女性SE(システムエンジニア)は本当に大変なのか?年収例や仕事内容を徹底調査

女性SEは本当に大変なのかを徹底調査!年収例や仕事内容を詳しく見てみた

SEという職業を聞いてどのようなイメージを持っていますか?

毎日夜遅くまで仕事をしている。休みがなくて過酷。そのようなマイナスのイメージを持っている人も少なくないかと思います。

SEはしばしば

  • 「きつい」
  • 「帰れない」
  • 「給料が安い」
  • で3Kと呼ばれています。

    一般のイメージ通り、過酷で厳しい職場で頑張っている人も確かにあります。

    そんなSEですが、女性が活躍する職業という面もあることをご存知でしょうか。

    圧倒的に男性が多い職場ですが、その中で育児と両立しながらバリバリと働く女性もいるのも事実。

    では、一般的にきついと呼ばれているSEという職業で、どうやって家事育児を両立させているのか。

    今回はそんな女性SEについて、実際に続けることができるかや待遇についてを徹底解明していきます。

    女性のSE(システムエンジニア)は男性と変わらない

    近年女性のSEは増加傾向にあります。多くのソフトウェア会社で女性の起用を積極的に行っており、採用枠も増えています。

    それまで男性優位で行われてきたシステム開発ですが、女性的な視点も必要となってきたためです。

    それではSEという職業の中で、女性はどのように働いているのでしょうか。

    業務上では良くも悪くも男女差がなく仕事が割り振られます。「女性だから」と性別を理由に差が出ることがほとんどなく、優秀な人には重要な仕事が任され、どんどん昇格していきます。

    顧客もロジカルな考えを持つことが多いため、男性となんら変わることなく接してきます。

    反面、業務負荷が高くなった場合に「女性だから」という理由で優遇されることもありません。近年は働き方改革などで子供がいる女性にはある程度の配慮はなされますが、それでも圧倒的な仕事量が減るわけではなく、家で子供の世話をしながら仕事をする人も少なくありません。

    そんな中でも多くの女性SEは活き活きと仕事をしています。男性との性差がなく、頑張りに応じて報酬も多くもらえます。

    同世代の他業種の男性よりも年収が高い場合も多く、バリバリと働いて社会に貢献したい、たくさん稼いで好きなことに使いたい人にとっては非常に良い環境といえます。

    SE(システムエンジニア)という職業は大変なの?

    3Kと呼ばれるSEは、女性の場合「休暇がとれない」「化粧がのらない」「結婚できない」とも言われています。

    そんな女性SEは本当に過酷で大変なことばかりなのでしょうか。

    結論から申し上げると、「業種によって大変な人もいれば、余裕をもって仕事をしている人もいる」ということです。

    確かにイメージ通り過酷な環境で彼氏とデートもできずに苦しんでいる職場もあれば、時短をきっちり取れて育児をしながら旦那さんと同じくらい稼ぐ方もいらっしゃいます。

    そもそもSEが開発するシステムは、その利用目的により難易度も負荷も大きく異なります。

    医療のシステムのようにバグが生死に関わるシステムから、社内の備品管理のように社会的影響の少ないシステムまで様々です。それら携わっている業務によって過酷度が大幅に異なる職業なのです。

    むしろソフトウェア会社では先進的な技術を導入しており、テレワークなど自宅にいながら業務を行うことを推進している会社などもあります。一昔前高負荷により離職者が多発したことから、働き方改革も積極的に行なっている会社も増えてきています。

    そのため、業務によっては非常に働きやすい職業といえます。

    SE業務による働き方の違いについて

    それでは業務によってどのような違いがあるのでしょうか。
    SEの業務は、そのシステムによって大きく異なります。以下に代表的な業務の例を紹介します。

    1.基幹システムの開発

    基幹システムは企業経営における重要な、基幹部分を担うシステムを指します。基幹システムのプロジェクトには非常に大量のお金が動くことが多く、年間で数億円のプロジェクトも少なくありません。

