外資系の会社に就職したい!外資に向いている人と転職方法

外資系企業と日系企業の違いって? 外資系企業と日系企業などと言われますが、実際には何が違うのでしょうか? ひとくちに外資系企業と言っても、その国籍によってもかなりの違いはあると言われています。 ただ、日系企業と相違する点はある程度、似通っていると言って良いでしょう。

経営方針と経営手法

まず、経営方針や経営手法は大きく変わる点があります。 日系企業の場合は、比較的長期的な利益を考慮し、会社方針を打ち立て、経営や投資を行います。 また、各部門の担当者や社員の意見を経営に反映する手法を取ることが多く、稟議制度などは日系企業ならではの特殊な制度と言えるでしょう。 これに反して、外資系企業は短期決戦で結果を求めることが多く、日本法人での販路拡大がうまくいかないと感じた場合は、短期間で撤退することも多くあります。 営業戦略や社員の採用活動なども本社が担当しており、思ったように業績が上がらない場合には、短い期間で日本市場を諦めてしまう場合があります。

勤怠、休日の考え方

日系企業は最近ではかなり見直しがされてきたと言え、まだまだ組織第一主義の考え方が根本にあるため、同じ日に出勤し、同時間に退社する傾向が強いのが一般的です。 定時を過ぎても、ほかの社員が残業をしていると帰りづらかったり、休日出勤をすることも多いなど、会社人間としての価値を求められがちです。 これに対して、外資系企業の多くは、勤怠や労働時間を縛られることは少なく、成果主義を貫いていると言えます。 結果さえ出せば、出社時間が少なくても問題にはなりません。 むしろ、そのような限られた時間で結果を出せる人間が重要視されると言っても過言ではないでしょう。 有給休暇もある程度自由に取ることができ、プライベートを満喫することができます。

社員の教育に対する考え方

日系企業は採用した社員に対して、会社の考え方や仕事への取り組み方などを徹底して教育をする傾向にあります。 従って、仕事の進め方や知識の習得などにはかなりの時間をかけ、研修期間を長く設けます。 研修期間終了後も先輩社員の支援を受け、具体的な仕事のやり方を覚えていきます。 外資系企業は日系企業ほど丁寧な研修制度を設けているところは少なく、研修に時間や労力、コストをかけることはしません。 もともと即戦力を求めている外資系企業ですので、自ら会社の仕事の仕方ややるべき仕事を探し、成長できる人材を採用しています。

人事的な評価と安定性

日系企業の場合、それまでの業務の進め方や他社員との連携状態を評価の対象とすることが多く、会社にとってよっぽどの不利益をもたらすことがない限り、リストラの対象になることはないと言えます。 また、万が一、リストラの対象になってしまったとしても、失業保険制度や各種失業保険手当が充実しているので、すぐに生活に困窮する危険はありません。 一方で外資系企業は、成果や実力主義の考え方が根本にあり、目標を達成できない社員や会社が求める人材とかけ離れていた場合は、すぐにリストラ対象になることも珍しくありません。 また、日本市場が経営的に不利益と判断した場合は、側撤退する企業もあり、自然とリストラ対象となってしまう場合もあります。

女性にとっての働きやすさ

日系企業ではまだまだ女性の社会進出が出遅れていると言っても過言ではないでしょう。 特に管理職としての女性の地位は低く、先進国と呼ばれる国々の中では最低水準と言われています。 また、産前産後のサポート体制もなかなか向上しておらず、現在の日系企業の課題と言えます。 成果主義を根本としている外資系企業は、性別や年齢にとらわれることなく、能力や実力に重点を置いています。 女性に対しても、産前産後のサポート体制を整え、在宅勤務やフレックス制勤務など、子供を持った女性でも働きやすい環境を整えています。

外資系企業に就職することが向いている人材とは?

日系企業とは様々な点で違いがある外資系企業ですが、では実際にどんな人々が外資系企業に向いていると言えるのでしょうか? 外資系企業はとにかく成果主義です。 短い期間に成果を上げることが一番のアピールとなります。 そのため、自らが仕事方法を研究し、自分で行動を起こす積極性とエネルギッシュな行動力が必要となります。 また、上司となる人にも自分の意見をしっかりと伝えられるだけのコミュニケーション力も重要で、単なるイエスマンでは務まりません。 自分の意見を持ち、それを納得させられるだけの知識を培い、さらにはそれを実行できるだけの実力も求められます。 一方で年齢に関係なく、成果で評価してもらえるため、ハードワークにこなせる体力があり、様々なチャレンジをしたい人や、自分で立案、仕事に活かしたい人には魅力的な企業と言えるでしょう。 さらに、若い年代でも日系企業と比べて、早い段階で高収入を得られるチャンスも多くあり、将来、独立を考えている人や、企業内で高い地位を視野に入れている人にとっては、理想的とも言えるのが外資系企業です。 外資系企業で成功している人々のほとんどが勉強熱心で、向上心が高いとされています。 どんな企業でどんな仕事をしたいのかを明確にしている人が外資系企業に向いていると言えますね。

