アプキャリについて

フリーランスにプラス(+)の情報をおつたえします!
アプキャリは、フリーランスの方や転職を希望の方にWeb転職やIT転職、さらに就職や転職活動のありとあらゆる情報をあなたのために発信するサイトです。

アプキャリでは、管理人が経験してきた転職ノウハウを惜しみなくご提供していきます。現役のエンジニアやキャリアアドバイザーなどプロの執筆者が、あなたのためのキャリアプランをご提案!

さらに、アプキャリにご来訪いただいたあなたのためだけに、本当は教えたくないような「ここだけ」の業界裏話や裏技的なノウハウも展開します。

管理人は未経験でIT業界に転職して早15年。今では大手サイトのプロジェクトマネージャーをするまでに成長できました。

今までの経験のすべてをまとめて公開していますので、ぜひできるだけ多くの記事に目を通し、あなたの今後の人生をよりよいものにしてほしいと願っています。

⇒おすすめ転職エージェントをすぐ見る

職業別の転職

SE・プログラマー転職

WEBデザイナー転職

フリーランス転職

タイプ別のおすすめ転職記事

転職が未経験の方

フリーランスの方

仕事で悩んでるの方

プログラミングスクール選びで悩んでる方

転職エージェントの選び方と重視する項目

有名な転職エージェントを選べば心配ないと思っている方は要注意。

特にIT・Web系の転職サイトやエージェント選びにはコツがコツが必要なのです。

転職エージェントを選ぶ決めては以下の4つとなります。

転職エージェント選びのポイント
  1. 求人量
  2. 提案力
  3. サポート力
  4. 専門性

です。

まずはじめに求人量。

転職先が見つからなければ始まりませんので、できるだけ案件が豊富なサービスを選ぶのは必須です。

次に提案力。

いっけん求人量に目が行きがちですが、転職では提案力とサポート力が非常に重要。

あなたのスキルを最大限に引き出す提案ができるアドバイザーが担当になるかどうかで転職が成功するか失敗するかが決まります。

そしてサポート力。

もしあなたが転職やフリーランス化を検討している場合、現職を続けながら自分の力で再就職先を見つけることは時間的にも精神的にも厳しいはず。

その際一人で調べたりエントリーすることなく、アドバイザーにお任せするだけで、業側にあなたの特性を最大限に引き出した提案してくれるかがよりよい転職へのポイントとなるのです。

ここでサポート力の高い転職エージェントは、在職中でもきめ細やかな配慮や対応を欠かすことなく、親身にあなたの味方になってくれます。

最後に専門性。

IT・Web業界は専門的な知識がないと、自分にマッチした求人を見つけることが難しいといわれます。

SEといっても、多くの専門領域があり、単純にSEだから、なんでもできるわけではありません。専門性を持ち合わせたアドバイザーが在籍するエージェントを選ぶことで、提案のミスマッチも防げます。また、今のスキルをさらに高める現場を見つけてくれるでしょう。

おすすめ転職エージェント比較表

サイト名 レバテック マイナビ TechClips
特徴 企業別対策で内定率が高い 大手ならではの求人数 高年収と高待遇に特化
求人 4,000件以上 8,000件以上 非公開
地域 首都圏、関西、九州 全国 首都圏
運営 レバテック株式会社 株式会社 マイナビ notari株式会社

IT転職初心者でも安心!おすすめエージェントランキング

マイナビクリエーター

マイナビクリエーター評価
最大のポイント!
大手転職エージェント・総合型で大量の求人を取り扱いながらも、IT業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍している

・IT転職者のほとんどが使っている!
・案件数が業界No.1
・大手中小問わず数多くの企業あり!

総合おすすめ度:76pt/100
全体的なバランスに富んだ王道系エージェント。求人数がダントツであり、多くの案件に出会える

マイナビ詳細
無料会員登録

レバテックキャリア

最大のポイント!

大手に引けを取らない求人数を取り扱うレバテックキャリア。企業別対策がポイントで、内定率は非常に高い実績

・大手IT系への転職に強い!
・専門スキルが高いアドバイザー多数
・自分にあった案件をとことん支援

総合おすすめ度:74pt/100

IT系でもっとも人気のある転職エージェントの一つ。多くの転職成功者を出している業界屈指の最強IT系エージェント

レバテック詳細
無料会員登録

テッククリップス

テッククリップス
テッククリップス総合評価
最大のポイント!
求人件数は非公開ということもあり、大手の転職エージェントよりは少なめと予想。ただし年収500万円以上の求人が8割以上という点、エンジニアのことを考えた良質な求人の多い

・キャリアアップに最適
・技術力に自信があるならベスト
・年収300万アップも!

