新入社員必見!辛い新人時代を乗り越えるためにとるべき4つの行動

「仕事に就いたばかりだけど、もう辞めようかな・・・」と考えているそこのあなた! 辞めるのはまだ早いですよ。 新人時代には、誰もが辛くて苦しい思いをします。 あなたの周りにいる上司や先輩など、誰もが失敗したり怒られたりを繰り返して新人時代を乗り越えてきたのです。 ではそんな新人時代を乗り越えるためにはどうしたら良いのでしょうか。 今回は辛い新人時代をより早く、そして楽に乗り越えるためにとるべき行動をお伝えします。

辛い新人時代を乗り越えるためにするべきこと

新人時代は誰にでもあって、「新人時代が楽しくて仕方がない!」なんて人はほとんどおらず、誰でも辛い思いをします。 あなたを指導したり叱ったりする上司だって辛い新人時代を乗り越えてきたのです。 誰もが乗り越える必要のある辛くて苦しい新人時代ですが、努力次第ではこの期間を短くすることが可能ですよ! 具体的には、仕事を早く覚える努力や職場の人間関係に早くなじむ努力をすることで新人時代の期間を短くすることができ、より早く辛い新人時代を乗り越えることができます。

新人時代に辛いと感じる3つの理由

辛いと感じる理由は人それぞれですが、職場になじめない、仕事をうまくこなせないといった新人ならではの壁にぶつかって辛さを感じる人が多いのではないでしょうか。 辛いと感じる理由は具体的にはどのようなものがあるのかご説明していきます。

新人時代が辛い理由①仕事ができなくて怒られる

新人時代は仕事ができなかったり、仕事が遅かったりするために怒られることもしばしばありますよね。 上司としては即戦力となってもらいたいものですから、こんなことではいけないと厳しく指摘をしてきます。 しかし、それが無理難題を押しつけている場合もあるため、そのような指摘を真に受けて「自分は仕事ができない人間なんだ」とは思わないでくださいね。 最初は仕事内容をきちんと覚えられていなかったり、要領がわかったらなかったりするために間違えてしまったり、異常に時間がかかったりするものです。 しかし、回数を重ねていくごとに慣れていき、だんだんと正確に素早く仕事をこなすことができるようになります。 そのため、仕事ができなくて怒られるのは時間が解決してくれるものかもしれません。

新人時代が辛い理由②人間関係になじめない

新人時代では、職場の人間関係に悩む方が多いのではないでしょうか。 立ち振る舞いがわからず、空気が読めない発言をしてしまったり、地雷を踏んでしまったりということもあるかもしれませんね。 また、仕事中に注意を受けたり、叱られたりということがあると休憩中でもなかなか気軽には話しかけづらいのではないでしょうか。 新人時代は仕事を覚えなくてはいけないだけでなく、一緒に働く人たちのことについてもよく知って、職場になじめるようにしなくてはいけません。 指導する側とされる側ではなかなか距離間の取り方が難しく感じるかもしれませんが、仕事をこなしていくうちに自然とその距離感が縮まっていくものです。 あまり焦らずに、仕事を覚えると同時に人間関係についても学んで少しずつ周囲と打ち解けられると良いですね。

新人時代が辛い理由③自分の無力さを実感する

新人時代では、自分の役割が定まっていない状態にあることが多く、周りが忙しくしていても自分が今何をするべきかがわからず、自分は役立たずだと感じてしまうこともあるかもしれません。 いち早く仕事を覚えて周りの人の役に立ちたいと思っても、忙しいために放置されてしまったり、雑用ばかりを頼まれたりということが続けば何をするべきかわからないままですよね。 そして、「このまま自分はずっと無力のままかもしれない・・・」とさらにネガティブ思考になってしまう可能性があります。 しかし、新人時代においてすぐには責任のある仕事を任せてもらえず、誰でもできるような雑用ばかりさせられる場合もしばしばあります。 任せられたことを1つずつ確実にこなしていくことで信頼を得られ、責任のある仕事も任せてもらえるようになりますよ。 それまでは自分にできることを精一杯おこなうことが大切ですね。

辛い新人時代を乗り越えるためにとるべき4つの行動

辛い新人時代にとるべき行動がいくつかあります。 これからご紹介する行動を起こせば、辛さを軽減したり、新人時代を短くしたりすることが可能ですよ! 一つひとつの行動パターンについて詳しくご説明していきます。

辛い新人時代にとるべき行動①積極的にコミュニケーションをとる

積極的にコミュニケーションをとることで、たくさんのことを学ぶことができ、新人時代である期間をうんと短くさせることができます。 仕事面で学ぶことが多いのはもちろん、一緒に働く人たちについても知ることができ、より良い人間関係の構築にも役立ちます。 職場でのコミュニケーションは言葉遣いやタイミングに注意して、相手に気を使いながらとる必要があるため、簡単なものではありません。 それでも疑問に思ったことは逐一尋ねたり、感謝の気持ちをきちんと伝えたりして積極的にコミュニケーションをとることで、相手に一生懸命さが伝わります。 相手に一生懸命さが伝われば、あなたの努力を認めてもらうことができますよ!