外資系企業へ転職を考える人々の特徴

一度日系企業に就職した人々が、外資系企業に転職を考えるのは良くあることです。 そのような人々には共通点があります。 まずは、自分の持つ語学力やスキルを活かしたい人でしょう。 海外生活の経験があったり、海外での就職経験を持っていたりすることで、外資系企業での就職にある程度の自信があることです。 また、経験がなくても、いずれは海外で仕事がしたいとか、グローバルな仕事に憧れている人も多いですね。 そのために様々な勉強を重ねている人も多くいます。 日系企業での仕事に限界を感じていたり、今とは違った世界にチャレンジしてみたいという人も外資系企業に転職希望を持つきっかけとなっているようです。 若くても責任のある仕事を任せてもらえるとか、成果主義で高い給与をもらえるチャンスがあることもその要因でしょう。 短期間での成果主義であることからも、外資系企業は若い人材を求めていることも多く、転職を考えているのも比較的若い世代の人々が多いのが特徴と言えますね。 その中には、特に女性も多く、様々なスキルを持つ女性にとっては、大きな転職理由となり、外資系企業は魅力的な職場となっています。

外資系企業に転職を考える前に知っておくべきこと

外資系企業に転職を考えた場合、給与面など良い情報ばかりが目立ってしまうと、いざ転職をした後に公開してしまうこともあるかもしれません。 ここではあえて、外資系企業に転職した際のデメリットにも触れておきましょう。 外資系企業は何といっても成果主義です。 そのため、性別や年齢に関わらず、企業が期待できると思った人材を積極的に採用します。 しかし、その評価に関してはかなり短い期間で行います。 企業側が求めたスキルや成果が出なければ、簡単にリストラ対象となることも少なくありません。 外資系企業で成功しようと思えば、かなりの努力が必要となります。 残業という形では現れなくても、常に自己成長が求められ、商品知識や仕事に対する前向きな姿勢、取引先との折衝能力などは自分で研究し、確率していかなければなりません。 先輩や上司からそれを求めることはまずできないと言えるでしょう。 外資系企業で一番大切なことは、自分で動くという前向きな姿勢と努力ほかなりません。 それを克服できる人こそが外資系企業で必要とされ、成功するというのが現状なのです。

外資系企業に転職する方法

いざ外資系企業に転職をしたいと思っても、なかなかその方法がわからないという人も多いでしょう。 実際に外資系企業に関する転職情報はあまり多く出回っているとは言えません。 そこで、利用したいのが、外資系企業を多く取り扱っている転職エージェントでしょう。 外資系企業の求人を積極的に扱っている会社を活用し、効率良く希望の外資系企業と出会えるはずです。

BIZREACH(ビズリーチ)

昨今、テレビCMなどでも話題となっているビズリーチは、年収が好条件な求人を多く取り扱っているとして人気となっています。 ハイクラス層にステップアップできる求人が多く、企業の人事担当者から求人希望者に直接スカウトメールが届くのが特徴でもあります。 もちろん、好条件のスカウトを勝ち得るためには職務経歴書などを吟味し、自身のアピールも具体的に示すことができなければなりません。 海外での勤務が皆無だとしても、それを覆すだけのやる気やそれまでの経歴があれば、外資系企業への転職も決して夢ではありません。

JACリクルートメント

JACリクルートメントには約500名のコンサルタントが在籍しており、各業界に精通しているので、外資系企業にも非常に多くの情報やつながりを持っています。 そのため、転職希望者に的確なアドバイスを伝えることが可能で、ハイクラスな転職を実現できるきっかけをつかむことができます。 なかなか思ったような転職先が見つからずにいるのであれば、登録してみると良いでしょう。

リクナビNEXT

転職者が一番多く利用していると言われるのが、このリクナビNEXTです。 「スカウト登録」制度が特に人気で、希望条件を登録しておくことで、その条件に合致した企業からスカウトオファーが届きます。 オファーには非公開な求人も含まれているので、外資系企業への転職も多く存在します。 また、匿名での登録が可能で、情報収集での利用にも便利な転職エージェントと言えます。

外資系の会社に就職したい!外資に向いている人と転職方法のまとめ

外資系企業への転職を考えている人は年々増えていると言います。 しかし、実際に外資系企業のメリット、デメリットを正しく把握しておかなければ、いざ転職しても後で後悔することもあるでしょう。 日系企業との違いを知り、自分が本当に外資系企業に向いているのか、外資系企業で結果を出せるのかを冷静に判断する必要があります。 若い年代でも、女性でも多く活躍できる外資系企業だからこそ、それなりのスキルや行動力、判断力、自己アピールも必要となります。 正しい知識を慎重に集めて、より理想的な外資系企業に転職するために、情報を多く持つ優れた転職エージェントを利用することが近道です。 さあ、素敵な外資系企業への転職をぜひ実現させましょう。]]>