アプキャリについて

フリーランスにプラス(+)の情報をおつたえします!
アプキャリは、フリーランスの方や転職を希望の方にWeb転職やIT転職、さらに就職や転職活動のありとあらゆる情報をあなたのために発信するサイトです。

アプキャリでは、管理人が経験してきた転職ノウハウを惜しみなくご提供していきます。現役のエンジニアやキャリアアドバイザーなどプロの執筆者が、あなたのためのキャリアプランをご提案!

さらに、アプキャリにご来訪いただいたあなたのためだけに、本当は教えたくないような「ここだけ」の業界裏話や裏技的なノウハウも展開します。

管理人は未経験でIT業界に転職して早15年。今では大手サイトのプロジェクトマネージャーをするまでに成長できました。

今までの経験のすべてをまとめて公開していますので、ぜひできるだけ多くの記事に目を通し、あなたの今後の人生をよりよいものにしてほしいと願っています。

⇒おすすめ転職エージェントをすぐ見る

職業別の転職

SE・プログラマー転職

WEBデザイナー転職

フリーランス転職

タイプ別のおすすめ転職記事

転職が未経験の方

フリーランスの方

仕事で悩んでるの方

プログラミングスクール選びで悩んでる方

転職エージェントの選び方と重視する項目

有名な転職エージェントを選べば心配ないと思っている方は要注意。

特にIT・Web系の転職サイトやエージェント選びにはコツがコツが必要なのです。

転職エージェントを選ぶ決めては以下の4つとなります。

転職エージェント選びのポイント
  1. 求人量
  2. 提案力
  3. サポート力
  4. 専門性

です。

まずはじめに求人量。

転職先が見つからなければ始まりませんので、できるだけ案件が豊富なサービスを選ぶのは必須です。

次に提案力。

いっけん求人量に目が行きがちですが、転職では提案力とサポート力が非常に重要。

あなたのスキルを最大限に引き出す提案ができるアドバイザーが担当になるかどうかで転職が成功するか失敗するかが決まります。

そしてサポート力。

もしあなたが転職やフリーランス化を検討している場合、現職を続けながら自分の力で再就職先を見つけることは時間的にも精神的にも厳しいはず。

その際一人で調べたりエントリーすることなく、アドバイザーにお任せするだけで、業側にあなたの特性を最大限に引き出した提案してくれるかがよりよい転職へのポイントとなるのです。

ここでサポート力の高い転職エージェントは、在職中でもきめ細やかな配慮や対応を欠かすことなく、親身にあなたの味方になってくれます。

最後に専門性。

IT・Web業界は専門的な知識がないと、自分にマッチした求人を見つけることが難しいといわれます。

SEといっても、多くの専門領域があり、単純にSEだから、なんでもできるわけではありません。専門性を持ち合わせたアドバイザーが在籍するエージェントを選ぶことで、提案のミスマッチも防げます。また、今のスキルをさらに高める現場を見つけてくれるでしょう。

おすすめ転職エージェント比較表

サイト名 レバテック マイナビ TechClips
特徴 企業別対策で内定率が高い 大手ならではの求人数 高年収と高待遇に特化
求人 4,000件以上 8,000件以上 非公開
地域 首都圏、関西、九州 全国 首都圏
運営 レバテック株式会社 株式会社 マイナビ notari株式会社

IT転職初心者でも安心!おすすめエージェントランキング

マイナビクリエーター

マイナビクリエーター評価
最大のポイント!
大手転職エージェント・総合型で大量の求人を取り扱いながらも、IT業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍している

・IT転職者のほとんどが使っている!
・案件数が業界No.1
・大手中小問わず数多くの企業あり!

総合おすすめ度:76pt/100
全体的なバランスに富んだ王道系エージェント。求人数がダントツであり、多くの案件に出会える

マイナビ詳細
無料会員登録

レバテックキャリア

最大のポイント!

大手に引けを取らない求人数を取り扱うレバテックキャリア。企業別対策がポイントで、内定率は非常に高い実績

・大手IT系への転職に強い!
・専門スキルが高いアドバイザー多数
・自分にあった案件をとことん支援

総合おすすめ度:74pt/100

IT系でもっとも人気のある転職エージェントの一つ。多くの転職成功者を出している業界屈指の最強IT系エージェント

レバテック詳細
無料会員登録

テッククリップス

テッククリップス
テッククリップス総合評価
最大のポイント!
求人件数は非公開ということもあり、大手の転職エージェントよりは少なめと予想。ただし年収500万円以上の求人が8割以上という点、エンジニアのことを考えた良質な求人の多い

・キャリアアップに最適
・技術力に自信があるならベスト
・年収300万アップも!

