攻撃されない人になるためには?会社で攻撃的な人の特徴と3つの対処法まとめ

攻撃されない人になるためには?会社で攻撃的な人の特徴と3つの対処法まとめ

「会社に行きたくない・・・」そんな気持ちを抱くのは、会社に攻撃的な人がいるからではないでしょうか。

人のあら探しばかりして、いつも何かを批判している人。

このような人がどんな会社にもいるものです。

精神的に追い込まれてしまい、「仕事を辞めてしまおうか」なんて考えている人、辞める必要はありませんよ!

考え方や対応を変えれば攻撃的な人がいる会社でも快適に働くことが可能です。

今回は攻撃される人と攻撃的な人の特徴、また攻撃的な人への対処法について詳しく解説します。

会社に攻撃的な人がいる場合には攻撃されない人になる

会社に攻撃的な人がいると厄介ですよね。

攻撃をされる人はもちろん嫌な思いをしますが、周りの人も攻撃を受けているのを見て良い思いはしません。

また、一度攻撃的な人の標的になると永遠と攻撃され続ける可能性があります。

そのため、なんとしてでも攻撃されない人になる必要があります。

攻撃されない人となるには、攻撃される人の特徴を知り、その逆となるように工夫して行動する必要があります。

次の項目の「会社で攻撃される人の特徴とは」を参考に、できる限り攻撃される人とは逆の人物となるように意識してみてください。

会社で攻撃される人の特徴とは

会社で攻撃的な人に攻撃される人はだいたい決まっていますよね。

攻撃的な人のターゲットとなる人はどのような人なのでしょうか。

ここでは会社で攻撃される人の特徴について詳しくお伝えします。

攻撃される人の特徴①会社で立場の弱い人

会社で立場が弱い人とはどのような人でしょうか。

入社したばかりで仕事や人間関係が全く分かっていない新入社員や、おとなしくて自分の意見を主張することができない社員は立場が弱いと言えるでしょう。

このような立場が弱い人は攻撃的な人のターゲットとされやすいです。

なぜなら、立場が弱い人は自分が弱い立場にいることを理解しているために反抗することができないからです。

反抗することによって余計に関係が悪化するのを恐れて攻撃を受け続ける人がほとんどでしょう。

そのような心理につけ込んで、攻撃的な人は立場が弱い人をターゲットとします。

攻撃される人の特徴②素直な人

素直な人はどんな言葉を言われても、それを鵜呑みにし、すべてを受け入れてしまうのではないでしょうか。

攻撃的な人はその素直さを利用して自分の正当性をアピールし、自分の支配下に置こうと攻撃体制をとります。

何でも受け入れてしまう素直な人も立場が弱い人と同じく反抗するようなことはほとんどしないでしょう。

そのため、攻撃的な人にとっては非常に攻撃しやすい相手となります。

攻撃される人の特徴③会社で仲間が少ない人

会社で仲間が少ない人は攻撃されても、味方についてくれたり、守ってくれたりする人がいません。

そのため、攻撃したことで敵に回すことになっても攻撃の矛先となった相手以外を敵に回すことはありません。

攻撃的な人は一人でも多くの人を自分の味方につけておきたいと考えるため、一人でいることが多いような、仲間が少ない人をターゲットすることが多いです。

攻撃される人の特徴④目立つ人

見た目が綺麗で可愛い人や周りと溶け込むのが苦手で一匹狼タイプな人、また正義感が強く、自分の意見をはっきりと言う人などは会社において目立つ存在ですよね。

目立つということは攻撃的な人の目にも留まりやすく、攻撃の対象となりかねません。

目立つ人であっても、攻撃的な人にうまく取り入れられれば良いですが、気に入らないと判断されれば集中攻撃を受ける可能性があります。

会社で攻撃的な人の特徴

攻撃的な人の特徴を知っておくことで、攻撃的な人と過ごす時間をなんとかやり過ごすことができるかもしれません。

ここでは会社で攻撃的な人の特徴について詳しく解説していきます。

攻撃的な人の特徴①自己中心的

攻撃的な人に出くわしたことのある人は、非常に自己中心的な人だと感じたのではないでしょうか。

攻撃的な人は自分の思いどおりに人や物事を動かさないと気が済みません

そのため、「相手がこの言葉を言われたらどう思うだろう・・・」というような人の気持ちを考えるということはせずについつい口が先走って攻撃的な発言をしてしまいます。

また家庭や仕事でため込んだストレスを発散するために攻撃してくる場合もあります。

ストレス発散のために攻撃的な態度を取られては、たまったもんじゃありませんよね。

しかし、人の気持ちを考えることができない攻撃的な人は容赦なく、たまりにたまったストレスをぶつけてきます。

攻撃的な人の特徴②いじめたい欲がある

攻撃的な人は、怒鳴ったり無視をしたりとさまざまな手段でいじめるのがクセになっていることもあります。

どんなに嫌なことを言われても、素直に頑張っている姿が気にいらずにいじめてしまうのです。

頑張っている人からすると、「努力して精一杯頑張っているのになんで?」と思うでしょうが、困ったことに攻撃的な人はその努力を素直に認めることができないのです。

攻撃的な人の特徴③自分に自信がない

攻撃的な人は自分に自信があるために、自分の意見を貫き通そうと攻撃的な物言いをすると思われがちですが、自信なんてない人がほとんどです。

自信はないが、認めてもらいたい、尊敬されたいという思いがある。

そのため、自分を大きく見せたり、人からの攻撃を防いだりするために攻撃的なコミュニケーションを手放せずにいるのです。

つまり、自分を隠して、無理をして自分をよく見せているのです。

攻撃的な人は意外にも、コンプレックスがあったり、心に傷があったりするものですよ!

