未経験でもプログラマーになれるの?勉強の仕方やスムーズに転職する方法

未経験からプログラマーになるために知っておくべき事まとめ

ITを中心として、社会は日々進化を続けています。

その最先端の技術に関わることは非常に魅力的に見えるもの。

そのため他の業種、いわゆる未経験からプログラマーになってみたいという人を多く見かけます。

では実際に未経験からプログラマーにはなれるのか、なるためにはどういう事を考えていかなければならないのか…。

ここでは未経験からプログラマーに挑戦したい人のために、プログラマーの全容をわかりやすく解説します。

プログラマーといいますと、敷居が非常に高い印象があります。そもそも未経験からのプログラミングを習得するというのはかなりの覚悟が必要そうですが…実際は多くの求人があります。

未経験でもプログラマーにはなれる

プログラマーになりたい、と考える人は多いようです。それも他業種で働いていた人が、未経験だけれども、プログラマーとして一からやり直してみたい、という考えの人が多いように感じます。

事実、私がはじめてプログラマーとして業界に入った時も、未経験として沢山の他業種やフリーターの方が同じように入ってきました。

当然皆プログラムについての知識は、ほとんどゼロの状態です。

これが他の職種だったら、新卒でもないのにそうそう簡単に未経験の人を雇わないように思います。それでは、なぜ企業は未経験でも人をほしがるのでしょうか?

プログラマー不足になっている理由

プログラマーという職業は企業の需要に対して、圧倒的に供給不足、つまり人手不足であり、理系に限らず文系の人、そして今までプログラムについて縁もゆかりも無い人でも欲しいくらいです。

IT業界の成長とは裏腹に、年々プログラマーの人手不足は深刻化しているようで、将来的には10年後には、70万人近い人手が不足するだろうとみられています。

それに、プログラムは一年くらい仕事を続ければ。とりあえずは書けるようになってくるという理由もあります。なので、未経験でも企業はプログラマーとして育てられる人材を欲しており、探していけば採用してくれる会社が見つかる可能性は高いです。

といっても、それは採用の段階の話であり、仕事に就いたら常に勉強をしなければ仕事になりませんが…。

プログラマーの仕事内容

プログラマーといっても多くの職種があり、それぞれ作業領域は異なります。

プログラムを作るためには、おおまかに上流行程と下流行程があります。上流行程とはたとえば家を作る事に例えるのなら設計図を書く人であり、これはSEと呼ばれる人たちが作ります。

たいして下流行程とは設計図を元に実際に作る人であり、これをプログラマーがやることになります。通常プログラマーとして経験を積んでいき、SEへとキャリアアップする人が多いです。

プログラマーはSEの書いた仕様書を元に実際にプログラムコードを書いて実装し、そしてそれがきちんと正常に動くかのテストをおこなうのが仕事です。

多くの場合は自分で書いたプログラムを自分でチェックする事になるので、いい加減に書いたずさんなプログラムは、正常に動作しないバグという形で、テスト時にそのまま自分の負担として返ってきます。

良くも悪くも自業自得の世界ですね。なので常に仕事に対しては嫌でも真摯に向き合わなければならなくなります。

プログラマーになるメリット

プログラマーという仕事は実力主義である事も大きなメリットです。今は未経験でもいったん実力さえ身につけてしまえば、自分よりも業界歴の長い方をも抜ける可能性だってあります。

それにつぶしが効くというか、実力さえあれば、今の自分の待遇に不満があるのなら他のもっと待遇のいい会社に入り直す事も、他の業種に比べて容易です。

そう、プログラマーというのは、人の流れの激しい業界でもあるのですね。それにプログラマーはパソコン一台あればできる仕事、現在は自宅での作業を許可する会社も多いので、事情があったり、通勤したくない、自宅で働くのが好き、という方にとって都合良く働きやすいのも大きなメリットです。

プログラマーになるなら転職エージェントで就活するのが鉄則

プログラマーとして働くための職探しの中で最も手っ取り早いのは、大手転職サイトを利用することでしょう。

ハローワークでもプログラマー募集は見受けられますが、企業母体が小さい会社はブラック会社も多いので避けるべきです。

未経験募集の企業は、転職希望者が未経験者が無知であったり、立場上弱い事をいい事に、残業量がものすごかったり賃金が安かったりと、いわゆるブラックな待遇で採用しようとする会社も少なくありません。

そのため自分一人で探すより、転職エージェントというプロの目に頼るのは有効です。自分では見抜けないようなブラック企業の罠を見破ってくれたり、より高待遇な会社を探し出してくれるかもしれません。

プログラマーはどういう人が採用される?

