未経験者の武器になる!就職に有利なプログラミング言語を徹底紹介

未経験者の武器になる!就職に有利なプログラミング言語を徹底紹介

ニュースやインターネットのメディアでもITに関連することが日々取り上げられ、今後もIT業界のニーズは高まること間違いなし。

しかし、世の中にはたくさんのプログラム言語が存在するため、実際にいざ勉強しようと思ってもどの言語を学べばいいのか迷う場合が多いのでは?

そこで今回は、未経験者でもエンジニアになるために、就職・転職に有利なプログラミング言語をご紹介します。

ここで少空きするプログラムをしっかりマスターすれば、最短コースでIT業界で活躍できることでしょう。

ではさっそく見ていきましょう!

未経験でエンジニアやプログラマーとして就職できるのか?

「未経験だからIT業界で就職できるか不安」「未経験可の求人はあるけど、狭き門なのでは?」

未経験という理由で不安に思う方はたくさんいると思います。

断言しますが、未経験でもIT業界で就職できます。最初は誰でも未経験の初心者なのです。

「未経験の需要が無いのでは?」

そんなことは決してありません。IT業界は人手不足なのです。

しかし、知識や経験豊富であることに越したことはありません。業務において必要な最低限の用語や、問題解決力などは未経験者でも必要になります。

用語の理解や問題解決力は、プログラミングを学習する中で技術の向上と合わせて、自然と高まってくる能力であると考えられます。

同じ未経験でも差をつけて就職を有利にするためには「プログラミング言語の習得」が近道です。

プログラミング言語紹介

世の中には多種多様なプログラミング言語があります。実際に勉強しようと思っても、何から手を付ければいいか迷ってしまいますよね。

さまざまなプログラミング言語の中から、未経験者でも入りやすい言語である「Java」と「PHP」をご紹介いたします。

オールマイティに使われる『Java』

Javaといえば、誰でも一度は耳にしたことがあると思います。

ご自宅でインターネットサーフィンをしている時も目にすることも多いのではないでしょうか。

Javaとは、オブジェクト指向のプログラミング言語です。勉強すれば誰でも習得することができるといわれるJavaは、プログラミング未経験者の方にも大変おすすめです。

Javaはオールマイティです。Linux、Windows、Macなど、どのような環境でも動く言語になっています。

だからこそ、Javaを使えるエンジニアは需要が高いのです。

また、Javaを学んだ基礎文法を基本として、他のプログラミング言語を学びやすくなるのです。

安定したシェア『PHP』

WEBサービスやWEBアプリ開発によく利用されており、WEBデザイナーに人気な言語です。WEB業界で働きたい方にはPHPがおすすめのプログラミング言語です。

他言語と比較すると構文がシンプルであるため、基本的な文法をサクッと学ぶことができます。

PHPはメールフォームやショッピングカートなど、WEBサイト上でよく見かけるアプリケーションを動作させています。

また、WordPressといった人気のパッケージで使用されているのも特徴的です。

WordPressは、日本はもちろん世界でもシェアがトップレベルに高く、様々なWebサイトで使用されています。

PHPを使用してWordPressをカスタムすることができるため、PHPを扱えるエンジニアの需要は安定して高いのです。

また、金融などの基幹系システムにもされているため、安定したシェアがあるプログラミング言語といえます。

運用保守や開発のシーンでも多様に使われるので、未経験者でも取得すれば必ず需要がある言語です。

その他の言語紹介

実はいろいろな場所で動いている『JavaScript』

JavaScriptとは、様々な開発に必要なプログラミング言語です。

WEBページ、WEBアプリはもちろん、スマートフォンのアプリケーション等幅広く、汎用性の高いプログラミング言語といえます。

そのため、今後も需要は高まっていくと考えられます。

楽しく学べる『Ruby』

Rubyとは、まつもとゆきひろ氏によって開発されたオブジェクト指向スクリプトです。

まつもとゆきひろ氏は、「Rubyの言語使用策定において最も重視しているのはストレスなくプログラミングを楽しむことである」と述べており、楽しく学べて初心者に優しいプログラミング言語と言われています。

Rubyを使用してメディアサイトやSNSサービスを作成することも多いため、今後も高い需要がある言語です。

有名なグルメ口コミサイトの「食べログ」や、価格比較やレビューをチェックできる「価格.com」、言わずと知れた「twitter」もRubyで開発されています。

ゲーム感覚で学習『python』

python(パイソン)は、近年人口知能の開発を背景に注目を集めているプログラミング言語です。

pythonが初心者におすすめできる理由は、文法が必要最低限に抑えられており、誰が書いても差が出にくいという点があります。

現在はpythonを扱えるエンジニアが不足していると言われています。

人口知能・AIについて日々耳にすることが多いと思いますが、今後必ず需要が伸びていくプログラム言語です。

勉強方法

プログラム言語の特徴をざっくり理解したところでイメージが湧いたと思いますが、プログラミング言語を扱えるエンジニアになるためには、まずは勉強第一です。

実際にプログラミングができるようになるために、勉強方法をご紹介します。

自宅で独学する方法

たとえば、「Java 自宅学習」で検索してみます。

すると、大量の検索結果が出てきますね。

現在、プログラミング言語はインターネット上にたくさんの入門サイトが存在しています。

もちろん、書店で本を購入して学習することもできます。

プログラミングを少し齧ったことのある方であれば、自宅学習で習得することも可能と考えられます。

独学で学習する際には、具体的な目標を決めてみましょう。

  • 簡単なゲームを作ってみる
  • 電卓を作ってみる
  • メールフォームを作ってみる
  • などなど、自分の身近で使えるものに当てはめて目標を作ることが大切です。

    初めて自分が書いたコードで動作を確認したときの感動は、忘れられないこととなるでしょう。

    目標を持って勉強していく中で必ず壁に当たると思いますが、その都度調べて解決していくことになりますので自然と問題解決力も高まりますね。

    調べて解決する、といった動きはエンジニアに必要不可欠といえます。

    オンラインスクールで学習する方法

    まったくの未経験の方にはスクールでの学習をおすすめします。

    「近所にスクールなんてない」
    「仕事をしているから通う時間がない」

    といった方も、オンラインスクールであれば全国どこからでも、スキマ時間を利用して学習することができるのです。

    オンラインプログラミングレッスンNO.1の「Code Camp」をご紹介します。

    Code Campについて

    Code Campとは、オンラインのマンツーマンプログラミングスクールです。

    ビデオ通話を利用して全国どこからでも受講できるため場所を選ばないこと、早朝から夜遅くまでレッスンができるのでスキマ時間で勉強できることがおすすめできる理由です。

    未経験者の武器になるプログラミングまとめ

    プログラミング言語は世の中にたくさん存在しています。

    何から手を付けたらいいのかわからない時には、

  • 「何ができる言語なのか」
  • 「自分がなりたい業種」
  • 「今後の需要」
  • に目を付けて整理してみるといいでしょう。

    プログラミングを身に着けることは未経験者の強い武器になります。

    未経験でIT業界に就職・転職をしたい方は、実務経験は無くとも

  • 「Javaを扱えます」
  • 「PHPを扱えます」
  • と言えることで、グッと印象が高まりいい意味で差別化されます。

    自分ができそうな言語から勉強をしてみて、就職・転職活動を有利にしてください。