総合おすすめ度:68pt/100

IT・web系で自分の力を持て余していると感じているなら是非利用したいエージェント。高額案件多数でスキルにあった条件が見つかる

アプキャリ
この3つのエージェントITに登録せずしてIT転職はきびしいと言えるほど確実に登録しておきたい王道の転職エージェント。あなた自身もまずはIT系専門エージェントから転職の基礎情報を学ぶことは必須です。

アプキャリ管理人について

経歴

  • 2001年:メーカー系SI会社に転職、官公庁系システムのSIに従事
  • 2007年:後期高齢者医療制度改正対応のシステム開発に従事
  • 2013年:運用委託業務の管理者として客先常駐およびWeb系開発サポート
  • 2015年:客先常駐解消

以降、フリーランスエンジニアとしてマイナンバー制度対応のプロジェクトマネジメント(PM)に従事
自治体向け基幹システムSIのPM・地方自治体向け基幹システムSIを行いながらAIなどの先端技術の提案

その後、大手Web系企業PMとして、BtoCサービスシステム開発と平行してアプキャリ運営開始!

現在はエンジニアやクリエーターの育成に力を入れ、次世代の人材育成に注力中です。

スキル(経験年数):

  • システムインテグレーション:14年
  • プロジェクトマネジメント:10年
  • 運用委託業務管理:4年
  • COBOL:2年
  • Java:7年
  • PHP:4年

レガシーシステムからウェブ系システムまでの一連を経験しています。また、プロパーとして勤めた後にフリーランスエンジニアとして現在も現場感を忘れずに仕事に取り組んでいます。

アプキャリを通じて未経験・経験者問わず、転職に成功していただけるような中身の濃い情報をお伝えしていきます!

転職エージェントはメリットだらけ!その理由

「転職したいけど何からどうしたらいいかわからない」
「仕事をしながらだと転職活動が全然進まない」
「エントリーはするものの転職先が決まらなくて焦る」

このような悩みを持った転職の最強の味方が「転職エージェント」です。

一言で言えば、いい人材を探している企業と、できるだけ自分の力を評価する会社を探している求職者をつなげる役目をしてくれるサービスです。

ここではそのメリットについてをわかりやすく解説します。

転職希望者にとっての最大のメリット

なんといっても、専門のアドバイザーが「無料」で適切な就職先を紹介してくれて、さらにエントリーまでもサポートしてくれることが最大のメリットでしょう。

就業しながら一人で転職活動を行うのは至難の業です。1人転職活動は時間がない中で焦って転職を急いでしまい、現職よりも悪い環境に再就職してしまう最悪のケースもあとを絶ちません。

転職エージェントを利用すれば、人生をよりよくする転職の機会を最大限に活かすことができるといっても過言ではありません。

多くの転職者を企業に送り届けたプロのアドバイザーが常にあなたの味方になってくれるのです。

しかもタダで。

これは利用しない手はないわけです!

採用側にもメリットがたくさんある!

転職エージェントから紹介された人材は、採用側にも大きなメリットをもたらします。

まずは、無駄な採用コストがかからないという点。

企業もできるだけいい人材をとりたいわけです。そのうえで、転職エージェント側がスキルにマッチングした人材のみをピックアップして紹介してくれるため、ペーパーテストや面談の回数をへらすことができて、採用コストを大幅に減らすことができるんです。

転職エージェントの仕組みとは?なぜ無料?

エージェント側は、優秀な人材を企業に紹介することで紹介料を謝礼として受け取ります。

そのおかげで求職者も無料で多くのサービスを利用できるわけです。

転職エージェントと転職サイトの違いを徹底比較!

特化型エージェントと総合型エージェントはどちらがいい?

転職エージェント詳しい比較表

転職エージェントのメリットとデメリット

転職エージェントが向いてる人・向いてない人

転職エージェントを利用した場合の流れ

転職エージェントQ&A

今の職場に疑問を持ったらすぐ転職のための行動しよう!

