SEは性格が悪い?システムエンジニアが人間関係で勘違いや誤解を招かないための方法

SEは性格が悪い?システムエンジニアが勘違いや誤解を招かないための方法

システムエンジニア(SE)といえば、実際の現場を知っている人からすると

  • 気難しそう
  • 頑固そう、プライド高そう
  • オタク趣味が多くて理解できなそう

などなど、なかなかに人を寄せ付けないイメージのある職業ですね。

勘違いや誤解をされていることも多いのですが、とにかく付き合いにくい、性格が悪いと思われがちな人種なのは、悲しいけれど事実です。

そこで今回は、その性格の悪いイメージを払拭して、人当たりのいいキャラになれるのか検証し、コミュ力をあげる方法を集めてみました。

性格の性格の悪さは職業病である

SEは性格が悪い?システムエンジニアが人間関係で勘違いや誤解を招かないための方法

職業病とでもいうべきでしょうか。

やさしく笑顔の絶えない事で有名だったさわやか好青年も、SEとして就職し仕事で揉まれていくうちに、

やさぐれた性格になってしまい、人付き合いを面倒くさがったり苦手に思う陰キャになってしまうケースは少なくありません

しかし陰キャになった今でも、本当はいろんな人と交流し、リア充みたいに楽しく皆で「うぇーい」と騒ぎたいと思っている人は多いかと思います。

でなければ、匿名掲示板やtwitterみたいな場所でみんなで盛り上がったりして、寂しさを埋めていたりする人はあんなにも多くはないはずです。

SEが性格が悪くなってしまうには理由がある

SEは性格が悪い?システムエンジニアが人間関係で勘違いや誤解を招かないための方法

「SEって、本当に性格が悪い人ばっかりなの?」と訊かれたら、

「そんなことないよ。ちゃんとコミュニケーションが取れて人に気遣いもできる、やさしい人だって結構いるよ」と普通に答えを返せます。

しかし同時に、「優秀なSEになればなるほど、性格は反比例するように良くない人が多いかもな…」とも思ってしまいます。

もちろん性格が良くて優秀だという完璧超人なSEも世の中には存在しますが、正直個人的な経験では、その数はとてもレアだと言わざるをえません。

なぜかは知りませんが、性格の良い人ほどSEという仕事には向いていない事が多いのです。いやすみません、知らないというのは嘘です。

本当はなぜ優秀なSEほど性格が悪くなってしまいがちなのか、思い当たる点がちらほらとあります。

例えば、

  • 毎日の激務、残業、休日出勤でストレスがかなり溜まってしまっている
  • 正確さこそがSEの仕事においてなによりも大事なので、どうしてもミスを許せない神経質で細かい性格になってしまう
  • 冗談も通じにくい
  • 業種的に人に喜ばれる、感謝される機会がとても少ない
  • 人から直接喜ばれる機会がなかなか無く、性格が歪みやすい
  • 外回りをする機会が少ないので見た目にあまり気を使わないので、清潔感の無い人がどうしても多くなりがち
  • 休みは一人で趣味に没頭していて人と私生活で接する機会が少なく、単純にコミュ力が無い人も多い
  • SEはプログラムでいろんな事を思い通りにコントロールできる仕事なので、思い通りにいかない人の心を相手にするのが苦手

…書き始めてみたら、思ったよりもかなり沢山の理由が出てきてしまいました。

結構深刻というか、問題は山積みのようですね。

上で挙げた事の中に、いくつか自分にもこれは当てはまっている、と思い当たる節はあるでしょうか。

自慢じゃありませんが、私は何個もあります。しかし自虐的な気持ちになっていないで、ひとまずはこれらの問題点をもう少しシンプルにまとめてみる事にしてみます。

付き合いにくいSEの特徴

  • 気難しくて神経質、プライドが高い
  • 見た目に気を使わない
  • 会話が上手じゃない

と言った所でしょうか。正直言って仮にいくら仕事ができたとしても、そんな人と友達になりたいという人はかなり少ないだろうなと、自戒の意味も込めて思ってしまいますね。

「友達なんぞいらん。嫁は二次元にいるから寂しくない」なんて達観した人ならば話は別ですが、やはり人間、理解し合える友人や恋人が欲しいものです。

上に書かれている理由を見て自分に思い当たる節があった現役SEの皆さん、改善する方法を少しの間見てみて、お互い性格が良くなれるかを一緒い考えてみましょう!

