ぷらら光のネット回線は安い?速いか遅いか速度を比較!料金や割引キャンペーン・契約メリットデメリットも口コミ調査!

アプキャリ

ぷらら光を契約する前に!知っておきたいポイントを徹底解説!

 

他の多くの光回線にある「契約期間の縛り」が無く、どのタイミングで契約を解約しても解約違約金がかからないぷらら光。

 

フレッツ光からの転用なら工事不要で手数料もかからないし、他の比べて月額基本料金も安いみたい!ということでぷらら光に契約しよう、乗り換えようと考えている方もいらっしゃると思いますが・・・ちょっと待って!契約前に知っておきたいぷらら光の注意点についてまとめました。

 

【ぷらら光】他の光回線サービスと比べて月額料が安いのは本当?

まずは各光回線サービスの月額基本料金を比較してみましょう。

 

  戸建てタイプ マンションタイプ
ぷらら光 4,800円 3,600円
フレッツ光 通常:5,700円

2年契約:5,000円

ミニプラン:4,350円

プラン1:3,750円

プラン2:3,350円

(2年契約で−100円)

NURO光 通常:7,124円

2年契約:4,743円

1,900円〜2,500円(2年契約のみ)
SoftBank光 2年契約:5,200円

5年契約:4,700円

3,800円(2年契約のみ)
auひかり ・ひかりホーム1ギガ

通常:6,300円

2年契約:5,200円

3年契約:5,100円

3,800円〜5,200円
docomo光 通常:6,500円〜6,900円(ミニプランは4,200円〜7,200円)

2年契約:5,000〜5,400円(ミニプランは2,700円〜5,700円)

通常:4,800円〜5,200円

2年契約:3,800円〜4,200円

 

OCN光 標準:6,200円

2年契約:5,100円

標準:4,700円

2年契約:3,600円

 

 

確かに、ぷらら光には契約期間の縛りが無いのに、他社の縛りがあるプランの月額料と同じくらい、またはさらに安い料金なので「ぷらら光の月額料は安め」と言えるでしょう。

 

ただし、これはあくまでも月額【基本】料金です。ぷらら光以外のサービスでは、最初の数ヶ月間や1年目の月額料が割引になったり、携帯・スマホとの併用で割引が適用されたりするので月額料がグンとやすくなる場合が多いのです。

 

表面的な月額基本料のみを比較すると「ぷらら光は安い」という印象を持ちますが、実際使ってみると他のサービスの方がお得だったということもあります。割引内容をよく確認して比較することが大切です!

 

【ぷらら光】2年間の契約期間縛りが無いのは本当?

ぷらら光には契約期間の縛りはありません。他社と比較してみると、確かに契約期間の縛りが無く、高い解約違約金も発生しないというのは嬉しいポイントですよね。

 

  契約期間の有無 契約期間 解約違約金
ぷらら光 無し 無し
フレッツ光 あり 2年 戸建て:9,500円

マンション:1,500円

NURO光 あり 2年 9,500円
SoftBank光 あり 戸建て:2年/4年

マンション:2年

2年契約:9,500円

5年契約:15,000円

auひかり あり 2年/3年 戸建て2年契約:9,500円

戸建て3年契約:15,000円

マンション:7,000円/9,500円

docomo光 あり 2年 戸建て:13,000円

マンション:8,000円

OCN光 あり 2年 11,000円

 

 

ぷらら光はこんなところに2年縛りの落とし穴があった!

ぷらら光には携帯・スマホと一緒に使うとお得になるというサービスはありません。その代わり、専門チャンネル+オンライン動画が楽しめるひかりTVとセット利用すると月額料が割引になります。

 

もともとひかりTVを利用している人や、ひかりTVの利用を決めている人にとってはお得なポイントではありますが、実はこのひかりTVこそが、2年契約縛りの落とし穴なのです…。というのも、ぷらら光には契約期間の縛りが無いものの、ひかりTVには2年の最低利用期間が設けられています。2年以内に契約を解約する場合、違約金が9,000円発生してしまいます。

 

ぷらら光+ひかりTVのセット利用で毎月の月額料が1,600円割引になり、同時に申し込むと最大55,000円のキャッシュバックがもらえるということで一見お得な感じがしますが、ひかりTVに契約すると2年の契約期間縛りが生まれてしまうので注意してください。

 

ぷらら光の新規工事費はいくら?

