社内SEとは?仕事内容や社内エンジニアへの転職方法を解説

社内SEとは?仕事内容や社内エンジニアへの転職方法を解説

システムエンジニアの求人で「社内SE」というキーワードを見つけたことはありませんか?

社内のSEとはその名の通り、企業内のシステム運用をメインにする職種です。

社内SEは大きな枠組みとしてはSEと同じですが、通常のSEとは業務内容や必要なスキル、求められる人材などが異なっています。

ちなみに社内SEは一般的に楽とされており人気が高い職種です。

しかし人によって向き不向きがあるため、転職を検討する際にはきちんと内容を確認することをおすすめします。

今回はそんな社内SEについて、仕事内容から転職の仕方についてを要点をまとめて紹介していきます。

社内SEとは?業務内容や必須スキルを解説

まずは社内SEがどういった職業なのか、基本的な仕事内容から必要なスキルまでを紹介していきます。

社内SEの具体的な業務内容

企業を運営するためには様々なシステムが必要となります。

例えば一昔前までは

タイムカードで行っていた勤怠管理
出張旅費申請や受発注管理

など。

一般的な企業ではそれらシステムを外部のソフトウェア会社に依頼しますが、ソフトウェア会社では内部に専用の部門を作り、内製化を行います。

それら社内で活用するシステムの提案、設計、運用保守などを行う職業を社内SEと呼びます。

SEとの最大の違いは、顧客が社外にいるのか自社内にいるのかという点です。通常のSEは、外部の企業や個人に対して情報システムの提案、設計を行います。

一方社内SEは社内の計画部門などが顧客となり、社内で利用するシステムの開発を行います。

この顧客が外部にいるのか内部にいるのかで、求められるスキルや適性のある人材像などが全く異なってくるのです。

なお、仕事内容についてはSEとほとんど変わりがありません。
主な業務内容としては以下の通りです。

社内SEの業務内容①社内システムの提案、設計

まず社内の運用について、以下のような課題点を抽出します。

・紙による決裁が行われており、効率が悪い
・導入済みシステムについて、使い勝手が悪い

これら現在の状況から、より効率のよい状態となるような提案を行います。

提案内容が通れば次に行うのは設計作業です。

設計作業は通常のSEと変わりはありません。基本設計から概要設計、詳細設計とプログラマがコーディングできる設計書まで落としこんでいきます。

プログラマが納品したシステムの受け入れを行い、社内に導入を行うところまでが社内SEの作業です。

社内SEの業務内容②社内システムの保守

社内システムの運用が円滑になされるための保守作業を行います。

セキュリティパッチの適用、各種問い合わせ対応、システムトラブル時の復旧対応などを行います。

普通はSEではなくSierが行う作業ですが、社内SEの場合少人数で対応を行うケースが多く、一人で様々な役割をこなす必要があります。

社内SEの業務内容③IT関連のトラブル対応

これがSEとは最も異なる点です。社内で発生するIT関連のトラブル対応も、社内SEが行う場合が多くあります。

会社によっては一般社員がITについて明るくないケースがあります。パソコンを使っていて急にフリーズした。

ネットワークが切れてシステムが使えなくなった。そのような場合に現場に駆けつけて解消する業務もあります。

社内のIT技術に関する便利屋のような位置付けです。

社内SEの業務内容④必要なスキル

社内SEとして求められるスキルはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、基礎的なスキルについてはSEとなんら変わりはありません。漠然とした要望からシステム化を行うための論理的思考能力や、仕様書を作成するための文章作成能力。コミュニケーション能力やシステムに関する知識などです。

社内SE特有のスキルとしては、まず社内を見渡す能力が挙げられます。社内SEの仕事は、社内の無駄や効率化できていない部分について情報システムを提案することにあります。SEの場合顧客からヒアリングを行いますが、社内SEは社内の様子から課題点を見出すケースが多くなります。

そのため、普段から社内の様子を見渡して無駄や課題点の抽出を行う必要が出てくるのです。

また、IT関連の便利屋としての業務も時にはあるため、ITに関する幅広い知識も必要となります。

例えばSEの場合Excelの細かな関数などを知らないケースが多くありますが、社内SEの場合社員からの問い合わせに回答する必要があるため、幅広く知っていることが求められます。

