Webデザイナーって稼げるの?気になる年収と必要な資格やポートフィリオ作成方法

Webデザイナーになるための資格やスキル 「Webデザイナーには資格が必要?その内容と取得方法は?」

  • Webデザイナーになるための資格は必要?
  • Webデザイナーを有利にする資格、認定試験とは?
  • 就職、転職に資格、認定試験は有利?
時代の流れに合わせて、最近急増しているとされるWebデザイナーですが、資格は必要なのでしょうか? 結論から言うと、Webデザイナーになるための資格は特に必要ありません。 とはいえ、Webデザインに関する資格は、民間企業が制定している資格から国家資格まで、数多くあります。 難易度や必要とされる知識は様々な違いがあるので、目的や状況に応じて、取り組む資格を考えると良いでしょう。 また、様々な資格を段階別に一つずつクリアしていくのも大切なことです。 一度に取得しなくても、仕事を実践しながらそのスキルを磨いていくと、よりわかりやすいということもあります。 どんな方法でその資格を取得するのかも検討する必要があります。

Webデザイナーの種類

実際にWebデザイナーとなった場合、どんなところが職場として挙げられるのでしょうか? また、どんな職場であれば、高い年収を期待できるものなのでしょうか? 転職するとしても、その数多くある職場、業界に戸惑う人がほとんどです。 Webデザイナーとして、高い年収が望める職場を考えてみました。

Webサイト制作会社

一般的にWebデザイナーを募集しているのは、Webサイト制作会社でしょう。 その名の通り、企業からのWebサイトを制作することが専門の会社です。 Webデザイナーの新卒のみならず中途採用も積極的に求人を出していることが多く、初めてのWebデザイナーの仕事を獲得するには最も最適な職場とも言えますね。 しかし、一般的には最初から高い年収は望めず、一般の会社員と同額くらいと考えておいたほうが良いでしょう。

広告代理店

Webサイト制作会社と似た印象はありますが、もう少し広い意味での広告代理店になります。 インターネット広告だけでなく、雑誌やテレビなどの他の媒体も扱います。 この業界でも最近のインターネット広告が急増しているため、専門的なWebデザイナーの力を必要としているのです。 Webサイト制作会社よりも扱う案件が幅広かったり、企業との取引も多いため、ハードな勤務体制になることもあり、その分年収は期待できます。

一般企業

外注に出すのが当たり前だった時期を過ぎて、今は企業内で社員をWebサイト制作のために育成するところも増えてきました。 その方が人件費的にもプラスになりますし、社員側としても、働きながらさらなるスキルを勉強することもでき、良い効果を上げていると言って良いでしょう。 中には誰でもが知っているような大手企業も多く存在しているため、Webデザイナーとして採用されても高い年収へとつながる可能性は高いと言えますね。

フリーランス

様々な経験を積んでいき、個人でクライアントから外注を取るフリーランスの道を選ぶ人も多くいます。 個人で仕事をするので、自分の自由に仕事を選んだり、納期を決められるなど良いことばかりのように感じますが、もちろんそれだけの経験やスキル、また周囲からの評価がなければ成り立ちません。 ただし、フリーランスの仕事ができるほどのWebデザイナーに成長できれば、いろいろな専門学校や通信講座での講師を務めるなどの副業も期待ができ、それなりの高い年収も望めることは確かです。

年収を上げるためにデザイナーに求められること

現在は多くのWebデザイナーと呼ばれる人たちが存在します。 それは、このインターネット業界の発展のせいで、あらゆる専門学校や通信講座が急増したからでもあります。 ではWebデザイナーとしてより高い年収を勝ち取るためにはどんな努力が必要になってくるのでしょうか? 平均年収が300万から400万と言われる中、webデザイナーには500万以上の年収を稼いでいる人たちが実際にいるのです。 そのような人たちになるためには何を努力したらいいのか見ていきましょう。

デザイン力を身に付ける

Webデザイナーとして当然のことながら、基本のデザインスキルが求められます。 色彩、dデザインセオリーはもちろんのこと、新しい技術や知識も常に意識をして、増やしていくことが大切です。 と同時に、デザインツールも次々と開発されますから、様々なツールを使いこなせるようにしておく必要があります。

