が募り、気づいたら暗くなってしまっていませんか? 転職活動が辛いために精神的に追い込まれ、妥協して転職先を決めて後悔してしまうことや、中には転職すること自体を諦めてしまう人もいます。 そこで今回は、転職活動時が辛いと感じたこと・不安感を無くす過ごし方を転職経験者として実体験をもとに紹介します。

転職先が決まらない時の不安な気持ち

転職活動に悩みはつきものです。むしろ人生を大きく変えることになる転職に不安を持たない人は少ないでしょう。 転職希望者全員が同じような悩みの中いるのです。一人で悩まずにいきましょう。

不採用続きで、自分の存在を否定されていると感じる

不採用が続くとどうしても、自分自身やこれまでの経験を否定されていると感じてしまうことがあります。 不安な気持ちから暗くなってしまい、普段の私生活や面接時の態度にも影響出てしまうことも。

在職中はスケジュール調整が大変

在職中の転職活動は両立がとにかく大変です。 在職中であることを考慮してくれる企業もありますが、そうでない場合ももちろんあります。 面接の日に必ず休めるとも限らず、スケジュール調整に頭を悩ませることも。 また、不採用が続いた時には何度も休みを取るわけもいかず、「面接に行かなければ」「でも休めない・・・」とジレンマに。 転職活動が辛すぎて転職すること自体をやめてしまう人もいます。 退職することが決まっている場合も「面接のため」という理由では休みにくく、休みの理由を考えるのも大変ですよね。 会社にバレないよう活動しなければならないという気持ちもストレスが溜まってしまいます。

退職日までに転職先が決まらない

「退職日は今月末なのに、なかなか次の仕事が決まらない」 無職期間を避けるために退職までに次の転職先をどうしても決めたいのに、転職先が決まらないとどうしても焦りが出てしまいます。 当然ですが退職後は収入が無くなってしまいます。金銭的な焦りや不安から、条件を下げるなど妥協してしまいがちに。 また、在職中は頻繁に休みを取ることが難しいため、転職活動に十分な時間が避けないことも焦りに繋がりますね。

無職期間の長期化

退職後に転職活動を開始。なかなか転職先が決まらない時は、
  • 「空白期間が長くなる」
  • 「空白期間によって経歴に傷がつく」
  • このような思いから精神的に追い込まれてしまいます。 「このまま自分はずっと無職が続くのでは?」ネガティブ思考に陥りがちに。 次第に暗くなってしまい、面接にも影響が出てしまうこともあります。 退職後は金銭的余裕も無くなるため、焦りも増します。暗い未来しか想像できないなんてことにも・・・。 また、同職種への転職は長期化とともにブランク期間が長くなってしまうことも、不安要素の一つです。

    年齢で転職が難しくなったと感じた

    年齢が上がるとともになかなか採用が決まらなくなったと感じることがあります。
  • 「28歳転職限界説」
  • 「32歳転職限界説」
  • 「35歳転職限界説」
  • なんて説もあるので、自分の年齢では転職は厳しいのではと諦めムードになりがちに・・・。 新卒採用のみ行っている企業も多く、特に未経験の職種では転職が難しいのではないかと感じてしまいます。

    不安感を払拭する過ごし方

    転職活動は希望である

  • 今の環境が嫌で、抜け出したい
  • スキルアップのために転職をしたい
  • 今より条件の良い会社で働きたい
  • 人それぞれ転職する理由はあると思います。 そして、転職を決意したときには転職先に希望を持ったはずです。環境を変えることは自分を変えることに繋がります。 転職活動は明るい未来を掴むための行動なのです。 だからこそ前向きな気持ちで、未来の自分が輝いていることを想像して転職活動をしましょう。

