どんなSEになりたいか?ITエンジニアの分類と仕事内容や方向性

どんなSEになりたいか?ITエンジニアの分類と仕事内容や方向性

「どんなSEになりたいか?」

SEとしてすでに働く方はもちろん、ITエンジニアとして働きたい方は日々自身の将来像を考えているはずです。

しかし、一言に「ITエンジニア」といっても職種は様々。

働く業界によっても仕事内容が全く違うため一概にエンジニアの将来といわれてもピンとこないでしょう。

また、エンジニアを目指す方は、何ができればどのような業界で働けるのか、たくさんあるIT技術の中で何を習得すべきか等、疑問に感じたことがあるはずです。

そこで今回はエンジニアを目指す方に向けて、エンジニアの分類や方向性について、仕事内容や必要スキルと併せて紹介していきます。

分類別エンジニアの仕事内容と求められるスキル

WEBエンジニア

仕事内容

WEBエンジニアとは、WEB上で動作するWEBアプリケーションの開発を行うエンジニアです。
有名なWEBアプリケーションとしては、FacebookやTwitter、Amazonや楽天などがあげられます。

・SNSで近況を投稿する
・メールフォームで問い合わせをする
・WEBサイトでショッピングをする

SNSやオンラインショッピングなどは大体の方が利用されたことがあると思います。

このような仕組みは、WEBエンジニアが作りあげているのです。
WEBエンジニアの仕事は、WEBサイトに特化したプログラミングを行うことがメインとなります。

また、スマートフォンの普及に伴い、スマートフォンに対応したシステムも幅広く求められています。

WEBエンジニアは、常に時代に対応した新しい技術に適応することが求められると考えられます。

インターネットがある限り、今後もWEBエンジニアの需要はますます伸び続けます。

必要なスキル

・プログラミングスキル
・日々学習する向上心
HTML、CSS、PHP、JavaScript、Ruby等のプログラミングスキルが必要です。
WEBエンジニアの仕事は、WEB上で動作するアプリケーション開発であるため、PHPやJavaといったプログラミング言語のほかにHTMLやCSSなどのWEBサイトを構成・装飾するといった技術も必要です。

WEBエンジニアには日々進化していく技術・言語に対応することができ、常にスキルアップを目指したい方に向いている職種です。

金融系エンジニア

仕事内容

金融系エンジニアとは、大手銀行や証券会社、保険会社などの金融業界で働くエンジニアです。

主な仕事内容としましては、金融系システムの設計~構築、運用保守等があげられます。インフラ開発やアプリ開発といった分野に分けることができるでしょう。

また、金融業界は常にセキュリティ強化について取り組んでいます。サイバー攻撃からシステムや顧客情報を守るべく、常に最新の対策を取らなければなりません。

そのため、インフラ・アプリ開発といった仕事以外にもセキュリティのスペシャリストが必要である業界となっています。

SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなどのWEBアプリケーションの脆弱性をつく攻撃や、最近では、ランサムウェアサイバー攻撃が話題になったことが記憶に新しいです。

セキュリティの対策としてあげられることは、ネットワークの分離や防御の多重化、アプリケーションのチューニング・最新のセキュリティパッチの適用等があげられます。

また、関係者を装った標的型攻撃等も存在しますので、一人一人のセキュリティリテラシーを高めることも重要であるといえますね。

サイバー攻撃は巧妙化し続けているため、セキュリティに精通したエンジニアは今後も需要が伸びていくと考えられます。そして、その対策にはサーバやアプリケーション、ネットワークなどの広い知識が必要になってきます。

必要なスキル

・サーバ(Linux、Unix、COBOL等)のコンピュータ言語
・ネットワーク(スイッチ、負荷分散装置等、ファイアウォール)に関する技術・知識
・セキュリティへの関心
・コミュニケーション能力
SEとして、まずはサーバを触ることが大前提であるため、Linux等のコンピュータ言語の理解が必要であるといえます。そして、仕事内容で述べた防御の多重化という観点で、ネットワーク機器に強いと理解が深まるでしょう。

セキュリティへの関心は金融系以外にも通ずることですが、常にアンテナを張っておくべき事柄であると考えられます。

また、銀行等の客先で働くエンジニアであれば、サーバ等の機器を扱うベンダーや、顧客とのやりとりが頻繁に行われます。顧客の要望をヒアリングするスキルが必要なため、コミュニケーション能力はとても大事であると考えられます。

