アプキャリについて

フリーランスにプラス(+)の情報をおつたえします!
アプキャリは、フリーランスの方や転職を希望の方にWeb転職やIT転職、さらに就職や転職活動のありとあらゆる情報をあなたのために発信するサイトです。

アプキャリでは、管理人が経験してきた転職ノウハウを惜しみなくご提供していきます。現役のエンジニアやキャリアアドバイザーなどプロの執筆者が、あなたのためのキャリアプランをご提案!

さらに、アプキャリにご来訪いただいたあなたのためだけに、本当は教えたくないような「ここだけ」の業界裏話や裏技的なノウハウも展開します。

管理人は未経験でIT業界に転職して早15年。今では大手サイトのプロジェクトマネージャーをするまでに成長できました。

今までの経験のすべてをまとめて公開していますので、ぜひできるだけ多くの記事に目を通し、あなたの今後の人生をよりよいものにしてほしいと願っています。

⇒おすすめ転職エージェントをすぐ見る

職業別の転職

SE・プログラマー転職

WEBデザイナー転職

フリーランス転職

タイプ別のおすすめ転職記事

転職が未経験の方

フリーランスの方

仕事で悩んでるの方

プログラミングスクール選びで悩んでる方

転職エージェントの選び方と重視する項目

有名な転職エージェントを選べば心配ないと思っている方は要注意。

特にIT・Web系の転職サイトやエージェント選びにはコツがコツが必要なのです。

転職エージェントを選ぶ決めては以下の4つとなります。

転職エージェント選びのポイント
  1. 求人量
  2. 提案力
  3. サポート力
  4. 専門性

です。

まずはじめに求人量。

転職先が見つからなければ始まりませんので、できるだけ案件が豊富なサービスを選ぶのは必須です。

次に提案力。

いっけん求人量に目が行きがちですが、転職では提案力とサポート力が非常に重要。

あなたのスキルを最大限に引き出す提案ができるアドバイザーが担当になるかどうかで転職が成功するか失敗するかが決まります。

そしてサポート力。

もしあなたが転職やフリーランス化を検討している場合、現職を続けながら自分の力で再就職先を見つけることは時間的にも精神的にも厳しいはず。

その際一人で調べたりエントリーすることなく、アドバイザーにお任せするだけで、業側にあなたの特性を最大限に引き出した提案してくれるかがよりよい転職へのポイントとなるのです。

ここでサポート力の高い転職エージェントは、在職中でもきめ細やかな配慮や対応を欠かすことなく、親身にあなたの味方になってくれます。

最後に専門性。

IT・Web業界は専門的な知識がないと、自分にマッチした求人を見つけることが難しいといわれます。

SEといっても、多くの専門領域があり、単純にSEだから、なんでもできるわけではありません。専門性を持ち合わせたアドバイザーが在籍するエージェントを選ぶことで、提案のミスマッチも防げます。また、今のスキルをさらに高める現場を見つけてくれるでしょう。

おすすめ転職エージェント比較表

サイト名 レバテック マイナビ TechClips
特徴 企業別対策で内定率が高い 大手ならではの求人数 高年収と高待遇に特化
求人 4,000件以上 8,000件以上 非公開
地域 首都圏、関西、九州 全国 首都圏
運営 レバテック株式会社 株式会社 マイナビ notari株式会社

IT転職初心者でも安心!おすすめエージェントランキング

マイナビクリエーター

マイナビクリエーター評価
最大のポイント!
大手転職エージェント・総合型で大量の求人を取り扱いながらも、IT業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍している

・IT転職者のほとんどが使っている!
・案件数が業界No.1
・大手中小問わず数多くの企業あり!

総合おすすめ度:76pt/100
全体的なバランスに富んだ王道系エージェント。求人数がダントツであり、多くの案件に出会える

マイナビ詳細
無料会員登録

レバテックキャリア

最大のポイント!

大手に引けを取らない求人数を取り扱うレバテックキャリア。企業別対策がポイントで、内定率は非常に高い実績

・大手IT系への転職に強い!
・専門スキルが高いアドバイザー多数
・自分にあった案件をとことん支援

総合おすすめ度:74pt/100

IT系でもっとも人気のある転職エージェントの一つ。多くの転職成功者を出している業界屈指の最強IT系エージェント

レバテック詳細
無料会員登録

テッククリップス

テッククリップス
テッククリップス総合評価
最大のポイント!
求人件数は非公開ということもあり、大手の転職エージェントよりは少なめと予想。ただし年収500万円以上の求人が8割以上という点、エンジニアのことを考えた良質な求人の多い

・キャリアアップに最適
・技術力に自信があるならベスト
・年収300万アップも!

