契約社員への転職のメリットは?正社員と契約社員の違いを比較しデメリットなどを調査!

契約社員への転職のメリットは?正社員と契約社員の違いを比較しデメリットなどを調査!

様々な理由から職場での転機を迎えている皆さん、次の職場での雇用形態はもう決めましたか?

雇用形態はアルバイトの他にも、派遣社員、契約社員、正社員などと多種多様です。

契約社員と正社員のそれぞれの良さをしっかりと理解し、自分に見合う職探しや転職を進めていきましょう!

本記事では、その中でも「契約社員」に焦点をあてて、メリットやデメリットなどご紹介していきます。

そもそも契約社員と正社員の違いとそれぞれの特徴とは?

実は契約社員にはメリットと呼べるものが多くあり、デメリットのほうが少ないのです。

「契約社員」と「正社員」、似ているようでまったく異なる特徴を持った雇用形態の代表格。

それぞれの違いや特徴について

契約社員の大きな特徴:有期労働契約

契約社員の主な特徴については、以下のようになります。

契約社員の主な特徴

  • 雇用期間が定められている(有期契約:例外を除き最長3年とされている)
  • 二重契約(掛け持ち)が可能
  • 転勤がほとんどない(契約書に勤務地を明記すると転勤を避けられる)
  • 時給制

他にも細かな違いはありますが、詳細はメリット・デメリットで触れますので、ここでは割愛します。

正社員の大きな特徴:長期雇用

正社員の主な特徴については、以下のようになります。

  • 雇用期間が定められていない(長期契約:期間を設けていない)
  • 二重契約(掛け持ち)不可
  • 転勤がある場合もある(企業による)
  • 日給制

ほとんどの企業が、上記のように定めています。

契約社員と正社員で大きく異なる点

契約社員と正社員で大きく異なる点は何が挙げられるのでしょうか。

条件面から見て、同じ条件の場合と違う条件の場合を見ていきましょう。

●同じ条件●
・直接雇用である
・休日・有給休暇など
・社会保険に加入する
●違う条件●
・給与形態・賞与・退職金など
・昇進・昇格・昇給など
・福利厚生・各種手当てなど

このように見てみると、雇用に関する基本的な部分は、契約社員も正社員もほとんど変わりがありませんね。

逆に、給与面では大きく違いがあるようです。

先ほども触れたように、契約社員は時給制が多く、正社員は日給制が多いことも、違いのうちのひとつと言えるでしょう。

契約社員のメリットとは?

次に、契約社員のメリットと呼べる部分について見ていきましょう。

正社員とはまた異なる、契約社員ならではのメリットがあります。

メリット①:入社のハードルが低い

有期労働契約である契約社員だと、定年までの雇用を保証する正社員とは違い、半年や1年などから雇用契約が結べることができます。

そのため比較的採用がしやすいと言う企業側のメリットでもあります。

そのため、入社のハードルが低いと言えるのです。

しかし、先にご紹介したように、扱い自体は正社員とさほど変わらないのです。

まずは契約社員から雇用契約を結び、能力などを考慮して次第に正社員へと登用させようとする企業も少なくありません。

筆者の身内もまさにこの通り、契約社員で働きつつ正社員登用を目指している働き方をしています。

企業側からしてみれば、契約社員は「お試し社員」のような形で採用する手軽さがあるのでしょう。

メリット②:勤務時間が選べる

雇用契約を結ぶ時に限定されますが、勤務時間が自由に選べると言う点も魅力的です。

正社員となると、「8:00~17:00」などと決まった時間で指定されていることが多いでしょう。

しかし、契約社員の場合は、会社が認める時間の範囲内であれば、勤務時間を指定することも可能です。

例えば「9:00~15:00」などの時短も可能にしてくれるのです。

一度「9:00~15:00」で半年間の雇用契約を結んでしまえば、契約が生きている半年間は「9:00~15:00」で働くことができます。

半年が経過し、契約更新時期になった時に再び時間を変更したいとなれば、このタイミングで勤務時間の変更を申し出て会社に受け入れられれば成立するでしょう。

つまり、契約ごとに設定をすることができるのです。

逆に、会社側から「もっと長時間働いてくれないか」と打診されることもあるでしょう。

メリット③:二重契約ができる

二重契約と言うのは、ひとつの企業と雇用契約を結びながら別の企業とも雇用契約を結ぶことを指します。
簡単に言うと、仕事の掛け持ちです。

副業の場合は、主が雇用契約を結んでいる企業になりますので、その企業が会社規則で禁止していない限りは問題がないかもしれません。

ただし、日本のほとんどの企業は、会社規則で「正社員の副業禁止」と定めているところが多いと言う現状ではあります。

逆に契約社員の場合は、雇用契約を結んだ時点で週に何日働くか、何時から何時までにするか、などを雇用契約書に明記することによって、他の企業でも雇用契約することが可能になります。

契約社員のデメリットとは?

