転職活動をする前に必ず確認!転職成功のために心掛ける11つのポイント

転職活動をする前に必ず確認!転職成功のために心掛ける11つのポイント

自己分析は転職がうまくいくためには外せない過程です。

自己分析は今あなたが置かれている状況や、将来どうしたいのか、自分自身の気持ちを冷静に判断し分析する作業です。

これを真面目にする方としない方では、その後の展開に差が出てきます。

分析により得られた自己発見は、中途採用する際に面接官があなたに求めていること、聞かれること、評価される内容などに直結しています。

ポイント①自分が抱えている不満をあぶり出す

今現在あなたが置かれている状況において、転職はどれぐらい必要なのでしょうか?

以下の項目に自分が何個あてはまるかチェックしてみましょう。あてはまることが多い場合は、職場に不満を感じている可能性が高く転職をする要因となります。

  • 毎日が同じことの繰り返しで面白くないし飽きてしまった
  • 朝起きても疲れが残っていて毎日体が重い
  • 常に残業で仕事が終わらない
  • 休日出勤が頻繁にありプライベートを大切にできない
  • 企業のノルマ達成に全く興味がない
  • 責任を感じるような仕事はなるべく避けたい
  • 会社から必要とされているように感じない
  • 上司などとの関係がうまくいかず折り合いがつかない
  • 仕事内容が自分の好きなことではないため興味が持てない
  • 職場だけでなくプライベートでの人付き合いも辛くなってきた
  • 知り合いや友達の仕事が魅力的に感じてしょうがない
  • 給料が十分ではなく仕事内容に見合っていないと感じる
  • 他の業界の仕事にチャレンジしてみたい

《チェックの結果》

0~1個…今の会社で様子を見ながら転職リサーチを始める

2~4個…今の会社で働きながら転職活動をする

5個以上…すぐでも辞めれるようにし全力で転職活動すべきである

あなたが今の仕事に何らかの不満を抱き心が拒絶反応を示している証拠です。

このまま放置していても状況は勝手に改善はしてくれません。一刻も早く何かしらの手を打ちましょう。

ポイント②自分ではどうにもならない要因をあぶり出す

そして、仕事内容や職場の環境など、自分だけではどうにもならない要因があります。

【自分ではどうにもならない要因】

1 人事制度
2 企業の知名度、資産
3 会社の経営理念
4 会社のしきたり
5 上司や同僚、部下との関係性
6 職場環境や雰囲気、立地
7 雇用が安定しているか

自分が抱えてる不満や自分ではどうにもならない要因を考えてみて、会社への不満は大まかに分けるとこの2つに行き着くはずです。

  1. 仕事内容との相性がよくない
  2. 職場の環境が自分と合わない

自分の不満に感じるポイントを把握できたら、転職する会社に求める条件が見えてきます。

これをノートに書き出してみて、自分が絶対譲れないと思う条件から順番に並べていきましょう。

この作業をしていると、どちらの条件の方が大事かわからなくなるときがあります。そんな時は、実際に頭の中で状況をイメージしてみると判断しやすくなります。

例えば、「給料」と「休暇が取りにくい」という点、どちらを優先すべきか悩んでいる場合で考えてみましょう。

「給料は満足に貰えているけど自分の希望の休みが全く取れない」「休暇が毎月自分の思うように取れるけど、給料が全然足りない」この2つを比べて、どちらの方が自分にとって大切でしょうか?