ブロックチェーンエンジニア

仕事内容

ブロックチェーンエンジニアとは、ビットコイン等の仮想通貨の根幹であるブロックチェーン技術を扱えるエンジニアのことです。

仮想通貨はニュースやメディアなどでよく目にすると思いますが、ブロックチェーン技術は今後、銀行業・保険業・政府等の様々な分野での活用が期待されています。

ブロックチェーン技術に理解が深いエンジニアは確実に今後需要が高まると考えられています。

必要なスキル

・ブロックチェーン技術に関する知識
・ブロックチェーンを実装できる言語(Python、C++、Java、Go言語等)

ブロックチェーンエンジニアは、知識を深めることはもちろん言語を扱えることが必要となってきます。

しかし、ブロックチェーン技術を身に着けることにより、ほかのエンジニアとの差別化を図れます。

AIエンジニア

仕事内容

AI(人工知能)エンジニアですが、近年非常に需要が高い分野です。

機械学習・深層学習(ディープラーニング)等を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

AIエンジニアの仕事内容は、AIが効率的に学習していくためにデータ分析をすること、AIにデータを与えて学習させること(機械学習)です。

AIエンジニアはまだ数が少なく、そして非常に市場価値の仕事です。そして、最先端の技術に自ら関われるといったことは大変魅力的ですね。

必要なスキル

・機械学習に関する知識
・プログラミング言語(Python)

2点あげましたが、前提としてネットワークやデータベースに関する知識、基盤に関する知識など幅広い知識量が求められます。

最先端の技術を取り入れたい、常に新しいことを学ぶことが好きな方に向いていると考えられます。

クラウドエンジニア

仕事内容

クラウドエンジニアの仕事内容は、クラウドコンピューティング技術を利用しネットワークの構築・保守を行うことがメインです。

クラウドコンピューティングとは、簡単に言うと「ユーザがサーバやネットワークを持たずに、インターネットを通じてサービスを必要な時に利用するための技術」です。

急速にクラウド化が進み、インフラ開発をクラウドで行う企業が増えています。

・コストが抑えられる
・セキュリティの高さ
・場所を問わずにサービスを利用できる

利点として以上の事柄があげられます。

今後もクラウド化がますます進んでいくことが考えられるため、ますますエンジニアの需要は高まるでしょう。

必要なスキル

・クラウドコンピューティングの基礎知識
・サーバ、ネットワークに関する知識
・仮想化技術

これまでのインフラ部分をクラウド化していくため、クラウドエンジニアにはサーバやネットワークの知識が求められます。

また、クラウドを支えている仮想化技術といった、幅広いITへの理解が必要となってきます。

プログラミング言語を学ぶなら

SEを目指す第一歩として、プログラミング言語を取得することは強い武器になります。

需要の高い言語を習得することで、エンジニアとしての市場価値も上がってきます。

現在エンジニアを目指されている方でプログラミング未経験の方には、オンラインスクールをおすすめします。

Code Campについて

Code Campとは、オンラインのマンツーマンプログラミングスクールです。

ビデオ通話を利用して全国どこからでも受講できるため場所を選ばないこと、早朝から夜遅くまでレッスンができるのでスキマ時間で勉強できることがおすすめできる理由です。

まとめ

実際の仕事内容や必要スキルを知ることにより、どんなSEになりたいかを考えやすくなったでしょうか。

自身の目指すべき理想のエンジニア像を固めることは大切なことです。

「この技術を習得すれば最先端のことができる」「安定した業界で腰を据えて働きたい」「この言語は将来必ず需要が伸びていくので習得してみたい」

このようにぼんやりでも構いませんので、ITエンジニアを志す上で目標を決めましょう。

目標を決めることによって行動に繋がり、行動することにより自身のレベルアップになります。

そして、ITエンジニアという職業は常に勉強を続けていくことになります。IT技術はゴールが見えず、常に進化し続けているためです。

「勉強をし続けることは大変」と思うかもしれませんが、大変だからこそやりがいのある職業です。

理想のエンジニア像に自分自身がなるために、楽しい努力を続けていきましょう。