アプキャリについて

フリーランスにプラス(+)の情報をおつたえします!
アプキャリは、フリーランスの方や転職を希望の方にWeb転職やIT転職、さらに就職や転職活動のありとあらゆる情報をあなたのために発信するサイトです。

アプキャリでは、管理人が経験してきた転職ノウハウを惜しみなくご提供していきます。現役のエンジニアやキャリアアドバイザーなどプロの執筆者が、あなたのためのキャリアプランをご提案!

さらに、アプキャリにご来訪いただいたあなたのためだけに、本当は教えたくないような「ここだけ」の業界裏話や裏技的なノウハウも展開します。

管理人は未経験でIT業界に転職して早15年。今では大手サイトのプロジェクトマネージャーをするまでに成長できました。

今までの経験のすべてをまとめて公開していますので、ぜひできるだけ多くの記事に目を通し、あなたの今後の人生をよりよいものにしてほしいと願っています。

⇒おすすめ転職エージェントをすぐ見る

職業別の転職

SE・プログラマー転職

WEBデザイナー転職

フリーランス転職

タイプ別のおすすめ転職記事

転職が未経験の方

フリーランスの方

仕事で悩んでるの方

プログラミングスクール選びで悩んでる方

転職エージェントの選び方と重視する項目

有名な転職エージェントを選べば心配ないと思っている方は要注意。

特にIT・Web系の転職サイトやエージェント選びにはコツがコツが必要なのです。

転職エージェントを選ぶ決めては以下の4つとなります。

転職エージェント選びのポイント
  1. 求人量
  2. 提案力
  3. サポート力
  4. 専門性

です。

まずはじめに求人量。

転職先が見つからなければ始まりませんので、できるだけ案件が豊富なサービスを選ぶのは必須です。

次に提案力。

いっけん求人量に目が行きがちですが、転職では提案力とサポート力が非常に重要。

あなたのスキルを最大限に引き出す提案ができるアドバイザーが担当になるかどうかで転職が成功するか失敗するかが決まります。

そしてサポート力。

もしあなたが転職やフリーランス化を検討している場合、現職を続けながら自分の力で再就職先を見つけることは時間的にも精神的にも厳しいはず。

その際一人で調べたりエントリーすることなく、アドバイザーにお任せするだけで、業側にあなたの特性を最大限に引き出した提案してくれるかがよりよい転職へのポイントとなるのです。

ここでサポート力の高い転職エージェントは、在職中でもきめ細やかな配慮や対応を欠かすことなく、親身にあなたの味方になってくれます。

最後に専門性。

IT・Web業界は専門的な知識がないと、自分にマッチした求人を見つけることが難しいといわれます。

SEといっても、多くの専門領域があり、単純にSEだから、なんでもできるわけではありません。専門性を持ち合わせたアドバイザーが在籍するエージェントを選ぶことで、提案のミスマッチも防げます。また、今のスキルをさらに高める現場を見つけてくれるでしょう。

おすすめ転職エージェント比較表

サイト名 レバテック マイナビ TechClips
特徴 企業別対策で内定率が高い 大手ならではの求人数 高年収と高待遇に特化
求人 4,000件以上 8,000件以上 非公開
地域 首都圏、関西、九州 全国 首都圏
運営 レバテック株式会社 株式会社 マイナビ notari株式会社

IT転職初心者でも安心!おすすめエージェントランキング

マイナビクリエーター

マイナビクリエーター評価
最大のポイント!
大手転職エージェント・総合型で大量の求人を取り扱いながらも、IT業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍している

・IT転職者のほとんどが使っている!
・案件数が業界No.1
・大手中小問わず数多くの企業あり!

総合おすすめ度:76pt/100
全体的なバランスに富んだ王道系エージェント。求人数がダントツであり、多くの案件に出会える

マイナビ詳細
無料会員登録

レバテックキャリア

最大のポイント!

大手に引けを取らない求人数を取り扱うレバテックキャリア。企業別対策がポイントで、内定率は非常に高い実績

・大手IT系への転職に強い!
・専門スキルが高いアドバイザー多数
・自分にあった案件をとことん支援

総合おすすめ度:74pt/100

IT系でもっとも人気のある転職エージェントの一つ。多くの転職成功者を出している業界屈指の最強IT系エージェント

レバテック詳細
無料会員登録

テッククリップス

テッククリップス
テッククリップス総合評価
最大のポイント!
求人件数は非公開ということもあり、大手の転職エージェントよりは少なめと予想。ただし年収500万円以上の求人が8割以上という点、エンジニアのことを考えた良質な求人の多い

・キャリアアップに最適
・技術力に自信があるならベスト
・年収300万アップも!

