Web系エンジニアの魅力や仕事内容を徹底解説!やりがいを感じる仕事内容とは?

Webエンジニアの仕事内容とその需要 Webエンジニアは、WebサイトやWebサービスの開発・運用保守を行うことが主な仕事内容です。 ・プログラミングやテストのみを行う ・プログラミングに加えて、要件定義や設計などの上流工程を担当する 上記のように、企業や案件によって業務内容の線引きは多少異なってきます。 インターネットやスマートフォンの普及が進み、今では殆どの人が気軽にインターネット上のサービスを利用するようになりました。 代表的なWebサービス・Webアプリケーションとして、

  • SNS(Facebook、Twitterなど)
  • メディアサイト(価格.com、食べログなど)
  • ショッピングサイト(楽天、Amazonなど)
  • インターネットを利用する方であれば必ず見たことがあると思います。 これらの有名なサービスはWebエンジニアが開発し、運用を行っているのです。 例にあげた有名サイト以外にも、日々新しいWebサービスは誕生し続けています。 Webエンジニアの需要は高くなる一方で、業界全体として人手不足の傾向に。 そして、新しい発想やアイディアを出せるフレッシュな人材を企業は求めています。 だからこそ今は、未経験者がWebエンジニアになるためのチャンスといえます。

    Webエンジニアの魅力!3つのメリット

    Webエンジニアとして働く上でのメリットを3つ紹介します。

    Webエンジニアのメリットその1

    一つ目のメリットは、最新技術に触れられること。 IT・Web業界は常に成長していて、WebサービスやWebアプリケーションにも最新技術が取り入れられています。 Webエンジニアとして働くと最新技術に触れる機会が増え、レベルアップしていくことができるのです。 もちろん勉強することが必要になりますが、最新のIT技術に興味がある方はゲーム感覚で楽しく学んでいくことができるでしょう。

    Webエンジニアのメリットその2

    2つ目のメリットは、「成果が目に見えてわかりやすい」ということ。 例えば、有名企業の新しいWebサイトや人気SNSのサービスの設計に自分が携わったとします。 インターネット上で誰でも見ることができるサイトだと、 「このサイト、私が仕事で作ったんだ!」なんて、人に自慢したくなりますよね。 このように、Webエンジニアの仕事は成果が目に見えてわかりやすいので、モチベーションを高く保って仕事をすることができるのです。

    Webエンジニアのメリットその3

    3つ目のメリットは、世界で使われている技術を身に着けられるところです。 これはエンジニアすべてに言えることですが、仕事をしていく中で手に職を付けることができます。 特にWebエンジニアは、世界で通用する技術を手に入れられるといっても過言ではありません! Web開発で多く使用されている、「PHP」「Java」「Ruby」といったプログラミング言語。 これらは会社内に限られたものではなく、日本はもちろん世界中で使われています。 自身のスキルレベルが上がると年収アップも狙えますし、転職時にも有利な武器となりますね。

    この仕事でよかった!Webエンジニアの生の声

    仕事をする上でのやりがいや、「転職してよかった!」と思ったときなど、Webエンジニアとして働く方の生の声を紹介します。

    SIerからWebエンジニアに

    いわゆる「客先常駐」のSEをしていましたが、一念発起してWebエンジニアに転身。 常駐SE時代の仕事は、成果が見えづらいと感じることがありました。 もちろん目の前で自分が作ったシステムは動作するのですが、外から見て成果がわかりづらいのです。 モチベーションを保つことが難しいと感じ、以前より興味があったWebエンジニアに転職しました。 転職後に感じたことは、成果がわかりやすいということ。そして、高いモチベーションで仕事ができるというところ。 仕事のやりがいを感じることも増え、転職してよかったと思います。

    手に職をつけたくて転職

    以前は事務職として働いていました。仕事でExcelマクロを触ることもあり、プログラミングに興味が湧いたことがきっかけで転職しました。 内定の決め手は事前に言語を習得していたことだったと思います。 RubyやPHPを独学で学習し、無事内定をいただくことができました。 学習して身に着けたプログラミング言語は入社後の業務でも活用できていますし、実務経験も加わり更にスキルアップできています。 もし今後転職するタイミングが来たとしても、スキルアップし続けることでエンジニアとしての需要は無くならないと感じています。

    Webエンジニアの想定年収は?