辛い新人時代にとるべき行動②考え方を変える

新人時代にミスをしたり仕事が遅かったりすることで叱られると、自分のできの悪さにへこんでしまうかもしれません。 とくに自分だけが叱られてばかりの状況にあると、「自分はどうしてこんなにできないのだろう・・・」とさらに卑屈になって自信をなくしてしまう可能性があります。 しかし、誰にでも失敗はつきもので、どんなに偉くて立派な上司でも失敗して叱られてということを繰り返して今のポジションを築きあげたはずです。 失敗がなければ学ぶことはできませんので、失敗して叱られたときには、学ぶ機会を与えてもらえたと前向きにとらえ、きちんと叱ってもらえることに感謝の気持ちをもちましょう。

辛い新人時代にとるべき行動③頼れる先輩を見つける

職場において、1人でも良いので自分の悩みを打ち明けられる先輩を見つけると良いです。 働いていく中で、人間関係や業務に関して悩みを抱いたときに、身近に頼れる先輩がいると相談にのってもらえて良いアドバイスが得られるかもしれません。 誰にも悩みを打ち明けられないと、1人で思い悩んでしまい、辛い状態から解放されません。 人に話すだけでも気持ちは楽になると思いますので、ぜひ頼れる先輩を見つけて、悩みを聞いてもらえると良いですね。

辛い新人時代にとるべき行動④自己学習をする

「自分の仕事の覚えの悪さに嫌気がさしている・・・」という方には、ぜひ自己学習をしていただきたいです。 自己学習とは、その名の通り自主的に学習すること。 自己学習では、仕事中にとったメモをきちんと見返し、頭の中でシュミレーションしてみたり、ノートにまとめてみたりといったことをします。 すでにおこなっている方もいらっしゃるかもしれませんね。 それらのことをおこなうことで、仕事内容をきちんと整理して把握することができ、抜けもれなく仕事ができるようになります。 さらに自己学習を深めたいという方は、図書館や本屋さんへ行ってあなたの仕事に関する本を手にとってみることをオススメします。 本を読んで仕事に関する知識を増やしておくことで、新たに教わった仕事も理解しやすくなり、人に言われなくても自分の頭で考えて仕事をこなすことができるようになりますよ!

辛い新人時代においての注意点

新人時代には、叱られたり、業務や人間関係について悩んだりすることが多いですよね。 そのような場合についての注意点をお伝えします。

注意点①叱られたからといって敵意を抱かない

新人時代には、「こんな言い方をしなくても良いのでは・・・」「自分は悪くないのに・・・」などと思うような理不尽な叱られ方をすることもあるかもしれません。 もしそんなことがあったとしても、決して相手に敵意を抱いてはいけません。 たとえ理不尽な叱り方であったとしても、あなたを叱る人はあなたのことを想って叱ってくれているのです。 叱るのにもエネルギーが必要で、叱る人にとって良いことなんてありません。 そのため、どうでもいい人に対して叱ることなんてしないです。 それに、理不尽だと感じても、あなたの振る舞いのどこかに非があるかもしれません。 自分の行動を振り返るとともに、自分を想って叱ってくれた人に感謝の気持ちをもって仕事をしていくことで、自分を成長させることができますよ。

注意点②一人で思い悩まない

新人時代に辛いと思ったことは、1人で抱え込まずに家族でも、友人でも、職場の人でも良いので誰かしらに話してみてください。 自分だけで解決しようと考えていると、考えが狭まってしまい、良い解決策は見出せません。 周囲の人に話してみることで、的確なアドバイスをもらえるかもしれないですし、自分も抱えている悩みについて客観視することができ、考え方が変わるかもしれません。 新人時代には、職場において十分な人間関係が構築できていないために頼れる人も少ないと思いますので、職場での悩みを話せるような家族や恋人、友人がいると良いですね。

辛い新人時代を乗り越える方法のまとめ

今回は、新人時代において辛いと感じる理由やとるべき行動、また注意点についてお伝えしました。 辛い新人時代を乗り越えるためにとるべき行動として、4つお伝えしましたが1番大切なのは積極的にコミュニケーションをとることだと思います。 コミュニケーションをとることが苦手な若者が増えているようですが、仕事をするにあたってコミュニケーションは欠かせないものです。 コミュニケーションをとることに苦手意識がある人ほど、積極的に人と会話をしてコミュニケーションスキルをアップさせていくと良いでしょう。 コミュニケーションスキルはいくら本を読んだりシミュレーションしたりしても身につかず、実際の人との関わりからしか上達させることができません。 苦手だからといって逃げずに、人とのコミュニケーションを大切にしていくことで、職場の人間関係や業務においてどんな問題が出てきてもうまく対処ができるようになり、辛い新人時代を乗り越えることができますよ。]]>