アプキャリについて

フリーランスにプラス(+)の情報をおつたえします!
アプキャリは、フリーランスの方や転職を希望の方にWeb転職やIT転職、さらに就職や転職活動のありとあらゆる情報をあなたのために発信するサイトです。

アプキャリでは、管理人が経験してきた転職ノウハウを惜しみなくご提供していきます。現役のエンジニアやキャリアアドバイザーなどプロの執筆者が、あなたのためのキャリアプランをご提案!

さらに、アプキャリにご来訪いただいたあなたのためだけに、本当は教えたくないような「ここだけ」の業界裏話や裏技的なノウハウも展開します。

管理人は未経験でIT業界に転職して早15年。今では大手サイトのプロジェクトマネージャーをするまでに成長できました。

今までの経験のすべてをまとめて公開していますので、ぜひできるだけ多くの記事に目を通し、あなたの今後の人生をよりよいものにしてほしいと願っています。

⇒おすすめ転職エージェントをすぐ見る

職業別の転職

SE・プログラマー転職

WEBデザイナー転職

フリーランス転職

タイプ別のおすすめ転職記事

転職が未経験の方

フリーランスの方

仕事で悩んでるの方

プログラミングスクール選びで悩んでる方

転職エージェントの選び方と重視する項目

有名な転職エージェントを選べば心配ないと思っている方は要注意。

特にIT・Web系の転職サイトやエージェント選びにはコツがコツが必要なのです。

転職エージェントを選ぶ決めては以下の4つとなります。

転職エージェント選びのポイント
  1. 求人量
  2. 提案力
  3. サポート力
  4. 専門性

です。

まずはじめに求人量。

転職先が見つからなければ始まりませんので、できるだけ案件が豊富なサービスを選ぶのは必須です。

次に提案力。

いっけん求人量に目が行きがちですが、転職では提案力とサポート力が非常に重要。

あなたのスキルを最大限に引き出す提案ができるアドバイザーが担当になるかどうかで転職が成功するか失敗するかが決まります。

そしてサポート力。

もしあなたが転職やフリーランス化を検討している場合、現職を続けながら自分の力で再就職先を見つけることは時間的にも精神的にも厳しいはず。

その際一人で調べたりエントリーすることなく、アドバイザーにお任せするだけで、業側にあなたの特性を最大限に引き出した提案してくれるかがよりよい転職へのポイントとなるのです。

ここでサポート力の高い転職エージェントは、在職中でもきめ細やかな配慮や対応を欠かすことなく、親身にあなたの味方になってくれます。

最後に専門性。

IT・Web業界は専門的な知識がないと、自分にマッチした求人を見つけることが難しいといわれます。

SEといっても、多くの専門領域があり、単純にSEだから、なんでもできるわけではありません。専門性を持ち合わせたアドバイザーが在籍するエージェントを選ぶことで、提案のミスマッチも防げます。また、今のスキルをさらに高める現場を見つけてくれるでしょう。

おすすめ転職エージェント比較表

サイト名 レバテック マイナビ TechClips
特徴 企業別対策で内定率が高い 大手ならではの求人数 高年収と高待遇に特化
求人 4,000件以上 8,000件以上 非公開
地域 首都圏、関西、九州 全国 首都圏
運営 レバテック株式会社 株式会社 マイナビ notari株式会社

IT転職初心者でも安心!おすすめエージェントランキング

マイナビクリエーター

マイナビクリエーター評価
最大のポイント!
大手転職エージェント・総合型で大量の求人を取り扱いながらも、IT業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍している

・IT転職者のほとんどが使っている!
・案件数が業界No.1
・大手中小問わず数多くの企業あり!

総合おすすめ度:76pt/100
全体的なバランスに富んだ王道系エージェント。求人数がダントツであり、多くの案件に出会える

マイナビ詳細
無料会員登録

レバテックキャリア

最大のポイント!

大手に引けを取らない求人数を取り扱うレバテックキャリア。企業別対策がポイントで、内定率は非常に高い実績

・大手IT系への転職に強い!
・専門スキルが高いアドバイザー多数
・自分にあった案件をとことん支援

総合おすすめ度:74pt/100

IT系でもっとも人気のある転職エージェントの一つ。多くの転職成功者を出している業界屈指の最強IT系エージェント

レバテック詳細
無料会員登録

テッククリップス

テッククリップス
テッククリップス総合評価
最大のポイント!
求人件数は非公開ということもあり、大手の転職エージェントよりは少なめと予想。ただし年収500万円以上の求人が8割以上という点、エンジニアのことを考えた良質な求人の多い

・キャリアアップに最適
・技術力に自信があるならベスト
・年収300万アップも!