総合おすすめ度:68pt/100

IT・web系で自分の力を持て余していると感じているなら是非利用したいエージェント。高額案件多数でスキルにあった条件が見つかる

アプキャリ
この3つのエージェントITに登録せずしてIT転職はきびしいと言えるほど確実に登録しておきたい王道の転職エージェント。あなた自身もまずはIT系専門エージェントから転職の基礎情報を学ぶことは必須です。

アプキャリ管理人について

経歴

  • 2001年:メーカー系SI会社に転職、官公庁系システムのSIに従事
  • 2007年:後期高齢者医療制度改正対応のシステム開発に従事
  • 2013年:運用委託業務の管理者として客先常駐およびWeb系開発サポート
  • 2015年:客先常駐解消

以降、フリーランスエンジニアとしてマイナンバー制度対応のプロジェクトマネジメント(PM)に従事
自治体向け基幹システムSIのPM・地方自治体向け基幹システムSIを行いながらAIなどの先端技術の提案

その後、大手Web系企業PMとして、BtoCサービスシステム開発と平行してアプキャリ運営開始!

現在はエンジニアやクリエーターの育成に力を入れ、次世代の人材育成に注力中です。

スキル(経験年数):

  • システムインテグレーション:14年
  • プロジェクトマネジメント:10年
  • 運用委託業務管理:4年
  • COBOL:2年
  • Java:7年
  • PHP:4年

レガシーシステムからウェブ系システムまでの一連を経験しています。また、プロパーとして勤めた後にフリーランスエンジニアとして現在も現場感を忘れずに仕事に取り組んでいます。

アプキャリを通じて未経験・経験者問わず、転職に成功していただけるような中身の濃い情報をお伝えしていきます!

転職エージェントはメリットだらけ!その理由

「転職したいけど何からどうしたらいいかわからない」
「仕事をしながらだと転職活動が全然進まない」
「エントリーはするものの転職先が決まらなくて焦る」

このような悩みを持った転職の最強の味方が「転職エージェント」です。

一言で言えば、いい人材を探している企業と、できるだけ自分の力を評価する会社を探している求職者をつなげる役目をしてくれるサービスです。

ここではそのメリットについてをわかりやすく解説します。

転職希望者にとっての最大のメリット

なんといっても、専門のアドバイザーが「無料」で適切な就職先を紹介してくれて、さらにエントリーまでもサポートしてくれることが最大のメリットでしょう。

就業しながら一人で転職活動を行うのは至難の業です。1人転職活動は時間がない中で焦って転職を急いでしまい、現職よりも悪い環境に再就職してしまう最悪のケースもあとを絶ちません。

転職エージェントを利用すれば、人生をよりよくする転職の機会を最大限に活かすことができるといっても過言ではありません。

多くの転職者を企業に送り届けたプロのアドバイザーが常にあなたの味方になってくれるのです。

しかもタダで。

これは利用しない手はないわけです!

採用側にもメリットがたくさんある!

転職エージェントから紹介された人材は、採用側にも大きなメリットをもたらします。

まずは、無駄な採用コストがかからないという点。

企業もできるだけいい人材をとりたいわけです。そのうえで、転職エージェント側がスキルにマッチングした人材のみをピックアップして紹介してくれるため、ペーパーテストや面談の回数をへらすことができて、採用コストを大幅に減らすことができるんです。

転職エージェントの仕組みとは?なぜ無料?

エージェント側は、優秀な人材を企業に紹介することで紹介料を謝礼として受け取ります。

そのおかげで求職者も無料で多くのサービスを利用できるわけです。

転職エージェントと転職サイトの違いを徹底比較!

特化型エージェントと総合型エージェントはどちらがいい?

転職エージェント詳しい比較表

転職エージェントのメリットとデメリット

転職エージェントが向いてる人・向いてない人

転職エージェントを利用した場合の流れ

転職エージェントQ&A

今の職場に疑問を持ったらすぐ転職のための行動しよう!

会社に会社をやめたいと相談した際に「あなたレベルでは次の転職先見つからない」といわれ、転職するか迷っているという話をよく聞きます。

冷静に考えてみてください。会社側としては、転職先が見つからないような能力のない人間が会社をやめてくれるなら大喜びですよね。

つまり会社側からの言葉は信じてはいけないのです。自分自身が転職を決意したら、迷わず次の就職先を見つけるために走り出しましょう!

体調管理も仕事のうち!体調不良が続く原因と3つの対処法

体調管理も仕事のうち!体調不良が続く時は自分からのSOS?!