HTMLとCSSのスキルを身に付ける

言語はWebサイト制作には欠かせない重要な枠割を持っています。 文字の大きさの変更や画像やイラストの組み込みなど、Webサイトのベースとなる部分なので、しっかりと身につけておかなければなりません。 CSSも一連の工程の中でなくてはならないコーディングスキルですから、HTMLと同時に学んでおきましょう。

Webマーケティング力を身に付ける

Webデザイナーとしての最低限のスキルは、デザインの知識、各種画像編集ソフトなどの使い方、コーディングなどの知識があります。 しかし、それだけでWebデザイナーとして成功できるかと言えば、そうとは言えません。 むしろ、今の段階では不十分とされてしまうでしょう。 マーケティングの基礎知識だけでなく、SEOやSEM、アクセス解析のスキルを持っていることは、Webデザイナーとしての成功の秘訣となります。 Webサイトは一度作成して終わり、ではなく、改善することが必要です。 そのため、マーケティングの知識を持ち、常にターゲットを絞り込んだWebサイトに更新できる継続力が重要な鍵となります。

常に先のことを考える

時代の流れは予想以上に早く、しかもインターネットの世界は特に日に日に移り変わっています。 それに伴って、新しい技術も次々と開発されています。 そんな業界だからこそ、

常に先のことを考え新しい感性と視野を持つ

Webデザインの基本的な知識を持つことはもちろんですが、それに満足することなく、時代を先読みした感性を持つことは大切です。 持って生まれた感性がありますが、その人の持っているオリジナリティがあり、さらに時代を先読みできるだけの先見性があると、Webデザイナーとして成功できる可能性が高くなります。 常に時代を先読みして、次に仕掛けるべき戦略を考えださなければなりません。 そのためには、絶えずあらゆる角度から自分の偏見を捨てて、時代を見つめることができる先見性が必要です。 特にインターネットの世界は移り変わりも激しいので、視野を広く持ち、これからユーザーがより便利に使えるようなサイトを構築することが重要となるのです。

コミュニケーション能力を高める

いくら高いスキルがあっても、それがクライアントに伝わらなければ意味がありません。 企業内でWebデザイナーとして仕事をしている場合でも、自分から提案できるだけのプレゼン力がなければ、認めれはもらえないでしょう。 そこで必要となってくるのが、人とのコミュニケーション能力です。 ただただクライアントの要望に応えるだけでなく、知識を持った側からの提案を確実に伝えることで、相手の信頼を得ることができます。

人気が高まるWebデザイナーの資格

最近、特に増えていると言われているWebデザイナーという職業においては、求人情報も盛んに行われています。 では、その中で実際に採用が決まる人にはどんな強みがあるのでしょうか? そこには、Webデザイナーとして持っておいた方が良い資格がいくつかあると言います。

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験は、株式会社サーティファイが主催している民間の資格試験です。 Webページを制作する上で必要なコーディング技術や、基本的なデザイン能力などが問われます。 受験資格に制限がありませんので、経験など関係なく誰でも受験することができます。 実務的な問題が多く出題されているため、その段階で得ている知識を受けている業務にそのまま活かせることができ、この資格の魅力となっています。 Webクリエイター能力認定試験は、Web関連の資格では、最も基本的な内容となっているため、資格取得の難易度は低いとされています。 初めてWebデザイン関連の資格を受験するのであれば、お勧めと言えるでしょう。

HTML5プロフェッショナル認定資格

これは、説くてい非営利活動法人エルピーアイジャパンが認定する資格です。 HTML5、CSS3、JavaScriptなどの最新のスキルに対する認定資格となります。 この認定制度には、Level,1とLevel,2という2つのレベルがあります。 Webデザイナーの中では、最も取得したい資格として、このHTML5プロフェッショナル認定試験は挙げられています。