必見!SEが人間関係を上手くいく方法

大半の人はせっかくのお休みの日に、いつも厳しく自分に当たってくる会社の上司達と一緒に遊んで過ごしたい、なんて思わないですよね。

そんな事しても気を使ってしまって、せっかくの余暇なのにぜんぜんリフレッシュできませんし、日頃の疲れも取れないですよね。

それと同じで休みの日に会うあなたの友人も、こちらが仕事モードと同じままの頑固な雰囲気だと、遊んでいても相手は楽しい気持ちになれないものです。

まずは仕事時と余暇の日の自分を、スイッチのオンオフのように切り替えられるようになるのが肝心です。

仕事はあくまで自分だけの問題であり、私生活で会う友人や知らない人にとっては関係のないことです。

毎日仕事で大変なのは分かりますが、オフで会う人相手にはあまり愚痴をこぼさないよう心がけましょう。自分も楽しみ、相手を楽しませる気持ちを持てるよう心がけましょう!

方法①見た目に気を使う

SEは性格が悪い?システムエンジニアが人間関係で勘違いや誤解を招かないための方法

「人の第一印象の九割は、見た目で決まる」と言われています。

それくらい服装に気を使う事は大事な事です。と言っても無駄にお金をかけてみたり、やたらお洒落にこだわってみたりする必要はまったくありません。

いや、自分が「どうせだったら徹底的にお洒落にしてみたい!」と心から思っているのなら、もちろん洋服にこだわってみてもいいのですが。

知り合いの何人かの女性に男の服装について聞いてみると、「アニメTシャツを着てくる」「サンダルを履いてくる」というようなことをしなければ、

「清潔感が合って、あまりにもダサくなければなんでもいい」という答えが大半でした。

要するに、ユニクロあたりで全然オッケーで、ちゃんと洗ってアイロンをかけて、ヨレヨレじゃなければ大半の人はそれで大丈夫だということです。

アイロンを使うのがめんどくさいと思う人は、「衣類スチーマー」という商品が洋服をハンガーにかけたまま手軽にしわを伸ばせることができるので、とても便利でおすすめですよ。

あとは日頃の身だしなみとして、

  • ちゃんとお風呂に入る
  • ひげをていねいに剃る
  • 爪もきちんと切る
  • 口臭に気を使う
  • 髪の毛は2ヶ月に一度程度は切る

脇や足の裏や股間の他に、首回りや耳の裏あたりも匂いやすくなりやすいので、そのあたりを入念に洗っておくと良いでしょう。

ここに日々気を使うだけでも、だらしなさが無くなって大分雰囲気は変わってくると思います。あと、もし家に人を招くなら、部屋の掃除の他に、

  • 台所
  • トイレ
  • お風呂

といった水回りを特にきれいにしておくと清潔感がグッと増すので良いでしょう。

方法②会話に気を付ける

SEは性格が悪い?システムエンジニアが人間関係で勘違いや誤解を招かないための方法

さてSEという人種最大の仕事病というか、会話をしている時の面倒な特徴として、

「いちいち理屈っぽい」

という事があげられます。SEにとっては「いろんな物事の理屈が理解できた方が、世の中の事を知れていいじゃないか」と思うかもしれませんが、

世の中の多くの一般市民は、物事に正解なんて求めていたりはしない物なのです。

誰だって自分がまったく興味の無いスポーツや漫画作品や政治活動について、

  • どんなところが素晴らしいのか
  • どんなところが駄目なのか

理屈で何時間もかけて熱く語られて聞かされたとしても、まったく面白くないでしょう。それと同じ事です。

議論をしてどちらが正しいか、勝ちか負けかを決めるというのも好んだりはしません。正直喋ってて威圧感があって怖いとしか思われません

思えば雑談というものは、なりゆきに任せてどうでもいいくだらない話をして笑い合ったり、軽い情報交換をして風の向くまま自由に楽しむものです。

しかし、SEの中でもコミュ障気味の人は、それを議論だと思い、会話の中に論理的な正しさを求めてしまう傾向があります。これでは相手が疲れてしまいます。

そしてこれはSEに限った話ではないですが、よく女性から

「ただ話を聞いて気持ちを理解して欲しいだけなのに、男の人にこの間あった出来事や悩みを話すと、話の問題を解決したがってきて、正直迷惑だし疲れる」という話を聞きます。