会社に会社をやめたいと相談した際に「あなたレベルでは次の転職先見つからない」といわれ、転職するか迷っているという話をよく聞きます。

冷静に考えてみてください。会社側としては、転職先が見つからないような能力のない人間が会社をやめてくれるなら大喜びですよね。

つまり会社側からの言葉は信じてはいけないのです。自分自身が転職を決意したら、迷わず次の就職先を見つけるために走り出しましょう!

信用できない!会社の人間関係で疲れないための信用できない人との付き合い方

信用できない!会社の人間関係で疲れないための信用できない人との付き合い方

社会に出れば、色々な人間関係が学生時代に比べて顕著に現れるようになりますよね。

「こんな人いるんだ・・・」と人間性を疑うような人も職場には1人や2人いるもの。

中でも、信用できない!と思うほど、信じられない言動や行動をする人は要注意です!

人間不信に陥らない、会社の人間関係で疲れないためには信用できない人を見極める力も時には必要に。

ここでは、信用できない人のタイプやそれを見極める方法をご紹介します。

あなたの周りにも「いるいる!」と当てはまる人もいるはずですよ。

人間不信にまで陥らないように、日頃から注意してみてください。

信用できない人になってしまったきっかけ

  • 同期でずっと仲が良かったのに、ある日突然、無視してくるようになった
  • お互い様だよねと言っていた同僚が、甘えすぎてると人に悪口を言っていた
  • 信用していた先輩が変な噂を流していた

など、人としてどうなの?と思うような裏切り行為をする人は職場には残念ながら、必ずいるものです。

このようなことがきっかけで、会社の人を信用できなくなったという人は多く、このような裏切り行為が発展して、職場いじめになったり、パワハラ、モラハラに発展することもあるようです。

いずれにせよ、職場において信用できない人には注意が必要ですよね。

職場で信用できない人がいる、ということがわかると、気持ちよく仕事をするのもなかなか難しくなります。

そして、信用できない人に関わってしまうと、仕事はもちろんのことですが、「会社に行きたくない・・・」と思うようにもなってしまうかもしれません。

できるだけ関わらないことが大切です。

信用できない人のタイプを見極めよう

職場においての人間関係を円滑に対応できることは大人の対応ができる、ということでもあります。

ところが、入ったばかりの会社や部署の異動などの場合、人間関係もわからないどころか、自分の所属先にどんな人がいるのかもわかりませんよね。

信用できない人、というのは前提として「信用していたのに、裏切られた」「信用していたのに、違う面を見てしまった」。

ということは、結果論として「信用できない!」ということになるわけです。

「信用できない」ということは前提として(信用していたのに)という言葉があるはずなんです。

信用するには注意だなというタイプの特徴をあげていきますので、「もしかして・・・」と感じる人が周囲にいたら、ちょっと注意して様子をみて接するようにしてみてくださいね。

言っていることがコロコロ変わる人

  • 指示が昨日と今日とで違う
  • 自慢話が多く、内容がコロコロ変わる

など。

こういうタイプは注意です。

言っていることがコロコロと変わる人と仕事をしていると、余計な仕事が増えたり、上司から理不尽に怒られたり、と面倒なことが増えます。

さらに面倒な人になると、自分で言ったことを忘れて「そんなことは言っていない!」と逆切れする人も・・・。

このような人は、仕事だけではなく普段から自分が言ったことを忘れがちなので、会話の中で「あれ?こないだと言ってることが違うな」と感じた場合には、仕事の時にはどうなのかな?と疑問を持つようにしてみてください。

何度もこのようなことがある人は、仕事でも指示がコロコロ変わりやすい傾向があります。

<<ポイント>>

仕事をする上で、相手が言っていることをメモすることは鉄則ですが、こういうタイプの人からの指示はメモする際に、必ず日付を入れておきましょう。

また「メモを取っている」ということもアピールしておきます。

アピールすることで「この人は自分の指示をメモに残している」という認識をさせることができます。

その仕事内容のことで話す時には、必ずそのメモを持って話をしましょう。

人によって対応を変える人

  • 上司にはへいこらしながら、それ以外には横柄
  • 若い女子には優しく、古株の女子社員には冷たい

社会人あるあるですが、人によって対応を変える人は少なくありません。

上司や好きなタイプの社員には優しく接し、そうではない人には邪見な接し方をする人は男性でも女性でも多いですよね。

男性であれば、上司にはへいこらしているくせに、女子社員には横柄な態度を取ったり、女性の先輩なら、先輩の所属ランチグループに入っていない女子には、冷たかったり、と人によって対応を変える人は要注意です。

