TechAcademyならプロのエンジニアを目指せる!テックアカデミーを徹底調査

TechAcademyならプロのエンジニアを目指せる!テックアカデミーを徹底調査

「プログラマーとしてIT業界で働きたい!」「システムエンジニアに憧れている」という人は最近とても増えています。

そんな夢を叶えてくれるのが「TechAcademy」。ネットで受講できるプログラムのオンラインスクール。

TechAcademyは、プロのエンジニアから手取り足取りプログラミング技術を学べる良質なオンラインスクールとして頭角を現しています。

また、すでにたくさんの受講生が仕事に活かせる知識を身につけ転職に成功しています。

通学の時間が不要で、やる気さえあればいつでも即座に受講できるため、エンジニアとしてのスキルを早く身につけたいユーザーにも大好評のサービスです。

早速テックアカデミーを受講すべきポイントやメリットなどを見ていきましょう!

もくじ

テックアカデミーの最大のポイントと3つの特徴

TechAcademyを利用するメリットとして、「プロから直接指導してもらえる」「求人が届くので転職しやすい」「実践で役立つスキルが身につく」ことが挙げられます。

TechAcademyの特徴①プロから直接指導してもらえる

TechAcademyのレッスンでは、現役のエンジニアがメンターになって受講生の指導を行ってくれます。

マンツーマンでレッスンを受けることで、より早く確かな知識が身につきます。また、回数無制限のコードレビューは大好評です。

自分の考えたプログラミングのコードをプロに確認してもらい、訂正やアドバイスをいつでも何度でもしてもらうことが可能です。プロからのアドバイスはなによりも参考になるので、あなたもすぐにプログラミング技術を習得することができるでしょう。

TechAcademyの特徴②求人が届くので転職しやすい

学んだプログラミング技術を仕事にしたいという人にとってとても魅力的なのが、転職サポートです。「TechAcademyキャリア」は受講生であれば無料で利用することができるサービスで、履歴書の書き方を教えてくれたり、相手側の企業に自分のTechAcademyでのレッスンの進み具合を共有することができます。

レッスンの努力がそのまま企業にアピールできるため、自然にモチベーションがアップします。

TechAcademyの特徴③実践で役立つスキルが身につく

プログラミングを学習しても、実際に仕事に活かせないというのはよくあることです。TechAcademyではそのようなことが起こらないよう、実践で活かせるレッスン内容をふんだんに組み込んでいます。

創造力を育むために、受講生の考えたアイデアを使ってサービスを作成する機会も設けており、レッスンが楽しいと大好評です。

例を挙げると、iPhoneアプリ講座を選択した方の中には、自分自身でスケジュール管理ができるアプリを開発した人もいます。初心者の方でも、プロのメンターと共に実際に使えるサービスを作り上げることで実践力が高まります。

TechAcademyとTECH::CAMPはどっちがいい?人気オンラインスクール比較!

プログラミングが学べるオンラインスクールを探している人の中には、大手のスクールであるTechAcademyとTECH::CAMPの2つの会社のサービスの違いがわからなくて悩んでいる方も多いと思います。そんな方のために大きな違いを紹介します。

まず1つ目の違いは、メンターの経験値や質です。TechAcademyでは経験豊富なプロのエンジニアによる指導が受けられるのに対して、TECH::CAMPのメンターは実際に職場で経験を積んだ人が少ないという印象を受けます。

TECH::CAMPで講座を受けて卒業した人がメンターになるケースが大半のため、若くて実践経験のない方が多いのです。そのため、仕事に活かせる技術を身につけたいと思っている方はTechAcademyをおすすめします。

2つ目の違いは、就職や転職のサポートです。TECH::CAMPは転職サポートサービスがあるものの、エキスパートを受講している人しか受けられません。ですが、TechAcademyでは受講生なら誰もが無料で就職サポートを受けることができます。

キャリアコンサルタントによって手厚い支援が受けられるため、一ヶ月という短い期間で転職ができた受講生もいます。プロのエンジニアを目指す方にはTechAcademyのシステムがピッタリです。

TechAcademyのカリキュラムの特徴とは?

