仕事に行くのが怖いと感じる原因と今日からできる5つの対策方法

仕事に行くのが怖いと感じている時の原因とは?今日からできる対策5選

仕事をしていると、時々「仕事に行くのが怖い」と感じる瞬間は、誰にでもあること。

ふとした時に感じることもありますが、日頃から常々感じている人もいるでしょう。

ブラック企業勤務による上司や同僚からの日常的なパワハラなど原因が明確な場合はさておき、なんとなく怖い・辛いと感じる場合はちょっと問題かも。

そうした時、余計に自分を責めてしまっていませんか?

仕事に行くのが怖いと感じるのは、自分自身からのSOS信号の可能性が高いのです。

その際は自分を責めずに、自分や周囲の環境を見つめ直すことから始めてみましょう。

ここでは「仕事に行くのが怖い」と感じる時の原因と対策について、それぞれのケースごとに見ていきましょう。

職場環境に問題があって仕事に行くのが怖いケース

仕事帰りが深夜になることが多かったり、仕事内容と比較して給料が低く感じたり、そうした職場環境に問題があるケースです。

長時間労働が続くと、どうしても「仕事に行くのが怖い」「仕事に行くのが辛い」と感じてしまいますよね。

朝、起きた瞬間から「今日は何時に帰れるのか」と考えると、仕事自体が嫌になってしまうのは無理もありません。

また、仕事内容と給料が見合っていないと感じた時は、それだけでもモチベーションは下がってしまい、仕事に行く理由が見出せなくなり、怖いと感じることがあるでしょう。

どんなに好きな仕事内容であっても、長時間労働やモチベーションの低下は肉体的にも精神的にもこたえます

そんな時の対処法は、以下の通りです。

職場が問題で怖い場合の対策①異動願いを出す

職場環境に問題がある場合、直属の上司や管理職、社長などへ直談判ができれば、労働時間や給料について相談してみましょう。

直談判できることが最善ではありますが、できないことのほうが多いはず。

そんな時は、異動願いを出して訴えかけるのが良いでしょう。

社内異動をすることで期待が持てるものは、労働時間の緩和と給料アップ

納得がいく結果にならなければ、転職を視野に入れてみると良いかもしれません。

職場が問題で怖い場合の対策②資格を取る

資格を取ることによって、仕事に対するモチベーションや給料が上がる見込みができます。

また、その資格に合った別の仕事を頼まれることがあるかもしれません。

仕事と勉強の両立は難しいかと思いますが、仕事内容に合った勉強であれば、仕事で培ってきた内容を最大限に活かすことができますので、勉強もスムーズに進むでしょう。

それでも納得がいかない場合は、転職をおすすめします。

その際に資格を持っていると、同業の世界であれば好条件の転職が成功しやすくなると言ったメリットがあります。

ミスが原因で仕事に行くのが怖いケース

取引先との間で大きなトラブルを抱えてしまった時や、同じミスを繰り返してしまい、上司から何度も注意を受けると、「仕事に行くのが怖い」と感じることがあるでしょう。

取引先との大きなトラブルには、直接自分が関与していなくとも責任を負う立場であれば、これも仕事に行くのが怖いと感じてしまう要因。

しかし、やらなくてはならないことを放置していても、現状打破はできません

また、ミスを繰り返してしまう時は自分に問題があるとは言え、責任感のある人ならば自己嫌悪から会社に行きづらかったり、居場所を失ったと感じたりしますよね。

むしろ、自分に問題がある場合には、そう感じないほうが社会人として問題があるとも言えるでしょう。

こんな時の対処法は、以下の通りです。

自分の不注意が原因で怖い場合の対策①取引先へのフォロー

取引先との大きなトラブルを抱えてしまった場合は、その後のフォローが大事になります。

自分が原因であってもなくても「どうフォローするか」によって、取引先との関係が維持されるか悪化するか変わってきます。

周囲にヘルプを要請したり、取引先へ謝罪して別の提案を行なったり、できることはなるべく自分でフォローしていくと良いです。