総合おすすめ度:68pt/100

IT・web系で自分の力を持て余していると感じているなら是非利用したいエージェント。高額案件多数でスキルにあった条件が見つかる

アプキャリ
この3つのエージェントITに登録せずしてIT転職はきびしいと言えるほど確実に登録しておきたい王道の転職エージェント。あなた自身もまずはIT系専門エージェントから転職の基礎情報を学ぶことは必須です。

アプキャリ管理人について

経歴

  • 2001年:メーカー系SI会社に転職、官公庁系システムのSIに従事
  • 2007年:後期高齢者医療制度改正対応のシステム開発に従事
  • 2013年:運用委託業務の管理者として客先常駐およびWeb系開発サポート
  • 2015年:客先常駐解消

以降、フリーランスエンジニアとしてマイナンバー制度対応のプロジェクトマネジメント(PM)に従事
自治体向け基幹システムSIのPM・地方自治体向け基幹システムSIを行いながらAIなどの先端技術の提案

その後、大手Web系企業PMとして、BtoCサービスシステム開発と平行してアプキャリ運営開始!

現在はエンジニアやクリエーターの育成に力を入れ、次世代の人材育成に注力中です。

スキル(経験年数):

  • システムインテグレーション:14年
  • プロジェクトマネジメント:10年
  • 運用委託業務管理:4年
  • COBOL:2年
  • Java:7年
  • PHP:4年

レガシーシステムからウェブ系システムまでの一連を経験しています。また、プロパーとして勤めた後にフリーランスエンジニアとして現在も現場感を忘れずに仕事に取り組んでいます。

アプキャリを通じて未経験・経験者問わず、転職に成功していただけるような中身の濃い情報をお伝えしていきます!

転職エージェントはメリットだらけ!その理由

「転職したいけど何からどうしたらいいかわからない」
「仕事をしながらだと転職活動が全然進まない」
「エントリーはするものの転職先が決まらなくて焦る」

このような悩みを持った転職の最強の味方が「転職エージェント」です。

一言で言えば、いい人材を探している企業と、できるだけ自分の力を評価する会社を探している求職者をつなげる役目をしてくれるサービスです。

ここではそのメリットについてをわかりやすく解説します。

転職希望者にとっての最大のメリット

なんといっても、専門のアドバイザーが「無料」で適切な就職先を紹介してくれて、さらにエントリーまでもサポートしてくれることが最大のメリットでしょう。

就業しながら一人で転職活動を行うのは至難の業です。1人転職活動は時間がない中で焦って転職を急いでしまい、現職よりも悪い環境に再就職してしまう最悪のケースもあとを絶ちません。

転職エージェントを利用すれば、人生をよりよくする転職の機会を最大限に活かすことができるといっても過言ではありません。

多くの転職者を企業に送り届けたプロのアドバイザーが常にあなたの味方になってくれるのです。

しかもタダで。

これは利用しない手はないわけです!

採用側にもメリットがたくさんある!

転職エージェントから紹介された人材は、採用側にも大きなメリットをもたらします。

まずは、無駄な採用コストがかからないという点。

企業もできるだけいい人材をとりたいわけです。そのうえで、転職エージェント側がスキルにマッチングした人材のみをピックアップして紹介してくれるため、ペーパーテストや面談の回数をへらすことができて、採用コストを大幅に減らすことができるんです。

転職エージェントの仕組みとは?なぜ無料?

エージェント側は、優秀な人材を企業に紹介することで紹介料を謝礼として受け取ります。

そのおかげで求職者も無料で多くのサービスを利用できるわけです。

転職エージェントと転職サイトの違いを徹底比較!

特化型エージェントと総合型エージェントはどちらがいい?

転職エージェント詳しい比較表

転職エージェントのメリットとデメリット

転職エージェントが向いてる人・向いてない人

転職エージェントを利用した場合の流れ

転職エージェントQ&A

今の職場に疑問を持ったらすぐ転職のための行動しよう!