社内SEは楽なの?実際の評判について詳しく解説

一般的に「社内SEは楽」と言われています。若干の違いはありますが、SEと社内SEは非常に似通った職業です。それなのに社内SEは楽な職業なのでしょうか。

次に社内SEとSEの違いについて、「社内SEは楽なのか?」という視点も交えて見ていきましょう。

SEと社内SEの最大の違いは、顧客が社外か社内かということはすでに述べました。
それにより仕事面で非常に多くの違いが出てきます。

社内SEの就業時間

社内システムの場合、社外の顧客に導入しているシステムに比べ、比較的緩い傾向にあります。例えば勤怠管理システムの運用保守の場合、業務時間後に利用できなくてもさほど社員は困ることはありません。

また、会社としても時間外の割増料金を支払って夜間や休日対応を行う必要はないと判断します。そのため、システムのメンテナンスなど計画的な保守作業を除き、時間外や休日対応は行わないことが多いです。

SEの場合、顧客の都合に左右されるため、例え休日であってもシステムトラブルの対応を行う場合があります。

社内SEの仕事のしやすさ

SEの場合、仕事毎に異なる顧客を相手する必要があります。そのため毎回新たな信頼関係を構築させる必要があります。

社内SEは社内の計画部門が顧客となるため、基本的に顧客が変わることはありません。そのため一度相手との関係性ができてしまえば、余計な関係構築を行う必要がありません。

また顧客は同じ会社の仲間のため、コミュニケーションもスムーズに行えます。

社内SEはSEに比べ仕事のやりやすい職業といえます。

社内SEは稼げる!?平均年収

SEと社内SEの平均年収は、およそ以下の通りです。

SE:約650万円
社内SE:約500万円

SEにくらべ、社内SEは収入が低い傾向にあります。

理由としては、社内システムは業績に結びつきにくい点が挙げられます。一般的にSEは、社外の顧客にシステムを開発、提供することで利益を上げます。

しかし社内システムの場合顧客は社内のため、どれだけ優秀なシステムを開発したとしても、直接的に会社の利益にはつながりません。

もちろん社員の作業効率が上がることによって、会社全体の支出が減るなど業績への貢献もあります。しかし直接的な利益を得ることができるSEとは、どうしても区別をされてしまい、年収にも差が出てしまいます。

社内SEの向き不向きについて

ここまでSEと社内SEの違いを紹介してきました。

それでは社内SEに向いている人材、向いていない人材について紹介いたします。

社内SEに向いている人材とは?

社内SEは、安定思考の人には向いている職業といえます。SEの場合売り上げの数値目標が課せられ、その目標達成のために常に新規開拓を行っていく必要があります。

社内SEの場合、多くのケースでそれら数値目標はありません。

社内SEの業務は社内で活用するシステムのため、その原資は社内の費用から捻出されます。もちろん長い目で見れば効率化で費用削減につながる可能性がありますが、一時的には社内費用を食いつぶすことになるため、年間で決まった費用の中で行われます。

そのため大きなノルマもなく、安定して業務を行うことができます。

社内SEに向いていない人材とは?

逆に上昇志向の人には社内SEは向いていないといえるでしょう。上述の通り社内SEの費用は年間で決まっていて、その費用の中でできる範囲で提案活動を行うことになります。

当然費用のかかる最先端技術など投資効果が不透明な提案は、どれだけ社員の作業効率が上がることをアピールしたとしても、通らない場合が多いです。

一方社外の顧客の場合はそれら最先端技術を先行投資として導入してもらえる場合が少なくありません。

このように最先端の技術を活用し、バリバリと仕事をこなして活躍したい人には向いていない職業といえます。

多くのメリットあり!社内SEへ転職する方法

SEと社内SEについては上述のとおりいくつかの違いがあります。

それでは社内SEになるにはどのような方法があるのでしょうか。

一般的に社内SEになるためには以下の方法があります。

【1】システム導入先企業に転職する
【2】社内システム部門に異動する
【3】求人に応募する

社内SEへの転職方法①システム導入先企業に転職する

SEとして客先にシステムを導入した後、その客先に転職し社内SEとして保守を行っていく道があります。

システムを安定的に運用していくためには、スキルの高いSEを囲い込むことが必要不可です。しかしソフトウェア会社の意向でスキルの高いSEが異動になってシステムから離れるリスクがあります。