人によって対応を変える人は基本的に自分を動かしているのは「自分の利になるかどうか」という思考によるものです。

その人にとって「利にならない」と認識された人には冷たく対応するか、見下すような対応をすることが多いようですね。

利になる、というのは自分の成績が上がるために利用できる、自分の自尊心が満足できるから利用する、といったことです。

人を利用することしか考えていないような人は信用できなくて当然です。

<<ポイント>>

当たらず触らずの対応が正しい対応でしょう。

優しくされても、冷たくされても、その人に振り回されないことが大切です。

口が軽い人

  • ここだけの話、あの人バツイチらしいわよ
  • 昨日はあの人のせいで大変だったわよ、あ、ここだけにしといてね。

など。

「ここだけの話」が多い人は注意です。

ここだけに収まらないことがほとんどです。

「ここだけ」=「職場」になってしまうことも多いので、口が軽い人にはプライベートな話はもちろんのこと、仕事内容に関してもその人に話す必要がないことは話さないのが良いでしょう。

「ここだけの話、◎◎さん、元々は本社にいたらしいのよね。

何して、支社に飛ばされちゃったのかしらね」

なんて言ってくる人は注意が必要なことはわかりますよね。

このタイプの人は一見、いい人が多いんですよね。

だから、ついつい信用してしまいがちですが、自分が知らない間に、その人にしか話していないことが職場中の全員が知っていたということにもなりかねません。

悪口ではなく、ただ人の秘密や噂をペロっとしゃべってしまうタイプなので、悪い人ではないかもしれませんが、気は抜けません。

<<ポイント>>

基本的におしゃべりが好きなので、職場で「おしゃべりが多い人だな」と感じる人は注意です。

口が軽そうな人に対しては、プライベートなことは話さないようにしましょう。

情報通な人

  • 「ここだけの話、××さんと〇〇さんは仲が悪くてね。△△さんから聞いたけど、相当、昔やりあったらしいわよ」なんて言ってくる人は注意です。

口が軽い人と同一になっている場合もあります。

△△さんから聞いたけど、と暗に「私が言いふらしてるんじゃないわよ」という牽制を会話に仕込んでしてきます。

「◎◎さんがあなたのこと、扱いにくいって言ってたわよ。

あなた何したの?」など言ってくる人もいますよね。

情報通な人は、職場に1人はいるものですが、その情報通な人からの情報は信用しないようにしましょう。

情報通な人の情報を周囲が信じれば、職場の和が乱れることも少なくないのです。

<<ポイント>>

情報は自分の目と耳で得た情報のみを信用することが大切。

「あなたのことをこういっていた」という一見、助言に思えるようなことでも、自分の耳と目で得た情報のみを信じることです。

「絶対に」をやたらと使う人

「絶対に言わないから」「あなたのことだけは絶対にいい人だと思ってるから」「絶対、あの人昇進するわよ」

などなど、「絶対」を口癖のように使う人は注意です。

「絶対」を使う人は

  • 自分のやり方や考え方が正しいと思っている
  • 自分のペースで人間関係も操りたい
  • 自分のやり方、考え方を押し付ける

という傾向が強いです。

確かに、「絶対、こうした方がいいから!」と言われると「圧が強いな~」と思いますよね。

絶対を使う人の「絶対」が根拠ある絶対ならば、信じることができますが、多用する人は、口癖になっているか、自分をただ押し付けたいかのどちらかであり、根拠がある人は多用はしません。