さて、たくさんの魅力があるTechAcademyですが、プログラミング初心者の方は何が自分に向いているのか、どんな学習内容なのかなど気になることがいっぱいだと思います。まずはTechAcademyの豊富なカリキュラムについて説明していきます。内容を見ていけば、気になるコースが見つかるかもしれません。

TechAcademyでの学習分野は、「プログラミング」「マネジメント」「デザイン」の3つに分かれています。

そして、受講できるコースの種類がたくさんあるので決められない!という方も多いかと思います。今からコースの内容を詳しくお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

はじめに各プログラミングコースの詳細は以下の通りです。

TechAcademyプログラムコース①Webアプリケーションコース

HTMLとCSSの基本から学び、知識を深めます。そして、多くの企業が使用しているRubyというプログラミング言語を身につけることがコースの目的です。

Ruby on RailsというRubyのWebアプリケーションフレームワークを利用して、Webサービスの構築について勉強を進めていきます。

最終的には自身でWebアプリケーションを作成して公開しますので、自分でサービスを手掛けたいと思う人に向いているカリキュラムです。

TechAcademyプログラムコース②WordPressコース

WordPressという無料のブログソフトについて理解を深めるためのコースです。世界中で使われているWordPressの仕組みを知り、サイトを作るときに必要となる設計や運用について学びます。PHPの知識を身につけて、WordPressのテーマを公開することがコースの目標となります。

TechAcademyプログラムコース③PHP/Laravelコース

HTMLとCSSをコーディングする知識や、PHPを身につけるためのコースになります。PHPの中でもシンプルで人気の高いLaravelを使ってWebサービスの構築を行ないます。自身のアイデアでサービスを作成することが目標です。

TechAcademyプログラムコース④iPhoneアプリコース

iPhoneアプリを独自で開発するために必要な知識を身につけることができるコースです。初めにアプリ開発までの工程を一から理解し、Appleによって運営されている開発環境のXcodeの使い方や、プログラミング言語のSwiftをマスターします。

トラブルが起きた時の解決方法も学ぶことができます。初心者の方でも基礎から学び、最終的にはiOSアプリをAppleStoreへリリースすることがコースの目標です。

TechAcademyプログラムコース⑤Androidアプリコース

Javaというプログラミング言語をマスターし、開発環境であるAndroid Studioの使い方を学習します。

こちらもiPhoneアプリコースと同様、最終目標はGoogle Play上に独自で開発したアプリをリリースすることです。

TechAcademyプログラムコース⑥フロントエンドコース

フロントエンドエンジニアとは、プログラミング言語を自由に操り、Webサービスの専門的な知識や高度な技術を持ち合わせたエンジニアのことを指します。TechAcademyのフロントエンドコースで学べるのは、HTMLとCSSのコーティング技術、JavaScript、jQueryなどを使った面白みのあるサービスの開発方法です。こちらのコースは、ハイレベルなスキルを習得したい方に向いています。

TechAcademyプログラムコース⑦Unityコース

ゲームエンジンであるUnityを使ってゲームアプリを開発することがコースの目的です。ゲームアプリを作成するために、C#というプログラミング言語をマスターします。多くのゲームアプリで使用されているUnityを使いこなし、3Dのゲームなどを開発していきます。

ゲームが好きだったり、ゲームアプリの開発に関る仕事がしたいという方はこちらのコースがピッタリです。

TechAcademyプログラムコース⑧はじめてのプログラミングコース

プログラミングに触れたことのない初心者の方は、こちらのコースから受講することをおすすめします。

基礎の基礎からじっくり学べるカリキュラムになっているため安心です。プログラミングの基本であるHTMLとCSSや、PHPというプログラミング言語を使った開発について学ぶことができます。

また、データベースを操作する言語であるSQLについての知識も身につきます。プログラマーやエンジニアになりたいと思っている初心者の方や、趣味としてプログラミングを学びたい方はこちらのコースで基礎を学びましょう。

各マネジメントコースの詳細は以下の通りです。

プログラミングだけでなく、Web業界で重宝されるマーケティングやディレクションスキルも学ぶことができます。

TechAcademyマネジメントコース①Webマーケティングコース

こちらのコースでは、Web広告の運用方法をマスターすることができます。Webサイトにユーザーが集まるような広告を貼り付けたり、管理が出来るようになることが目的です

TechAcademyマネジメントコース②Webディレクションコース

Webサイトの売り上げを伸ばすための管理方法など、ディレクションをするために必要となる知識を身につけます。Webサイトの企画や提案から実践していきます。

各デザインコースの詳細は以下の通りです。

即戦力となるデザイン関連もしっかりと学習できます。また画面設計では必須となるUI/UXも学習できます。

TechAcademyデザインコース①Webデザインコース

Webデザイン原則についての知識を学び、最適なレイアウトを考えたりタイポグラフィを使用します。自分で作成したWebサイトを一般公開することが目標です。

TechAcademyデザインコース②UI / UXコース

画像編集ソフトであるPhotoshopを使って画像を合成したり加工する技術を身につけます。また、iPhoneとAndroidのUXとUIについての理解を深めて、ユーザビリティを高める方法をマスターします。

