Web系エンジニアになりたい方必読!転職で失敗しないためのポイントまとめ

Web系エンジニアになりたい方必読!転職で失敗しないためのポイントまとめ

Web系エンジニアは最先端のIT技術に触れたりと、仕事のやりがいが高くエンジニア職の中でも得に人気の職業。

Appleやgoogleのような時代の最先端企業でスマートに働いてみたい!と思う方も多いのでは?

特にSIerと比べると、ラフな印象で時代の流れに柔軟に対応する力が重視されています。

また、web系エンジニアは、未経験からでも入りやすいのも特徴。

しかし、未経験からWeb系エンジニアを目指す方や現職もエンジニアだけどWeb系にキャリアチェンジをしたい方の大半が、漠然とした「Web業界がいい」といった気持ちだけで転職活動をしているのが実情です。

目的がない転職活動は、理想と現実のギャップも感じやすく、「思っていた仕事内容と違った」「仕事内容についていけない」等を生み出します。

転職後にやってしまった!と頭を抱える前に転職活動をしっかり計画することは最重要。

今回は、Web系エンジニアを目指す方に向けて転職で陥りがちな失敗例と転職成功のためのポイントを紹介していきます。

Web系エンジニアが転職時に失敗する事例

転職に失敗するときの3つのポイントを紹介します。自分に当てはまっていないかを要チェック!

ウェブ転職失敗例①情報収集不足

事前にWeb業界のトレンドを把握していないと、転職活動中もしくは転職後に困ってしまうことに。

  • 古いバージョンの言語を扱えるけど、今は使われていなかった
  • どの技術が必要とされているのかを事前に把握していなかった

例えば、古いバージョンのJavaでの開発経験はあるけど内定先では数世代新しいバージョンが使用されていた場合などがよくある例です。

企業に求められる技術が使えない場合は、転職活動が難航してしまいなかなか内定が貰えないなんてことにも。

面接時に技術的な会話が出ることもあり、トレンド技術について触れることも多数です。そのため情報が足りない場合には会話がなりたたず即不採用となる場合も。

また、せっかく内定を貰えた場合にも、事前に最新技術の内容を学習しておかなれければ、入社後に苦労することになってしまいます。

ウェブ転職失敗例②スキル不足

若年層で未経験の場合には社内研修制度を利用し入社後に技術を身に着ける場合が大半です。

しか経験者の場合には未経験者と比較し求められるスキルレベルが当然上がってきます。

漠然としたWeb業界への興味だけで転職してしまうと結果的に業務についていけず退職してしまうといったことも。

また、Web業界への興味は十分で必要な技術がわかっていても、勉強をしていない場合には「興味があるのにやっていないのはなぜ?」といった風に思われますよ!

IT転職では、Webエンジニアとして向上心がある人物、勉強ができる人物が求められる場合が大半です。

漠然とした興味・関心だけの転職活動は失敗しがちな理由になるのでくれぐれもご注意を!

ウェブ転職失敗例③急いで転職先を決めてしまった

転職を急ぐあまり、「なんとなくやりたいことができそうな気がする」企業に決めてしまい後から後悔するパターンです。

人によっては「早めに転職がしたい」といった場合ももちろんありますし「善は急げ」で行動力が高いことは素晴らしいこと。

しかし、自分がやりたいことが明確になっておらず仕事内容にギャップを感じ、結果的に「転職失敗」なんてことにも繋がりかねません。

  • せっかく入社できたけれど自分が思っていた仕事内容と違った
  • 実際に働いてみたら自分がやりたい仕事ではなかった

これはIT転職に限らず、転職全般によくあるパターン。

自分は何がしたいのかがぼんやりしている場合や、転職後に自分がどうなりたいのかが不明確だった場合にありがちな「定番」失敗パターンです。

確かに空白期間が長くなってしまった場合や、現職を早く辞めたい理由がある場合にはどうしても転職を急いでしまいますよね。

しかし、仕事内容にギャップがあった時にはモチベーションが上がらないですし、せっかく入社したけれど結局すぐに退職してしまうなんてことにもなりかねません。

ここはいひとつ、急がば回れの気持ちで、焦らず冷静に転職先を判断しましょう。

Web系エンジニアが転職に成功するためのポイント

転職活動で失敗しがちなパターンを踏まえた上で、Web系エンジニア転職に成功するためのポイントの紹介をします。

ウェブ転職成功ポイント①情報収集とWeb業界のトレンドの把握

Web業界自体のトレンドを把握することで技術面はもちろん、どういった意識で業務に臨むべきか見えてきます。

経験者の方で古い技術が使えたとしても新しいシステムでは利用されていないことが多いため、新しい技術についての情報を知っていると業務がスムーズに進みますね。

自分の持っている技術が古い場合にも事前に情報をインプットしておくことで、次に習得すべき技術も見えてきます。

トレンドを意識した学習をしている場合には向上心のアピールができ好印象を与えることになります。

また、技術面でも新しい提案をできるなどWeb業界に求められる人物像に近づくことができ、転職活動が格段にしやすくなって来るはずです。

ITトレンドを意識しつつ、「Webエンジニアに憧れている」よりも、「Webエンジニアとして最先端の技術に触れ常に向上心を持って成長していきたい」といった気持ちで転職活動に臨んでいきましょう。