このように、どちらかは条件を満たしてるけど、片方は全然ダメ、という状況をイメージしてみることで、どちらの条件の方が自分にとって必要なのかがすぐにわかります。

また、どっちが必要なのか迷いが生じる時というのは、どちらもそこまで大切ではない要素であるということも考えられます。

自分にとって本当に大切な要素であれば、「この条件は絶対に必要!」と、迷う必要もなくあっさりと決められるものです。

ポイント③小さなことから環境を変化させてみる

  • 仕事以外に趣味を持ってみる
  • オンとオフをはっきりさせる
  • 自分で簡単な目標を設定してみる。
  • 仕事仲間とコミュニケーションをとってみる
  • 部署移動をお願いしてみる

転職活動を始めると同時に、こんな小さなステップからで良いので今の環境を変化させてみましょう。

人それぞれ事情は違いますので簡単に転職できない立場なら、まずは今の環境を変える努力をしてみましょう。

それでもダメな場合はそれ以上追い込む必要はありません。次へのステップ、転職の可能性だってあるのです。

ポイント④転職の方法をタイプ別にチェック

今すぐにでも仕事が必要な危機的状況なのか、チャンスを伺っている感じなのか、

状況によって転職活動の仕方が違いますので、自分がどのようなタイプなのかチェックしてみましょう。


【タイプA】

  • 今直ぐにも新たな職が必要

 

【タイプB】

  • 転職は出来ればしたいし、新たな場で評価されたい
  • 失敗はしたくないので迷っている
  • 良い転職先が見つかれば転職してもよい

 

【タイプC】

  • 今の仕事に満足しているが、自分にも転職の機会があるなら一応その会社を見てみたい

【タイプA】今すぐにでも新たな職が必要な方は一刻も早く転職先を探す

今すぐ次の転職先探しに全力投球して早く仕事を探しましょう。

こちらでお伝えしている転職活動の方法を一から全て実施し、これ以上無駄な時間を過ごすことなく転職を成功させるべきです。

転職活動で「給与・待遇・仕事内容・環境・立地」のような基本必要条件は、考えなくてもすぐに出せると思いますので、まずはこれを軸にして転職情報をチェックししましょう。

チェックしたり書類の準備をしているうちに、さらに自分の求めているものや不可欠な条件などが具体的に見えてきます。行動しながら考えて行くスタンスをとって下さい。

現在働いてる場合の注意点

忘れてはならないことが、現職場への退職についてです。

職場に転職活動しているのをバレたくないと思う気持ちもわかりますが、かといって新しい会社を見つけたから明日辞めますという突然宣言もできません。

また面接に行った際に、採用担当者からいつ辞めれますかといったような質問もあります。

一般的には退職届が受理されるのに1~3ヶ月かかります。その方のポジションや仕事の量、引き継ぎ具合によっては辞めれない場合もあるでしょう。

自分の置かれている環境がどうなのか、社内規定はどうなのかをしっかり確認して下さい。

今の会社で我慢する方法を探せば?と時に無責任な発言を人はします。我慢できる方法を見つけていれば、こうなっていはいないはずです。

我慢しても、それが自分にとっても会社にとっても良くないことです。

【タイプB】新たな職場で評価されたい方はまず部署移動をしてみる

このタイプに当てはまるあなたは、そもそもなぜ転職がしたいのでしょうか。

  • 職場の雰囲気が嫌だから
  • 友達が転職したから
  • 思っていた仕事をさせてもらえないから
  • ただ何となくしたくなったから

人間日々気分に浮き沈みがあります。もし何の理由もなく転職を思ったのなら、それは一時の気の迷いです。

何の目的も持たずに安易に転職を考えているのなら踏みとどまった方が良いですし、たとえ転職されても後悔することの方が大きいでしょう。

新しい部署へ移動願いを出す

まず転職を考える前に「今の職場で変えれるところはないか」を考えましょう。

何か嫌なことがあるならその嫌なことを解決したりや努力をすれば、転職をしなくて良いかもしれません。

やりたい仕事が出来ていない、雰囲気が悪いのなら、新しい部署への移動願いをしてみてはいかがでしょうか。そこで心機一転仕事に取り組める可能性は十分にあります。

せっかく何かしらの縁があって入った会社です。変えれるような余裕があるのなら、まずそこを攻めてみるべきです。転職活動に進むのはそれからでも遅くはありません。

また未経験の職に興味が湧き、今の職とはまったく別の仕事に就きたい場合でも、直ぐに会社に辞表を出すのではなく、今の会社の中に少しでも新しい仕事に関連付いたものはないかを探して下さい。