    基幹システムは、非常に安定して業務を行えることが特徴として挙げられます。プロジェクト費も莫大にかかるため、5年10年という長期間利用されることが多く、それまでの間継続して同じ仕事を行うことができます。

    そして動くお金が大きいため、開発メンバーも多く起用されます。そのため、ある程度個人の都合に配慮して調整してもらうことができます。

    反面障害など何かトラブルがあった場合、顧客の基幹部分に関わるため、例え休暇中でもトラブル対応を行います。

    2.Webシステムの開発

    Webシステムの開発はSEの中でも花形業務ですが、反面非常に大変な面もあります。

    Webシステムはインターネット上で利用できるシステムのことで、現代では非常に多くの企業が自社のサービスのためのシステムをユーザに公開しています。

    非常に最先端の技術、高度なセキュリティなどが必要となり、SEの中でも一目置かれる存在です。

    しかしその分高負荷でハイプレッシャーの中業務遂行を行うケースが非常に多くあります。

    特にシステムの立ち上げを担う場合、企業としてはどの程度の収益が得られるかがわからないため、費用化がされないことが多くあります。そのため人員も少数精鋭で行うことが多く、一人当たりの仕事量が多く苦労することがあります。

    結婚・出産はできるの?SEの生涯未婚率

    ここまで女性SEは携わる業務によって負荷が異なることをお伝えしましたが、結婚、出産についてはどうなのでしょうか。
    次に女性SEと結婚、出産について紹介いたします。

    生涯未婚率とは、50歳の時点で結婚の経験がない人の割合のことです。
    職業別の生涯未婚率を表しているサイトがあるため、ここで引用します。

    参考:https://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2015/09/post-3882.php

    このサイトによると、情報処理技術者(SE)の女性の生涯未婚率は、50パーセント他の職業に比べて突出に高いことがわかります。

    つまり職場で働くベテランの女性SEの多くは未婚であるということがこのデータからわかります。

    女性SE(システムエンジニア)が未婚となる原因

    女性の未婚率の高さが表からも表れていました。それではどのような要因があるのでしょうか。

    1.休みが取れない

    SEの業界では「必要最小限を下回る人員で納期を遵守しなければならない」ということが発生します。日本ではまだまだソフトウェアという目に見えないものに対して、適切な理解が得られない場合があります。

    その結果適正よりも大幅に減額された金額で受注されることになり、余裕がない状態でプロジェクトを遂行することになります。

    そのような状況に陥ると新たに人員を雇うことができず、今いる少数の人員でこなす必要がでてきますね。

    その結果「女性だから」という理由で優遇させることができず、休みなく働くことになってしまうのです。

    休みなく働くことでプライベートに充てる時間を取れないようになっていきます。

    2.業務優先で考えてしまう

    日本のSEは人情派であると言われています。

    海外のSEの場合、休暇中にシステムトラブルがあった際、例え自身の責任であったとしても休暇を優先します。

    しかし日本のSEの場合、自身の責任でなくても、困っている顧客のために現場に駆けつけるケースが多くあります。

    高い使命感と責任感を持って業務を行なっているため、そのようになってしまうのです。

    そしてパートナーとのデート中にトラブルが発生した場合、予定をキャンセルして仕事に向かうケースも多くあります。

    3.パートナーの理解が得られない

    SEの業界は、携わる業務によっては非常に高負荷で働く必要があります。上記の通り休みも取れず、毎日夜遅くまで働く場合も少なくありません。

    そのような状況に、パートナーが理解できない場合が良くあります。

    他業種の男性とお付き合いをしている女性SEが、浮気を疑われて振られてという声を良く聞きます。連絡をしても返信がない、休みも会えないと言われる。たまのデートは直前でキャンセルされる。それが全て仕事が忙しいからということを理解できずに疑ってしまうのです。

    浮気とまではいかずとも、会えない日々に次第に気持ちが冷めていき、離れていくケースも多くあります。

    女性SEは結婚出産に向いていないのか?