総合おすすめ度:68pt/100

IT・web系で自分の力を持て余していると感じているなら是非利用したいエージェント。高額案件多数でスキルにあった条件が見つかる

アプキャリ
この3つのエージェントITに登録せずしてIT転職はきびしいと言えるほど確実に登録しておきたい王道の転職エージェント。あなた自身もまずはIT系専門エージェントから転職の基礎情報を学ぶことは必須です。

アプキャリ管理人について

経歴

  • 2001年:メーカー系SI会社に転職、官公庁系システムのSIに従事
  • 2007年:後期高齢者医療制度改正対応のシステム開発に従事
  • 2013年:運用委託業務の管理者として客先常駐およびWeb系開発サポート
  • 2015年:客先常駐解消

以降、フリーランスエンジニアとしてマイナンバー制度対応のプロジェクトマネジメント(PM)に従事
自治体向け基幹システムSIのPM・地方自治体向け基幹システムSIを行いながらAIなどの先端技術の提案

その後、大手Web系企業PMとして、BtoCサービスシステム開発と平行してアプキャリ運営開始!

現在はエンジニアやクリエーターの育成に力を入れ、次世代の人材育成に注力中です。

スキル(経験年数):

  • システムインテグレーション:14年
  • プロジェクトマネジメント:10年
  • 運用委託業務管理:4年
  • COBOL:2年
  • Java:7年
  • PHP:4年

レガシーシステムからウェブ系システムまでの一連を経験しています。また、プロパーとして勤めた後にフリーランスエンジニアとして現在も現場感を忘れずに仕事に取り組んでいます。

アプキャリを通じて未経験・経験者問わず、転職に成功していただけるような中身の濃い情報をお伝えしていきます!

転職エージェントはメリットだらけ!その理由

「転職したいけど何からどうしたらいいかわからない」
「仕事をしながらだと転職活動が全然進まない」
「エントリーはするものの転職先が決まらなくて焦る」

このような悩みを持った転職の最強の味方が「転職エージェント」です。

一言で言えば、いい人材を探している企業と、できるだけ自分の力を評価する会社を探している求職者をつなげる役目をしてくれるサービスです。

ここではそのメリットについてをわかりやすく解説します。

転職希望者にとっての最大のメリット

なんといっても、専門のアドバイザーが「無料」で適切な就職先を紹介してくれて、さらにエントリーまでもサポートしてくれることが最大のメリットでしょう。

就業しながら一人で転職活動を行うのは至難の業です。1人転職活動は時間がない中で焦って転職を急いでしまい、現職よりも悪い環境に再就職してしまう最悪のケースもあとを絶ちません。

転職エージェントを利用すれば、人生をよりよくする転職の機会を最大限に活かすことができるといっても過言ではありません。

多くの転職者を企業に送り届けたプロのアドバイザーが常にあなたの味方になってくれるのです。

しかもタダで。

これは利用しない手はないわけです!

採用側にもメリットがたくさんある!

転職エージェントから紹介された人材は、採用側にも大きなメリットをもたらします。

まずは、無駄な採用コストがかからないという点。

企業もできるだけいい人材をとりたいわけです。そのうえで、転職エージェント側がスキルにマッチングした人材のみをピックアップして紹介してくれるため、ペーパーテストや面談の回数をへらすことができて、採用コストを大幅に減らすことができるんです。

転職エージェントの仕組みとは?なぜ無料?

エージェント側は、優秀な人材を企業に紹介することで紹介料を謝礼として受け取ります。

そのおかげで求職者も無料で多くのサービスを利用できるわけです。

転職エージェントと転職サイトの違いを徹底比較!

特化型エージェントと総合型エージェントはどちらがいい?

転職エージェント詳しい比較表

転職エージェントのメリットとデメリット

転職エージェントが向いてる人・向いてない人

転職エージェントを利用した場合の流れ

転職エージェントQ&A

今の職場に疑問を持ったらすぐ転職のための行動しよう!

会社に会社をやめたいと相談した際に「あなたレベルでは次の転職先見つからない」といわれ、転職するか迷っているという話をよく聞きます。

冷静に考えてみてください。会社側としては、転職先が見つからないような能力のない人間が会社をやめてくれるなら大喜びですよね。

つまり会社側からの言葉は信じてはいけないのです。自分自身が転職を決意したら、迷わず次の就職先を見つけるために走り出しましょう!

新入社員必見!辛い新人時代を乗り越えるためにとるべき4つの行動

新入社員必見!辛い新人時代を乗り越えるためにとるべき4つの行動

「仕事に就いたばかりだけど、もう辞めようかな・・・」と考えているそこのあなた!

