未経験からネットワークエンジニアに!仕事内容と転職を有利にするスキル

未経験でネットワークエンジニアになるには? IT業界は日々新しい技術が出てきており、業界全体として成長し続けています。 その中でも、ネットワークインフラは増加傾向にあるため、ネットワークエンジニアの需要も増加しています。そのため、未経験者を歓迎する求人も多いのです。 多くの企業では充実した研修制度があり未経験者を歓迎しているため、未経験の方も挑戦しやすくなっています。 「最低限のパソコン操作さえ出来ればOK」という場合もしばしば見受けられますが、ネットワークの基礎知識や資格を保持している等のスキルを身に着けていれば、他の人との差別化がされ転職活動は大幅に有利になっていきます。 ネットワークエンジニアは専門性が高い職種であるため、知識やスキルを習得すれば非常に転職しやすい職種であるといえます。

ネットワークエンジニアの仕事内容

仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事内容は、ネットワークを設計し、構築し、運用・保守を行うことです。 現在の求人の傾向を見ると、ネットワークのトラフィック監視や障害を検知し対応を行う「運用・保守」がとても多いですね。 ネットワークエンジニアの仕事内容を「設計」「構築」「運用・保守」に分けて紹介します。

設計

様々なシステムにおいて、システムを構築するにあたっての目的や顧客の要件があります。 ここでは要件に合わせて、どのようなシステムを構築すれば良いかを検討・決定し、設計を行います。 設計後の構築フェーズを円滑に進めるためにも顧客の要件を的確にヒアリングすること、また、提案していくことが大切です。

構築

設計フェーズで決定した要件を達成するために、実際のネットワークシステムを構築します。LANの配線や、機器に設定値を入れ込んでいきます。 そして、設定通りの動作をするかテストをしたり、限界値を計測するためにネットワークに負荷をかけたテストをしたりします。

運用・保守

運用・保守はネットワークを年中無休で稼働させ続けるための仕事です。24時間監視を行い、急激なトラフィックの増加や機器の故障に対する障害対応を行います。 障害は頻繁に起きるわけではないですが、実際に障害が発生した際には原因の切り分け・特定をし、ネットワーク起因であれば対処をしていくことになります。 故障であれば機器交換、外部からの攻撃であればトラフィックを制御する等臨機応変な対応を取らなければなりません。そのため、ネットワーク全体に関する幅広い知識が必要になります。

想定年収

実際の求人から、未経験歓迎・正社員のネットワークエンジニア募集を検索しました。想定年収は企業ごとの最低月収+賞与を元に計算しています。
会社員の間に準備すべき10つのこと
  • ネットワーク設計・構築・運用 / 想定年収:320万円~
  • ネットワークの要件定義・監視・保守運用 / 想定年収:320万円~
ネットワークエンジニアの求人の特色として、未経験OKであっても資格保持者を優遇するといった内容が多く見られました。 また、資格取得支援制度があったり、資格取得後はインセンティブがもらえたりと資格保持者にとってはメリットの多い制度が多いです。 客先常駐SEの求人が多い傾向にありますが、上流工程(要件定義・設計)を行うため自社内で働く場合や、自社内のネットワークを強化させる仕事などがあり、働き方も多数あります。 ※客先常駐SEとは…案件やプロジェクトによって、顧客のオフィスに常駐して働くこと。

転職に有利な資格

ネットワークエンジニアに未経験で転職活動をする際には、資格を取得していることによりとても有利になってきます。 未受験でも勉強していること自体がアピールポイントになりますので、勉強することをおすすめします。 資格を取得していることにより転職活動時に差別化がされることも大きいですが、資格に応じたインセンティブがある企業はとても多いのです。 未経験入社でも収入アップが狙えますので、是非資格を取得しましょう!

