転職活動や仕事で疲れている人のためのスピリチュアルなタイプ別ストレス解消法

転職活動や仕事で疲れている人のためのスピリチュアルなタイプ別ストレス解消法

現代はストレス社会。スマホの普及もあってか、常に誰かとつながることも相まって精神的に疲れを感じる方が増えています。

そんな社会で生活するにあたって、みなさんはしっかりストレスと向き合えているでしょうか?

仕事においてストレスは大敵でありながら、必然的に付き合いの生じるものです。

今回は「会社に行きたくない」、「上司の顔も見たくない」、「今すぐ転職したい」など、

仕事のストレスフルによって追い込まれている方などに上手にストレスを発散する方法をご紹介します。

まずは自分自身のストレスを知ろう

まずストレスを上手く解消するために必要なことは、自身のストレスのタイプを知ることです。

タイプを知れば、対処法も明確になり、効率的なストレスのクリーンアップができます

よくいうストレス解消として代表的なものは「飲みに行く」や「思いっきり遊ぶ」などが挙げられがちですが、誰しもその方法が当てはまるとは言い切れません。

そもそもストレスというものは不快感などを表しているわけではなく、語源にある「ストレッサー(圧力)」から来ているわけで、人によってはお酒も遊ぶことも、心身にかかる圧力なためストレスになり得るので注意が必要です。

ストレスには4つのタイプがある

まず自身の溜め込んでいるストレスが精神的なものか、肉体的なものかを知っておく必要があります。これは自覚している心身の症状から自己診断することが可能です。

ただし、ものによっては自覚症状はあるものの、それが果たしてストレスが原因なのかは判別できないものです。心当たりのある方は十分に気をつけた方が良いでしょう。

主な症状のタイプとして身体に表れているものと、精神的なものに表れているものと分別することができます。

【肉体的なもの】

  • 頭痛や肩こり
  • 肌荒れ
  • 胃腸の不調

【精神的なもの】

  • 意欲の減退
  • 集中力の低下
  • 睡眠の質の低下

もちろん両方体感されている方もいるでしょうし、程度の強さも様々です。以下に代表的な特徴を4つに分類したものを羅列いたしました。

① 心身症・身体化タイプ

肩こりが酷く治る気配がない、頭痛に悩むことが多い、めまいや耳鳴りを体感する、これらに当てはまる人はこの「心身症・身体化タイプ」に当てはまります。

身体に現れている異常を自覚しているにも関わらず、それらの原因をストレスと関連づけられていないのが特徴です。

単純に「身体の調子が悪い」や「歳のせいか身体に出る」などという人がこのタイプに当てはまりやすいです。

これを医療的な方面からケアすることは簡単ですが、原因となっているストレスの解消が出来ていないと一時しのぎにしかならないことが大半です。

② 慢性疲労タイプ

疲れやすい、寝つきが悪く眠りも浅い、一日が過ぎるのが早く感じる、物忘れが増えた、これらに当てはまる人は「慢性疲労タイプ」です。

心の奥で小さな不満が溜まっていながら、解決法は分からず、日々を惰性で過ごしてしまっている方に多く、肉体的な症状が出てもその原因は特定しづらいのが特徴です。

悪い症状の原因がいつまでも特定できず、その症状によりさらに日常生活に支障をきたすという悪循環に陥りやすいタイプでもあります。

また先述した「心身症・身体化タイプ」と違い、医療機関に診てもらったところで原因不明と言われがちなことも多いタイプです。

③ 鬱々タイプ

孤独を感じている、人生に希望を持てない、ふとした瞬間に悲しい気持ちになる、人付き合いが億劫、これらに当てはまる人は「鬱々タイプ」です。

自己評価が低く、憂鬱な気持ちになりやすいタイプで、ことさらにマイナス方面に思考が偏りがちな特徴があります。

「うつ病」と診断されるのに最も近いタイプで、酷くなるとあらゆる事が自身の不利になるように働いていると感じる「統合失調症」の可能性もある危険なタイプです。

何かと自分を責めてしまう性格の人に当てはまりやすいので、症状が表立って出ていなくとも性格面で当てはまる方は要注意です。

④ イライラタイプ

じっとしていることが出来ない、些細なことに過敏になる、思い通りにならないと感じることが多い、衝動的な行動が多い、これらに当てはまる人は「イライラタイプ」です。

不満や怒りなどの心の中のわだかまりを、物理的なものにぶつけないと気が済まないようになってしまい、自身の思い描く理想通りにならないとストレスの渦にハマってしまうタイプです。