辞めるのはまだ早いですよ。

新人時代には、誰もが辛くて苦しい思いをします。

あなたの周りにいる上司や先輩など、誰もが失敗したり怒られたりを繰り返して新人時代を乗り越えてきたのです。

ではそんな新人時代を乗り越えるためにはどうしたら良いのでしょうか。

今回は辛い新人時代をより早く、そして楽に乗り越えるためにとるべき行動をお伝えします。

辛い新人時代を乗り越えるためにするべきこと

新人時代は誰にでもあって、「新人時代が楽しくて仕方がない!」なんて人はほとんどおらず、誰でも辛い思いをします。

あなたを指導したり叱ったりする上司だって辛い新人時代を乗り越えてきたのです。

誰もが乗り越える必要のある辛くて苦しい新人時代ですが、努力次第ではこの期間を短くすることが可能ですよ!

具体的には、仕事を早く覚える努力や職場の人間関係に早くなじむ努力をすることで新人時代の期間を短くすることができ、より早く辛い新人時代を乗り越えることができます。

新人時代に辛いと感じる3つの理由

辛いと感じる理由は人それぞれですが、職場になじめない、仕事をうまくこなせないといった新人ならではの壁にぶつかって辛さを感じる人が多いのではないでしょうか。

辛いと感じる理由は具体的にはどのようなものがあるのかご説明していきます。

新人時代が辛い理由①仕事ができなくて怒られる

新人時代は仕事ができなかったり、仕事が遅かったりするために怒られることもしばしばありますよね。

上司としては即戦力となってもらいたいものですから、こんなことではいけないと厳しく指摘をしてきます。

しかし、それが無理難題を押しつけている場合もあるため、そのような指摘を真に受けて「自分は仕事ができない人間なんだ」とは思わないでくださいね。

最初は仕事内容をきちんと覚えられていなかったり、要領がわかったらなかったりするために間違えてしまったり、異常に時間がかかったりするものです。

しかし、回数を重ねていくごとに慣れていき、だんだんと正確に素早く仕事をこなすことができるようになります

そのため、仕事ができなくて怒られるのは時間が解決してくれるものかもしれません。

新人時代が辛い理由②人間関係になじめない

新人時代では、職場の人間関係に悩む方が多いのではないでしょうか。

立ち振る舞いがわからず、空気が読めない発言をしてしまったり、地雷を踏んでしまったりということもあるかもしれませんね。

また、仕事中に注意を受けたり、叱られたりということがあると休憩中でもなかなか気軽には話しかけづらいのではないでしょうか。

新人時代は仕事を覚えなくてはいけないだけでなく、一緒に働く人たちのことについてもよく知って、職場になじめるようにしなくてはいけません。

指導する側とされる側ではなかなか距離間の取り方が難しく感じるかもしれませんが、仕事をこなしていくうちに自然とその距離感が縮まっていくものです。

あまり焦らずに、仕事を覚えると同時に人間関係についても学んで少しずつ周囲と打ち解けられると良いですね。

新人時代が辛い理由③自分の無力さを実感する

新人時代では、自分の役割が定まっていない状態にあることが多く、周りが忙しくしていても自分が今何をするべきかがわからず、自分は役立たずだと感じてしまうこともあるかもしれません。

いち早く仕事を覚えて周りの人の役に立ちたいと思っても、忙しいために放置されてしまったり、雑用ばかりを頼まれたりということが続けば何をするべきかわからないままですよね。

そして、「このまま自分はずっと無力のままかもしれない・・・」とさらにネガティブ思考になってしまう可能性があります。

しかし、新人時代においてすぐには責任のある仕事を任せてもらえず、誰でもできるような雑用ばかりさせられる場合もしばしばあります。

任せられたことを1つずつ確実にこなしていくことで信頼を得られ、責任のある仕事も任せてもらえるようになりますよ。

それまでは自分にできることを精一杯おこなうことが大切ですね。

辛い新人時代を乗り越えるためにとるべき4つの行動

辛い新人時代にとるべき行動がいくつかあります。

これからご紹介する行動を起こせば、辛さを軽減したり、新人時代を短くしたりすることが可能ですよ!

一つひとつの行動パターンについて詳しくご説明していきます。

辛い新人時代にとるべき行動①積極的にコミュニケーションをとる

積極的にコミュニケーションをとることで、たくさんのことを学ぶことができ、新人時代である期間をうんと短くさせることができます。

仕事面で学ぶことが多いのはもちろん、一緒に働く人たちについても知ることができ、より良い人間関係の構築にも役立ちます。

職場でのコミュニケーションは言葉遣いやタイミングに注意して、相手に気を使いながらとる必要があるため、簡単なものではありません。

それでも疑問に思ったことは逐一尋ねたり、感謝の気持ちをきちんと伝えたりして積極的にコミュニケーションをとることで、相手に一生懸命さが伝わります。

相手に一生懸命さが伝われば、あなたの努力を認めてもらうことができますよ!