    休みを作る

    毎日がむしゃらにやっても成果が出にくいこともあります。 無職期間中でも、「○曜日はお休み」と決めたっていいのです。メリハリをつけた生活が大切です。 在職中の場合は、一旦転職活動をお休みするのも一つの手。 現在抱えている仕事が忙しい上に、結果が出ない焦りや不安が重なると精神的なダメージも大きくなってしまいます。 思い切って一旦転職活動をお休みし、自分のメンタルを整えましょう。 落ち着いた時期にまた転職活動を再開すれば良いのです。 コンディションが良い状態での面接の方が、結果が出やすいですよ。

    人に相談する

    落ち込んだ時は、人に相談しましょう。 相談相手は誰だって良いのです。ご家族やご友人、転職していることを話せる人に打ち明けてみましょう。 人に相談することによって気持ちがすっきりして、心の中が整理されることもあります。 自分が今何に悩んでいて、こういう状況であると冷静に自己分析することにも繋がります。 特に、転職経験者に相談すれば良いアドバイスをもらえます。 「自分が転職したときは大変だったけど、こういう経緯で採用につながった」といった実体験を聞ければ、前向きに転職活動をしようという気持ちになります。 また、在職中の方は転職エージェントを利用すると面接日程を調整してくれますのでスケジュール管理に焦ることも少なくなるはずです。 不安な気持ちは人に抱えず、まずは誰かに相談してみましょう。思いがけない収穫があるはずです。

    自分の好きなことをしてリフレッシュ

    真面目な人であればあるほど、根を詰めてしまい空回りしてしまいがちに。 転職活動中だからって、遊んではいけないなんてことはありません。たまには思い切った気分転換することも大切です。 友達とお出かけする、ショッピングする、映画に行く、温泉に行くなどなど・・・ 自分の好きなことをして、リフレッシュしましょう。 思い切り楽しんだ後は、心機一転して頑張ろうと思えるはずです。

    無職期間中だからこそできることをする

  • 休みが平日なので役所や銀行に行けなかった
  • 仕事が忙しく、掃除や炊事をさぼっていた
  • 体調で気になることがあったが、休みの関係で病院になかなか行けなかった
  • 思い返してみると在職中にやれなかったことや、やりたかったことが案外たくさんありませんか? 「休んでまで行く用事ではない」と後回しにしていたことが気づけばたくさん溜まっています。 自分の身の回りを整理することにも繋がるので、転職後に備えて今だからこそできることを片付けておきましょう。

    妥協した条件での転職は?

    なかなか転職先が決まらない時、妥協した条件での求人をつい見てしまうことがありませんか? なんでもいいからとにかく働かなければという思いで転職先を決めると、後悔してしまうこともあります。 ・望んでいた給料より、低かった ・自分が本当にやりたい仕事ではなかった ・社風が合わないと感じた 収入が無くなるということは相当な恐怖であり、どうしても妥協しやすい心境になってしまいます。 もちろん生活がありますので、いつまでも無職期間でいることは避けたいです。 そんなときに備えて、妥協しても良い点、譲れない点を明確にしておくことが大切です。 妥協点の例: ・希望の通勤時間は30分以内だが、1時間まではOK ・平均残業時間は多少多くても構わない 譲れない点の例: ・年収は今より絶対に下げたくない ・希望職種は変えたくない 全ての条件を満たす企業に採用されるに越したことはありませんが、必ずしもそうでない場合もあります。 このように自分の判断基準を明確にしておくことによって、後悔しない転職をするカギになります。

    転職活動が辛いときのまとめ

    長期化する転職活動でモチベーションを保つことは難しいので、行き詰ったときは休むこと・時には開き直って思い切ったリフレッシュをしたって良いのです。 不安な気持ちを一人で抱えずに、人に相談することも大切です。 焦りや不安から、暗い気持ちのまま転職活動を続けると、結果が裏目に出てしまうことになります。 転職活動では壁がつきものなのです。壁にぶつかったときには深呼吸をして気持ちを落ち着かせましょう。 辛くて苦しい転職活動でも、明るい未来に繋がっています。打破した現状や、転職先へ抱いた希望を忘れないでください。 不採用が続いても諦める必要はありません。あなたの経験や人柄を見てくれる企業は必ずあります。]]>