ウェブ転職成功ポイント②必要とされる技術を習得する

Webエンジニアとして必要とされている旬な技術を把握したら、実際に勉強し身に着けていくことが重要です。

未経験で実務経験が無い場合でも勉強することができる人といったアピールは非常に大切なポイント。

IT業界全体の成長スピードは速いため、最新技術に常に触れて習得できる人は求められる人物像でもあります。

「興味・関心がある人」よりも「興味・関心があり好奇心を持って技術に触れている人」の方が当然好印象で、面接時にもアピールポイントとなるでしょう。

また、必要なスキルを身に着けることによって入社後仕事についていけないといったことの防止や、給与面での待遇アップにも。

未経験者の場合でも、採用試験の際に周りとの差を付けることもできますね。

Webエンジニアはスキルが評価に直結しやすいため、技術を習得することによって自分のためにもなってきます。

ウェブ転職成功ポイント③自分に合った転職先の見極め

早く転職先を決めたい気持ちは非常によくわかりますが、会社を見極めて本当に自分がやりたいことができる企業なのかをできる限りリサーチしましょう。

ステップアップのための転職ではなく、仕事内容にギャップがあったから退職したといった「無駄な転職」は極力避けたいところです。

実際に働いてみなければわからないこともありますが、業務内容であれば事前の企業情報収集である程度把握することが可能です。

しかし、求人内容だけでは入手できる情報に限界がありますよね。

ネット上での情報収集やWeb業界で働く知人がいる場合に聞いてみるなど、できる限りの情報収集を行いましょう。

また、企業情報をリサーチするといった点では転職エージェントの活用が有効的です。

IT業界に強い転職エージェントは企業情報を豊富に持っている場合が多く、事前の情報収集はもちろん面接対策に役立てることも。

求人紹介はもちろん応募書類の添削や面接のセッティングなど、転職エージェントは転職活動全般のサポートをしてくれるサービスです。

現在転職活動がうまくいっていない方も含めて、IT・Web業界に強い転職エージェントの利用をおすすめします。

関連記事:エンジニア転職に強い!IT転職エージェントランキング

Webエンジニア転職を成功させるために身に着けるべきスキル

Webエンジニアになる場合には転職活動や転職後に苦労しないためにも、事前に必要なスキルを身に着けておくことが望ましいです。

プログラミング言語の中でもJavaやPHPは安定して需要が高いですが、最近ではRubyやPythonも人気が高いですね。

業務でしか知りえないことは入社後に勉強するしかありませんが、技術面であれば事前に学習し習得することができます。

経験者の方で古いJavaバージョンを扱える方は、さほど苦労せずに新しいバージョンの習得ができるはず。

未経験者であっても、興味と意欲さえあれば必ずスキルを身に着けれるでしょう。

ぜひ事前に学習し、仕事でどんなことを行っていくかイメージすることと併せてスキルを身に着けていきましょう。

関連記事:Web系エンジニアになる具体的な方法は!?就職・転職を有利に進めるプログラミング言語

オンラインスクールで効率的に技術を身につける

特に未経験者の方は、独学での学習に限界を感じ挫折しやすいようです。

そんな時には、プログラミングスクールを利用して技術を身につけましょう!

費用はかかってしまいますが、スクールを活用することによって効率的に短時間でスキルを身に着けることが可能です。

近場にスクールが無い方や日中時間を取ることが難しい社会人や学生の方は、オンラインスクールで学ぶことができますよ。

Code Camp【コードキャンプ】

Code Campとは、オンラインのマンツーマンプログラミングスクールで、ビデオ通話を利用して受講することができます。

場所を問わずに全国どこからでも学習でき、早朝から夜遅くまでご自身の都合で受講可能なんです。

講師は現役エンジニアによって行われるため、現場経験を活かした目線での実践的なレッスンが特徴的。

IT業界未経験の場合には実務経験が無く業務をイメージしづらい場合にも、実務的な知識を身に着けることができますね。

関連記事:CodeCampは使いやすい!?プログラミングスクールの評判・口コミ・料金まとめ

TechAcademy【テックアカデミー】

TechAcademyもCodeCampと同様、オンライン完結型のプログラミングスクール。

現役エンジニア講師のサポートによって、短期間で未経験者をプロに育て上げてくれるんです。

様々なコースから選ぶことができ、Web開発に特化したコースや全コース受講し放題のコースもあります。

どのコースを選んだ場合でも転職サポートを行ってくれる「転職支援サービス」があるので、スキル習得とセットで自分に合った転職先も見つけることが可能に。

学校・会社で日中は忙しい方でも効率的にプログラミングを習得し、短期間でのスキルアップがはかれます。

関連記事:TechAcademy

Web系転職で失敗しないためのポイントまとめ

Web系への漠然とした興味や憧れで転職活動は危険です。

しっかりと目的を持って企業や技術面での事前の情報収集や、スキルを習得しておくことが最重要ということを説明してきました。

せっかく転職するのであれば自分に合った会社で働きたい。誰もが思うことですが、100%そうはいかないことも現実です。

実際に働かなければわかりませんが、事前にありがちな失敗パターンを避けることによって、「自分に合った会社で自分がしたい仕事をする」ということに近づけます。

できる限り転職失敗リスクを避けて、希望通りにキャリアアップ成功できるように準備をしていきましょう!