ウェブデザイン技能検定

これは厚生労働省が認定しているWebデザイン関連で唯一の国家資格で、特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が試験を管理、運営しています。 検定には1級から3級があり、1級、2級は一定年数の実務経験と前段階の級に合格していることが受験資格となります。 そのため、まずは3級の検定試験を受けることから始めましょう。 この試験は、筆記試験と実務試験の2部構成で成り立っています。 Webの幅広い知識が必要で、100点満点中、70点以上で合格となります。 企業においても認知度が高く、就職や転職の際には有利な資格と言われています。

アドビ認定エキスパート(ACE)

アドビ認定エキスパートは、Webサイト作成に欠かせないAdobe社製ソフトに関する知識や技術を証明するための資格です。 資格には単一製品認定、スペシャリスト認定、マスター認定の3つのレベルに分かれています。 「単一製品認定」はAdobe製品に関する試験に合格すると認定される資格です。 「スペシャリスト認定」は、プリントスペシャリスト、Webスペシャリスト、ビデオスペシャリストの3種類に分かれており、おのおのに規定された複数の製品に関しての認定試験に合格する必要があります。 「マスター認定」はいわゆる全ての製品の認定試験に合格することで認定されます。 このように、試験ではAdobe社製品に対して、深い知識が必須ですが、デジタルソフトウエアを使用できる実務的な認識度が求められます。 今後のWebデザイナーの活躍の場を考えると、企業やクライアントにとっても、非常に効力のある資格と言えるでしょう。

Webデザイナーを左右する資格の取得方法

インターネットの急激な普及に伴って、現在ではWebデザイナーはデザインのことだけの知識や技術を持っていれば良いという時代ではなくなりました。 言語やプログラミングに至るまで、Webサイト制作に関わる全てのスキルを身につけ、常に磨いていくことがWebデザイナーとしての成功を意味するのです。 では、その幅広いスキルや資格はどのように取得するべきなのでしょうか?

Web専門の学校で学ぶ

Webデザイナーへの近道は学校に入ることでしょう。 情報系の4年制大学や2年制、3年制の専門学校もあります。 また、最近では半年で一通りの工程を終える専門スクールもあります。 この中で最も実践的なのは専門学校だと言われています。 まずはWebデザインの基礎的な知識、デザイン、色彩の勉強から入り、その段階に伴って、各種資格の取得を目指していきます。 就職に有利な様々な資格を取得できるように進められているのが特徴と言えるでしょう。 基礎段階を経ていくと、HTMLやCSSというWebページでは欠かせない言語の勉強も進めていきます。 パソコンで実際に文字を書き、装飾するなどの加工をしながら実習学習となります。 また、関連法規という著作権や肖像権など法律面の勉強も同時に進めていきます。

通信講座を利用する

専門学校などに定期的に通うだけの時間や経済的な負担を軽減するためには、Web専門の通信講座を利用することも一つの方法です。 また、学校に通うよりも短期間で最低限の知識を身につけることができるのも、通信講座の魅力と言えるでしょう。 特に最近の通信鋼材には、多種多様な講座のラインナップが並んでおり、大手のWeb関連会社が開講、運営しているものもあり、その知名度は高くなっています。 通信講座は、自分のペースで勉強を進めることができるので、仕事をしながらスケジュール管理をし、目的に到達することが可能です。 ただし、通信講座はあくまでも自分の時間を利用して進めていくという前提にあるので、強い意志と向学心が必要となります。

webデザイナーへの就職や転職を効率よくする資格と対策

現在ではあらゆる企業がweb制作関連の人材を多く求人している状況です。 それだけ、インターネットが普及していることもありますが、web関連に詳しい人材がこれまで企業に不在だったということにもなります。 そのため、新卒はもちろんのこと、中途採用でもWeb制作関連の求人はかなり多くなっているのです。 一方で、採用基準として企業が考えるのは、やはりその人材の持つWeb知識やスキルの証明です。 言葉や経歴だけで計り知れないスキルをどのように判断するのでしょうか? それにはやはり数多くあるWeb関連の様々な認定試験や資格の取得有無も大きな目安となることは間違いありません。

adobe社関連の資格を取る

Web制作に関して必要なスキルを証明する資格は様々ですが、もちろんないよりは一つでも多く履歴書に記載できる方が有利と言えるでしょう。 それも特にAdobe社の認定した検定は、企業にとって大きな効力となるでしょう。 Adobe社のソフトを使いこなせるという意味では、何も記載がないよりは大きなポイントとなるはずです。

