システムエンジニアとプログラマの違いは?仕事内容や最新の動向まで一挙紹介

システムエンジニアとプログラマの違いは?似ているようで異なるそれぞれの特徴とは システムエンジニアとプログラマ、どっちもSEじゃないのか?と混同しがちですよね。 ちなみにSEはシステムエンジニアの略称です。 では、両者は具体的に何が違うのか。 まずは仕事内容や年収など、主な違いについて考えてみたいと思います。 この両者の違いを語る上で一番のポイントは、仕事の内容です。 システムエンジニアもプログラマも、広い意味では「情報システムを構築するための専門家」であることには変わりはありません。 それでは違いが何かと言いますと、請け負っている仕事の分担が異なります。

システムエンジニアの仕事内容とは

情報システムは、主に企業の業務や人の生活などをより便利に、より効率よくするために生み出されるものです。 しかし顧客である企業や人は、「便利になりたい、業務が効率化したい」という漠然とした想いはあっても、「こうすれば便利になる、効率化される」という明確な解決方法を持っているわけではありません。 そんな顧客の想いを聞き取り、システムの設計書を作成するのがシステムエンジニアの業務です。 システムエンジニアは基礎的な原案(基本設計)から、プログラマがシステムをコーディングするための設計書(概要設計書、詳細設計書)まで、様々な設計書を作成する必要があります。 また、システム構築を行う上で発生する課題や調整ごとなどについて、解決を行なっていくこともシステムエンジニアが行います。プロジェクトによってはSIerが介する場合もありますが、多くのケースでは顧客と直接会話をして調整を行っていきます。 調整内容は多岐にわたります。開発途中で発生した課題の解決方法の提案、進捗状況の報告、中にはシステム稼働時に全ての機能が納品できず、制限事項を調整するケースもあります。 このようにシステムエンジニアは、システム構築における設計者であり、ディレクターであるのです。

プログラマの仕事内容とは

プログラマは、システムエンジニアが作成した設計書を元に、プログラミング言語を用いて実際のシステムに作り込んでいく職業です。 システムエンジニアが作成する設計書は、データベースの構造や画面構造、帳票レイアウトなど、「システムを構成させるための最低限の要素」しかありません。 そこから実際にシステムとして動作させるためにどのようにプログラミングをすれば良いのかを考えるのはプログラマの仕事です。 また、システムエンジニアはプログラミング言語について完璧に把握していない場合が多く、プログラムの仕様上実現不可能な内容が記されている場合もあります。例えばプログラミング言語では2桁しか持てない配列に100個以上の項目を格納するように指示されていたりします。 そんな時にシステムとしての回避方法を検討し、システムエンジニアと調整を行うのも仕事の一つです。 なお、顧客との調整はシステムエンジニアが行います。プログラマが直接顧客と会話を行うことはありません。 理由としては、一つのシステムに非常に数多くのプログラマが関わるため、一人一人が顧客と会話していたら物事が進まないことと、プログラマの言葉はシステムに寄りすぎており、顧客が理解できない場合が多いことが挙げられます。 プログラマは、ものづくりの職人のような存在です。

システムエンジニアとプログラマーに求められるスキルの違い

それではシステムエンジニアとプログラマで、求められるスキルにはどのような違いがあるのでしょうか。次にそれぞれの仕事の特性から、必要なスキルについて紹介いたします。

システムエンジニアに求めれるスキル

システムエンジニアに必要なスキルとして、まず挙げられるのが顧客との交渉力です。 顧客と直接会話をする中で、時にはこちらに不利となるオーダーを提示される場合があります。顧客は出来る限り短納期で、与えられた予算内で、最高の品質のシステムを求める傾向にあるためです。 そんな中で真っ向から対立しても、顧客との関係が悪くなるだけで良いことはありません。顧客の要望を聞きつつ、現実的な着地点に軟着陸させる交渉力が必要となります。 また、顧客の漠然とした要望をシステムとして構築させるための論理的思考力や、実際の設計書をまとめる際の文章作成能力などが必要となります。