うっかり「絶対」を信じてしまい、職場内のトラブルに巻き込まれないとも限りません。

<<ポイント>>

常日頃から「絶対」を使っているかどうかを見極めましょう。

多用している人は注意。

その人の絶対の根拠はどこにあるのか様子を見て信じる信じないを決めましょう。

人の悪口を常に言っている人

人の悪口を言ってくる人は、あなたの悪口も違うところで言っているはずです。

一緒になって、他人の悪口を言っていると、いつの間にかその悪口をあなたが言っていることになりかねません。

悪口を言うのは裏返すと自信のなさの表われです。

人に悪口を言うことで他人から「そうよね」と自分を肯定された気分になりたいという心理が働いて悪口を言うことを繰り返しているのです。

自分に自信がないあまりに、他人からの評価も同時に気になっています。

自分の悪口を言われないようにする防衛手段として悪口を言う行為につながっているとも考えられます。

<<ポイント>>

いずれにせよ「肯定してもらいたい」という心理から悪口を言うことが多いので、一緒になって悪口を言わないようにすることが大切です。

「そうなんですか~知らなかった~」だけで済ませ、一緒に悪口を言わない、悪口を肯定しないことが大人な対応でしょう。

嘘を平気でつく人

息を吐くように嘘をつく人はある意味病的ですが、それ以外の嘘は意外と誰でも経験あるものです。

嘘も方便という言葉もあるので、他愛ない嘘や人を傷つけることのない嘘だったら、職場においてはアリかもしれませんが、人を嘘で陥れるような人は信用できません。

明らかに嘘をつく頻度が多い人は信用すべき人ではありませんよね。

はじめのうちは、すべて真に受けていたけれど、次第に「あれ?」と感じることが多くなったら要注意。

自分が原因で起きたミスを知らないフリをしたり、しまいには人のせいにしたり。

上司から「お前に任せたはずだよな?」と言われ「いえ、それは自分ではなく◎◎さんです」など、平気で嘘をつく人は意外といます。

たまに、嘘を自分でも思い込み真実と区別がつかなくなってしまう人も・・・。

本当の嘘つきは、嘘の間に真実を入り混ぜてくるため、見極めるのが難しいです。

経験したことがないことでも、見てきたかのように嘘をつく人は嘘の上級者ともいえるでしょう。

また、一見いい人に見えるのも、このタイプ。

嘘に振り回されないようにしなければなりません。

<<ポイント>>

「もしかして、嘘ついてる?」と感じたら、それは直感の言う通りに要注意人物である、と心に留めておきましょう。

言動と行動が一致しないことが多いので、観察していると嘘をついている時の癖を見分けることができるようになるかもしれません。

信用できない人、できる人を見極める方法

信用できない人に振り回されて、人間不信に陥らないようにするためには、ある程度の経験値が必要になります。

が、経験値だけではなかなか切り抜けられない場面や、社会人デビューから数年では、なかなか見極めるのは難しいものがありますよね。

信用できない人とできる人を見極める2つの方法をご紹介します。

適度に距離を置いて観察する

全ての人がいい人である「性善説」は社会において、自分が苦しむきっかけとなってしまうこともあります。

仕事は楽しいのに、人に振り回されて疲れてしまった、人間不信に陥ってしまった。

そうなる前に、まずは職場の人との距離感は一定にして、観察することから始めるようにしましょう。

人は会話の端々、行動の端々に必ず性格が出ます。

マメな人だと思っていたら、人が見ていないところではがさつだった、ということはよくあることですよね。

同じように、大人数でいる時と少人数でいる時の態度や話す内容、話し方を観察するだけでも、信用できそうかな?この人は要注意だな、ということが何となくわかってきます。

特に、会社の飲み会などは性格が出ます。

最近は会社の飲み会は仕事じゃないから参加しない、という若い方の話も聞きますが、社会人としての経験値が少ないうちは、このような機会で人間観察をしておくことも大切です。

自分で判断する力をつける

そもそも「信じられない」ということは、まず「信じていた」からこそ、「信じられない」ということに発展するのです。

すべての人を信用するな、とは言いません。

自分で「この人は信じることができる人間か、そうではないか」という判断力をつけることが必要です。

悪口を言ってくる人、情報を流してくる人、コロコロと話すことが変わる人、嘘をつく人などに振り回されないようにするためには、他人に対しての気持ちや評価は自分で決める。

という確固たる意志が必要。

「あなたのことをこう言っていたわよ」

「あの人、意外と◎◎らしいわよ」

「昨日こう指示したはずでしょ?」

など、真正面から受け止めたら、混乱するばかりか人間不信になってしまいますよね。

「他人をどう思うか感じるかは私が自分で判断する」という強い気持ちを持ってください。

それだけで「信じていたのに裏切られた」という気持ちになることが減るはずです。

会社の信用できない人との口コミ体験談

30代 女性

社員の中に、「スピーカー」がいて、特定の人にしか話していないことなのに、いつの間にか「スピーカー」の耳に入り、社員全体に知れ渡っている。
その「スピーカー」にも派閥があり、色んな噂話や情報が入ってくるため、課長なども情報収集を目的に気を使っている。
なぜかみんなに重宝されているため、周りにも相談しづらい。