意外と他部署行けば、後々役に立ちそうな事柄があるかもしれません。もし見つけたのなら、辞める前にその部署へ行ったり、その事業に取り組み、実績を少しでも積んでおくことをお勧めします。

転職情報誌には「未経験歓迎」などという文字が踊らされいます。文字通り未経験の方でも受け入れてくれるかもしれませんが、そこに経験者のライバルが現れれば、未経験のあなたは不採用でしょう。

全く何もないよりは、少しでも経験を持ち、そこをアピールしていきましょう。これは効果的な方法でもありますよ。

【タイプC】違う会社に興味がある人は急いで転職活動をする必要はない

さてこのタイプの方は表立って転職活動に精力を上げる必要はないでしょう。

  • 出世コースに乗っていると感じられている
  • 良い雰囲気の職場に勤めている
  • まだ入ったばかりである
  • 今の仕事に多少の不満はあるけど自分のやりたいことも出来ている
  • 仕事はつまらないがプライベートでも趣味などをして充実感は両立している

このような方は「もし転職をしなくてはいけないような場面に遭遇した時に、素早く行動するためにはどうすべきか。」という点と

「将来どのような転職先が自分にはあるのか」ということに焦点をおいてこちらの情報を頭に入れていきましょう。

もちろん求人情報というのは大体3ヶ月以内締め切りのものが掲載されています。通年において採用しているという会社は少ないでしょう。

しかし目を通しておくだけでも、多少なりとも業界の流れを知ることができますし、特殊な業界ならば、どのような書類や資格が応募には必要かを知ることも出来ます。

自分の憧れている業種が資格保持者でなくては受け入れないようでしたら、そこに転職するかどうかわからなくても、その日のために資格を取る準備期間が持てますよね。

ポイント⑤転職先に求める条件を決める

自分が次の転職先に求める条件が見えてきましたでしょうか?

求人雑誌や企業情報を閲覧するよりも先にこの作業を行う理由は、求人に応募したいからと自分の意思が変わってしまうことを防ぐためです。

次こそ自分の好きな仕事に就きたいと思いながら求人を探していても、給料の良さそうな求人を見つけると、全然興味のない仕事内容でも応募したくなるかもしれません。

これをしてしまうと、結局会社に与えられた仕事をただただこなし、会社の都合に合わせて働き続けることになってしまいます。

そのため、今までの自分の状況から脱出することができず、本当に求めている仕事には中々出会うことができません。

自分の理想とする会社に転職するためには、自分の求める条件を明確にして、条件に合わない求人には応募しないという強い意志が必要になってきます。

「転職先に求める条件」を決定することは転職するにあたって非常に大切な作業になります。

時間が取れないという方でも、とりあえず仕事や職場に求める条件でパッと思いつくものを挙げてください。また時間がある時に細かい部分をしっかり考えましょう。

ポイント⑥転職サイトやハローワークで職種を確認する

こちらは、ハローワークによる職種の分類になります。ハローワークでは400以上の職種が8つのカテゴリに分けられています。

  1. サービスの職業
  2. 運輸・通信の職業
  3. 事務的職業
  4. 生産工程・労務の職業
  5. 農林漁業の職業
  6. 専門的・技術的職業
  7. 販売の職業
  8. 保安の職業