総合おすすめ度:68pt/100

IT・web系で自分の力を持て余していると感じているなら是非利用したいエージェント。高額案件多数でスキルにあった条件が見つかる

アプキャリ
この3つのエージェントITに登録せずしてIT転職はきびしいと言えるほど確実に登録しておきたい王道の転職エージェント。あなた自身もまずはIT系専門エージェントから転職の基礎情報を学ぶことは必須です。

アプキャリ管理人について

経歴

  • 2001年:メーカー系SI会社に転職、官公庁系システムのSIに従事
  • 2007年:後期高齢者医療制度改正対応のシステム開発に従事
  • 2013年:運用委託業務の管理者として客先常駐およびWeb系開発サポート
  • 2015年:客先常駐解消

以降、フリーランスエンジニアとしてマイナンバー制度対応のプロジェクトマネジメント(PM)に従事
自治体向け基幹システムSIのPM・地方自治体向け基幹システムSIを行いながらAIなどの先端技術の提案

その後、大手Web系企業PMとして、BtoCサービスシステム開発と平行してアプキャリ運営開始!

現在はエンジニアやクリエーターの育成に力を入れ、次世代の人材育成に注力中です。

スキル(経験年数):

  • システムインテグレーション:14年
  • プロジェクトマネジメント:10年
  • 運用委託業務管理:4年
  • COBOL:2年
  • Java:7年
  • PHP:4年

レガシーシステムからウェブ系システムまでの一連を経験しています。また、プロパーとして勤めた後にフリーランスエンジニアとして現在も現場感を忘れずに仕事に取り組んでいます。

アプキャリを通じて未経験・経験者問わず、転職に成功していただけるような中身の濃い情報をお伝えしていきます!

転職エージェントはメリットだらけ!その理由

「転職したいけど何からどうしたらいいかわからない」
「仕事をしながらだと転職活動が全然進まない」
「エントリーはするものの転職先が決まらなくて焦る」

このような悩みを持った転職の最強の味方が「転職エージェント」です。

一言で言えば、いい人材を探している企業と、できるだけ自分の力を評価する会社を探している求職者をつなげる役目をしてくれるサービスです。

ここではそのメリットについてをわかりやすく解説します。

転職希望者にとっての最大のメリット

なんといっても、専門のアドバイザーが「無料」で適切な就職先を紹介してくれて、さらにエントリーまでもサポートしてくれることが最大のメリットでしょう。

就業しながら一人で転職活動を行うのは至難の業です。1人転職活動は時間がない中で焦って転職を急いでしまい、現職よりも悪い環境に再就職してしまう最悪のケースもあとを絶ちません。

転職エージェントを利用すれば、人生をよりよくする転職の機会を最大限に活かすことができるといっても過言ではありません。

多くの転職者を企業に送り届けたプロのアドバイザーが常にあなたの味方になってくれるのです。

しかもタダで。

これは利用しない手はないわけです!

採用側にもメリットがたくさんある!

転職エージェントから紹介された人材は、採用側にも大きなメリットをもたらします。

まずは、無駄な採用コストがかからないという点。

企業もできるだけいい人材をとりたいわけです。そのうえで、転職エージェント側がスキルにマッチングした人材のみをピックアップして紹介してくれるため、ペーパーテストや面談の回数をへらすことができて、採用コストを大幅に減らすことができるんです。

転職エージェントの仕組みとは?なぜ無料?

エージェント側は、優秀な人材を企業に紹介することで紹介料を謝礼として受け取ります。

そのおかげで求職者も無料で多くのサービスを利用できるわけです。

転職エージェントと転職サイトの違いを徹底比較!

特化型エージェントと総合型エージェントはどちらがいい?

転職エージェント詳しい比較表

転職エージェントのメリットとデメリット

転職エージェントが向いてる人・向いてない人

転職エージェントを利用した場合の流れ

転職エージェントQ&A

今の職場に疑問を持ったらすぐ転職のための行動しよう!