会社に会社をやめたいと相談した際に「あなたレベルでは次の転職先見つからない」といわれ、転職するか迷っているという話をよく聞きます。

冷静に考えてみてください。会社側としては、転職先が見つからないような能力のない人間が会社をやめてくれるなら大喜びですよね。

つまり会社側からの言葉は信じてはいけないのです。自分自身が転職を決意したら、迷わず次の就職先を見つけるために走り出しましょう!

どんなSEになりたいか?ITエンジニアの分類と仕事内容や方向性

どんなSEになりたいか?ITエンジニアの分類と仕事内容や方向性

「どんなSEになりたいか?」

SEとしてすでに働く方はもちろん、ITエンジニアとして働きたい方は日々自身の将来像を考えているはずです。

しかし、一言に「ITエンジニア」といっても職種は様々。

働く業界によっても仕事内容が全く違うため一概にエンジニアの将来といわれてもピンとこないでしょう。

また、エンジニアを目指す方は、何ができればどのような業界で働けるのか、たくさんあるIT技術の中で何を習得すべきか等、疑問に感じたことがあるはずです。

そこで今回はエンジニアを目指す方に向けて、エンジニアの分類や方向性について、仕事内容や必要スキルと併せて紹介していきます。

分類別エンジニアの仕事内容と求められるスキル

WEBエンジニア

仕事内容

WEBエンジニアとは、WEB上で動作するWEBアプリケーションの開発を行うエンジニアです。
有名なWEBアプリケーションとしては、FacebookやTwitter、Amazonや楽天などがあげられます。

・SNSで近況を投稿する
・メールフォームで問い合わせをする
・WEBサイトでショッピングをする

SNSやオンラインショッピングなどは大体の方が利用されたことがあると思います。

このような仕組みは、WEBエンジニアが作りあげているのです。
WEBエンジニアの仕事は、WEBサイトに特化したプログラミングを行うことがメインとなります。

また、スマートフォンの普及に伴い、スマートフォンに対応したシステムも幅広く求められています。

WEBエンジニアは、常に時代に対応した新しい技術に適応することが求められると考えられます。

インターネットがある限り、今後もWEBエンジニアの需要はますます伸び続けます。

必要なスキル

・プログラミングスキル
・日々学習する向上心
HTML、CSS、PHP、JavaScript、Ruby等のプログラミングスキルが必要です。
WEBエンジニアの仕事は、WEB上で動作するアプリケーション開発であるため、PHPやJavaといったプログラミング言語のほかにHTMLやCSSなどのWEBサイトを構成・装飾するといった技術も必要です。

WEBエンジニアには日々進化していく技術・言語に対応することができ、常にスキルアップを目指したい方に向いている職種です。

金融系エンジニア

仕事内容

金融系エンジニアとは、大手銀行や証券会社、保険会社などの金融業界で働くエンジニアです。

主な仕事内容としましては、金融系システムの設計~構築、運用保守等があげられます。インフラ開発やアプリ開発といった分野に分けることができるでしょう。

また、金融業界は常にセキュリティ強化について取り組んでいます。サイバー攻撃からシステムや顧客情報を守るべく、常に最新の対策を取らなければなりません。

そのため、インフラ・アプリ開発といった仕事以外にもセキュリティのスペシャリストが必要である業界となっています。

SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなどのWEBアプリケーションの脆弱性をつく攻撃や、最近では、ランサムウェアサイバー攻撃が話題になったことが記憶に新しいです。

セキュリティの対策としてあげられることは、ネットワークの分離や防御の多重化、アプリケーションのチューニング・最新のセキュリティパッチの適用等があげられます。

また、関係者を装った標的型攻撃等も存在しますので、一人一人のセキュリティリテラシーを高めることも重要であるといえますね。

サイバー攻撃は巧妙化し続けているため、セキュリティに精通したエンジニアは今後も需要が伸びていくと考えられます。そして、その対策にはサーバやアプリケーション、ネットワークなどの広い知識が必要になってきます。

必要なスキル

・サーバ(Linux、Unix、COBOL等)のコンピュータ言語
・ネットワーク(スイッチ、負荷分散装置等、ファイアウォール)に関する技術・知識
・セキュリティへの関心
・コミュニケーション能力
SEとして、まずはサーバを触ることが大前提であるため、Linux等のコンピュータ言語の理解が必要であるといえます。そして、仕事内容で述べた防御の多重化という観点で、ネットワーク機器に強いと理解が深まるでしょう。