そのリスクを回避するために、自社に転職をすすめるケースがあります。

システム導入企業に転職して社内SEになるメリット

元々自身で設計したシステムのため、転職後もスムーズに業務を行うことができます。仕事内容も転職前と変わらず、システムの安定稼働を行うことを求められます。

また、条件によっては転職前よりも好条件で転職が可能となり、収入がアップするケースもあります。

システム導入企業に転職して社内SEになるデメリット

システムについて、転職前の会社の支援が得られなくなります。システムの管理を行うために転職をしたため、システムについて「知りません」と言えない立場になります。

そのため、転職前にシステムの内部構造について熟知しておく必要があります。

また、導入システムを更新することになった場合に用無しとなってしまわないように、常にスキルを磨いておく必要があります。

社内SEへの転職方法②社内システム部門に異動する

働いている企業で社内システムの部門が存在する場合、その部門に異動を希望することで社内SEになることができます。

またそのような部門が存在しない場合でも、社内システムを構築するというケースがあります。社内システムの開発チームに参加することで最終的には社内SEに転向することも可能です。

社内システム部門に異動するメリット

転職には少なからずリスクがありますが、そのようなリスクを回避しながら社内SEとなることができます。

また働いている会社は変わらないため、大きな環境の変化はありません。

社内システム部門に異動するデメリット

一般的にSEよりも社内SEの方が給与水準が低い傾向にあるため、異動後年収が下がってしまう可能性があります。

また、社内での評価もSEよりも低くなる場合が多く、今後の昇進などは遅れてしまうでしょう。

社内SEへの転職方法③求人に応募する

求人サイトで「社内SE」のキーワードで検索するといくつかヒットするため、それに応募するのも有効です。

業務内容は様々です。社内システムの開発から、自社ネットワーク、サーバの保守、自社パッケージシステムの企画開発などがあります。

求人に応募するメリット

就職段階で社内SEとして採用されるため、安定して業務を行うことができます。

業務内容もあらかじめ公開されており、自身のスキルにマッチした企業を選ぶことができます。

求人に応募するデメリット

社内SEはソフトウェア業界でも人気が高い職種のため、競争率も非常に高くなります。

過去の業務経験や、資格など他のライバルに負けないアピールポイントを持つことをおすすめします。

また、会社によってはSEと社内SEの区別がないケースもあるため、就職時に社内SEだったもののいつのまにかSEとして働かされているということもあるため注意が必要です。

社内SEに転職するには転職エージェントを利用する

社内SEは人気が高いため、求人が出てもすぐに締め切られることが珍しくありません。

そんな倍率の高い中内定を勝ち取るためには、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは、数ある求人情報の中から依頼者の特性に合った求人を提供します。それらは独自のコネクションにより一般には公開されていない求人情報も持っており、独力で就職活動を行うよりも有利に進めることができます。

また企業情報も把握しているため、社内SEとSEの区別がない企業など、就職後に不利になるような要因にについて事前に情報をキャッチし、回避することも可能です。

社内SEを目指す上では非常に有効のため、積極的に転職エージェントを活用しましょう。

社内SEの仕事内容や社内エンジニアへの転職方法まとめ

社内SEは、自社内で利用するシステムの企画開発、運用保守を行う職業です。

一般的なSEとは異なり、就業時刻や休日が守られることが多く、非常に働きやすい職業といえます。

反面開発費の予算枠が決まっており、革新的な技術や先行投資など、投資効果が不透明な開発は却下される場合が多くあります。

そのため、最先端技術を使いこなしたい人には向いていない職業といえます。

社内SEになるにはいくつかの方法があります。特に求人から応募する場合は転職エージェントを利用することが近道となるため、積極的に活用しましょう。

社内SEは働きやすい上に安定した職業です。積極的に目指しましょう。