    それでは女性SEは結婚、出産に向いていないのでしょうか。

    そんなことはありません。多くの女性が結婚、出産を経てママさんSEとして働いています。

    そのような人たちはどうやってきたのでしょうか。

    SEの業界は圧倒的に男性が多いため、同僚、顧客共に出会いは非常に多くあります。

    同業者の場合、そのような特殊な業種であることに理解を得られやすい傾向にあります。突発的なトラブルでのデートのキャンセル、休みが取れないなどに対し、うまく工夫をする事で乗り越えております。

    また、SEの場合ほかの業種よりも年収が高い場合が多いです。そのため男性が家事育児を支える事でバランスをとるケースもあります。

    そのようにパートナーとうまく工夫をする事で結婚、出産と両立している女性SEも多くいらっしゃいます。

    女性SEの転職先例

    女性SEの転職先としてはどのようなものがあるのでしょうか。次に女性SEの転職先の例を紹介いたします。

    1.大手SIer

    大手SIerは女性SEの転職先として非常に有効といえます。

    SIerとは情報システムを顧客に導入する職業です。SEがシステム設計を行う業種であれば、SIerはその設計書を作るための顧客要求をまとめ、出来上がったシステムを実際に顧客が使えるようにすることが主な業務です。

    SIerはSEとしてのキャリアを最大限に活かすことができます。システムの導入を行う際、システム構造を知らなければ顧客に話をすることはできません。システム設計を行い内部構造を知っているSEは非常に貴重な存在です。

    主に開発していたシステムを使ってSIを行っている企業に転職する例が多い傾向にあります。

    2.社内SE

    SEの業種でも比較的負担の少ない社内SEは、転職先として人気が高いです。

    社内SEとは、勤怠管理や出張旅費申請、受発注システムなどその企業の内部で利用するシステムの設計、運用保守を行う業種です。

    社内SEの良いところは、比較的休みが取りやすく負荷も少ないところにあります。システムには稼働を保証する時間が存在しますが、社内システムの場合、平日の定時内のみというケースが少なくありません。

    障害発生時も翌日までに復旧すれば良いなど、他社に導入しているシステムよりも求められる要求が低く、計画的に休暇をとることもできます。

    3.派遣・業務委託・パート

    システム開発関連の派遣や業務委託、パートは、女性SEの転職先としては有名です。

    派遣や業務委託、パートでもシステム開発の業種の場合、給与水準が比較的に高い傾向にあります。そして正社員に比べて負荷が低くなるため、パートナーを支えるために転職を行います。

    主な業務としては運用保守のオペレーターや、システム設計の支援などです。プロジェクトの中心にはいないため、負担も正社員に比べて低く働きやすいです。

    企業としても技術力の高い女性SEは、スムーズにシステムの運用保守をする上で重宝されます。

    4.働き方改革アドバイザー

    最近多くの企業で過重労働への対策を積極的に行なっています。働き方改革のため、外部からアドバイザーを雇うケースもあり、SEからそのような働き方を見直す業種へ転向するケースもあります。

    SEはを経験した女性は、企業のどこに無駄があるのかについて整理する能力に長けているため、活躍できるケースが多いです。

    また女性ならではの視点から雇用形態の見直しを行うことも重要で、そのようなアドバイザーの業種への転向は非常に有効です。

    女性SEが転職を成功させるポイント

    女性SEのアピールポイントは、高い技術力にあります。情報システムの設計を行うためには非常に幅広いスキルを要求されます。

    プログラミング言語に関する知識から、要求を設計書にまとめる技術。要求書に書かれていない箇所を補うために顧客とヒアリングを行う技術。提案やマネジメントを行う技術などがあります。