情報処理技術者試験

情報処理技術者試験とは、IPA(情報処理推進機構)が開催している試験であり、国家資格になります。 コンピュータシステム・ネットワーク・データベース・セキュリティ等の多岐にわたる試験範囲で出題され、ITに関するすべての人に活用いただける試験として実施されています。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験はネットワークに特化した試験ではないものの、IT技術全般を勉強することになるため、異業種から未経験でIT業界への転職をする際には非常に役に立つ知識がつくはずです。 基本情報技術者試験は午前150分・午後150分の試験時間で、年に2回・4月と10月の第三日曜日に開催されています。 申込みはIPAのホームページから、試験の約3か月前より申込みが可能です。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリストとは、ネットワークの技術や動向について幅広く精通し、要件に応じたネットワークシステムを構築し運用できるネットワークエンジニアに向けた資格となっています。 合格率が13%程度と大変低いため、現職でネットワークエンジニアの方でも大変ハードルが高い資格ではありますが、ネットワークエンジニアの経験は無くともネットワークスペシャリスト試験を受験し合格することは可能です。 もちろん膨大な勉強量が必要となってきますが、転職活動の際には一目置かれること間違いなしの資格です。 ネットワークスペシャリスト試験は
試験時間
  • 午前Ⅰ50分
  • 午前Ⅱ40分
  • 午後Ⅰ90分
  • 午後Ⅱ120分
の試験時間で、年に1回・10月の第三日曜日に開催されています。 申込みはIPAのホームページから、試験の約3か月前より申込みが可能です。

シスコ技術者認定

シスコ技術者認定とは、ネットワーク機器大手の「シスコシステムズ」が開催している資格試験です。 シスコシステムズの機器は需要がとても高く数多くの企業で使用されているため、シスコ技術者認定の資格を所持しているとネットワークエンジニアへの転職が非常に有利になります。 レベルが細かく分かれていますが、その中でも未経験の方が受験しやすい「CCENT」「CCNA」について紹介します。

CCENT

CCENTは、ネットワークエンジニアの担当者レベルに求められるスキルを持つことが証明できます。 シスコ技術者認定の中では初級レベルであるため、未経験の方でも挑戦しやすい資格です。 今後上位レベルの資格に挑戦する際にも、CCENTの勉強から始めることによりステップアップしやすくなります。 試験時間は90分で、全国各地の試験会場で随時開催されています。試験申し込みは「ピアソンVUE」に登録が必要です。

CCNA

CCNAを取得することにより、ネットワークエンジニアとしての基本的なネットワーク技術を理解していることが証明できます。 CCNAの試験は以下の9ジャンルに分かれています。
・CCNA Routing and Switching ・CCNA Security ・CCNA Service Provider ・CCNA Wireless ・CCNA Cloud ・CCNA Collaboration ・CCNA Cyber Ops ・CCNA Data Center ・CCNA Industrial
この中で1つでも取得することによってCCNA資格の所持者となり、中でも受験者が多いのは「CCNA Routing and Switching」となっています。 対象試験は3科目あり、CCENTを取得済みの方であれば1科目に合格すればCCNAに認定されます。 試験時間は各90分で、全国各地の試験会場で随時開催されています。試験申し込みは「ピアソンVUE」に登録が必要です。

未経験からネットワークエンジニアになる方法まとめ

日々増加するネットワークインフラを担う専門家である、ネットワークエンジニア。専門性が高いため、知識や技術を習得すれば未経験からでも転職しやすい職種です。 需要は安定して伸びていくため、未経験の方を歓迎する企業はとても多いのです。 現在異業種で働いている方にとって、ネットワーク知識の勉強や資格取得はハードルが高く感じられることかもしれませんが、誰でも最初は初めてです。 事前に知識を身に着けておくことにより、転職活動がスムーズに進むことは間違いありません。 そして、ネットワークエンジニアになった後は手に職をつけ、ネットワークのエキスパートを目指しましょう。 専門性が高い分野でエキスパートになることによって、あなたの市場価値はますます高まります!]]>