採用面接用の作品プレゼンテーションを練習する

いくら資格や認定試験合格の記載を持って行っても、現実には自分が作成した作品をプレゼンテーションを行うことが一番の決め手となるはずです。 それまでの経歴、過去の実績、そして実際の作品を見てもらうことで、現在の実力が判断されると考えましょう。 そのためには、それまでの資格や認定試験で培った自分が持てる力を最大限発揮し、自信にあふれた作品を制作してプレゼンテーションを行うことです。

キャリアアップのための姿勢をアピールする

それまでの経歴や実績ももちろんですが、企業としてはこれからの可能性に着眼しているというのが現実です。 つまり、未経験の人材でも採用するのは、本人の向上心や姿勢を見ているからなのです。 企業にとって、どのようにその人材が成長するかを見極められたら、就職にも転職にも有利に動くはずです。 今現在の段階で資格を取得していなくても、今後どのような資格や認定試験を受けたいか、どのようなスキルを身につけたいかをアピールすることも大切です。

Webデザイナーの平均年収

一概にWebデザイナーと言っても、その勤務する会社や経験、スキルなどによってその年収は当然違ってきます。 また、企業内で勤務している場合と、フリーランスでWebデザイナーとして活躍している場合でも、その年収は違いがあります。 さらに言えば、日本国内と海外でのWebデザイナーの仕事は、大きく年収の差があると言います。

基本的なWebデザインができる場合

ある程度のデザインが描けて、SEOを意識したコーディングができる基本的なWebデザイナーレベルの場合は、月収にして20万台というところでしょう。 タグのHTML、CSSが書けるレベルですね。

ワンランク上のレベル

HTML、CSSはもちろんとして、WordPress、Flash、JavaScriptなどのソフトを使いこなせるようなレベルになると、年収は400万から500万くらいまでの増収が期待できるでしょう。 Webデザインだけでなく、サイト全体のコーディネイトも手掛けられるようになるからです。 実際には、Webデザイナーの平均的な年収は300万から400万ほどと言われていますが、総合的な様々なスキルを磨くことで、その内容は変わってくるのです。

企業内社員の場合とフリーランス

同じWebデザイナーでも、その多くは企業内でデザイナーとしての仕事をしているのが一般的でしょう。 その企業の自社製品やサービスに関してのWebサイトを構築する業務です。 しかし、一方で個人で事務所を経営したり、自宅でWebデザイナーの仕事を展開している人もいます。 あるいは、企業で働きながら、別途、個人的に外注を受けてWebデザイナーの仕事をしている人もいます。 この場合は、当然のことながら、年収は増加しますね。

海外のWebデザイナーと国内Webデザイナー

残念ながら、日本国内ではまだまだWebデザイナーの存在価値は低く認識されており、海外のWebbデザイナーの年収に比べると低価格となっています。 たとえば、アメリカでは平均年収は約780万ほどと言われていますし、オーストラリアでも約680万とされています。 ただし、海外のWebデザイナーはデザインのスキルだけでなく、プログラミングやSEOの知識や技術も金揃えているのが当たり前となっています。 そのため、様々な業種、仕事内容を受注することが可能だとされているのです。

Webデザイナーの夢とやりがいとは

何故Webデザイナーを目指したいと考えたのかと聞くと、ほとんどの人は最終的に独立できる職業だからだと答えると思います。 確かに独立して、自分の家や事務所で自分の好きな時間に好きな仕事ができるのは理想的ですね。 でも、そんな夢ももちろん、年収が安定してこそでしょう。 Webデザイナーとして成功するためには、夢ややりがいを持ち続けなければ決して達成できないでしょう。