ここまで契約社員のメリットを挙げてきましたが、逆にデメリットとはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

メリットだけでなくデメリットも知っておき、自分にとって正しい選択ができるようになりましょう。

契約満了と同時に職を失う可能性

更新時期に次期の更新がなされなかった場合は、契約満了と同時に職を失うことになります。

半年や1年ごとに契約を更新しなければならないため、そうした意味では将来が不安定とも言えるでしょう。

しかし、半年後や1年後に会社やその地を離れる予定がある人にとっては、これもメリットとなります。

例えば、地元に戻る予定がある人、家業を継ぐ予定がある人、海外留学を考えている人などです。

半年で辞める予定であっても、最初からその契約を結んでおけば「半年くらいならアルバイトで…」と考えずに、「契約社員」として働くことが可能になります。

賞与や退職金、福利厚生などがない(少ない)

これは企業によって異なるため、一概には言えないものではありますが、一般的には賞与や退職金はないことが多いようです。

賞与は「基本給の○ヵ月分」などと提示されているところを目にしたことがありませんか?

時給制が多い契約社員の場合は、基本給と言うものが存在しないため、賞与が計算されずに出ないことが多いのでしょう。

また、契約社員は「約束年収」としてまとめて1年分を提示されているケースもあるようで、その場合は「約束年収」を単純に12ヵ月で割った数字が給与になりますので、賞与はありませんね。

しかし、すべての契約社員に言えるのかと問われれば、それはNO。

契約社員で働いている筆者の身内は、少ないながらも賞与の時期に「賞与」として「給与」とは別の報酬を受け取っています。

賞与や退職金、福利厚生などが気になる場合は、契約社員として雇用契約を結ぶ前にすべて企業側に確認を取っておくと良いでしょう。

正社員や契約社員を目指すなら…

就職活動や転職活動をするにあたって、どのような雇用形態を選べば良いのか迷ってしまっていませんか?

「正社員だと入社までが長い…」「契約社員だと将来が不安…」「アルバイトでフリーターのままは嫌」などと様々な声が上がるでしょう。

しかし、そんなに構えなくても良いのです。

入社しやすい契約社員、働きながら正社員へ

まずは、メリットで挙げたハードルの低さを利用し、契約社員として入社し、働きながら正社員登用を考えていく。

これは何十年という長期に渡って働いていくことを考えれば、一番良い選択肢かもしれません。

契約社員として働くうちに、会社の風潮や働きやすさも把握でき、万が一合わないと感じた場合は契約を更新せずに退職すれば問題ありません。

正社員として雇用される前に、あらかじめ会社内部のことが把握できることは、契約社員のメリットでもあり、特権でもありますね。

そして、合わないと感じた時には契約を更新せず、簡単に退職できると言うこともまた、契約社員のメリットであり、特権です。

そして、契約社員では将来が不安、と言う人にお知らせがあります。

こちらは厚生労働省が発表している内容を引用したものです。

無期転換ルールは、同一の使用者(企業)との間で、有期労働契約が5年を超えて更新された場合、有期契約労働者(契約社員、アルバイトなど)からの申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されるルールのことです。

※引用元URL:http://muki.mhlw.go.jp/overview/part_time_job.html

このようなルールが新しく施行されましたので、安心して契約社員として働けます。

転職エージェントが契約社員のデメリットをカバーする

それでも不安が払拭しきれない場合、最後の砦と呼ばれる「転職エージェント」が存在します。

契約期間満了と同時に次の職場へ移れるように、転職エージェントに登録して準備しておくと、無職になる心配もなく、安定して働くことが可能になります。

転職エージェントとは、転職を総合的にサポートしてくれるサービス企業です。

求人紹介を始め、

  • 履歴書や職務経歴書などの添削
  • 面接対策
  • 応募先企業へのアポイントメントや書類提出の代行

など、すべて転職エージェントの担当者が行なってくれるサービスです。

利用はもちろん無料!

転職エージェントに登録しておくことによって、デメリットである「契約満了と同時に職を失う可能性」が解決。

次の職場での「賞与や退職金、福利厚生など」についてもしっかり調べ上げた会社を紹介してくれるため、デメリットをすべてカバーしてくれます。

フリーターや既卒でも歓迎してくれますし、働きながら転職を考えている人は土日に利用することも可能ですので、安心してください。

契約社員への転職のメリットは?正社員と契約社員の違いを比較しデメリットなどを調査のまとめ

契約社員のメリットを中心に、デメリットや正社員との違いをご紹介してきました。

意外と契約社員のメリットは多くあるもの。

デメリットさえも逆手にとってメリットとなってしまうのです、驚きですね。

自分に合う働き方は見つかりましたか?

迷っていたらまずは、転職エージェントに相談してみましょう。

そして、悩みと一緒に就職先も解決してしまいましょう!