辛い新人時代にとるべき行動②考え方を変える

新人時代にミスをしたり仕事が遅かったりすることで叱られると、自分のできの悪さにへこんでしまうかもしれません。

とくに自分だけが叱られてばかりの状況にあると、「自分はどうしてこんなにできないのだろう・・・」とさらに卑屈になって自信をなくしてしまう可能性があります。

しかし、誰にでも失敗はつきもので、どんなに偉くて立派な上司でも失敗して叱られてということを繰り返して今のポジションを築きあげたはずです。

失敗がなければ学ぶことはできませんので、失敗して叱られたときには、学ぶ機会を与えてもらえたと前向きにとらえ、きちんと叱ってもらえることに感謝の気持ちをもちましょう。

辛い新人時代にとるべき行動③頼れる先輩を見つける

職場において、1人でも良いので自分の悩みを打ち明けられる先輩を見つけると良いです。

働いていく中で、人間関係や業務に関して悩みを抱いたときに、身近に頼れる先輩がいると相談にのってもらえて良いアドバイスが得られるかもしれません。

誰にも悩みを打ち明けられないと、1人で思い悩んでしまい、辛い状態から解放されません。

人に話すだけでも気持ちは楽になると思いますので、ぜひ頼れる先輩を見つけて、悩みを聞いてもらえると良いですね。

辛い新人時代にとるべき行動④自己学習をする

「自分の仕事の覚えの悪さに嫌気がさしている・・・」という方には、ぜひ自己学習をしていただきたいです。

自己学習とは、その名の通り自主的に学習すること。

自己学習では、仕事中にとったメモをきちんと見返し、頭の中でシュミレーションしてみたり、ノートにまとめてみたりといったことをします。

すでにおこなっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

それらのことをおこなうことで、仕事内容をきちんと整理して把握することができ、抜けもれなく仕事ができるようになります。

さらに自己学習を深めたいという方は、図書館や本屋さんへ行ってあなたの仕事に関する本を手にとってみることをオススメします。

本を読んで仕事に関する知識を増やしておくことで、新たに教わった仕事も理解しやすくなり、人に言われなくても自分の頭で考えて仕事をこなすことができるようになりますよ!

辛い新人時代においての注意点

新人時代には、叱られたり、業務や人間関係について悩んだりすることが多いですよね。

そのような場合についての注意点をお伝えします。

注意点①叱られたからといって敵意を抱かない

新人時代には、「こんな言い方をしなくても良いのでは・・・」「自分は悪くないのに・・・」などと思うような理不尽な叱られ方をすることもあるかもしれません。

もしそんなことがあったとしても、決して相手に敵意を抱いてはいけません。

たとえ理不尽な叱り方であったとしても、あなたを叱る人はあなたのことを想って叱ってくれているのです。

叱るのにもエネルギーが必要で、叱る人にとって良いことなんてありません。

そのため、どうでもいい人に対して叱ることなんてしないです。

それに、理不尽だと感じても、あなたの振る舞いのどこかに非があるかもしれません。

自分の行動を振り返るとともに、自分を想って叱ってくれた人に感謝の気持ちをもって仕事をしていくことで、自分を成長させることができますよ。

注意点②一人で思い悩まない

新人時代に辛いと思ったことは、1人で抱え込まずに家族でも、友人でも、職場の人でも良いので誰かしらに話してみてください。

自分だけで解決しようと考えていると、考えが狭まってしまい、良い解決策は見出せません。

周囲の人に話してみることで、的確なアドバイスをもらえるかもしれないですし、自分も抱えている悩みについて客観視することができ、考え方が変わるかもしれません。

新人時代には、職場において十分な人間関係が構築できていないために頼れる人も少ないと思いますので、職場での悩みを話せるような家族や恋人、友人がいると良いですね。

辛い新人時代を乗り越える方法のまとめ

今回は、新人時代において辛いと感じる理由やとるべき行動、また注意点についてお伝えしました。

辛い新人時代を乗り越えるためにとるべき行動として、4つお伝えしましたが1番大切なのは積極的にコミュニケーションをとることだと思います。

コミュニケーションをとることが苦手な若者が増えているようですが、仕事をするにあたってコミュニケーションは欠かせないものです。

コミュニケーションをとることに苦手意識がある人ほど、積極的に人と会話をしてコミュニケーションスキルをアップさせていくと良いでしょう。

コミュニケーションスキルはいくら本を読んだりシミュレーションしたりしても身につかず、実際の人との関わりからしか上達させることができません。

苦手だからといって逃げずに、人とのコミュニケーションを大切にしていくことで、職場の人間関係や業務においてどんな問題が出てきてもうまく対処ができるようになり、辛い新人時代を乗り越えることができますよ。