Webデザイナーから他のポジションへ転身できる可能性があること

Webデザインだけを目的としていた初期を過ぎると、身につけたいスキルがいろいろと出て来ることでしょう。 その様々な技術を習得するうちに、WebディレクターやWebプロデューサーという職種への転身を考えるようになります。 Webディレクターであれば、平均年収470万、Webプロデューサーは平均550万とも言われているので、目標とするだけの価値は十分にあります。 どちらもクライアントとの間で、納期やクオリティ、全体のWebサイトのコンセプトなどを総合的に打ち合わせをし、決定権を持つ重要な役割です。 これは年収の面だけでなく、人生の目標ともなるやりがいとなりますね。

Webデザイナーとしての存在価値が高いこと

インターネットが急速に普及した現在であっても、Webサイトを自由に操り、設計から構築、制作をその空間に作り上げるWebデザインの仕事は誰にでもできるというわけではありません。 ましてやそれをお金をもらえる仕事として受けることができるのは、大きな価値観があると言えますね。 他の人にできない仕事に就くという満足感は、Webデザイナーとしての誇りでもあるでしょう。

スキル向上で年収アップできる将来性も秘めていること

今後を考えた場合、インターネット業界はさらなる発展と期待感が持てます。 そんな中、Webデザイナーを目指す人も増えており、その競争を勝ち抜くためには、それなりのスキルを磨くことが必須となります。 しかし、逆に言えば、スキルを向上させることで、年収を増加させていくことが可能な世界だと言えます。 これもWebデザイナーにとって、大きな魅力ですね。

Webデザイナーの需要の高さ

独学でWebデザイナーになったとしても、仕事として成り立つような将来性はあるのか、不安に思う人も多くいるでしょう。 実際に収入のことが心配で、Webデザイナーの道を迷っている人も少なくないはずです。 しかし、この数年でインターネットの世界は大きく変化を遂げています。 あらゆる業界がインターネットに注目をするようになった今、Webサイト制作は欠かせないものとなっています。 そのため、当然のことながら、Webデザイナーの存在も大きなものとなり、その需要が高まっているのです。 思った以上に時代の流れは早く、また様々な業界がインターネットに依存しています。 確実にWeb業界は拡大を続け、Webデザイナーのニーズも高まっていると言えるでしょう。 と同時に、Webデザイナーの競争率も激化していることも確かです。 他のデザイナーよりも高い評価をしてもらうためには、それなりのスキルを身につけることしかありません。

ポートフォリオでデザイナースキルをアピール

  • ポートフォリオって何だろう
  • ポートフォリオの持つ役割
  • ポートフォリオを作成する際の注意点
デザイナーになるためにも、そしてデザイナーになったあとにも自分のデザインスキルをPRする作品集は不可欠です。 ちなみに「ポートフォリオ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 「ポートフォリオ」とは、複数の書類をひとかかえにして持ち運べるケース、という意味に当たります。 特にクリエイターが実績をアピールするための作品集をさしているイメージが強いですね。 Webサイト制作に関わる仕事をしている人が増えてきて、その受注や就職についても競争率が激化している今、重要となるのが自分のアピール方法です。 そこで使われるのが「ポートフォリオ」というものです。 Webデザイナーの場合、ポートフォリオで、自分のこれまでの実積やスキルを先方に伝えることができます。 バナーや様々な言語、デザインなどこれまで制作してきた作品をポートフォリオにまとめておくことで、どんなものを作ってきたかを理解してもらえるでしょう。 就職、転職はもちろん、フリーランスとしてクライアントと接触する際にも、ぜひ持っておくと良いですね。 ここではポートフォリオの役割、内容、作成する際の注意点などに注目していきたいと思います。

ポートフォリオの役割

ポートフォリオは近年になって、多くはクリエイターの間で使われるようになった言葉です。 簡単に言ってしまえば、自分の制作した作品をまとめたものになりますが、これには大きな意味があり、就職、転職する際の武器にもなりうるものです。 それだけに大切に吟味し、自分を最大限アピールできるようなポートフォリオを作成しなければなりません。