ハローワークの分類はとても細かくなっていることがわかりますね。こちらを見ていくつか気になる仕事が見つかったという方も多いのではないでしょうか。

自分の興味がある仕事、一度この職種で働いてみたいと思える仕事がだいたい決まったら、業種の時と同じように整理を行いましょう。

初めに自分の興味を持った職種が何なのかを書いて、その職種のどこに興味を抱いたのか、そしてその理由について詳しく書いていきましょう。

そして、体験談やエピソードを添えることでより形がみえてきます。

このように整理を行う理由として、これから企業に応募をする時に志望動機として使うことができるなどのメリットがあげられます。

面接用紙に志望動機を書く欄がありますので、整理した内容を参考に書くことができます。

そのため、整理を行うときはなぜこの仕事に就きたいのか、自分の気持ちを率直に書いていくことがポイントです。

言いたいことと少し違う、と思ったときは何度でも書き直して、自分の納得のいく内容に仕上げましょう。

ポイント⑦興味がある仕事や適職を見つける

仕事を探す上で自分の興味がある職種か、そうでないかは転職ではとても大切なポイントです。

また、今までの職業と種類が似ている仕事の場合は、今までの経歴をアピールして転職活動を円滑にすすめていきましょう。

例えば、事務所から受付に転職する場合、パソコンの知識を活かすことができますし、営業職から販売職に移るときは培ってきたセールス力を発揮することが可能になります。

ですが、専門知識や経験が必須になるような職業に就きたい場合は、十分な知識を備えていても働いた経験がないというだけで応募ができないなど、簡単には内定を貰えないことがあります。

そのようなことも踏まえて、自分の好きなことが活かせる仕事や興味がある職種を早い段階で知っておくことが大切なのです。

自己分析をおこない適職を見つけたパターン例

34歳のAさんの場合です。

Aさんは今までインターネットの営業マンとしてバリバリに働いたり、とある百貨店のスーパーバイザーとしてエリアを巡回していました。

その後派遣会社の企画部に勤め、持ち前のアイデア力を発揮しました。

今まで自分が働いてきた仕事を振り返ったAさんは、

やる気に満ちたスタッフと共に会社をどんどん盛り上げていく!

といったような、明るい環境がAさんには向いていることがわかります。

そのため、もし給料が良くて役職を与えてくれる会社で働けることになったとしても、

人とあまり関わりがなく自分の仕事を淡々とこなすような仕事内容だった場合、やりがいを見出せずに違和感を感じてしまうでしょう。

ポイント⑧職種イメージを膨らませる

職種が決まったら、その職種のどこに魅力を感じるか、なぜ気になるのか一歩踏み込んで考えてみてください。

職種については大体のイメージが掴めていたらそれで大丈夫です。

人に物を販売する仕事がしたい、パソコンで映像を作って人に提供したい、たくさんの人と触れ合える仕事がしたい、など何をしたいのか想像しながら紙に書きだしていきましょう。

職業の名前については、表現が異なることもあるためあまり気にしなくて大丈夫です。

広告業界では、営業職のことをアカウントエグゼクティブと呼んだり、仕事の内容は同じでも呼び方が違うことが多々あるのです。

そのため、職種の名前にこだわるよりも「何を誰にどうするような仕事がしたいのか」ということを一番に意識しながら考えて行きましょう。

ポイント⑨転職活動はワクワクすることだとポジティブに考える

転職活動は楽しいしワクワクします。考えてもみて下さい。

憧れてた職場に一つ接近しているのです。

入れないだろうなあと思っていた会社に足を踏み入れる機会があり、そこで実際に働いている人に合う機会があり、もしかしたらその憧れの人達と一緒に仲間として仕事が出来るかもしれないのです。

ヘッドハンターされたあなたなら、豪華な場所で接待を受ける機会もあるかもしれませんね。

このように転職活動をしていなければ入れない場所や、会えないような人にも会えてしまうのが転職活動なのです。こんなチャンスを楽しまないでどうするのでしょう

実際は、

  • 転職活動が辛い
  • 何をやっても認めてもらえず結果が出ない
  • 良い感触だったのに落とされてもうやる気がでない
  • 面接官に馬鹿にされてるのではないか

このように訴える転職活動者がとても多いです。

確かに結果が思うように出なければ誰だって焦ります。同じことを繰り返し話すのにウンザリすることもあるでしょう。

しかし、ネガティブに考えていると、あなた全体からその雰囲気が醸しだされてしまいます。

採用担当者は百戦錬磨ですから、そのような雰囲気は直ぐに嗅ぎ付けます。

だからマイナスではなくプラスの面を考えて見つけるのです。

小さなことからで良いので、一日の中にあった楽しかったこと、嬉しかったこと、素敵な出会いなどを思い起こし、できれば手帳に書き留めてみて下さい。

疲れた時、辛くなった時、これらを見ることで勇気とやる気が湧いてきます。視覚から記憶を呼び起こすこの作業は、とても効果的なのです。騙されたと思って一度実践してみて下さい。