対人トラブルが多くなりがちなタイプで、人間関係の溝が深くなり、助けてくれる人もいなくなってしまうという最悪なパターンを歩みがちなタイプでもあります。

また衝動的というところで、表面的な解消法がお酒やギャンブルなどに向きやすいタイプでもあります。

心当たりがある方はこのタイプだと思って間違いがないでしょう。

『鬱々タイプ』の解決法は自然に触れること

身近で出来る簡単な解決法として、自然に触れることが挙げられます。少し大きめの公園などがあると最も望ましいです。

なるべく明るい内に出向いて、小一時間ほどゆったりすれば、十分な効果が得られることでしょう。

また、科学的にも緑の色味や、土の香りなどは、脳の疲労の解消には役立つと言われています。

憂うつな気分が続いている、何もやる気がしないことが多い、外出するのが億劫になったなどの「鬱々タイプ」の方にオススメのヒーリング法です。

余裕があれば木に触れたり、意識して深呼吸などをしてみましょう。より一層効果が期待できます。

『イライラタイプ』の解決法は動物や生き物と触れ合う

古来よりペットなどとしても愛玩されている動物などには、信じられないほどの癒しのエネルギーを持っています。

もちろんペットがいなくても、野良猫や鳩などの身近な動物を眺めるだけでも効果があります。

何も考えずに動物の仕草を眺めているだけで、小さな悩みなどは吹き飛ぶことでしょう。

イライラすることが多い、投げやりな気持ちになることが多い、規則やルールに違反することをしてしまう、などの「イライラタイプ」の方にオススメです。

何も悩みがなさそうな動物の仕草などを眺めていることで、自身の悩みとの相対的な心象と、無心になれることが良いようです。

『慢性疲労タイプ』の解決法は水晶などの鉱石を身につける

人間の寿命などとは比べ物にならない時間が凝縮されている鉱石などは、スピリチュアルなパワーが豊富に詰まっています。

特に水晶はあらゆる雑念を吸収して、悪い運気を浄化する働きを持っており、大きな効果が期待できるでしょう。

アクセサリーとして加工されているものも沢山出回っていて安価で手に入ります。ストレスに悩んでいる方はいくつか持っておくと良いかもしれません。

  • 身だしなみを気にしなくなった
  • 眠れない日が多い
  • 仕事や生活でミスが増えた
  • などの「慢性疲労タイプ」の方にオススメです。

    ブレスレットなどは単純に手首にヒンヤリとした感触を維持できるという点でも根拠のある方法と言われています。

    『心身症・身体化タイプ』の解決法は手を洗う

    意外と思われるかも知れませんが、水には強力な浄化作用があり、単純に殺菌というよりも冷たい水に触れることで脳がリフレッシュするものです。

    気の流れをリセットする働きもあり、古来より「お清め」としても伝えられている行為でもあります。

    集中できないことが多い、体が疲れやすい、などの「心身症・身体化タイプ」の方にオススメです。

    これに似たものではミネラルウォーターを飲む、なども同じく浄化作用があります。

    透明なものに触れている、透明なものを体内に取り込む、というイメージとしても重要な役割を持っているようです。

    全てのタイプの方にオススメしたい2つのヒーリング法

    ここから紹介するのは、あらゆるタイプに効果のある方法です。

    上記のタイプに当てはまらずとも効果が期待でき、まだ自覚症状が出ていない人にも予防策として利用していただきたい方法でもあります。

    ヒーリング法①オルゴールなどのシンプルな音階の音楽を聴く

    オルゴールに限らず、ピアノのみなどの単一な楽器による音楽は脳へのヒーリング作用があります。

    ゆったりとその音に気持ちを傾けていれば雑念が取り払われ、心の底から浄化されることでしょう。

    近年ではインターネットなどでこう言った曲は無料でいくらでも探し出せることでしょう。

    インターネットでの検索が苦手であれば100円ショップなどにもヒーリングミュージックとしてCDが売られています。

    ヒーリング法②ひたすらに歩く

    ウォーキングは健康にも良いとされ、もちろん精神面にも非常に良い効果をもたらします。

    血行も良くなり、自律神経のバランスを整える効果があり、自然の中を歩くようにすれば、精神的な癒しの実感も期待できます。

    より効果を期待できるのは、ウォーキングするときに「ウォーキングのために外出する」というのを意識することです。

    余計な荷物は持たず、最小限の身なりで散歩に行く気持ちというのも開放感をもたらします。

    就職活動や会社で疲れている人のためのスピリチュアルなタイプ別ヒーリング法のまとめ

    ここまでタイプ別に多様な解消法を紹介しましたが、いかがでしたか?

    もちろん紹介したタイプが混合している方も多いかと思われます。

    その場合は一番悩みのタネとなっている部分から解消していきましょう。

    ストレスは日々必ず蓄積しているものですが、何も一日でそれを全てスッキリさせようなんて無理な話です。

    上手くストレスと付き合って行くためにも、今回紹介した解消法にて日常的に負担を軽減できることがベストだと思ってます。