ようするに話に対して解決案を出すのではなく、ちゃんと話を聞いて「大変だったね」「つからかったね」というふうに気持ちを汲み取って受け入れてくれれば、だいたいの人はそれで満足だという事なんですね。

私もはじめてその話を聞いた時、いまいち言っている事がうまく理解できませんでしたが、結構大事な事なので意識して慣れておきましょう。

SEは性格が悪い?システムエンジニアが人間関係で勘違いや誤解を招かないための方法

また、話し上手というと

「自分からどんどん面白い話を降っていって、常に周囲をにぎやかに盛り上げる。」

なんていうイメージがあって、自分にはそんなの無理だ、できる訳ないと思ってしまうかもしれませんね。しかし、たとえ面白い話をするのが苦手でも、話題が豊富でなかったとしても、

  • きちんと相手の話を聞く事ができ、
  • 相手の事を思いやってやさしく返事ができる

事に気をつけるだけで、多くの人から好かれる事は可能です。

だいたいの人はたとえその話が面白かったとしても、自分の話ばかりをする人よりは、人の話をきちんと聞いてくれている人を好む物です。

ゴージャスな外食をするよりは、落ち着ける家庭で自分の好きな物を食べる事を好む人の方が多い事と、近いかもしれません。

自分の気持ちや考えを押し付けるのではなく、相手の気持ちや言う事を受け入れようとする姿勢ですね。

そういう人に相手は敵意を感じたりせず、この人は安心できる人だと好意を抱く事でしょう。

SEという職業柄、プログラムの粗を探すように相手の欠点や会話の粗を探してしまいがちですが、仕事は仕事、休暇は休暇

先述したように、スイッチを切り替えて優しく接する術を身につけましょう!

方法③趣味や価値観の会う人と付き合う

SEは性格が悪い?システムエンジニアが人間関係で勘違いや誤解を招かないための方法

そもそもSEとして仕事している人は、もともと内向的で繊細で優しい気持ちを持っている人が多く、ただ不器用で勘違いされやすいだけとも言えます。

なので自分の持っていない技術を新しく習得するというよりは、もともと自分が持っている物を少し上手に表現できるようになるだけで、十分素敵な人間に戻る事ができるとも言えるでしょう。

しかし、ここまで読んでみても、「そこまで誰にでも人に気を使ったりしてまで、友達なんていらないよ。疲れるだけじゃん」と思う人もいるかもしれません。

たしかに友人は誰でも良いと言う訳ではありません。むしろ慎重に気の合う友人を選ぶべきだと言えますよね。

SEの人はたいていオタク趣味というか、突き詰めた趣味をひとつやふたつを持っていたりするものですよね。

アイドル、アニメ、ロボットに鉄道といったいかにもな物から、野球や山登りや車やグルメ店めぐりといった一般的なものまで、いろんな趣味を持つ事は人生を豊かにするし、とても素敵な事です。

いまはTwitterやFacebookなど各種SNSで、趣味や話の合う人をとても見つけやすい時代です。

無理にみんなにたいして社交的にならずとも、気の合いそうな人を見つけたら話しかけてみて、仲間を集めてグループを作るなりすれば、それだけで人生の楽しさは何倍も変わる物です。

個人的にもいろんな人と話してみても、結果的に何年も仲良くしているのは、趣味や価値観の合う人がほとんどです。

SEは性格が悪い?システムエンジニアが人間関係で勘違いや誤解を招かないための方法のまとめ

職業柄人付き合いというものに適していない印象があるSEですが、

仮に人付き合いが絶望的に苦手だとしても、最低限の簡単な事に気を配るだけで周囲の印象は大分変わるし、自分も楽しくなるものです。

それに他の人にはなかなかできない最新技術を習得してきた優秀なSEのあなたならば、これくらい習得するのは簡単なはずなのでチャレンジしてみましょう!