ポイント⑩転職活動で言い訳をしない

転職活動を具体的に始めるに当たって、まず最初にあなたに訪れる関門は何だと思いますか。

それは「言い訳」です。

「やろうと思っても時間がないから転職活動が出来ないです。」「情報収集の仕方がわからないから転職が上手く行きません。」など、

これらの言い訳は逃げでしかありません。本当に転職したいと強く心に決めた人からは、これらの言い訳は出てきません。

まだ転職活動に本腰を入れていない人や、転職活動に安易な態度で取り組んでいる人だから出てくる言葉なのです。

言い訳①「時間がない」

「時間がない。」と言われる方。

アプキャリに書いてあることをそのまま実践してみて下さい。この転職方法はまとまった時間を必要とするやり方ではありません。

忙しい合間の隙間時間を縫って行う方法ですので、時間がないと嘆く方にぴったりな方法です。

言い訳②「キャリアや学歴がない」

次に多く聞かれるのが「キャリアや学歴がない。」から転職がうまくいかないのだという言い訳です。

もちろん学歴やキャリアを今直ぐ構築するのは無理な話です。しかし、今持っているキャリアの見せ方を変えることは出来ます。

職務経歴書の書き方を研究しましょう。職務経歴書のフォーマットは実に様々です。

既存のフォーマットを使うようにというルールなどありません。あなたの「強み。良い部分。魅力。」に照準を絞った職務経歴書の作成を意識してみましょう。

それだけで随分と変化が訪れますよ。そして学歴がないと嘆く前に、その学歴を作るために今現在勉強していますとその中でアピールすれば良いのです。

採用担当者は前向きに頑張っている人に惹かれます。

言い訳③「今の会社にばれたくない」

多くの人が「今の会社にバレたくない」と思っています。これは当然です。

だからといって転職活動をしない言い訳にはなりません。

バレないようにする方法はいくらでもあります。それをあなたは学ぼうとしていないだけなのです。

後ほど出てくる「情報のマスキング」を是非参考にして下さい。

言い訳④「やる気が起こらない」

そして「やる気が起こらない。やる気が削がれた。本格的に取り組む気がしない。」という言い訳です。

転職活動をする必要に迫られてはいないが、将来、可能性はあるので、その方向性を探っておきたいという人達にみられる言い訳です。

そりゃそうでしょう。緊急性がなければやる気にも違いが出てきて当たり前です。

しかし、やろうかやるまいかと悩んでいる間に時間はどんどん過ぎて行きますよ。

あの時始めておけばよかった!とスタートの遅さを悔やまないためにも、さっさと取り組むべきではないでしょうか。

ポイント⑪3ヵ月以上就職活動が長引くと難易度が上がるので注意する

仕事をしながら転職活動をしてるかたは、タイムリミットは「3ヶ月」ということを覚えておいてください。

在職中に仕事が見つかれば問題ありません。次の仕事が見つからないまま退職日を迎えてしまった方は、そこから3ヶ月間の間に頑張って転職先を探しましょう。

3ヶ月を超えてしまうと転職難易度はどんどん上がっていきます。

休職期間が長いと、面接官は不思議に思い必ずその点を突いてきます。面接官を納得させられるだけの理由があれば良いのですが、なかなか難しいハードルです。

もしくは面接前の選考書類段階で落とされてしまう確率もぐっと上がります。

やる気がでなくて3ヶ月以上経ってしまった、貯金もあるし後でいいかと思ってた、なんてことはないように一生を決める踏ん張りどころととらえて何とか奮起して下さい。

理想の職場に出会えた時、それまでの苦労はしてよかったとさえ思えるほどですよ。

まとめ