プログラマに求めれるスキル

プログラマはまず、利用するプログラミング言語について精通している必要があります。設計書から適切な命令文を組み上げて、システムとして動作させるには必須のスキルです。 また、設計書には顧客の気持ちが全て書かれているわけではありません。文脈を読み、顧客の真の要望がどこにあるのかを汲み取るスキルも必要になってきます。 システムエンジニアほどではありませんが、コミュニケーション能力も必要です。システムは1人のプログラマのみでできるわけではなりません。携わっているプログラマや、設計書を作成したシステムエンジニアと会話をしていくことでより良いシステムへとできあがっていくのです。

システムエンジニアとプログラマの年収の違いは

ここまでシステムエンジニアとプログラマの違いについて記してきました。 それでは実際にどちらの業務の方が良いのでしょうか。次に年収の視点から両者の利点について紹介いたします。 厚生労働省が発表した、平成28年賃金構造基本統計調査によると、全国の平均年収は以下の通りです。
  • システムエンジニア:547.1万円
  • プログラマ:414.6万円
これはIT業界に限らず一般的な世の中の動きとして、上流工程に携わる人員の方が、下流工程に携わる人員よりも給与が高い傾向にあります。 情報システムも、上流工程(設計)を行うシステムエンジニアの方が下流工程(プログラム)よりも高くなっております。 ただし、「プログラマだから稼げない」というわけではありません。たしかに統計上ではシステムエンジニアよりも低い傾向にありますが、中にはフリーランスで1000万円以上稼いでいるプログラマも存在します。 世の中のシステムはプログラマが存在しないと成り立たないものです。高いスキルを持つ人には高い報酬が支払われています。

システムエンジニアとプログラマの転職のしやすさの比較

転職を行う上で有利なのは、国内だけに限定すればシステムエンジニアです。 システムエンジニアという職業は、顧客とコミュニケーションを密に取る関係上から、高い日本語の語学力が必要となります。そのため、海外の企業が参入しづらい職業です。 一方プログラマは設計書が読めれば作成可能のため、中国やベトナム、インドのソフトウェア会社が日本の案件を取り扱っていることも珍しくありません。 日本国内の需要としてはシステムエンジニアの方が高く、転職はしやすいといえます。 一方海外に目を向けると、プログラマの方が需要が高くなります。英語さえできれば海外の企業でも十分通用するのがプログラマという職業です。 ただし、インドやベトナムは日本に比べて圧倒的に安い賃金で仕事をこなしています。そのような世界で高い賃金を得るには、自分にしかない付加価値をアピールする必要があります。

システムエンジニアとプログラマはどっちがフリーランスとしての活躍できるか

フリーランスとしての仕事は圧倒的にプログラマの方が需要があります。 システムエンジニアは、チームがあってはじめて成り立つ職業です。複数人のプログラマや、データベース、サーバ、ネットワークのスペシャリストなどを抱えて数千万、数億円の案件を行うのが普通です。そのためには企業に勤めるか、自分で会社を興すかのどちらかが必要となります。 しかしプログラマの職業は、個人でも十分行うことができます。機能を細分化することで、個人として取り扱える金額に落としこめるためです。 また最近はクラウドソーシングのサイトも増え、個人でも気軽に仕事を受注できるようになりました。 フリーランスはスキルさえあればいくらでも稼ぐ事ができるため、需要は増えています。

システムエンジニアとプログラマは総合的にどちらがいいの?

システムエンジニアもプログラマも、どちらも一長一短あります。一概にどちらが良いということはできません。 年収はシステムエンジニアの方が高い傾向はありますが、フリーランスのプログラマはシステムエンジニアよりも稼ぐケースもあります。 それではどちらを目指せばよいのでしょうか。 この2つの職業で明確に異なるのは、チームで動くか単独で動くかというところです。 システムエンジニアはチームを組まないと成り立たない職業です。多くの専門家をとりまとめ、全体を見通す能力が必要となりますが、個人としては特定の能力に特化する必要はありません。 一方プログラマは、ある程度は一人でも活動を行うことができます。もちろんプロジェクトメンバーとのコミュニケーションは大切となりますが、自己の領域はきちんと確保しながら作業を行うことができます。 チームで行うディレクターのような職業が合っている人はシステムエンジニア、単独で職人のような職業が合っている人はプログラマを選ぶとよいでしょう。

