Web系エンジニアに必要なプログラミング言語は?就職・転職が有利になるスキルまとめ

Web系エンジニアに必要なプログラミング言語は?就職・転職が有利になるスキルまとめ

ITエンジニアを目指す方の中でも、SI(システムインテグレーション)よりもWebサイトやWebアプリケーションの開発に魅力を感じている方は多いでしょう。

ただし、初心者や未経験者の場合、

「Webサイトを作るのはHTML?」
「サイトでよくJavaを見かけるけどJavaで作るのかな?」

のように漠然とした知識は知っていても、Web系エンジニアになるために具体的に何をすればいいのかわからない、という方も多いのでは?

IT業界の進化と共にWeb開発の技術も高まり、Web系エンジニアの需要もますます高まっています。そのため、今はWeb系エンジニアを目指すいいチャンスともいえます!

そこで今回はWeb系エンジニアを目指す方に向けて、Webエンジニアになるために必要である「具体的なスキル」を説明します。

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアの仕事内容は、Webサイトを作成することやWebサイト上で動作するWebアプリケーションの開発を行うこと。

Webサイト・アプリ開発というと身近なところではFacebookやTwitterなどの大手SNSサイトや、Amazonや楽天などの通販サイト、食べログや価格.comなどのメディアサイトが有名ですね。

こういった目に見えるところの開発や、目には見えない裏側で動作するアプリケーション開発を行うWebエンジニアは、非常にやりがいのある仕事です。

Web上での動作についてSNSサイトを例にとりあげると、

・サイトを表示する
・自分の近況報告を書く
・文章に写真をそえて投稿する

これらの身近な動作を行うためにも、一つのプログラミング言語や技術だけではなりたちません。

上記の一連の流れを可能にするためにもたくさんの仕掛けを施されていますが、WebエンジニアがこのようなWebサイトに特化したプログラミングをメインに行うことになります。

インターネット・スマートフォンの普及や、時代に対応した新しい技術が日々で続けている中でますますWebエンジニアの需要は伸びてきています。

新しい技術や言語に対応していく必要があるWebエンジニアは、常にスキルアップを目指したい方に向いている職種といえます。

Web系エンジニアになるために習得するべきスキル

一言に「Web系」といっても、画面を表示させるための技術から動きを出すための技術、Web上で動作するアプリケーションなどなど…

Webサイト・Webアプリケーションは様々な要素でできています。

サイト作成やアプリ開発は工程が分かれていることが多いため、全てを一人で担当するということは殆どありません。

しかし、全体を通してどんな要素で成り立っているかを知っておくことで仕事がしやすくなるでしょう。

まずは、自分がエンジニアとして何をしたいかを考えた上で必要な技術について学習し習得していくことが肝心です!

Webサイトを作成する言語

実際にWebサイト上に文字や画像・動画などを表示させるための言語を紹介します。

html

HTMLとは、Webサイトの構造や内容を作る役割を担っている言語です。

ブログや簡単なサイトを作成した経験がある方は見たことがあるかもしれませんが、タグと呼ばれるものを使用し記述をしていきます。

・<title>○○のホームページ</title> ←タイトル
・<h1>▲▲について紹介!</h1> ←見出し
・<p>▲▲とは何かを解説します</p> ←段落

「<>>」で括られたタグから始まり、「</>」で括られた閉じタグで終わり。

上記はほんの一例ですが、このような形式でタグを記述していきます。

実際にWebサイト上で右クリックをして、「ページのソースを表示」を選択するとイメージが湧きやすいと思います。

CSS

HTMLはWebサイトを表示させる上で非常に重要な役割を果たしますが、HTMLだけでは味気ないWebページができあがってしまうのです。

HTMLにCSSを加えることで、ページ全体のレイアウトや装飾を行うことが可能に。

CSSでは、HTMLで記述したタグで囲んだ範囲に対して色やレイアウト・文字サイズなどを指定することができます。

HTMLとCSSはどちらも無くてはならない存在なので、セットで使えるようになることが理想的ですね。

JavaScript

Webサイトを作る上での役割は、「Webサイトに動きをつける」といったところです。

通販サイトの「お買い物かご」、インターネット通販を利用したことがあれば必ず目にしたことがあると思います。

ネット通販サイトに必ず存在している買い物かごは、JavaScriptで作られています。

お買い物かごに追加した商品の合計金額を表示させたり、「やっぱりいらない」となった商品はかごから外して合計金額を再計算したりしてくれますよね。

また、企業に問い合わせを行う「メールフォーム」もJavaScriptで作られているのです。

入力必須欄が空欄だと警告してくれる動作や、すべて入力が終わったら送信可能にするといった動作もしてくれていますね。

このようにJavaScriptは非常な身近な場所で動作しているため、インターネットを使用しているすべての人が触れたことがある存在です。

Webアプリケーション開発に必要なプログラミング言語

上記で解説した「HTML」「CSS」「JavaScript」はWebページを表示させる基礎的な部分ですが、Web上でWebアプリケーションを動作させることにより、より多くのことがWebサイト上で実現可能に。

Webアプリケーション開発に使われる言語の中から、需要が高いものや初心者でも習得しやすいものを中心に紹介します。

Java

Javaはオブジェクト指向のプログラミング言語で、人気の理由はLinuxやWindows、Macなど様々なプラットフォーム上で動作するオールマイティなところ。
Webアプリ開発の他、IT業界の多様なシーンでJavaは活躍しています。