誰でもなれる可能性はありますが、きちんと知識を得る姿勢と、仕事としてのコミュニケーション能力が無ければ続けられない事は他の仕事と同じです。

特に業界未経験での転職活動なのですから、現在のプログラムについての知識はほとんど期待される訳も無く、きちんと会話ができ正確な意思疎通がおこなえる、コミュニケーション能力こそが最も重要視されると言っても過言ではありません。

採用する側は、一緒に仕事ができそうか、何年先もきちんと知識を身につけて成長する伸びしろのある人間であるかどうかを期待して見ています。

よしんばたまたま採用されたとしても、本人にやる気がなければすぐに壁に当たって行き詰まってしまいますので、「正社員として採用されたから、これで安泰だー」なんて甘い気持ちは捨てましょう。

未経験プログラマーは28才まで?

未経験者のプログラマーで30を越えている人はたまに見た事がありますが、誰が言い出したのか、未経験プログラマーは28まで、という話が業界内では一般常識のように語られています。

そのため、それ以外の求められるスキルが無いと転職は難しいかもしれませんので、もしあなたが28に近い年齢であって転職を考えているのなら、早めに行動した方がいいかもしれません。

この辺は人手不足の深刻化から、近いうちにもう少し、年齢の幅は広がりそうですし、スキルが高い場合は年齢は気にする必要はないでしょう。

プログラムの勉強の仕方

未経験者はとにかく自分から前向きに学習する必要があります。意欲があるかないかで、スキル習得時間は大きくかわってきます。

プログラムの勉強方法

  • 自分から勉強する
  • とにかく手を動かす
  • 自分が書きたいプログラムを書いてみる
  • とりあえずひとつの言語を憶える

勉強方法①自分から勉強する

実際に仕事に就いたら皆もくもくとPCをにらんで仕事をするようになるし、他の人のやってる事は往々にしてわからない事が多いので、誰かが仕事を教えてくれるだろう、という甘い考えは禁物です。

分からない事があったら、自分で調べて解決策を見つける、くらいの気持ちで勉強していきましょう。

勉強方法②とにかく手を動かす

巷にはプログラムについての参考書が溢れていて、それを買ってきてぱらぱらよんだり、ネットに書いてある記事を見て納得した気持ちになりやすいですが、これは大変危険です。

書籍やネットは見ただけで出来るようになった満足感を感じてしまいがちです。実際に自分でプログラムを書いてみると分かりますが、分からない事や予期せぬバグといった物が沢山出てきて、その度手を止めて考えていかなければいけません。まさに習うより、慣れろん世界です。

勉強方法③自分が書きたいプログラムを書いてみる

そして参考書を買ってもそのすべてを憶えようとするのではなく、自分が書きたいプログラムを書いてみて、分からない所があればその都度調べて参考にする、という方が上達は早いでしょう。

プログラムは自分の作りたい物を作るためのツールであり、まず自分が何を作りたいかというのが一番先であり、そのためにはどんな道具=プログラムの知識が必要か、というのが後に来ます。

勉強方法④とりあえずひとつの言語を憶える

プログラミング言語にはC++だったりJAVAスクリプトだったりRubyだったりと、実にさまざま種類の言語がありますが、どれも根本的な部分で言えばかなり近しいです。

なのでひとつの言語さえきちんと使えるようになれば、その応用で他の言語の習得の速度は大幅に上がります。まずはひとつの言語を使いこなせるようになりましょう。

未経験からプログラマーになるために知っておくべき事まとめ

人手不足という深刻な事情から、企業は未経験であろうとも採用には積極的な姿勢を見せる会社は少なくなりません。

なので未経験者にも間口は広く開かれていて、きちんとしたコミュニケーション能力さえあれば採ってもらえる可能性は高いと言えるでしょう。

しかし入ってしまえば常に勉強を続けなければいけない、という気持ちだけは忘れないでください。

逆にあなたがきちんと成長していける人間であれば、いくらでもキャリアアップして高年収、高待遇を狙う事も可能です。

頑張った分だけ成長し、認められる業界、魅力を感じたのなら、転職を考えてみるのもいいですね。