フレッツ光からぷらら光への転用なら、工事は不要で新規工事費も発生しません。新規で申し込む場合には、戸建てタイプなら18,000円、マンションタイプは15,000円の新規工事費がかかります。他の光回線サービスの工事費と比較してみましょう。

 

  新規工事費 キャンペーンや割引など 分割払い
ぷらら光 戸建て:7,600円/18,000円

マンション:7,600円/15,000円 ※

無し 273円〜648円×30回払い
フレッツ光 15,000円 無し 初回3,000円+2回目以降400円×30回払い
NURO光 40,000円 無し 戸建て:30回払い

マンション:36回払い

SoftBank光 24,000円 あり

月額料から割引またはキャッシュバック

24・36・48・60回払い
auひかり 戸建て:37,500円

マンション:30,000円

あり

契約中は実質無料

戸建て:60回払い

マンション:24回払い

docomo光 戸建て:18,000円

マンション:15,000円

あり

キャンペーン利用で工事費無料

12・24・36・48・60回払い
OCN光 戸建て:7,600円/18,000円

マンション:7,600円/15,000円 ※

無し 200円〜500円×30回払い

 

※屋内配線の新設の有無により料金は変動します。

 

SoftBank光やauひかりの工事費に比べると安めですが、ぷらら光の工事費はだいたい相場といったところでしょう。ただ、他社光回線サービスでは毎月の月額料から分割で工事費が割引になったり、キャンペーンで工事費が無料になるものもあるので、そこと比較するとお得な感じは薄れてしまいますね。

 

【ぷらら光】高額キャッシュバックがもらえるって本当?

ぷらら光公式の3つの高額キャンペーン・特典をご紹介します!

 

  • フレッツ光からの転用で最大30,000円キャッシュバック

 

・フレッツ光からぷらら光に転用の場合 10,000円キャッシュバック

・ひかりTVに同時申し込みをすると さらに20,000円キャッシュバック

 

フレッツ光からの転用なら、ひかりTVに申し込みをしなくても10,000円はキャッシュバックが受け取れるということですね。

 

  • ADSL・ISDNからの乗り換えで最大65,000円相当の特典がもらえる

 

・ぷらら光に申し込みで20,000円キャッシュバック

・ひかりTVに同時に申し込むとさらに20,000円キャッシュバック

・回線工事費最大18,000円が割引に

・事務手数料3,000円が無料に

・東日本エリアにお住いの場合、ぷららひかり電話工事費が1,000円割引に

・インターネット接続設定が3台まで無料(3,000円相当)

 

ぷらら光への申し込みで2万円、ひかりTVも同時に申し込むと合計4万円のキャッシュバックがもらえて、さらにお得な特典がたくさんついてくるキャンペーンです。期間限定なので、申し込みを検討している方は急いでくださいね!

 

  • ぷらら光新規申し込みで最大55,000円キャッシュバック

 

・ぷらら光に新規申し込み(フレッツ光を利用していない人の申し込み)で35,000円キャッシュバック

・ひかりTVに同時申し込みでさらに20,000円キャッシュバック

 

キャッシュバックキャンペーンの注意点

ぷらら光公式キャッシュバックキャンペーンの対象となるのは、申し込みから利用開始した月を1ヶ月目として、10ヶ月間利用を継続した場合です。10ヶ月以内に解約してしまうとキャンペーン対象外となりキャッシュバックは受け取れないので注意しましょう。

 

利用開始から11ヶ月目の月末にぷらら光からメールが届くので、口座番号などを回答し返送してください。キャッシュバックが受け取れるのは11ヶ月目以降、約1年後となるので利用を開始した後も、キャッシュバックの件を忘れないようにしてくださいね!