会社に会社をやめたいと相談した際に「あなたレベルでは次の転職先見つからない」といわれ、転職するか迷っているという話をよく聞きます。

冷静に考えてみてください。会社側としては、転職先が見つからないような能力のない人間が会社をやめてくれるなら大喜びですよね。

つまり会社側からの言葉は信じてはいけないのです。自分自身が転職を決意したら、迷わず次の就職先を見つけるために走り出しましょう!

転職活動が辛い!長引く求職活動で不安な時の乗り越え方

転職活動が辛い!長引く求職活動で不安な時の乗り越え方

現在転職活動中の方は、転職先がなかなか決まらず不安になってしまう時がありますよね。不採用が続くと自分自身を否定されたという気持ちになりがちです。

長期化する転職活動で

  • 「焦り」
  • 「不安」
  • 「ストレス」
  • が募り、気づいたら暗くなってしまっていませんか?

    転職活動が辛いために精神的に追い込まれ、妥協して転職先を決めて後悔してしまうことや、中には転職すること自体を諦めてしまう人もいます。

    そこで今回は、転職活動時が辛いと感じたこと・不安感を無くす過ごし方を転職経験者として実体験をもとに紹介します。

    転職先が決まらない時の不安な気持ち

    転職活動に悩みはつきものです。むしろ人生を大きく変えることになる転職に不安を持たない人は少ないでしょう。

    転職希望者全員が同じような悩みの中いるのです。一人で悩まずにいきましょう。

    不採用続きで、自分の存在を否定されていると感じる

    不採用が続くとどうしても、自分自身やこれまでの経験を否定されていると感じてしまうことがあります。

    不安な気持ちから暗くなってしまい、普段の私生活や面接時の態度にも影響出てしまうことも。

    在職中はスケジュール調整が大変

    在職中の転職活動は両立がとにかく大変です。

    在職中であることを考慮してくれる企業もありますが、そうでない場合ももちろんあります。

    面接の日に必ず休めるとも限らず、スケジュール調整に頭を悩ませることも。

    また、不採用が続いた時には何度も休みを取るわけもいかず、「面接に行かなければ」「でも休めない・・・」とジレンマに。

    転職活動が辛すぎて転職すること自体をやめてしまう人もいます。

    退職することが決まっている場合も「面接のため」という理由では休みにくく、休みの理由を考えるのも大変ですよね。

    会社にバレないよう活動しなければならないという気持ちもストレスが溜まってしまいます。

    退職日までに転職先が決まらない

    「退職日は今月末なのに、なかなか次の仕事が決まらない」

    無職期間を避けるために退職までに次の転職先をどうしても決めたいのに、転職先が決まらないとどうしても焦りが出てしまいます。

    当然ですが退職後は収入が無くなってしまいます。金銭的な焦りや不安から、条件を下げるなど妥協してしまいがちに。

    また、在職中は頻繁に休みを取ることが難しいため、転職活動に十分な時間が避けないことも焦りに繋がりますね。

    無職期間の長期化

    退職後に転職活動を開始。なかなか転職先が決まらない時は、

  • 「空白期間が長くなる」
  • 「空白期間によって経歴に傷がつく」
  • このような思いから精神的に追い込まれてしまいます。

    「このまま自分はずっと無職が続くのでは?」ネガティブ思考に陥りがちに。

    次第に暗くなってしまい、面接にも影響が出てしまうこともあります。

    退職後は金銭的余裕も無くなるため、焦りも増します。暗い未来しか想像できないなんてことにも・・・。

    また、同職種への転職は長期化とともにブランク期間が長くなってしまうことも、不安要素の一つです。

    年齢で転職が難しくなったと感じた

    年齢が上がるとともになかなか採用が決まらなくなったと感じることがあります。

  • 「28歳転職限界説」
  • 「32歳転職限界説」
  • 「35歳転職限界説」
  • なんて説もあるので、自分の年齢では転職は厳しいのではと諦めムードになりがちに・・・。

    新卒採用のみ行っている企業も多く、特に未経験の職種では転職が難しいのではないかと感じてしまいます。

    不安感を払拭する過ごし方

    転職活動は希望である

  • 今の環境が嫌で、抜け出したい
  • スキルアップのために転職をしたい
  • 今より条件の良い会社で働きたい
  • 人それぞれ転職する理由はあると思います。