毎日会社へ通い、仕事をこなす日々の中で、体調不良を感じて休みたくなることは誰にでもあるはず。

病気や怪我で休むことはもちろん仕方のないことですが、体調管理も立派な仕事のうちです。

常日頃から体調管理に気をつけて、仕事が休みの日でも生活習慣を正しておくことは、社会人として当然のこと。

しかし、そうも言っていられない場合も多くありますよね。

ストレスの多い現代社会において、そのストレスから来る体調不良もあるでしょう。

それでも、ストレスを言い訳に会社を休むことは、社会人としてあまり良い行動とはいえません

そんな時、どうしたら良いのでしょうか?まずは問題点や原因などを探り、対処法まで見ていきましょう。

体調管理が甘いと出てくる問題点

体調管理も仕事のうち!体調不良が続く原因と3つの対処法

体調管理が甘いと、様々な問題点が出てきます。ちょくちょく仕事を休んでしまいがちな人は、問題点について、まずは把握しておきましょう。

問題点①業務に支障が出る

体調管理が甘くて仕事を休みがちになると、業務に支障が出てしまいます。

自分の任されている仕事に遅延が生じたり、チームで進めている仕事に穴が空いてしまったり。

このようなことが続いていると、徐々に仕事を任されなくなる可能性まで出てきます。

「自分の代わりに誰かがやってくれる」と言う気持ちで仕事を休むようになってしまうとアウトです。

任された仕事は自分で最後まで責任を持ってやり遂げましょう。

ただし、オーバーワークと思えるほどの量を任されている場合は、仕事を引き受ける前に「これ以上は無理だ」とハッキリ言える意思が必要です。

問題点②周囲からの印象が悪くなる

休みがちな人が社内にいると、ひとりでに“風の噂”が歩き始めてしまいます。

「あの人は休んでばかりで仕事をしない」「本当は体調不良ではないのでは?」など、良くない噂ばかりが一人歩きしてしまうでしょう。

そうなると、調子が戻って会社に行ける日でも会社にいづらく、仕事しようにも集中できなくなってしまうはず。

そこからストレスとの戦いになり、そしてそのストレスで再び体調不良。悪循環な負のループが続いていくことになります。

あまりにも体調不良が続く時は、思い切った休職も必要かもしれません。

問題点③評価や出世に響く

あまりにも休みがちになってしまうと、問題点①や問題点②の影響から、自分の評価が下がってしまう可能性が考えられます。

上司や会社からの評価が下がれば、当然出世にも響くようになり、負の連鎖から逃れられなくなります。

評価は簡単に下がってしまいますが、一度下がった評価を元に戻すことは容易ではありません。

体調管理も仕事のうちですので、体調不良で休む時はそれなりの覚悟が必要と言えるでしょう。

もちろん、「ちょっとした理由」として、言い訳に半ば仮病の「体調不良」を使い、仕事を休むことも論外です。

どうしても抜けられない用事がある時は、正直に話して休むほうがよっぽど好印象でしょう。

休む理由としての「体調不良」を甘く見てはいけません。

何故体調を崩すのか?原因を探ろう!