非常にたくさんのコースがあることがわかりますね。上記以外にも、最短1週間でHTML、CSS、Photoshopなどを身につけられる集中型コースも用意されています。

TechAcademyの受講料金や決済方法、お得な割引について

ウェブ系のスキルはほぼ全て学ぶことができるテックアカデミーですが、料金も良心的な点も魅力の1つです。

TechAcademy各コースの料金

TechAcademyの受講料は、学習期間の長さにより変わってきます。期間は4、8、12、16週間の中から選ぶことができ、期間が長くなると値段も上がります。

例)iPhoneアプリコースの場合
4週間プラン
社会人:129,000円 学生:89,000円
8週間プラン
社会人:179,000円 学生:119,000
12週間プラン
社会人:229,000円 学生:149,000
16週間プラン
社会人:279,000円 学生:179,000

学習したコースの教材は、上記の期間が終了した後も見直すことが可能ですので、やり残した部分を自分で勉強したり、何度でも復習することができます。

TechAcademyはお得な割引がある

TechAcademyのお得な割引情報をお伝えします。コースを先行予約することで「先割」という割引を利用することができ、通常価格の8%offになります。その他に、同時に2つ以上のコースを申請することで大きな割引を受けられる「セット割」があります。

こちらはMAX60,000円もの割引が受けられるため、非常にお得です。また、もし友達や知り合いでプログラミングを学びたい人がいれば、一緒にコースを申請することで「トモ割」を受けることができます。こちらは1万円offで受講することができます。

興味のある方は、ぜひお得な割引システムを利用して申し込んでみてくださいね。

TechAcademyの決済方法

料金の支払い方法は、銀行振込、カードでの支払い、コンビニ決済の3つから選ぶことが可能です。利用できるクレジットカードは、JCB、VISA、Masterの3つです。受講料は、分割払いを選択することもできます。

・転職や就職のサポートサービス

TechAcademyの「TechAcademyキャリア」というサービスを利用すれば、就職や転職活動をサポートしてもらうことができます。受講生なら誰もがこの心強いサービスを無料で利用することが可能です。

TechAcademyキャリアでは、履歴書の書き方のアドバイスをしてもらったり、自分の技術レベルにマッチした会社を紹介してもらうことができるため、転職活動をスムーズに進めることができます。

・レッスンの場所について

TechAcademyはオンラインスクールなので、レッスンを受ける場所は自由です。自宅やカフェなど、PCがあって集中できる環境であればどこでも学習をすることができます。

時間も自分の好きな時間を選択することができるため、自分の予定に合わせて受講することが可能です。スクールまで足を運ぶ必要がないため、時間を有意義に使えることがオンラインレッスンの利点です。

TechAcademyの良い点、悪い点

次は、TechAcademyのメリットやデメリットをご紹介していきます。

TechAcademyに入会するメリット

・受講生を全力サポート

TechAcademyのサポートは非常に手厚く、安心してコースを受講することができます。週に2回、担当のメンターによるメンタリングが行われたり、気になることがあればチャットにて質問ができます。

マンツーマンでみっちり指導してもらえるので、初心者の方でも学びやすい環境が用意されています。

・実践力が身につくカリキュラム

TechAcademyのレッスンでは、自分でアイデアを出して実際にサービスを作成するというカリキュラムが組まれているため、創造力や実践力を身につけることができます。

プロのエンジニアによる指導を受けることで、現場で役立つ知識を習得することができるのも大きなメリットです。

・頼りになる転職サポート

TechAcademyキャリアのサービスは、あなたの夢をサポートしてくれます。経験のあるコンサルタントにより、自分にピッタリな求人や、条件の良い企業を紹介してもらうことができます。実際にたくさんの受講生が就職に成功しているため、非常に頼りになるサービスです。

TechAcademyに入会するデメリット

たくさんのメリットがあるTechAcademyですが、1つだけ弱点があります。それは、学習内容が多いため時間がない方には向かないという点です。

非常に濃い内容の詰まったカリキュラムなので、学習時間が取れない場合はゴールにたどり着かずに受講期間が終了してしまうこともあるでしょう。サポートがどれだけ万全でも、レッスンの時間がなければスキルは身につきませんので、自分のスケジュールと相談しながら受講しましょう。

自分はTechAcademyに向いているのかを決める判断とは?