ポートフォリオの考え方

ポートフォリオはいくつかの書類をすぐに取り出せる状態で持ち運ぶ前提で作成します。 これには理由があり、その時にふさわしい書類(作品)を提示するという考え方があります。 たとえば、転職活動において、WebデザイナーがUIを重視するWeb制作会社の採用試験を受けるのであれば、自分のUIスキルがアピールできる資料でポートフォリオをまとめていくと良いでしょう。 また、グラフィックを強みとしている会社への面接には、グラフィックスキルをアピールできるポートフォリオを揃えていけば効果的ですね。 このように、ポートフォリオは状況、相手によって使い分けることができるのです。 ここで重要なのがこまめにアップデートすることです。 特にWebクリエイター業界は、時代の変化や技術進化が急激なため、一度作って完成ではなく、常に新しい作品を生み出し、組み込んでいくことが大切です。

紙ベースのポートフォリオ

意外に思うかもしれませんが、ポートフォリオを作成する際に、紙ベースのものも用意しておくことをお勧めします。 本来、Webデザイナーはパソコン上で作品を作り、実際に使用するのもパソコン上であるため、紙ベースと言ってもピンとこないかもしれません。 しかし、就職、転職採用試験の面接時に紙のポートフォリオを持参しておくと、役立つことが多いのです。 面接会場にネット環境が整っていない場合もありますし、状況により、ポートフォリオサイトが開けないということもあります。 また、複数の作品を見てもらうためには、紙ベースのポートフォリオの方が並べて比較できるため、評価してもらいやすいという利点もあるのです。 そのため、どちらのポートフォリオも用意しておくと安心ですね。

ポートフォリオの作成

実際にポートフォリオを作成するにあたって、その作り方について考えます。 Webデザイナーやゲームデザイナー、イラストレーターなどのビジュアル面でわかりやすい作品で勝負するクリエイターのポートフォリオは比較的作成しやすいと言えます。 しかし、その一方で、Webディレクターやプログラマーなどは、制作した作品を見ただけではわかりにくい点があり、ポートフォリオの作り方にもテクニックが必要となるでしょう。 Web、あらゆるクリエイターのポートフォリオは自分の感性や持てるスキル、実積などを評価してもらう大切な自己アピールツールと言えます。 面接官もクリエイターであることから、ポートフォリオを見れば、面接者のスキル、実力、クリエイターとしての可能性を判断できるはずです。 それだけポートフォリオは大切なものと言えるのです。

ポートフォリオの内容

就職、転職の際に作成するポートフォリオですが、ただ単にそれまでの作品のみをまとめていってもあまり意味がありません。 自信作と言える作品はもちろんですが、自分がこだわっている感性や独自性をアピールできるものでなければなりません。 ポートフォリオにフォーマットがあるわけではないので、自分なりのコンセプトを打ち出せれば良いものとなるでしょう。

ポートフォリオの構成【自己紹介】

ポートフォリオでまず必要なのは、もちろんですが自己紹介のページです。 クリエイターとしてのこだわりや信念をストレートに伝えます。 また、これまでの実積や実務経験のある職場、業務など仕事上のけいれきをまとめておくとわかりやすいでしょう。 さらに使用している編集ソフトや対応できる言語なども書いておきます。 これを1ページにコンパクトにまとめます。

ポートフォリオの構成【作品集】

そして、重要な作品集です。 作品ごとにディスクリプション(作品説明文)は必ず添付しましょう。 また、作品数としては、10~20くらいにとどめ、自信作は目に留まりやすい最初の方のページに持って行きます。 デスクリプションの内容として、「作品タイトル」「実際の作品ビジュアル」「クライアント名」「ターゲットユーザー」「作品の目的」「作品のコンセプトとポイント」「「制作時間」「使用ソフト、使用言語」などを詳細を記載します。 ただし、クライアントとの著作権や守秘義務を考慮の上、という配慮も必要です。 各作品に1ページほどかけましょう。

仕事の制作スタイル

得意とする制作スタイルや基本の仕事の進め方を明記します。 また、今後目指したい将来のスタイルや、手がけてみたい業務、職種、分野などの方向性を相手に伝えるためのページを1ページほど作成します。

ポートフォリオ作成の注意点

せっかく自己アピールのために作成するポートフォリオなので、自分の意志や実力が十分に伝わるものを作りたいものです。 しかし、その作り方によって、うまくアピールができなかったり、せっかく作ったポートフォリオをちゃんと見てもらえなかったらとても残念ですね。 そこで、ポートフォリオの作成する際に気をつけたいことをいくつか明記しておきましょう。