 

ぷらら光はこんな人にオススメ!

 

・ひかりTVを利用している、利用を検討している

・好きなタイミングで契約を解約したい、契約解除違約金を払いたく無い

・SoftBank、au、docomoの携帯・スマホを使っていない、または割引は必要ない

 

以上のような方にぷらら光はオススメの光回線サービスです。他の光回線とよく比較して、申し込みを検討するようにしてください!

ぷらら光の口コミや評判は?メリットとデメリットについても調査しました!

 

数ある光回線サービスの中でも料金の安さが魅力的なぷらら光。月額基本料も抑えめですし、契約期間の縛りが無いので解約時に違約金が発生しないというのも嬉しいポイント。

さらに公式サイトを見てみると、高額キャッシュバックキャンペーンの甘い誘惑が!

 

ぷらら光って本当にお得なサービス?

回線速度に問題はない?

どんなメリット・デメリットがあるの?

 

色々と気になっている方のために、ネット上の口コミやメリット・デメリットポイントをご紹介していきます!

 

ぷらら光利用者の口コミを紹介!

「少しでも月額料が安いサービスを利用したいと思って、多数の光コラボの中で若干月額料が低めのぷらら光を選びました。でも結局、スマホ代が割引にならないのでそんなにお得じゃなかったかも?と契約した後で気がつきました。解約違約金が発生しないからいつでも他社に乗り換えられるかなーと軽く考えていましたが、初期工事費の分割が残っていることにも気がつきました。そう簡単に解約できないようにうまくできているんですねぇ〜(20代 男性)」

 

「申し込みをしてからしばらく経っても工事の日の連絡が来ず、サポートに連絡しようとしてもなかなか繋がらず。やっと通じたと思ったら工事日まで2ヶ月以上待つことになり。最初はかなりイライラさせられました。一度ネットが開通してしまえばあとは快適です。ファイルもサクサクダウンロードできるし、ごくたまーに夜間は繋がりにくくなったりしますが。料金も安いと思うし、とりあえず満足です。(30代 男性)」

 

「回線が混み合うとネットに繋がらなくなります。動画見ていても途中で止まっちゃうし。フレッツ光から乗り換えなければよかったかなと後悔です。フレッツ光からの乗り換えはタダだったのに、戻すのは有料とか…。何でなの?(30代 女性)」

 

口コミ総括

ぷらら光の月額料は他の多数の光回線サービスと比べると安めではあるのですが、携帯やスマホとのセット割が無いのでその分のお特感は薄れてしまいますよね。ひかりTVとのセット利用はお得になるので、ひかりTVを利用している人・利用を検討している人にはオススメのサービスと言えます。

 

回線速度について不満があるという口コミを見かけますが、ぷらら光では高速ネット接続サービスv6エクスプレスに対応したWi-Fiルーターを無料でレンタルできますから、このサービスを利用すれば回線速度の問題は解決するのではないでしょうか。

 

解約違約金が発生しないサービスということでぷらら光を選ぶ人も多いようですが、解約時には分割で払っている新規工事費の残債を一括で支払う必要が出てきます。光回線サービスを選ぶ際は、基本の月額用の安い・高いだけで利用するサービスを決めてしまわないようにしてくださいね!自分や家族の使っている携帯・スマホ・有料TVサービスとセットで割引になるかどうか、工事費や解約違約金がどのくらいかかるのかをしっかり比較検討してから選ぶようにしましょう。

 

ぷらら光のメリットは?