    それら高いスキルと幅広い知識に加え、女性ならではの細やかな視点、気配りなどをアピールすることが重要となります。

    また就職活動を行う際には、関係のない職種でも前職でのスキルのアピールが有効となります。

    例えば事務職であってもExcelでマクロを組める、PCのトラブル時の対応ができるなど、IT技術に明るいことは大きなアドバンテージになるためぜひアピールしましょう。

    女性の転職に適した年齢

    女性は男性とは転職に適した年齢が異なります。それは年齢によって結婚、出産によるライフスタイルの変化があり、企業側から見られる印象が異なっていくからです。
    それでは年齢別に企業側からどのような印象を持たれるのかについて考えてみましょう。

    1.20代前半の場合

    20代前半は未婚のケースが多く、結婚、出産はまだ先のため、安定的に業務が行えると思われます。
    業務知識やスキルなどもこれから覚えて貰えば良いため、未経験でもやる気さえあれば転職はスムーズに行えます。

    2.20代後半から30代中盤の場合

    この年齢層になってくると、人によって結婚、出産を経験しています。

    独身者の場合、近いうちに結婚して退職するかもしれない。既婚者の場合、出産で休職してしまう。子どもがいる場合はまだ小さいため、突発的な休暇を取る可能性を考えます。

    そのため、企業側としては長期に採用することを少なからずリスクがあると考え、短期的な採用を好む傾向にあります。

    ただし、この年齢層は前職で知識やスキルを蓄積しており、会社にとって大きく貢献してもらえると思われます。

    3.30代後半以上の場合

    独身者はすでに結婚を諦め、長期的に働いてくれるだろうと判断されます。

    子どもがいる場合はある程度大きくなっているため、子どもが原因で突発的に休むことも少なく安定的に働いてくれると思われます。

    前職では管理的な業務を行なっていた年齢層のため、女性の多い職場では職員を取りまとめる立場として採用されるケースもあります。

    このように年齢によって求められるスキルや長期的、短期的な期待感などが異なっていくため、それらに合ったアピールを行なっていくことが有効です。

    女性SEの年収例

    それでは女性SEはどの程度の年収なのでしょうか。
    マイナビの職業別平均年収ランキングでは、SE職の平均年収は以下の通りです。

    20代 男性:393万円 女性:399万円
    30代 男性:509万円 女性:482万円
    参考:https://mynavi-agent.jp/helpful/income/category/it_09.html

    20代の平均年収は男女比が少ないですが、30代になると年収に乖離が出てきます。これは男性の方が昇進が多く、女性は出産などで一時的に離職するケースが多いためです。

    「女性だから」という理由で給与に差が出ることはなく、スキルがあればその他の業種に比べ高い年収を確保することが可能です。

    また近年は女性の昇進を積極的に推進するようになっているため、次第に年収差はなくなっていくと予想されます。
    それでは具体的な年収例を紹介します。

    ○対象者データ
    企業:大手ソフウェア開発
    システム:官公庁向け基幹システム
    年齢:32歳
    役職:主任

    ○給与データ
    給与:325,000円(みなし残業代55,000円含む)
    賞与:1,050,000円(業績連動のため年によって上下あり)
    年収:6,000,000円

    女性SEは本当に大変なのかを徹底調査!年収例や仕事内容のまとめ

    SEという業種は男女の性差が少ない業種です。そのため男性と同じくらい働くこともありますが、それに見合うだけの報酬を得ることがあります。

    近年は働き方改革によりテレワークなど育児をしながら働く基盤も構築されているため、「育児があるからできない」ということも少なくなってきています。

    ただし、業務によりかかる負荷が異なるため注意が必要です。Webシステムの立ち上げなどは高負荷が予想されますが、その分報酬額も高くなる傾向にあります。社内システムの場合は比較的負担も少なく働きやすい場合が多いでしょう。

    長期的に働くことでスキルが身につき、転職にも有利となります。

    女性の方でバリバリと働きたい方には非常におすすめできる職業です。