作品を選別して作成する

様々な仕事を手掛け、数多くの作品を生み出しているWebデザイナーにとって、あらゆる作品を見てもらいたいと思うのは当然です。 しかし、あまりに数多い作品を持って行っても、その全てに目を通してもらうのは難しいのが現実です。 面接官がその場で目を通せるのは15から20くらいの作品に過ぎないでしょう。 であれば、その時の面接にふさわしい内容の作品を吟味し、武器となるようなものを持って行くことをお勧めします。

自分の得意な工程をアピール

Webデザイナーの仕事はWebサイトの構成、レイアウト、デザイン、コーディングなどの工程があります。 その中で自分が行ってきた工程をしっかりアピールする必要があります。 デザインだけよりは、もちろんコーディング技術も持っていることが相手に伝われば、それだけ評価は高くなるでしょう。

最後まで見てもらえる構成

ポートフォリオにおいて一番大切なのは、面接官の立場に立って、作成するということです。 その企業の面接官が知りたい情報を盛り込まなければ、興味を持って、最後まで目を通してもらうことはできません。 表紙や最初の方のページに企業側に合った内容の作品や自信作を配置します。 また、全体像がわかるように、目次のページを別途作成することも効果的でしょう。

ポートフォリオのとらえかた

採用を考えている企業にとって、ポートフォリオはとても大切な応募者のアピールツールということになります。 しかし、ここで誤解してはいけないのは、必ずしもポートフォリオだけでその人材を評価しているわけではありません。 ポートフォリオはあくまでも一つのツールに過ぎず、実際に目の前にいる人材の人となりに面接官は注目しています。

向上心、前向きな人材

企業にとって、どれだけ高いWebデザイナーとしてのスキルを持っていても、現在の力量に満足していたり、今後の目標がはっきりしていない人材に魅力はありません。 それよりは、経験が少なくても、今後やりたい業務や分野があり、様々な技術習得にも前向きな人材であれば採用基準となります。 特にWebサイト作成に関しては、さらなる進歩が予想されるため、それに追従していける人材が必要とされているのです。

感性、将来性

独自の感性、将来性を感じさせる人材は、企業にとって大きな武器となります。 それまでにいなかった人材を見いだせた時、企業側は採用を決めることが多いはずです。 そのような人材であれば、他の部門、業務であっても、十分に即戦力として力を発揮できるからです。 多くの応募者の中からそのような人材を探し続けているのが今の企業です。

ポートフォリオの書き方まとめ

Webデザイナーを始め、様々なWebクリエイターが必要不可欠とされているポートフォリオですが、通常の職務経歴書とは別に、とても大きな意味を持っています。 一番の目的はもちろん自分の作品を見てもらうことにありますが、そのほかにも作品を通して、制作へのこだわりや信念をうまく盛り込めるとより効果的です。 また、自分が手掛けてきた作品の作られた工程をわかりやすく伝えられると良いですね。 自分が持てるスキルを伝えるために、使用した編集ソフトや言語プログラムを明記しておきましょう。 さらには、今後自分が手掛けたい職種や業務、具体的な仕事内容など記載しておけば、面接官から正しい評価を受けることができるはずです。 常に新しい情報に差し替えながら、自信の持てるポートフォリオを作成しましょう。

Webデザイナーって稼げるの?気になる年収と必要な資格やポートフィリオ作成方法のまとめ

Webデザイナーになるために必要不可欠な資格はありません。 しかし、あらゆる資格や認定試験が多いのもWeb制作関連の業種と言えるかもしれません。 それだけ幅広い業界の中で、Webデザイナーとして成功するためには、常に勉強を続けていく姿勢が大切でしょう。 また、Webデザイナーとして高い年収を獲得するためには様々な努力が大切ですが、逆にそれだけやりがいのある仕事と言えるのではないでしょうか? 年齢も性別も関係のないWebデザイナーは誰にでも目指すことができる魅力的な仕事だと言えるでしょう。]]>