契約期間の縛りが無い=いつ解約しても違約金が発生しない

他の多くの光回線サービスは、契約期間無しのプランだと月額料が高く、月額料が安いプランだと契約期間が設けられていて契約更新月以外にサービスを解約すると高い違約金が発生します。ぷらら光には契約期間付きのプランは無く、どのタイミングで解約をしても違約金は発生しません。

 

引っ越しが多い人や1つのサービスに契約しても長期間利用するか分からないという人にとっては、契約期間に縛りがなく違約金も発生しないというのは嬉しいポイントですよね。

 

フレッツ光からの転用が便利&お得

フレッツ光からぷらら光への乗り換えなら、工事不要で初期工事費が発生せず、解約違約金や転用手数料もかかりません。転用した方が月額料も安くなります。NTTの「ひかり電話」を利用している人は、「ぷらら電話」に転用して引き続き利用可能です。

 

ひかりTVとのセット利用がお得

80ch以上の専門チャンネルと80,000本以上のオンライン動画が楽しめるひかりTVとセットで利用すると、月額料がお得になります。通常2,500円するひかりTVの通常料金が月額1,600円も割引に!さらに、セットで申し込むとキャンペーンが適用になるので最大55,000円という高額キャッシュバックがもらえるのです。

 

ひかりTVと契約すればスマホやタブレットなどで外出先からでもTV番組や動画視聴が楽しめますし、アンテナ不要なので工事の必要も無し。ぷらら光に申し込むついでに、専門チャンネル+オンライン動画サービス「ひかりTV」も一緒に申し込むとお得です!(ただし、ひかりTVの利用には注意点があるので、それについては下で詳しく説明します。)

 

ぷらら光のデメリットは?

携帯・スマホと併用でお得になる割引が無い

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光またはNURO光、auユーザーならauひかり、ドコモニューザーならドコモ光を利用すると、携帯・スマホ代と合わせて割引になる特典が受けられます。携帯・スマホとのセット割引が無いぷらら光は、月額料が他より安いとは言え、ちょっとお得感に欠けてしまいますね。

 

ひかりTVを利用すると2年の契約期間の縛りが生まれる=違約金も発生

専門チャンネル+オンライン動画が楽しめるひかりTVとのセット利用がお得であると上のメリットポイントに挙げましたが、実はこのひかりTVが最大の落とし穴&要注意ポイントでもあるのです。すでにひかりTVと契約している人や長期間(2年以上)ひかりTV+ぷらら光のサービスを利用するつもりだという人には何ら問題無いのですが、2年以内にサービスを解約するかもしれないという人は注意してください。

 

ひかりTVに申し込むと、「2年割」という割引が適用されます。毎月の月額料が通常より安くなるので一見お得に感じますが、2年間の最低利用期間が設けられているのです。2年以内にひかりTVを解約すると、9,000円の解約金が発生する仕組みになっているんですね。せっかく契約期間無し・違約金発生無しのぷらら光を選んだのに、ひかりTVに一緒に申し込むと2年の契約縛り+違約金発生というデメリットポイントが付いてきてしまいます。

 

さらにもう一点注意したいのは、ひかりTVを利用するためには専用チューナーをレンタルしなくてはなりません。ぷらら光+ひかりTVのセット割の場合、12ヶ月間はチューナーレンタル料が無料なのですが、13ヶ月目以降は500円のレンタル料がかかります。

 

・ひかりTVには2年の最低利用期間が設けられており、違約金も発生する

・2年目からチューナーレンタル料が毎月500円かかる

 

この2点を確認せずにひかりTVに申し込んでしまうと、後から騙されたような気持ちになってしまうこともあるかと思います。この2点に納得してから、ひかりTVに申し込むようにしてくださいね。

 

工事費がかかる

ぷらら光に新規で申し込む場合、新規工事費がかかります。

 

  屋内配線新設あり 屋内配線新設なし 工事無し
ぷらら光ホームタイプ 19,440円 8,208円 2,160円
ぷらら光マンションタイプ 16,200円 8,208円 2,160円

 

※表示価格は税込みです。

 

他の光回線サービスでは、キャンペーンの利用で工事費が無料になったり、毎月分割で割引になり実質無料になるところがありますがぷらら光では工事費は割引になりません。

 

この記事のまとめ

・契約期間の縛りや解約金が発生しない光回線サービスを使いたい

・ひかりTVを利用している、利用する予定

・高額キャッシュバックが欲しい

 

以上のような人に、ぷらら光はオススメです。フレッツ光を利用中の方も、転用は簡単・無料で月額料が安くなるので検討してみると良いと思いますよ!