フォローができる、できないによって、皆さん自身の評価も変わってきますので、社会人としてアフターフォローはしっかりとできるようになりましょう。

自分の不注意が原因で怖い場合の対策②:自己分析

同じミスを繰り返してしまう場合には、自己分析を行なってみると良いでしょう。

・何が苦手なのか
・何故苦手意識があるのか
・何に問題があるのか
・何故問題があるのか
・どんなミスを繰り返すのか
・何故繰り返してしまうのか

これらを分析してみて問題点が発見できれば、改善できるように次は解決策を探しましょう。

目標を立てて解決策を実行したにも関わらず、改善ができていないように感じる場合は、その仕事が自分に向いていない、合っていないと見切り判断をすることも重要です。

人間関係で仕事に行くのが怖いケース

職場でパワハラを受けていたり、陰でこそこそ自分の噂をされていたりすると、居心地が悪いですよね。

居心地が悪いと感じる時も、「仕事に行くのが怖い」と思ってしまうでしょう。

上司からのパワハラは、上司に訴えたところで改善するような状況ではないことが多いはず。

また、陰口にもわざと自分に聞こえるように噂をする場合と、自分のいないところで噂をされている場合があるため、直接本人に「やめて」とは言いづらいことですよね。

むしろ、そんな勇気があれば居心地が悪いと感じることもないでしょう。

仕事をする上で、仕事内容や年収などの条件以上に重要とも言える人間関係。人間関係で悩んでいる人も多いのでは?

パワハラや陰口に限らず、「○○さんとは仕事がやりづらい」「社内派閥のようなものが嫌」など、直接仕事とは関係のない部分が、仕事を辞めたり転職したりする理由の中でも大部分を占めているようです。

そんな時の対処法は、以下の通りです。

人間関係が問題で怖い場合の対策①配置転換を申し出る

パワハラや陰口から逃げるためには、配置転換を申し出てみましょう。

原因である上司や同僚と距離を取ることで、居心地が変わる可能性は大いにあります

「逃げた」と思われたくない時でも、別の理由をつけて配置転換をしてもらうことにより、変に噂をされることもなくなるでしょう。

例え、噂が流れることになっても、配属先が変われば共感してくれる人も出てくるかもしれません。

まずは行動を起こすこと。いつまでも耐え続ける仕事生活を送っていては、そのうち精神的にまいってしまいます。

まずは、配置転換を申し出て新しい支店や配属先などで、いちからやり直すことが良いでしょう。

直接的原因がない限りは、自分の努力で変われるものではありません。

人間関係が問題で怖い場合の対策②転職活動で気を紛らわす

どうしても会社にいづらいと感じる場合には、転職活動を行なって気を紛らわす手段もあります。

会社全体の雰囲気や人間関係で悩みを抱え、仕事に行くのが怖いと感じてしまう人は、転職活動だけでなく思い切って転職してしまうことが自分の精神衛生的に良いと言えるでしょう。

耐え続けることによって、仕事に集中できなくなるどころか、仕事自体ができない状態になる場合も。

そうなってしまう前に、決断が必要になってきます。

仕事内容が合わずに仕事に行くのが怖いケース

仕事をしていると、その職が自分には合っていないのではないか、と感じる瞬間はありませんか?

本当は別のことをやりたいのに、仕方なく今の仕事をこなしていたり、頼まれると断れない性格で知らず知らずのうちに自分の範囲外の仕事まで引き受けてしまっていたり。

時には、仕事内容が合わないと感じるだけでなく、仕事量まで自分のキャパシティを超えてしまっていると感じる場合もあるでしょう。

「今度は何を頼まれるのか」「次に任されるのは何か」と考えていくうちに、「会社に行くのが怖い」と感じやすくなってしまいます。

他にも、やりたい職だと思って入社したものの、実際に会社へ行ってみると想像とはまったく違った、というケースもあるようです。

自分のやりたい仕事と、任されている仕事に差異がある場合は、どんなに環境が良くても「辛い」と感じてしまう原因ではないでしょうか。

やりたい仕事があるから入社したはずなのに…と後悔をする前に、どうすればやりたい仕事ができるのかを追求してみませんか?