勉強すれば誰でも習得することができるといわれて、Javaで学んだ基礎をもとにほかのプログラミング言語に入りやすくなるため、プログラミング初心者が入りやすい言語です。

Webシステム開発の場での利用シーンは非常に多く、IT業界未経験の方も習得すれば就職・転職が有利になります。

PHP

PHPはWebサービス・Webアプリ開発で多様に使われていて、Webデザイナーにも人気があるプログラミング言語です。

「とにかくWeb業界で働きたい!」という方は、PHPを身に着けることによって強い武器になるでしょう。

PHPもプログラミング初心者に非常におすすめで、その理由は構文がシンプルであること。

基本的な文法をサクッと学ぶことができるので、プログラミングを全くしたことがない方も入りやすいでしょう。

PHPは古くから人気がありますが、今でも人気な理由の一つはWordPressのカスタムができるからと言われています。

WordPressとはWebサイト作成・更新を行うコンテンツマネジメントシステム(CMS)の一つで、世界的なシェアを誇っています。

WordPressのカスタマイズにはPHPが欠かせないため、今後もPHPを扱えるエンジニアの需要は安定が見込めます。

Ruby

Rubyとは、「まつもとゆきひろ氏」によって開発されたオブジェクト指向スクリプトで、近年注目を集めているプログラミング言語です。

大手サイトの「食べログ」や「価格.com」、「Twitter」もRubyで開発されており、今後Webエンジニアとして働くにあたってぜひとも習得したいスキルですね。
「大手サイトの開発に使われるなんて難しいのでは?」と感じてしまいますが、Rubyは実は初心者向けでもあるのです。

Ruby開発において「ストレスなく」「プログラミングを楽しむ」といったことが策定されており、プログラミングを楽しみながら学べる言語となっています。

近年注目が集まり、Rubyを取り扱えるエンジニアは高単価と言われているので、非常に需要が高まってきていることが伺えますね。

Python

Pythonはビッグデータや人工知能、ディープラーニングなどの急成長分野で使用されて近年注目が高まっています。

Web開発のシーンでも使用されており、日本ではマイナーなイメージがありますが海外だと非常にメジャーな言語です。

日本ではまだPythonエンジニアが少なく、現在の注目度や人気も踏まえると近い将来人材不足になる可能性があるでしょう。

Pythonの魅力は文法がシンプルなこと、シンプルだから誰が書いても差が出にくいこと。

開発シーンではうれしいポイントですが、保守のシーンでも効率化につながるため高いメリットといえます。

Pythonは今後需要が必ず伸びていきます。

将来的にWeb開発以外にもキャリアチェンジがしやすいといった点がありますので、習得しておくと必ず役に立つプログラミング言語です。

プログラミング言語習得で就職・転職が有利に

初心者の方にとってのプログラミング言語は、何かの呪文のようなものに見えてしまいますよね。

しかし、すべては決まったルールのもと記述されていて、勉強することで確実に身に着けることができます。

IT業界未経験の方であっても「PHPが扱える」「HTML・CSSを理解していてJavaも少しできる」といった場合は、就職・転職が非常に有利になります!

近頃は研修制度が充実した会社が多いため「入社してから学べる!」といった場合もありますが、やはり即戦力に近い人材のほうが採用されやすいです。

実務経験は無くてもプログラミング言語を習得できたということはスキルがあることと向上心のアピールに。

これからWebエンジニアを目指す方は、事前に需要の高い言語を身に着けて就職・転職活動に臨みましょう。

プログラミング言語を学習するなら

独学での学習にチャレンジしたけど難しいと挫折しそうになっている方には、プログラミングスクールで学習することをおすすめします。

スクールに通うことによって効率的に短期間で技術の習得が可能に。

近場にスクールが無い方や日中時間を取ることが難しい社会人や学生の方は、オンラインスクールで学ぶことができます。

Code Camp

Code Campとは、オンラインのマンツーマンプログラミングスクールで、ビデオ通話を利用して受講を行います。

全国どこからでも学習ができること、早朝から夜遅くまでレッスン可能であることが嬉しいポイントですね。

講師は現役エンジニアによって行われているため、現場経験を活かした目線で実践的なレッスンをしてくれます。

実務経験が無く実際の仕事シーンをイメージしづらい場合にも、実務で役立つための知識を手に入れることができますね。

関連記事:CodeCampは使いやすい!?プログラミングスクールの評判・口コミ・料金まとめ

TechAcademy

TechAcademyもCodeCampと同様、オンライン完結型のプログラミングスクール。

現役エンジニアのサポートによって、短期間で未経験者からプロに育ててくれます。

様々なコースから選ぶことができますが、どのコースを選択しても転職サポートをしてくれる点が嬉しいポイント。

学校や会社で忙しい方でも効率的にプログラミングを習得することができ、短期間でスキルアップがはかれます!

Web系エンジニアに必要なプログラミング言語まとめ

Webサイト作成には「HTML」「CSS」「JavaScript」、Webアプリ開発には「Java」「PHP」「Ruby」「Python」が主に使われているため、まずは1つでも習得して一歩ずつレベルアップしていきましょう。

WebサービスやWebアプリケーション開発を行うために必要な技術は企業・案件によって多少の違いはありますが、勉強して身に着けたスキルは必ず将来に役立ちます。

Web開発求人は近頃非常に多く、Webエンジニアを目指すなら今がチャンスです!

未経験で実務経験が無くても、向上心とスキルがあれば必ずエンジニアになれます。

最初は難しいと感じますが一つ一つステップアップし、就職・転職に有利な武器を手に入れていきましょう!