    エンジニア職は自分のスキルがダイレクトに給料に反映されやすいので、その点でもやりがいが感じやすいです。 実際の求人情報をもとに、未経験者から経験者までの想定年収を紹介します。

    未経験~3年未満の想定年収

  • Webサイトで動作するWebシステムの開発 / 想定年収:1年目 320万円
  • アジャイル開発業務 / 想定年収:1年目 320万円
  • SNSサービスの開発 / 想定年収:2年目 400万円
  • 上記の求人は未経験OK、もしくは実務経験1年未満でもOKの求人。 今ではほとんどの企業で研修制度が充実しているため、入社後に身に着けていくこともできます。 冒頭で述べたように、今は未経験者採用を積極的に行う企業が増加している傾向にあります。 実際の未経験OK求人を見てみると、
    未経験でも大丈夫な求人
    • PHPやJavaScriptでの開発経験がある方大歓迎
    • いずれかのプログラミング言語を扱える方優遇
    といった求人が非常に多くみられます。 未経験者採用を積極的に行っている企業はスキルが無い人を求めているわけではありません。 経験者特有の先入観や固定観念が無い、フレッシュな人材を求めています。 スキル無しでも内定を貰うことが可能ではありますが、スキルがある人のほうがもちろん有利。 未経験からWebエンジニアを目指す方はプログラミング言語を1つでも習得し、武器を作って転職活動に挑みましょう。

    経験者(3年以上)の想定年収

  • Webサイトで動作するWebシステムの開発 / 想定年収:3年目420万円
  • 自社内での開発業務 / 想定年収:リーダークラス620万円
  • SNSサービスの開発 / 想定年収:5年目 600万円
  • Webシステム及びバックエンド開発 / 想定年収:マネージャークラス 800万円
  • 大手メディアサイトの開発 / 想定年収:経験による 400万円~1000万円
  • 経験者の想定年収はなかなか高収入な印象ですね。 経験3年でも年収400万円以上、経験によっては年収1,000万円も目指せることは非常に魅力的なポイント。 スキルや経験を身に着けていけば、年収1,000万円も決して夢ではありません!

    未経験者がWeb系エンジニアを目指す時に有利になるスキル

    実務経験ゼロで転職活動を有利に進めるために、事前にスキルを身に着けておきましょう。 1つだけでもプログラミング言語を習得している人と、何もスキルがない人では大きな差が生まれます。 「プログラミングはやったこともないしむずかしそう・・・」と思う方も多いですが、プログラミングは勉強することで誰でも身に着けることができるのです。 特に需要が高いプログラミング言語は、 ・PHP ・Java ・Ruby これらのプログラミング言語は多くの企業で採用されていて、事前に身に着けておくことで転職活動の強い武器になってきます。 業務でしか知りえない仕事内容は入社後に勉強するしかありませんが、自宅学習やプログラミングスクール利用で技術面のスキルを事前に身に着けることは可能です。 関連記事:Web系エンジニアになる具体的な方法は!?就職・転職を有利に進めるプログラミング言語

    短期間で効率的にスキルを習得しよう

    プログラミング未経験の方が独学で学習をすると、一人で学ぶことに限界を感じて挫折してしまうことが多いです。 挫折しそうな人、そして短期間でスキルを身に着けたい人には、プログラミングスクールでの学習がおすすめ。 プログラミングスクールで学習することによって、“短期間”で“効率的”にプログラミング言語を習得することができます。 近所にプログラミングスクールが無い方や仕事で日中通うことができない方向けに、オンラインのプログラミングスクールも存在しています。

    オンラインで完結!マンツーマンレッスンのCode Camp

    オンラインのマンツーマンプログラミングスクール「Code Camp」。 ビデオ通話を利用して、全国どこからでもレッスンを受講することができます。 早朝から夜遅くまで受講することができるため、仕事帰りの夜間帯の時間を活用して学習することができますね。 現役エンジニアが講師なので、現場経験を活かした実践的なレッスンが特徴的です。 関連記事:CodeCampは使いやすい!?プログラミングスクールの評判・口コミ・料金まとめ

    オンラインプログラミングスクールで転職サポートも充実!TechAcademy

    CodeCampと同様、TechAcademyもオンライン完結型のプログラミングスクールです。 現役エンジニア講師のサポートのもと、未経験者からプロに短期間で育て上げます。 Web開発に特化したコースや、全コース受講し放題のコースなど様々なコースが選択可能。 どのコースを選んでも、「転職支援サービス」を利用することができ、スキル習得ののちに転職先を見つけることもできます。 近所にスクールが無い方、仕事で日中通うことができない方でも効率的にプログラミングを習得し、短期間でスキルアップがはかれます。

    Web系エンジニアの魅力や仕事内容まとめ

    Webエンジニアが未経験者にもおすすめできる理由は、
    「最新技術に触れられる」 「成果がわかりやすい」 「手に職をつけることができる」
    という大きな3つのメリットにあります。 「やりがいを感じる仕事」という点は、働く上で大切なポイントですよね。 IT・Web業界の急成長によって需要は高まる一方で、業界全体は人手不足。 そして、先入観や固定観念を持たないフレッシュな人材を求める企業は増加しています。 実務経験ゼロでもIT技術への興味とスキルアップしていく向上心があれば、必ずWebエンジニアになることができます。 一つひとつステップを踏んで、自分が思い描くWebエンジニアを目指していきましょう!]]>