TechAcademyを受講したいけど、自分が向いているかどうかわかない、という方もいると思います。向いている人と向かない人の特徴をまとめましたので目を通してみてください。

TechAcademyに向いている人の特徴

TechAcademyに向いている人の特徴として挙げられるのが、習得したいスキルが明確であるということです。自分が何を学びたいか、その技術を身につけて何をしたいのかが決まっていれば、自分の選択すべきコースをすぐに見つけることができるでしょう。

「Word Pressを徹底的に使いこなしたい」「ゲームアプリを作ってみたい」など、自分の学びたいことが決まっていれば、目標に向かって楽しくレッスンできるものです。

また、スクールに通わず家で学習したいと思っている方はTechAcademyに向いています。全てのレッスンがオンラインのみで行われるため、日常生活に組み込みやすくなっています。

TechAcademyに向いていない人の特徴

TechAcademyに向いていない人の特徴は、やはり一番に学習時間が取れない人が挙げられます。

学習時間が短ければ、全てのレッスン内容をこなすことができません。Webアプリケーションコースの4週間を選択した場合は、1週間に40時間という学習時間が必要になってきますので、自分のライフサイクルと照らし合わせてコースを選択する必要があります。

その他に、行動力がない人もTechAcademyに向いていないと思われます。

自分の考案したアプリを作ったり、ホームページをデザインしたり、発想力や行動力が問われる場面が多々あるため、自分の意思がなくて行動に移せないという人は少し戸惑ってしまうかもしれません。当てはまると思った方は、まずは自分の目標を持つことから始めましょう。

TechAcademyの気になるTechAcademyの口コミ・評価は?

1万人を超える受講生を教育してきたTechAcademyですが、口コミは圧倒的に良い評価ばかりです。良い口コミと悪い口コミをそれぞれ紹介していきます。

TechAcademyの良い口コミ

良い評価の中でも特に目立ったのは、「実際の職場で役立つ実践力が身についた」「サポートによって転職に成功した」という口コミです。

より適切なコードに瞬時に書き換えてもらうなど、現役のプロだからこそのアドバイスを受けれたことがとても良かったという受講生の声もあります。

やはり、実際に現場で働いている方は処理のスピードやPCの知識が豊富ですので、的確なアドバイスを受けることができます。

そして、TechAcademyキャリアを利用して多くの受講生が希望の職を手に入れています。親切なコンサルタントさんにサポートしてもらえたおかげで就職がうまくいった、という口コミもみられます。

TechAcademyの悪い口コミ

次はTechAcademyの悪い口コミを見ていきましょう。

悪い口コミの1つとして、学習内容が難しすぎるという点が挙げられます。確かに、初心者の方にとって内容は優しくありません。その理由は、メンターに質問しながら学習を進めることを前提としてカリキュラムが組まれているためです。

TechAcademyでは回数無制限のチャットサポートがあるなど、支援体制が万全のため、あえて難易度の高い学習内容が用意されています。難しすぎて挫折してしまいそう、という方もいるかもしれませんが、挫折する前にメンターに分からないことを質問してみましょう。

レッスンを重ねていけば、初めはサッパリわからなかったこともだんだん理解できてくるはずです。そして、簡単な教材で学習するよりも格段にスキルが身につきます。

また、メンターによって技術や教え方が異なるという口コミもあります。ハイレベルな質問に対する回答によって、メンターの技術力の差が明確になることもあるようです。

良い口コミと悪い口コミ、どちらも参考になればと思います。圧倒的に良い口コミが多いので、レッスンの時間を確保できる方には非常におすすめです。プロのエンジニアを目指している方にとって、TechAcademyのカリキュラムやサービスはまさに理想的と言えるでしょう。

テックアカデミーに関する特徴や口コミ・評判まとめ

大手オンラインスクールのTechAcdemyについて、説明は以上です。初心者だし…と一歩踏み出せなかった人にとって、TechAcdemyの手厚いサポート体制は魅力的なのではないでしょうか。現に未経験の方もTechAcdemyの転職サポートによってエンジニアになる夢を叶えています!もしこの記事をみて気になった方は、TechAcdemyの説明会動画で学習方法やコース内容をチェックしてみてくださいね。