何故体調を崩してしまうのか原因を探っていきましょう。

原因はいくつか考えられますが、努力でどうにかなる生活習慣や、自分ではどうにもできない身体・精神状態などが挙げられます。

詳細を見ていきましょう。

原因①自堕落的な生活によるもの

自堕落的な生活は、もってのほか。

生活習慣で改善される体調不良は、体調管理ができていないこととイコールです。

二日酔いや睡眠不足など、自分で改善できる原因は徹底的に洗い出して、改善する努力をしましょう。

最悪の場合、解雇される可能性まで考えられます。

これを肝に銘じて、体調管理も仕事のうちだと頭に叩き込み、自己管理を行ないましょう。

原因②身体ではなく精神的な負荷の可能性

体調不良は風邪やインフルエンザなどの身体的な問題だけではなく、環境的な問題や人間関係などの問題で、精神的な負荷から来ている可能性も考えられます。

精神的な負荷から来る体調不良は、長引く可能性が非常に高いです。

体調不良の原因をしっかりと探り、それに合った治療を行なわなければいけません。

対処療法と呼ばれる、頭痛には頭痛薬、胃痛には胃通薬などの「とりあえず」では、いつまで経っても薬を飲み続けないとならないでしょう。

精神的な負荷が原因である場合、早めの治療が完治に繋がりますので、早めの受診をおすすめします。

原因③ストレスによる心身の不調が続く

原因②と少々似ていますが、現代のストレス社会においては、ストレスのない状態で仕事を続けている人はいないと言っても過言ではないでしょう。

そのストレスをどう対処するか、どう発散させていくかにもよりますが、誰にも相談できずひとりで抱え込んでしまう場合は、心身ともに不調が続くことになります。

心の病は身体にも影響しやすいという特徴があります。

何となく身体のだるさが続く、何となく頭痛が続く、仕事に行こうとするとお腹が痛くなる…これらは、心が病み始めていて自分からのSOSかもしれません。

あまりにも不調が続く場合は、心の病に関するチェックを行なってみましょう

医師監修のもと、自己診断ができるサイトがインターネット上にはたくさんあります。

そして、良くない結果が出た場合には、早めに受診するようにしましょう。

どのような病気であっても、早期発見、早期治療が完治への近道です。

体調管理はしっかりと!体調不良を起こさない3つの対処法

体調管理も仕事のうち!体調不良が続く原因と3つの対処法

先ほどまでに、体調を崩す原因は主に精神的なものやストレスによるものだとお伝えしました。

体調管理も仕事のうちですが、どのように対処をしていけば体調不良を起こさずにすむのでしょうか。

当たり前のようでなかなかできていないことの多い対処法について、見ていきましょう。

体調管理①我慢しすぎないこと

日本人の特徴とも言える、「我慢」。我慢しすぎることによって、体調不良は起こり、そして続いてしまうことになります。

例えば、身体的な体調不良を我慢すること。仕事を休むだけで自宅療養する前に、必ず受診しましょう。

もし、出社できるようであれば、頭痛薬を飲んで出社し、あまりにもひどい場合には受診を理由に早退するほうが印象も良いでしょう。

また、ストレスの我慢も良くありません。我慢し続けて出社していると、後々休職せざるを得ないほど悪化してしまう可能性があります。

どんなに休みが取りづらい環境であっても、休むなり早退するなり、何かしらの手段を使って受診するようにしましょう。

我慢し続けて出社した結果が休職や退職に繋がってしまっては、元も子もありません。

そして、できれば我慢を続けている原因を自己分析して、原因を根底からなくすように心掛けてみると良いでしょう。

体調管理②無理をしないこと

仕事をする上で、無理は絶対と言って良いほど禁物です。

無理して続けた結果、体調不良を起こすと言う事態になりかねません。

多少の無理なら…と続けてしまうのが負のループを招き、多少の無理のはずが徐々に大きな無理へと繋がっていきます。

対処法①でもご紹介した「我慢しすぎないこと」とは似て非なるものです。

無理をし続けることは「我慢」にも似ていますが、「無理」をすること自体はひとつの壁のみでも自分にとって大きな負担になると言えるでしょう。

それでも、仕事を続けていくには、多少の無理が必要なことも承知の上です。

「多少」と「大きな」無理の違いをしっかりと把握しておく必要があります。

なるべく自分の心身に打撃を与えないように心掛けて仕事をしていきましょう。

そうすることで、体調管理も自然とできていきます。

体調管理③転職して心機一転しよう

上記までとは打って変わって、思い切った行動に出ることも、対処法のひとつと言えます。

それは「転職」です。今の職場が合っていない、ストレスばかり感じる、人間関係が上手くいかない…など、

これらを原因として体調不良を起こしてしまっているとすれば、職場や環境を変えることで体調不良が改善される可能性が考えられます。

転職をすれば気分転換にもなり、環境を変えることもできるため、まさに一石二鳥と言えますね。

一昔前だと、終身雇用制度があったため、なかなか転職する人も見られませんでしたが、現代では終身雇用制度があっても、転職をしている人はたくさん見受けられます。

転職に対してあまり良くないイメージを持っている人は、そのイメージを払拭して、自分第一に考えてください。

ストレス社会で仕事を続けるには…

現代のストレス社会ではなかなか続けることが難しいとも言える仕事。

まずは仕事が合っているか、人間関係に問題はないか、自分を見つめ直す時間が必要でしょう。

見つめ直す時間さえ取れないような職場環境であれば、すぐにでも転職したほうが身のためです。

そして、見つめ直した結果、ストレスを溜めていると気が付いた人は、思い切った行動に出てみましょう。

先にも触れましたが、転職は悪いことではありません。

むしろ、自分に合っていない職場でひたすら耐え続けて仕事をしているほうが効率も悪く、職場の人間にも悪印象を与えてしまい、悪い状況を作り出してしまうでしょう。

そして、自分自身は体調不良を起こしてしまい、体調管理も仕事のうちであるにも関わらず、一番大事な体調管理ができないと言う自体も考えられます。

「我慢」や「無理」を続けてしまう前に、見切りをつけて転職をすることも、大事な選択肢です。

体調管理も仕事のうち!体調不良が続く原因と3つの対処法のまとめ

これまでに、体調管理について取り上げて詳細を見てきましたが、自分に当てはまるものはありましたか?

仮病やずる休みは論外なことですが、仕事や人間関係に問題があってストレスから体調を崩し、仕事を休んでしまう場合は、早急に対処が必要です。

頭が正常に働いているうちに、転職をして心機一転、いちからやり直すことをおすすめします。

ストレスフリーな仕事が一番ですが、それもなかなか難しい世の中ですから、せめてストレスを最小限まで抑えた環境での仕事を心掛けましょう

そして、体調管理も仕事のうちだと自覚することが最重要事項です。