や企業経営などにも関わり、「指示される側」から「指示する側」になれる可能性も

と、死んだ目になって毎日残業しがちなIT業界の中にあって、なかなかの高待遇なのが主な理由になっていると言えるでしょう。

他にも

・職場を転々とするケースも少ないので、信頼できるメンバーと腰を据えて仕事をおこなえる
・社外の理不尽なクレームに振り回される必要がない
・自分にとってはすごく簡単な、ちょっとした事をするだけで社内の人が感謝してくれたり、笑顔になってくれたりする

あたりもちょっとした幸せになり、仕事にやりがいも出る嬉しい要素と言えるでしょう。

情シス(情報システム)に転職するデメリット

そんな高待遇に思える情シスですが、残念ながらデメリットも少なからずあります。

・社内の人が休んでいる時にシステムのメンテナンスをおこなうので、休日出勤はあると思った方がよい
・出世コースとは無縁のことが多く、社内でのキャリアアップは望みにくい
・給与も必ずしも高いとは限らなく、安い場合も。また仕事の成果によって給与が大幅アップする、という可能性は低い
・仕事がルーチンになりがちであり、新しい技術を学ぶ機会が少なくなる
・情シスは具体的に外部から利益をあげている訳ではないので、上層部に理解が無いと社内で下に見られたりと地位が低い。
・人にいろいろ指示を出さないといけないのに、社内地位が低いとうとましく思われがちである
・他にも予算を減らされがちだったり、リストラの際に狙われやすい
・社内の人から、何をやっている人なのかいまいち理解されない
・「これ情シスの仕事なのか?」といった雑用や質問をされやすい
・社内に情シスの仕事をしている人が自分一人しかいない、という場合も多いので、孤独だし仕事で困っても人に頼れない
・仕事でミスをすると、多大な迷惑を全社員にかけることになる

など、中には笑ってごまかせるレベルを超えた問題もあります。

特に新しい技術が学べないにも関わらず、リストラの危機におびえないといけない職場に入ってしまうと非常に危険な状態になってしまうので、注意が必要です。

これらのデメリットを見て分かる通り、社内環境の良い会社を選ぶことは、情シスとして働くうえで死活問題と言えるほど重要だと言えるでしょう。

社内環境は本当に会社によってさまざまなので、情シスへの転職を望むのなら、事前に会社の状況を入念に調べ、情シスがきちんとした待遇で扱われていそうな会社を選ぶべきでしょう。実際に多くの人が「情シスは入る会社次第で幸せか不幸かが決まる」と話していたりもします。

なんと言っても社内環境さえ良ければ、残業も少ないし、自分らしい生活を送ることが可能なのです。残業地獄を経験してきたIT業界の多くの人にとっては、それだけであらがいがたい魅力を持ったポジションだと言わざるを得ないでしょう。

その重要な「会社の選び方」については、もう少し後で具体的にお話します。

情シスに転職するならこういう人が向いている

以上のメリットとデメリットを見て分かる通り、情シスへの転職は、

・絶えず向上心を持っていて、どん欲にスキルアップと高収入を望んでいる

という人よりは、

・安定した収入と労働環境を得て、自分の生活を大事にしたい

という、どちらかというと安心を求めていて、保守的な形で働いていきたいという人に向いている、と言えそうです。

良い情シス案件は非公開案件だったりする

「よーし、少し情シスに興味が出てきたし、ちょっと仕事募集のページを転職サイトで覗いてみるかー」と思った方、少しお待ちください。

もちろん転職サイトにも「情シス」の仕事募集は載っていますが、情シスに関しては直接転職サイトで仕事を探すだけではなく、

ITに特化しているエージェントのいる紹介会社に頼んでみることをおすすめします。

なぜかというと、多くの企業は自分の台所事情をあまり公にしたくないので、転職サイトという公の場での仕事募集をしない場合も多いのです。

そういった会社はIT専門の人材紹介会社に「非公開案件」として、仕事募集をおこなうことになるのです。よって良い情シスの案件は、そこに隠れている可能性が高いのです。

以上のことは自力で探しているだけでは得にくい重要な情報なので、心に刻んでおくと良いでしょう。

情シスの待遇の良い会社の選び方

まずはじめに、どういい業界の情シスとして入り込めばいいのかという話になりますが、自分が興味を持った業界があり、「ここに入りたい!」というものが特に存在しないのならば、商社あたりはおすすめと言えます。

なぜなら製造業に入ると在庫管理などが大変ですし、金融業の場合はシステムが非常に大掛かりであり、メンテナンスの頻度やプレッシャーが高かったりといろいろ大変です。

その点商社は在庫や規模の大きいシステムも少ない可能性が高いので、気持ち楽に働くことができます。これこそがおすすめの理由になります。

また会社は中小企業よりは、やはり大手の方が雑で理不尽な扱いをされるケースが少ないので、できれば大手を狙うのが無難だと言えるでしょう。これは情シスに限った話ではなく、一般的にどの業種にもあてはまる話だと言えます。

他にはその会社がITに関して関心がある、力を入れているかどうかはかなり大事になってきます。そういう会社であれば情シスでも技術を高めながら仕事していくことが可能ですし、経営状態がかんばしくない時期でも、リストラの危機におびえる可能性が低くなるからです。

せっかく安定を求めて情シスの仕事を選んだのに、リストラの危機におびえるなんて本末転倒になってしまいます。その会社こそが安住の地だと思って、情シスとして仕事をしていきたいものです。

情シスに転職するメリットとデメリットや魅力まとめ

以上の話を見てきてお分かりいただけたと思いますが、数多くの地獄を経験してきたIT業界の人々にとっては、情シスの仕事は砂漠の中のオアシスのようなものです。自分にとって条件のあう会社ならば、どこで働くよりもストレスの少ない素晴らしい環境だと言えるでしょう。

「エンジニアとして長く働いてきたけど、そろそろ落ち着く頃合いかな」と最近思うようになってきた方、これからの自分の選択肢のひとつとして、考えてみてはいかがでしょうか。

今まででは想像もしてこなかったくらいに、気持ちにゆとりのある状況で仕事がおこなえるようになるかもしれないですね。