セキュリティへの関心は金融系以外にも通ずることですが、常にアンテナを張っておくべき事柄であると考えられます。

また、銀行等の客先で働くエンジニアであれば、サーバ等の機器を扱うベンダーや、顧客とのやりとりが頻繁に行われます。顧客の要望をヒアリングするスキルが必要なため、コミュニケーション能力はとても大事であると考えられます。

ブロックチェーンエンジニア

仕事内容

ブロックチェーンエンジニアとは、ビットコイン等の仮想通貨の根幹であるブロックチェーン技術を扱えるエンジニアのことです。

仮想通貨はニュースやメディアなどでよく目にすると思いますが、ブロックチェーン技術は今後、銀行業・保険業・政府等の様々な分野での活用が期待されています。

ブロックチェーン技術に理解が深いエンジニアは確実に今後需要が高まると考えられています。

必要なスキル

・ブロックチェーン技術に関する知識
・ブロックチェーンを実装できる言語(Python、C++、Java、Go言語等)

ブロックチェーンエンジニアは、知識を深めることはもちろん言語を扱えることが必要となってきます。

しかし、ブロックチェーン技術を身に着けることにより、ほかのエンジニアとの差別化を図れます。

AIエンジニア

仕事内容

AI(人工知能)エンジニアですが、近年非常に需要が高い分野です。

機械学習・深層学習(ディープラーニング)等を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

AIエンジニアの仕事内容は、AIが効率的に学習していくためにデータ分析をすること、AIにデータを与えて学習させること(機械学習)です。

AIエンジニアはまだ数が少なく、そして非常に市場価値の仕事です。そして、最先端の技術に自ら関われるといったことは大変魅力的ですね。

必要なスキル

・機械学習に関する知識
・プログラミング言語(Python)

2点あげましたが、前提としてネットワークやデータベースに関する知識、基盤に関する知識など幅広い知識量が求められます。

最先端の技術を取り入れたい、常に新しいことを学ぶことが好きな方に向いていると考えられます。

クラウドエンジニア

仕事内容

クラウドエンジニアの仕事内容は、クラウドコンピューティング技術を利用しネットワークの構築・保守を行うことがメインです。

クラウドコンピューティングとは、簡単に言うと「ユーザがサーバやネットワークを持たずに、インターネットを通じてサービスを必要な時に利用するための技術」です。

急速にクラウド化が進み、インフラ開発をクラウドで行う企業が増えています。

・コストが抑えられる
・セキュリティの高さ
・場所を問わずにサービスを利用できる

利点として以上の事柄があげられます。

今後もクラウド化がますます進んでいくことが考えられるため、ますますエンジニアの需要は高まるでしょう。

必要なスキル

・クラウドコンピューティングの基礎知識
・サーバ、ネットワークに関する知識
・仮想化技術

これまでのインフラ部分をクラウド化していくため、クラウドエンジニアにはサーバやネットワークの知識が求められます。

また、クラウドを支えている仮想化技術といった、幅広いITへの理解が必要となってきます。

プログラミング言語を学ぶなら

SEを目指す第一歩として、プログラミング言語を取得することは強い武器になります。

需要の高い言語を習得することで、エンジニアとしての市場価値も上がってきます。

現在エンジニアを目指されている方でプログラミング未経験の方には、オンラインスクールをおすすめします。

Code Campについて

Code Campとは、オンラインのマンツーマンプログラミングスクールです。

ビデオ通話を利用して全国どこからでも受講できるため場所を選ばないこと、早朝から夜遅くまでレッスンができるのでスキマ時間で勉強できることがおすすめできる理由です。

まとめ

実際の仕事内容や必要スキルを知ることにより、どんなSEになりたいかを考えやすくなったでしょうか。

自身の目指すべき理想のエンジニア像を固めることは大切なことです。

「この技術を習得すれば最先端のことができる」「安定した業界で腰を据えて働きたい」「この言語は将来必ず需要が伸びていくので習得してみたい」

このようにぼんやりでも構いませんので、ITエンジニアを志す上で目標を決めましょう。

目標を決めることによって行動に繋がり、行動することにより自身のレベルアップになります。

そして、ITエンジニアという職業は常に勉強を続けていくことになります。IT技術はゴールが見えず、常に進化し続けているためです。

「勉強をし続けることは大変」と思うかもしれませんが、大変だからこそやりがいのある職業です。

理想のエンジニア像に自分自身がなるために、楽しい努力を続けていきましょう。