攻撃的な人の特徴④自分が悪いことを認めたくない

攻撃的な人は、自分が悪いということを認めたくないがために他人の欠点やミスを徹底攻撃してくることがあります。

他人をバッシングすることで自分が正しいということを周囲に知らしめます。

実際には自分が悪くても、他人の欠点やミスを叩いているうちに自分は悪くないと思い込み、自分さえも騙してしまいます

都合が悪くなると論点をすり替えるなどの手法をとって反撃してくることもあります。

自分のミスを棚に上げて他人を叱るなんて、かなりタチが悪いですよね。

このような攻撃をしてくる人とはできる限り関わりたくないと思う人がほとんどでしょう。

会社で攻撃的な人への3つの対処法

「攻撃的な人との付き合いはどのようにするのが正解かわからない・・・」と頭を悩ませている方、こちらの内容は必見です。

攻撃的な人への対処法を3つご紹介します。

どれも難しいことは一切しませんので、誰でも気軽に実践することができますよ。

攻撃的な人への対処法①嫌なことを言われても反応しない

攻撃的な人にどんなに嫌なことを言われても聞き流しておきましょう。

言われたことを真に受けてしまえば、心にグサりと刺さって辛い思いをするだけです。

聞き流すことさえできれば、攻撃的な発言はただの雑音となります。

攻撃的な人が怒鳴ったり、悪口を言ったりするのは所詮言いたいだけなのです。言いたいだけ言わせておきましょう

自分が相手にしなければ、攻撃的な人が怒り疲れるだけです。

そして、疲れ果てて怒るのをやめてしまいます。

「あの人は怒っても自分に従ってくれない」ということが分かれば、相手から引き下がってくれるでしょう。

攻撃的な人への対処法②共感を示してコミュニケーションをとる

相手に共感を示すことで少しでも攻撃的な人との関係を良好に保ちましょう。

関係を良好にするといってもガッツリと会話をして打ち解けあう必要はありません。

日ごろのコミュニケーションのちょっとした工夫で相手に好感を与えられます。

攻撃的な人と会話をするときには、相手の話を最後までしっかりと聞きましょう

そして、相手に良かったことがあったならば「良かったですね!」相手が何かを成し遂げたならば「すごいですね!」などと反応してください。

相手を褒めたり、共感の意思を示したりすることはどんなに気に入らない相手であったとしても、悪い気は絶対にしないでしょう。

「相手を褒める」「相手に共感を示す」といったコミュニケーションの方法は人間関係の改善に非常に効果的です。

攻撃的な人とのコミュニケーションを避けているという人は、このようなちょっとした相づちを入れるくらいのことはしても良いかもしれませんね。

攻撃的な人への対処法③自分の高い意識を保つ

誰かに攻撃的な態度をとっている人を見つけたら、「人の悪い面にしか目が向けられない、可哀想な人だな」「この人は単に虚勢を張って自分を強く見せているだけなのだ」と認識しましょう。

そして、「そんな可哀想で虚勢を張っている人に自分は影響されずに生きていこう!」「もっと高いレベルのコミュニケーションをとっていこう!」という意識をもつようにしましょう。

このような意識改革をすることで、攻撃的な人にも自分の攻撃が通用しないということが徐々に伝わり、「この人はコントロールできない・・・」と諦めてくれるでしょう

職場に攻撃的な人がいる場合の対応まとめ

攻撃的な人は、どこか自分にコンプレックスがあったり、心に傷があったりすることで自分に自信が持てずにいます。

そして、その自信のなさの埋め合わせとして、立場の弱い人間や自分にとって気に入らない人を攻撃してしまうのです。

攻撃的な人にはそのようなネガティブな事情があるということを心に留めておくことで、少しは気が楽になりますね。

攻撃的な人を真面目に相手にすると精神的にまいってしまうため、とくに素直な人は軽く受け流すくらいの気持ちで対応することをおすすめします。

うまくいかないことに対して立ち向かうことも大切ですが、攻撃をかわすために適度に逃げることも生きていくための重要なスキルです。

今回ご紹介した攻撃的な人への対処法を参考に、攻撃的な人がいる会社でも自分をしっかりともって仕事してくださいね。

関連記事:会社の傲慢な人に耐えられない!偉そうな態度の人の心理と5つの対処法

パワハラの定義とは?パワハラ上司の心理と特徴と対処法をチェック!

一刻も早く退職したい!職場いじめで会社を辞めたいときの5つの対処法