こんな時の対処法は、以下の通りです。

仕事が合わなくて怖い場合の対策①異動願いを申し出る

自分のやりたい仕事のあるような部署への異動願いを出してみると良いでしょう。

これだけでも十分な結果は期待できると言えます。

入社早々の異動願いは難しいかもしれませんが、新しく覚える仕事が辛いと感じている時は、何をしてもミスばかり起こしてしまうものです。

それが重大なミスの可能性もあるため、無理して続けた結果がミスに繋がってしまう前に、やりがいを感じられる部署への異動を考えましょう。

仕事が合わなくて怖い場合の対策②転職活動を行なう

それでも自分のやりたい仕事が見つからない場合や、異動をするくらいなら会社自体を変えたい、と思う人は、転職することをおすすめします。

転職エージェントなどを利用すると、自分のスキルや経歴に見合った求人を探してくれるだけでなく、転職成功までのサポートも行なってくれます。

また、求人元の企業の雰囲気や社風を教えてくれることもあります。

あらかじめ企業の様子を理解した上で、自分に合った職へ転職できれば、仕事に行くのが怖いと感じることもなくなるはず。

何となく仕事に行くのが怖いケース

現状では特に問題はないのに、何となく仕事に行くのが怖いな、と感じている人も少なからずいることでしょう。

これまでに挙げてきた「仕事に行くのが怖い」と感じられる原因4つのどれにも当てはまらず、何となく気分が乗らない、何となく仕事に行くのが怖い、やる気が起きなくてミスをするのが怖い、などと言った状況に陥ってはいませんか?

仕事に行くのが怖いと思う原因が見当たらないことが一番厄介だと言えます。

原因がなくては対策も対処法も見つけづらいですからね。

しかし、原因がないならないなりに原因を探ることをしてみるのが良いでしょう。

こんな時の対処法は、以下の通りです。

なんとなく怖い場合の対策①生活習慣の見直し

まずは自分の生活習慣を見直してみましょう。

・睡眠時間はきちんと摂れているか
・食事は偏らずに3食食べているか
・アルコールは摂りすぎていないか
・プライベートの時間は楽しめているか

これらをチェックして、問題が見つかれば改善するように心掛けていきましょう。

なんとなく怖い場合の対対策②ココロのチェック

生活習慣を見直した上で、特に問題が見当たらなければ、今度はココロのチェック。

ココロのチェックとは、うつ病などの精神的な疾患にかかっていないかをチェックすることです。

本記事でチェック表をご紹介することはできませんが、インターネットが普及している現代ですので、検索すれば医師監修の下に作られたチェック表を見ることができます。

もし、ココロのチェックを行なって異常が認められるようであれば、「何となく会社に行くのが怖い」と感じる原因も見つかるかもしれません。

会社に行くのが怖いと感じる原因と今日からできる5つの対策方法のまとめ

これまでに「会社に行くのが怖い」と感じる5つの原因と対策をみてきましたが、当てはまるものがあった人は是非、対策法を試してみてください。

そして、その5つに共通して言いたいのは、仕事に行くのが怖いと感じたら、異動や転職をおすすめするということです。

どれもこれも、職場を改め一からすべてやり直すことで改善される可能性を秘めています。

仕事はころころと変えるものではありませんが、無理して続けるよりはずっと良い手段でしょう。仕事に無理のしすぎは禁物です。

関連記事:信用できない!会社の人間関係で疲れないための信用できない人との付き合い方

一刻も早く退職したい!職場いじめで会社を辞めたいときの5つの対処法