    そして、転職を決意したときには転職先に希望を持ったはずです。環境を変えることは自分を変えることに繋がります。

    転職活動は明るい未来を掴むための行動なのです。

    だからこそ前向きな気持ちで、未来の自分が輝いていることを想像して転職活動をしましょう。

    休みを作る

    毎日がむしゃらにやっても成果が出にくいこともあります。

    無職期間中でも、「○曜日はお休み」と決めたっていいのです。メリハリをつけた生活が大切です。

    在職中の場合は、一旦転職活動をお休みするのも一つの手。

    現在抱えている仕事が忙しい上に、結果が出ない焦りや不安が重なると精神的なダメージも大きくなってしまいます。

    思い切って一旦転職活動をお休みし、自分のメンタルを整えましょう。

    落ち着いた時期にまた転職活動を再開すれば良いのです。

    コンディションが良い状態での面接の方が、結果が出やすいですよ。

    人に相談する

    落ち込んだ時は、人に相談しましょう。

    相談相手は誰だって良いのです。ご家族やご友人、転職していることを話せる人に打ち明けてみましょう。

    人に相談することによって気持ちがすっきりして、心の中が整理されることもあります。

    自分が今何に悩んでいて、こういう状況であると冷静に自己分析することにも繋がります。

    特に、転職経験者に相談すれば良いアドバイスをもらえます。

    「自分が転職したときは大変だったけど、こういう経緯で採用につながった」といった実体験を聞ければ、前向きに転職活動をしようという気持ちになります。

    また、在職中の方は転職エージェントを利用すると面接日程を調整してくれますのでスケジュール管理に焦ることも少なくなるはずです。

    不安な気持ちは人に抱えず、まずは誰かに相談してみましょう。思いがけない収穫があるはずです。

    自分の好きなことをしてリフレッシュ

    真面目な人であればあるほど、根を詰めてしまい空回りしてしまいがちに。

    転職活動中だからって、遊んではいけないなんてことはありません。たまには思い切った気分転換することも大切です。

    友達とお出かけする、ショッピングする、映画に行く、温泉に行くなどなど・・・

    自分の好きなことをして、リフレッシュしましょう。

    思い切り楽しんだ後は、心機一転して頑張ろうと思えるはずです。

    無職期間中だからこそできることをする

  • 休みが平日なので役所や銀行に行けなかった
  • 仕事が忙しく、掃除や炊事をさぼっていた
  • 体調で気になることがあったが、休みの関係で病院になかなか行けなかった
  • 思い返してみると在職中にやれなかったことや、やりたかったことが案外たくさんありませんか?

    「休んでまで行く用事ではない」と後回しにしていたことが気づけばたくさん溜まっています。

    自分の身の回りを整理することにも繋がるので、転職後に備えて今だからこそできることを片付けておきましょう。

    妥協した条件での転職は?

    なかなか転職先が決まらない時、妥協した条件での求人をつい見てしまうことがありませんか?

    なんでもいいからとにかく働かなければという思いで転職先を決めると、後悔してしまうこともあります。

    ・望んでいた給料より、低かった
    ・自分が本当にやりたい仕事ではなかった
    ・社風が合わないと感じた

    収入が無くなるということは相当な恐怖であり、どうしても妥協しやすい心境になってしまいます。

    もちろん生活がありますので、いつまでも無職期間でいることは避けたいです。

    そんなときに備えて、妥協しても良い点、譲れない点を明確にしておくことが大切です。

    妥協点の例:
    ・希望の通勤時間は30分以内だが、1時間まではOK
    ・平均残業時間は多少多くても構わない

    譲れない点の例:
    ・年収は今より絶対に下げたくない
    ・希望職種は変えたくない

    全ての条件を満たす企業に採用されるに越したことはありませんが、必ずしもそうでない場合もあります。

    このように自分の判断基準を明確にしておくことによって、後悔しない転職をするカギになります。

    転職活動が辛いときのまとめ

    長期化する転職活動でモチベーションを保つことは難しいので、行き詰ったときは休むこと・時には開き直って思い切ったリフレッシュをしたって良いのです。

    不安な気持ちを一人で抱えずに、人に相談することも大切です。

    焦りや不安から、暗い気持ちのまま転職活動を続けると、結果が裏目に出てしまうことになります。

    転職活動では壁がつきものなのです。壁にぶつかったときには深呼吸をして気持ちを落ち着かせましょう。

    辛くて苦しい転職活動でも、明るい未来に繋がっています。打破した現状や、転職先へ抱いた希望を忘れないでください。

    不採用が続いても諦める必要はありません。あなたの経験や人柄を見てくれる企業は必ずあります。