システムエンジニア・プログラマにとして注意すべきポイント

ここまででシステムエンジニア、プログラマの両者の違いについて紹介しました。 それではシステムエンジニアとプログラマになるためにはどのようなことを気をつける必要があるのでしょうか。 次に最新の市場の動向も踏まえ、どのような人材が重宝されるのかについて紹介いたします。 海外の技術者の台頭に気をつける。 近年のIT業界では、中国やインド、ベトネムの技術者が日本に進出しています。彼らは日本語を共通言語として意思疎通を行えるため、国内技術者となんら変わることなく活用が可能です。また、人件費は日本の半額以下というケースもあり、低価格短納期が基本であるシステム開発の世界では非常に重宝されています。 しかし海外活用にはいくつかのリスクも存在します。 まず、良くも悪くも仕様書に忠実に作り込みを行います。どう見ても明らかに誤った仕様書であっても、間違いを指摘するケースは少なく、それによりバグが発生した場合「誤った仕様書を作った方が悪い」と主張する場合も多く、扱いが難しいといわれますね。 またできあがった成果物も、単価が低い国ではまだ精度にばらつきがあり、作り直しでスケジュールを悪化するようなケースも散見されます。 そのような社会の動向を考慮した場合、それぞれの職業で必要となるスキルは以下の通りです。

注意ポイント①システムエンジニアの場合

システムエンジニアは海外の技術者に依頼する立場にあります。 上述の通り外国人技術者は良くも悪くも記述通りの作り込みを行うため、「行間を読んでうまいことやってくれる」という日本的な考えではうまくいかなくなってきました。 そこで重要なのが、「行間を読ませない仕様書作り」ができる技術です。国が違えども、誰が読んでも同じ成果物ができるような仕様書は、今の多国籍となったIT業界では必須スキルといえます。 そのためには、プログラミング言語にも精通している必要があります。 プログラマがどのように作る必要があるのかを知るには、自身がプログラムを組めないとなかなか難しいものです。システムエンジニアになる前に、プログラマとしてのスキルを習得するのもよいでしょう。

注意ポイント②プログラマの場合

プログラマにとって、海外の技術者はライバル関係にあります。 海外の安価な技術者が台頭する中で通用するプログラマになるには、「仕様書がかけるプログラマ」となることです。海外の技術者を活用する際、システムエンジニアは全てを仕様書に記す必要があります。そのため単価は安いですが、設計に多くの工数を割く必要があります。 そこで重要となってくるのが、「システムエンジニアの工数をいかに減らせるか」です。プログラマの単価が高くても、システムエンジニアの工数を削減でき、全体的に費用が削減できれば良いのです。 時には詳細設計以降のフェーズ請け負うなどが行えるプログラマは重宝されます。 また、正確で質の良い成果物は、全体のスケジュールの圧縮に貢献できるため、多少単価が高くても利用されます。 このように「高くても頼みたくなるスキル」を磨くことが重要です。

注意ポイント③新技術への対応が必須

近年は非常に速いスピードで進化していっています。新たな技術がどんどん出てきており、この前まで最新技術であったものがすぐに陳腐化していっています。 進化のスピードに合わせて、世の中のニーズも次から次へと変わっていきます。そんな中重要なのは、最新の動向を常におさえておくことです。業界のトレンドを常に把握して顧客に提案する、トレンドの技術を把握して作り込みを行う。その気持ちはシステムエンジニア、プログラマのどちらにも必要といえます。

システムエンジニアとプログラマの違いや特徴まとめ

システムエンジニアとプログラマの違いは、システムを構築する際の作業の区分けにあります。 システムエンジニアは顧客の要望から仕様書の設計を、プログラマはシステムエンジニアが作成した設計書を元にコーディングを行うことが主な仕事です。 平均年収はシステムエンジニアの方が高い傾向にありますが、高スキルでフリーランスで働くプログラマなどはそれ以上に稼いでいるケースもあります。 両者ともに必要なスキルや転職のしやすさなどは異なりますが、共通することは「相手を考えられる技術者」が重宝されるということです。システムエンジニアはプログラマが誰であっても理解できる設計書を、プログラマはシステムエンジニアの工数を削減できる提案をできる技術者が求められています。 また、日々進歩する世の中の動向をとらえ、常に新しい提案を行うことも求められてきます。 高いスキルが必要ですが、やりがいがある仕事です。目指している方はぜひ参考にしてみてください。]]>